<<<2017衆院選と関連 特設ページ>>> 
        ※ニュース・特報記事は有料サイトにもあります。 
 


<<<17衆院選/投開票速報10.22-23>>>
◆道8区得票(開票100%)/逢坂誠二125,771票、前田一男101,243票。その差24,528票。
 投票率が60.41%(函館市58.10%)となり、前回の54.59%(函館市51.62%)より5.82ポイント(函館市6.48ポイント)上昇。

 この中で、前田9,892票増やすも、逢坂は28,026票の大幅増加。結果、前田、逢坂との負け差が前回の6,398 票から24,528票に拡大するも、やはり共産党(前回17,465票)との共闘・統一候補になったことが得票差拡大の大きな要因。
 そして、函館市についてみると、逢坂76,135票に対して、前田55,353票で、その差20,782票と大幅。

※NEW現代函館は発売中の2017秋季号で、
「逢坂VS前田3度目の激突」において 「勝敗を決める大きなポイント」として、「一つは共産党が候補擁立を見送れば逢坂断然有利で、前田比例復活も難しく、議席失う可能性大」 、次のポイントとして「決戦場は函館市の得票」と報じたが、ドンピチャリ、全くその通りになった。(29.10.23、本誌主幹・河野 玄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-------------------------------------------
◆道内衆院勢力構図/自民9、立憲8(無所属の逢坂含め)、公明2、希望1。
◆比例道ブロック(定数8)/最後の1議席は立憲民主で、4区の本多平直復活当選。自民3、立憲民主3、公明1、希望1で決定。
◆道内小選挙区自民党敗北5選挙区・5人の惜敗率、8区の前田一男最下位、よって完全落選。
/1区船橋惜敗率86.97%で当確。以下、3区高木84.13%、11区中川83.59%、6区今津83.50%。そして5人の中、ビリ尻が8区前田80.50%。

◆比例道ブロック・自民党3番目の比例復活議席/1区の船橋比例復活当選確実 これによって8区の前田一男は比例復活もなく、完全落選。道8区自民党議席消滅決定! (29.10.23、午前1時40分)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆道8区開票速報・開票率99.07%/函館市逢坂75,996、同前田55,238、北斗市逢坂12,156、同前田10,212。渡島・桧山の町村計は逢坂37,480、同前田35,678
自民・前田、函館市で2万票以上負けたのをはじめ、北斗市で約2千票、町村でも2千票近く逢坂に負ける。
全く持って何をやっていたものか、前田完敗。
□逢坂と前田の得票差2万4千票余で、本電子新聞・有料サイトの最終予測ドンピシャリ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆比例道ブロック・自民党3番目の比例復活議席/ 11区(開票終了)の中川郁子負け差1万6千票、1区(開票終了)の船橋同1万8千票などのどちらかが復活有力で、8区前田は完全落選へ
◆比例道ブロック・自民党3番目の比例復活議席/開票終了の6区で今津2万2千5百票差、11区で中川1万6千票の差。小選挙区で負けたが、接戦は1区の船橋と3区の高木も有望であり、8区の前田はその差2万4千5百票もあることから惜敗率でやはり復活絶望的。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇道8区投票率60.41%。前回54.59%を5ポイントあまり上回る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道8区開票速報・開票率99.07%/逢坂誠二125,632、前田一男101,128で、その差2万4千票。(29.10.23、0時半)
◆道8区開票速報・開票率89.98%/逢坂誠二112,636、前田一男93,390その差現在約2万票で、本サイトの有料特設ページで最終情勢予測通り。 (29.10.23、0時)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道内小選挙区/全議席決まる。自民6、立憲民主5(無所属・逢坂含め)、公明1に確定。 (29.10.22、23時45分過ぎ)
◆道内小選挙区/5区、自民・和田当確。立憲民主の池田届かず。
◆道内小選挙区/10区で公明党の稲津久当確道内小選挙区唯一の公明議席を守る。立憲民主の神谷を接戦で制す。
◆道内12小選挙区/当確 自民5議席、立憲民主4議席、立憲民主系無所属1議席(逢坂)の10議席確定。残るは自民VS立憲民主が接戦の5区と、公明VS立憲民主が対決の10区の2選挙区。
◆自民党、安定絶対多数突破
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

比例道ブロック復活当選の可能性
/自民党道内小選挙区で1区の船橋、3区・高木、6区の今津、11区・中川の4人が敗北した中で、
8区敗戦の前田一男が比例復活当選することは出口調査からしても絶望的!
◆比例道ブロック(定数8)/自民2、立憲1、公明1、希望1の5議席決まり。残り3議席。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道内小選挙区/1区立憲民主の道下、3区立憲・荒井聡、6区立憲の佐々木の3人と、9区の自民・堀井、そして4区の自民・中村当確。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道8区<論評>/ 選挙戦最終盤さらに引き離された自民・前田。前田候補自体の責任だが、あまりにも問題あった選対本部。「選対本部長などは腹切りものに等しく」(内部事情通)話にならないくらいの選挙体制。前田本人の政治家としての資質にも問題。前途、極めてきびしい道8区自民・保守陣営。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道8区情報/逢坂と前田の得票差、3万5千~4万票になる可能性大かも。保守一本化候補としての前田、歴史的な敗北になる見通し。

8区/やはり無所属・逢坂誠二、8時と同時に当確(NHK全国トップに当確打つ。道新も) 出口調査圧倒的。4回当選果たす。
自民・前田一男、惨敗確実。(29.10.22、20時過ぎ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道内/2区自民・吉川、7区自民・伊東、12区自民・武部当確。11区は立憲民主党・石川香織当確、自民・中川郁子を振り切る。
比例代表道ブロック/自民・単独1期渡辺孝一、自民・・単独2位鈴木貴子当確。
(29.10.22、20時過ぎ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
函館市投票率、19時現在36.71%(前回36.55%)。
結局期日前投票を加え、前回(51.62%、道8区全体では54.59%)並みか、
ちょっぴりいい方か。

◆函館市投票率、17時現在、何と前回(32.70%)を下回る31.15%
◆函館市の投票率やはり悪い?。

出足はまずまずだったが、16時現在30.51%(前回30.1%)で伸びない。

函館市投票率、前回よりも約3ポイント上昇し、正午現在19.26%(前回16.28%)。だが、女は相変わらず芳しくなく、男(20.33%) よりも約2ポイント低い18.39%
◆期日前投票は、前回に比べ5割増し。
(29.10.22)


<<<17衆院選>>>
◆今日・22日投開票
/小選挙区・道8区 かなり早い段階で当確出る見込み!
(29.10.22)

【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17衆院選・道8区>>>
「選挙戦の核心」緊急報道第3弾/最終情勢
逢坂誠二大きくリード、前田一男劣勢。完全落選も、その差2万票以上か。いや、かなり大きな得票差になるとの予測も。比例復活は絶望的?
~大局観なく、戦略性ゼロに等しい自民・前田の選挙戦~

早、水面下で「ポスト前田」の不穏な思惑飛び交う
小選挙区行く場のない大地・鈴木宗男の「貴子を持ってくる???」
(29.10.19-20) (10.21加筆)


【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17衆院選・道8区>>>
「選挙戦の核心」緊急報道第2弾
「前田一男劣勢」要因はどこにある?
なぜこのような選対本部体制、有り様に/選対内で「排除」の論理?


残り5日間、今まさに伸るか反るかの剣が峰
総力戦が出来るか。如何に立ち向かうか、肉薄し、接戦に持ち込めることが出来るかどうか

選対本部に鈴木宗男・新党大地の陰色濃く、選対自体が浮き足立つ
(29.10.16-17/10.18加筆)


<<<17衆院選>>>
< 全国の最終情勢>

自民党 漁夫の利で圧勝。希望の党 完全失速、事実上の惨敗へ

立憲民主党大躍進、野党第一党うかがう
北海道で強く、東京でも比例で自民党に次ぐ支持率、浮上。

(29.10.21未明)


<<<17衆院選・道8区>>>
水面下情報
各社世論調査・終盤情勢


◆世論調査、期日前投票の出口調査加味しても
無所属・逢坂誠二、依然結構なリード!

その差、未だ一桁台にならず、
前田最終盤追い上げ図るが現実的に相当の厳しさ


前田一男追い上げるも、逢坂誠二 詰め万全を期せば、圧勝の可能性も

(29.10.19未明)

<<<直言ズバリ/17衆院選・道8区直視>>>
いよいよ5日間の勝負!
厳しい・大変というだけでこれまでは総じて盛り上がりに欠く。

たるんでいる逢坂陣営、
本当の緊迫感、地に足付いていない前田陣営

よって、後半の5日間、
そして最後の3日間
きめ細かな総力戦をした方が勝つ
双方とも総力戦になっていない。
体たらく!

選対本部長はじめ選対中枢はもっと頭を使ったらどうだ。

(29.10.16)

★有料サイト★特別公開

函館電子新聞
17衆院選
PDFニュース特番

かつて「保守王国」であった道8区がなぜ今日の様になったのか!
17-10-13
tokuban


上をクリックし

プリントしてお読み下さい    (29.10.13)


【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17衆院選・道8区>>>「選挙戦の核心」
シリーズ第1弾/自民・保守がなぜこうも弱い道8区になったか?
「反自民」共闘・統一候補でなお劣勢に立たされているー。

問題は最悪の低投票率、中でも女性有権者が男性よりも
2万5千人も多い函館市で女性の半分しか選挙に行かない実態。
目を覆う程ひどい函館の女の政治意識の低さ、無関心ぶり!

~かつては「保守王国」であった函館・道南がなぜ今日の様になったのか~40数年間にわたり函館・道南の政治・選挙を見てきた本誌だから指摘できる、道8区(旧道3区)の政治・選挙の歴史、そして今日に至る地域経済衰退など各種要因・背景ズバリ…

(29.10.11-12、本誌主幹・河野 玄/10.12加筆)


<<<17衆院選・道8区>>>
水面下情報
各社世論調査・序盤の情勢


無所属・逢坂誠二リード
自民・前田一男を
18~20ポイントも引き離す


前田、道内自民党で一番弱いの見方


(29.10.11-12)

----------------------------------------------
<<<17衆院選>>>
◆ 朝毎読日経マスコミ世論調査・
序盤情勢 いずれも

自民堅調・悠々
単独過半数、
与党またも絶対安定多数、
300議席迫る・超の報道も

小池「希望の党」
完全に失速
そして野党共倒れ
自民漁夫の利
立憲民主党躍進

(29.10.11)


<<<17衆院選・道8区>>>
◆いざ一騎打ち、出陣!!
無所属・逢坂誠二と自民党・前田一男 立候補届出。
∇自民・前田一男 出陣式(10.10、午前8時20分過ぎ)立錐の余地もなく、約600人余駆け付ける。
危機感充満ながら、背広組ばかり。



∇無所属・逢坂誠二、出陣第1声(10.10、午前9時過ぎ)約200人程駆け付ける。
余裕感。しかし、引き締めに懸命な様子。


----------------------------------------------------------------------------
◆17衆院選 今日・10日公示、22日投開票
/道8区は無所属
(立憲民主党系)・逢坂誠二と自民党・前田一男の大勝負 (29.10.10)


<<<公示・本番突入の最新情勢>>>
■希望の党 小池百合子代表(都知事)の昨今の言質で急速に失速感。一方でリベラル新党の立憲民主党健闘。日本においては基本的に3分の1はリベラル層という大きな背景があるー。
 この中で、自民党は「安倍1強」「右翼・傲慢・私物化安倍政治」に不信任強まり、大幅議席減必至で、単独過半数(233)割れも。自公で過半数クリアがいいところか。
 
/道8区はリベラル色の逢坂誠二と保守・前田一男の大決戦で、元来、郡部は保守だが、大票田の函館市はリベラル色強く、共産党の候補取り下げもあって客観的に逢坂有利という状況。
(29.10.10)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<17衆院総選挙/公示直前の様相・予測>>>
■希望の党と立憲民主党、反安倍の無所属を含めて140~150議席獲得するかどうかが、自民党過半数(233)割れのカギで、可能性大有り。自公で過半数は維持するのでないかとみられるが、与野党伯仲必至とみる。
 大きな流れは「安倍1強打破」「反安倍政権」
(29.10.8、本誌主幹・河野 玄)

◆17衆院選 今日・10日公示、22日投開票
/道8区は無所属
(立憲民主党系)・逢坂誠二と自民党・前田一男の大勝負 (29.10.10)


<<<公示・本番突入の最新情勢>>>
■希望の党 小池百合子代表(都知事)の昨今の言質で急速に失速感。一方でリベラル新党の立憲民主党健闘。日本においては基本的に3分の1はリベラル層という大きな背景があるー。
 この中で、自民党は「安倍1強」「右翼・傲慢・私物化安倍政治」に不信任強まり、大幅議席減必至で、単独過半数(233)割れも。自公で過半数クリアがいいところか。
 
/道8区はリベラル色の逢坂誠二と保守・前田一男の大決戦で、元来、郡部は保守だが、大票田の函館市はリベラル色強く、共産党の候補取り下げもあって客観的に逢坂有利という状況。
(29.10.10)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<17衆院総選挙/公示直前の様相・予測>>>
■希望の党と立憲民主党、反安倍の無所属を含めて140~150議席獲得するかどうかが、自民党過半数(233)割れのカギで、可能性大有り。自公で過半数は維持するのでないかとみられるが、与野党伯仲必至とみる。
 大きな流れは「安倍1強打破」「反安倍政権」
(29.10.8、本誌主幹・河野 玄)

<<<17解散総選挙・道8区>>> ◆「おおさか誠二勝利総決起集会~権力の暴走と私物化を許さない北海道8区の集い~開く。10.7午後6時、市芸術ホール。
 12年前の2005年郵政解散の時に、逢坂誠二氏を衆院選(道ブロック比例代表1位)に引っ張り出した鉢呂吉雄参院議員(当時・衆院議員、民主党国対委員長)が激励の言葉。
「逢坂さんの今日に活躍を見るに、逢坂さんを国政に引っ張り出したことは間違いでなかった」などと前置きした後、「争点は明瞭で、この5年間の安倍政権を継続するのか、皆さんの1票で辞めさせるのかが問われる選挙だ。逢坂さんと皆さんが一体になれば勝てる」とあいさつ。
 ホール1、2階満席の中で、逢坂氏、「立憲主義と民主主義を破壊する安倍一強政権にピリオドを」などと決意表明。





(29.10.7)


<<<17解散総選挙・道8区>>>
◆道新主催道8区公開討論会(10.7午前、函館中央図書館視聴覚ホール)無所属・逢坂誠二、自民・前田一男論戦!ホール満杯の約180人が詰めかける



∇逢坂誠二(左)、前田一男(右)

     

(29.10.7)



<<<17解散総選挙・全道の情勢>>>
◆民主党時代などを通して、もともと強い地盤を持つ道内にあって、民進党の分裂ーリベラル系新党「立憲民主党」の出現、そして立憲民主党・共産党の共闘進展で、極めて厳しい選挙戦になってきた自民党。
 道内12の全選挙区で立憲民主・共産による統一候補(立憲民主系8人と、共産党新人4人の方向)擁立確定から、自民党4~5議席に止まるような雲行きで、小選挙区良くて6議席(前回は8議席)。自公で5~6議席の公算強まる。
 よって
自公、小選挙区12・比例代表8の全道20議席中、
半分を取ればいい方かー。


~道8区/逢坂誠二 無所属出馬ながら、
立憲民主・共産の「統一候補」に決定 
(29.10.5)


<<<ニュース速報/17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二、先に(意向を)固めた通り、
無所属出馬を言明
~10.2午後3時過ぎ、記者会見~
  枝野代表代行らがリベラル結集の新党には「党籍を移し、入党するが、同新党の公認は受けずに、無所属で戦う」
「リベラルの受け皿は必要。比例はどうしたらいいの「(支持者らに)と聞かれているので、比例の投票先は枝野リベラル新党をお願いする」

「しかしながら、無所属出馬ということで先鞭を付けたことでもあり、一歩先んじて(無所属で)進んでいるのでこの流れを変えたくない。(新党公認で)公認料をもらえたり、比例復活のことなど有利な条件あるが、一度決断したことであって目先を変えないで行く。敢えて決めた(無所属出馬の)方向で全力を上げたい。固まった覚悟は変えない。必勝するということで一致結束、邁進している
「リベラル結集の意味は大きい。受け皿に成り得る」

(29.10.2)


<<<視点・提言/17衆院総選挙>>>
◆民進党 分裂へ。はじめから分裂すればいいものをー。小池新党「希望の党」に公認されず、あるいは政策・理念等肌合いあわず、合流否定の人たちが枝野代表代行のもとに参集し「新党」結成へ。
  道8区の逢坂誠二も参加と伝えられる。

 
党名「立憲民主党」とか「民主党」を検討のようだが、この際は「新民主党」にしたらいい。民主党政権失敗の反省を込め、また新出発、生まれ変わるということで、すっきり「新民主党」にすべきと考える。立憲などといっても18、19歳は無論、新聞もろくに読まない若い人たちに分かるはずがない。全く持ってセンスがなさ過ぎる。

 
総選挙は安倍右翼政権・自公の自民党、改革保守とやらの「希望の党」グループ、そしてリベラル、共産党と共闘の枝野新党との三つ巴の構図にー

(29.10.2)


<<<視点ズバリ・現在の状況/17解散総選挙・道8区>>>
◆小池新党「希望の党」と、民進党が「合流」か、いや「解党」か「分裂」か。はたまたリベラル派の「新党」結成かなどの騒ぎになっていることから、選挙の構図が定まらないこともあって、逢坂誠二、前田一男双方の陣営ともさっぱり盛り上がらない・盛り上がっていない状態。
  このままズルズルと10日の公示、超短期決戦になる公算大。そもそもが「大義のない解散」「安倍自己保身の解散」が大きな背景にー。(29.10、本誌主幹・河野 玄)


<<<17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二、無所属で出馬の意向固める 。
「民進党本部の動向を見極めた上で、無所属出馬を最終決定」 とツイッターで表明。
(29.9.30)

<<<解説/17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二、無所属で出馬の場合、「筋を通した」格好になり、また「カネ、モノない」「孤独な孤高の戦い」等々で同情を集めること考えられ、加えて共産党の候補擁立取下げ、事実上、側面からの逢坂支持の可能性も高く、無所属・逢坂VS自民・前田大激戦必死ながら、逢坂有利に働くか、、、
 自民・前田一男は比例の「枠」が渡辺と自民入りの鈴木宗男の娘・貴子の2人が1、2位を占め、また宗男の新党大地として出馬によって、比例は残り1がいいところで、比例復活は相当厳しく、極めて厳しい戦い。よって、逢坂、前田ともに文字通りの「背水の陣」(本誌主幹・河野 玄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<緊急ニュース速報/17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二氏(58歳、民進党前衆院議員)
無所属での出馬の意向を強める。


「これまで自分(逢坂)が言ってきたこと、主義、主張、理念などを曲げてまでも、現段階では、希望の党に対して公認申請するつもりはない。希望の党からとなれば、言い訳ばかりになる。無所属の方が主張しやすい。選挙後のことはいろいろなことが起きるだろうから分からないが、
出来れば選挙は無所属でやりたい。問題はカネとモノ

「早い時期、最終決定には整理が必要だが、早ければ明日くらいにでも(無所属で出馬するかどうか)決めたいと思っている」
「希望の党については、今まだ大きな方向感は見えない。姿が見えたものになっていない」
「無所属出馬になれば、比例復活の道もなく、非常に厳しい、文字通り背水の戦いになる」

 
29日午前11時から連合会館で行われた民進党道8区総支部幹部や連合など支援団体関係者30~40人が集まった「衆院選対応について」の意見交換会議の直後の、記者会見で苦渋に満ちた表情で記者団の質問に上記のように答えた。
  意見交換会議では様々な意見が出る中で、大勢は「最後は先生(逢坂氏)か決めて下さい。いかなることになろうとも、全力で応援する」となった。
(29.9.29)

◆臨時国会冒頭解散 確定的来月(10月) 22日投開票へ
ウソばかり言ってきたので、よほど森友・加計で追及されるのが嫌で嫌でしようがない安倍(首相)(29.9.21)


◆風雲急!早期解散総選挙!
臨時国会(9.28招集) 冒頭解散もー。
ここ道8区、民進・逢坂誠二氏VS自民・前田一男氏3度目の激突

 それにしても、安倍首相の権力維持・保身!求心力ガタガタになってきているため局面打開、政権維持に得策と判断。「大義がない」との批判続出へ。全く持って身勝手この上なく、北朝鮮大問題ほか諸課題山積の中、「国のことよりも自分・政権」と自己保身最優先…
(29.9.1-18)


<<<17解散総選挙/道8区>>>
◆民進党道8区合同選対・発足会議 第1回選対会議開く
~9.24、ホテル函館ロイヤル~

逢坂誠二衆院議員あいさつ
(写真)「安倍首相のこれまでやってきたことに対し、鉄槌を下す選挙」



基本的考え方として
「完勝に向けて総力を上げて戦う」とし、
合同選対本部長に斉藤亨8区総支部副代表・道議。

 

合同選対事務所は松風町9−13、27日開設。
10月7日(土)18時から函館市芸術ホールで「おおさか誠二勝利総決起集会(国政を語る会)」

(29.9.24)



<<<17衆院選・道8区>>>

◆勝利確実視の雰囲気!
無所属・リベラル候補、
逢坂誠二 街頭大集会

~10.20、18時30分、本町交差点~



逢坂誠二候補 歯切れ良く、
政策、考えを熱弁

「皆さん一人ひとりが主役で、
皆さんの一票一票の力で
逢坂誠二を国会に送り出して
頂きたい。皆さんが主役です」




退路のない、無所属の様々なハンデを
逆にプラスにして終始優勢な戦いを展開


ぶれずに、迷うことなく、多難な無所属出馬を一番最初に決断したことで、今や全国に名が知られ、道8区で
陣営関係者・周辺「すごい反応」



(29.10.20-21未明)


<<<17衆院選・道8区>>>
photoニュース速報
◆自民・前田一男 総決起大会
会場文字通り立錐の余地なく、
目一杯1200人近く集める

~10.18午後6時、ホテル函館ロイヤル~

弁士、候補こぞって相手の逢坂誠二候補が
共産党と組んだことを非難。




水面下選挙後に関し、いろいろ取り沙汰、
憶測されている宗男の娘・鈴木貴子
(自民党比例2位候補)例の甲高い声で
応援演説
(写真下)

派閥の細田会長と橋本聖子参院議員会長も出席し、あいさつ。両氏他選挙区応援のため途中退席するも、貴子は最後まで出席。
細田会長「(道8区)非常に厳しい」

公明党・志賀谷道議も出席。



(29.10.18)


<<<17衆院選・道8区>>>
◆前田一男、女性の会
300席用意し、さらに増やして
380席ほぼ満席
~10.13午後3時、ホテル函館ロイヤル~


 
工藤寿樹函館市長と
長谷川岳自民党道連選対本部長応援あいさつ




(29.10.13)

----------------------------------------------
相変わらずの小泉進次郎人気

選挙劣勢の自民・前田一男の応援に
小泉
自民党筆頭副幹事長(36歳)来函

~10.12午後6時半、JR函館駅前・キラリス前~
黒山の人だかり・約8百人か
仕事帰りの若い女性らがスマートフォンカメラ

小泉進次郎氏

「(選挙情勢)北海道が厳しい、特に函館が厳しい。だから来た。私は3回生だが、2回生の時より数段仕事が出来る。前田さんの3期目当選を皆さんにお願いしたい」





(29.10.12)


<<<17解散総選挙・道8区>>>
水面下情報
各社世論調査・序盤の情勢


無所属・逢坂誠二リード
自民・前田一男を
18~20ポイントも引き離す


前田、道内自民党で一番弱いの見方


(29.10.11-12)

----------------------------------------------
<<<17衆院選>>>
◆ 朝毎読日経マスコミ世論調査・
序盤情勢 いずれも

自民堅調・悠々
単独過半数、
与党またも絶対安定多数、
300議席迫る・超の報道も

小池「希望の党」
完全に失速
そして野党共倒れ
自民漁夫の利
立憲民主党躍進

(29.10.11)

<<<17衆院選・道8区>>>
◆逢坂誠二、選挙戦本番スタート
さっそく 街頭大集会

10.10午後6時半
選対本部前・大門グリープラザ

逢坂誠二、今回の共闘・統一候補についてふれ
「国家の基本が問われる選挙であり、
これ一点に集中して共闘が成った」


憲法を踏みにじる・守らない安倍首相を
厳しく批判、
「総理の座から引きずり降ろそうではないか」
「まっとうな政治にしなければならない」

大間原発についても自らの活発な行動を示し、
「単なる反対と言っているだけではダメだ。
行動しなければならない」
 「これからもぶれずに、曲げずに、
しっかりと訴えて行く」
などと決断と決意を表明。



徳永エリ参院議員が応援演説



(29.10.10)

【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17解散総選挙・道8区>>>

自民党公認・前田一男
選対本部事務所開き

~10.1午前10時、
本町行啓通(玉光堂跡)~

前田一男決意表明
「この5年間、国土交通委員会に所属し、遅れていた道南の公共事業(インフラ整備)に予算を付けるなどしてきた。この取組を前に進めて行かなければならない。是非3期目の国政に送っていただきたい」
「道南の未来のために仕事をさせていただき、政府与党・自民党の議席を(続く)

高橋はるみ道知事も駆け付けて
あいさつ、次のように支持を訴えた。
(続く)

(29.10.1)