函館・道南圏の日々を伝える!
函館電子新聞 hakodate-e-news.co.jp
函館電子新聞<<<準トップ>>>2011.5〜8〜12〜2012.1

<<<視点・ズバリ>>>
■ホラ見たことか!下北沖で今に3.11クラスか、それ以上の超巨大地震・超巨大津波が起こる。まして、3・11でプレートが想像を絶するほど大きく動いたことを持ってすれば、その影響も遠くない将来十二分に考えられるというもの。「下北半島の沖にもM9級の地震を起こす震源域がある」とする説を北大の平川一臣特任教授が雑誌「科学」で発表(1.26)
/そんな青森県下北では東通原発(東北電力と東京電力)、六ヶ所村再処理工場(核燃料サイクル施設)、そして電源開発の大間原発、等々といった具合で「原発のメッカ」(かつて、原発推進の親玉・悪玉の中曽根康弘元首相発言)みたいになろうとしている有様。想定せずに「大丈夫だ」などと今日に至っているわけで、いかにデタラメ三昧できたか、今一度真剣に検証し、大間原発建設など絶対に阻止しなければならない。観光都市・函館など一瞬のうちに「死のマチ」になる。超巨大地震は必ず起こる! (24.1.27)

<<<ニューストピックス>>>
★北海道新幹線の木古内駅駅舎デザイン、鉄道・運輸機構が示した3案(A、B、C)のうち、木古内高校(今春閉校)生徒15人が選んだのはB案/木古内町は地元高校生が選定したこのB案を町の意向に決定。


<<<視点・ズバリ>>>
■あきれかえるイオンの七飯町峠下出店候補とやら。いくら新幹線時代がくると言っても、仁山や横津連峰のふもとであり、緑豊かな景勝の地。そんなところに大型ショッピングセンターを建設してどうする。確かイオンは緑化運動にも力を入れているハズだ。これって自然破壊に等しいのでないか。
/採算などどうでもよく、物流という観点からどうしても函館圏・幹線道路沿いに大型SCを作りたくてしようがないのだろうが、峠下とは恐れ入った。
函館人間は物見遊山的に1回くらいは行くだろうが、さしておもしろくもないSCに誰が行く?スーパーのマックスバリューなど品揃えなどいい店だが、如何せん大型SC函館地区出店話となると、ここまでくれば、頭がどうかしているのでは?
<<<ニューストピックス/視点>>>
◆工藤寿樹函館市長、高谷寿峰北斗市長、中宮安一七飯町長の函館圏3首長そろって、経産省、民主党、電源開発に出向き、大間原発建設無期限凍結を文書で要請(24.1.24、東京)
電源開発よいい加減にしろ!地元大間町の町長などは自分勝手な金・金だけで論外極まりなく、青森県知事も官僚出身のろくな者でない。下北の過疎地に原発施設を何もかにも受け入れているだけで、他に施策はないのか。

<<<視点・ズバリ>>>
■考え方が実にしっかりしている。ファンを思い・感謝し、自らの仕事・人生に対するモチベーションの何たるかを直視し、敢然と向かい合うダルビッシュ。これに比べて、今日の政治家の有様は上から下まで何たることか。とりわけ、国会議員の様は、国民(ファン)のことを考えているとは到底思えなく、自らの保身しか頭にない。政治家よ、この落差は一体何なんだ、恥を知れ。増税とか、政権奪取とか、それしか頭にない。我々が実に著しく価値のない者を民主主義というどうしようもない選挙システムのもとで選んでいる−。

《《《倒産・経営破綻関連情報》》》
■ゴルフの三井住友VISA太平洋クラブマスターズの開催(太平洋クラブ御殿場コース)で有名なゴルフ場運営(18のコースを運営、道内では石狩市で札幌コース)の太平洋クラブ(東京)と子会社6社が経営破綻東京地裁に民事再生手続開始を申請(1.23)負債総額グループ全体で約1、260億円。アコーディア・ゴルフ(道南では大沼レイクゴルフクラブを運営)とスポンサー契約結び、事業再生目指す。
/ピークは過ぎたが、依然として続くゴルフ場の大型倒産。

今年7月に基本設計の函館アリーナ/着工来年秋。
完成は北海道新幹線・新函館開業の2015年

函館市はもとより道南の拠点施設「新しいシンボル」として大いに期待
〜極めて創造的で、斬新なデザイン〜
メインアリーナとサブアリーナ2つ の楕円形を8の字型に

プロポーザルコンペで設計者は大建設計(東京)・ティーアンドパルス(函館)共同企業体

《《《倒産・経営破綻関連情報》》》
■かつては高級クラブ(プリンセスメイ)や有名居酒屋チェーン・フランチャイズ(つぼ八)、最近はバイキング形式の焼肉店など経営していた、函館飲食業界屈指の老舗(1952年創業)、鈴屋商事(株)(函館市、平形幾夫社長)ついに事業継続断念、自己破産申請へ。負債総額約4億5千万円。

<<<政治・選挙/次期衆院選>>>
◆自民党道8区支部長(次期衆院選公認候補)公募20日の締め切りに、応募は結局、前田一男松前町長(45歳)だけ。推薦人、公募条件30人の倍以上の66人。


【有料サイト/経済関連特報ページ】
昨一年間の函館地区新車販売台数、前年比約11%減のもと、
ディーラーベスト4はネッツトヨタ函館、函館日産、函館マツダ、ホンダカーズ南北海道/函館の会社自体では室蘭・苫小牧地区含むホンダカーズ南北海道が断トツの2,448台を販売し第1位!2位はネッツトヨタ函館の1,390台。3位函館日産1,357台
軽専門ディーラーではダイハツ北海道函館支店が2,458台で圧倒的なトップ


<<<ニューストピックス>>>
◆大歓迎!全日空(ANA)函館ー羽田便3月25日から一往復増便し、1日5往復(エア・ドゥとの共同運航2往復含め)〜1.17、全日空2012年度夏季ダイヤ発表〜
/エア・ドゥとの共同運航
函館発羽田行き午前9時と羽田発函館行き午前6時40分は機材大型化し、現在の126席から約2.2倍の270〜280席に。 (24.1.19)

<<<政治・選挙/次期衆院選>>>
◆次期衆院選道8区事実上、民主党現職・逢坂誠二氏と自民党新人・前田一男氏との一騎打ちへ (24.1.19)
/次期衆院選道8区自民党公認候補(道8区支部長)に前田一男氏(45歳、松前町長)応募(24.1.18)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道8区自民党支部長(次期衆院選公認候補)公募/荒木真一氏(45歳、長谷川岳自民党参院議員秘書、厚沢部町出身・千葉県在住)が道南地区農協組合長会(渡島・檜山の4農協組合長)の推薦を辞退。保守一本化が最も重要として 。4農協組合長会の「スタンドプレー」あっけなくケリ。
/前田一男松前町長(45歳)擁立確実(24.1.17)


<<<ニュースロータリー>>>
★JR函館駅前・WAKOビル5階に2010年7月誕生した「大門キッズスタジアム」来場者10万人達成!(1.15)感謝祭イベント毎日開催中(16日から22日)
/子育てを応援するコミュニケーションスペース。子どもが体を使って遊べる遊具、知育玩具などがそろうプレイスペースと、多様な交流ができるスペース。親と子のコミュニケーションニ、育児に関する情報交換や交流の場として大変な人気。詳しくは「大門キッズスタジアム」サイトへ。

<<<視点・ズバリ>>>■こんな単純作業も満足にできないのか!配布ミスなどトラブル続出、過去最悪の大学入試センター試験
/大方の学者・先生なる者たちも体たらくなら、事務方もお粗末・締まりなし。日本の教育関係の現場は上(
大学・研究機関等、金漁りの原子力ムラは最たるもの)から下(小中学校の現場、北教組など日教組等。校長などとそのOBに至るまで)まで荒廃し、腐りきっている。どだい、くるくる変わる文科相(民主党政権になって一段と顕著)からしてその様は狂っている。(24.1.16)

<<<ニューストピックス>>>
◆2015年度末に開業の北海道新幹線・新函館開業にあわせて実現する函館〜新函館間の電化には「工期2年」。青函トンネル内で在来線の貨物列車を新幹線並みの速度で走れるようにする「トレイン・オン・トレイン」(新幹線車両に貨物車両を載せて運ぶ)は新函館開業に間に合わず、2020年度前後をめどに導入/JR北海道・小池明夫社長、1.12記者会見

【有料サイト/政治・政界・選挙特報ページ】
道南地区農協組合長会の長谷川岳自民党参院議員秘書の荒木真一氏推薦の背景に
逢坂民主党衆院議員盟友の鉢呂吉雄氏と今金農協の思惑?
〜農協組合長会で支部長推薦強く主導、主張した今金農協〜
(24.1.13)
----------------------------------------------
20日期限の自民党道8区支部長(次期衆院選公認候補)公募に
前田一男松前町長自薦の一方で、道南地区農協組合長会が
長谷川岳自民党参院議員秘書・厚沢部町出身の荒木真一氏推薦の動き
<<<長谷川岳事務所は反対/最終動向流動的>>>
(24.1.12)

<<<ニュースロータリー>>>
◆函館バス(株)、寺坂伊佐夫社長の病気死去に伴い、後任の新社長に専務の森健二氏(51歳、江差町出身)を選任。
同じく寺坂氏社長であった子会社の函館バス商会(株)社長には常務の伊東進氏(61歳)昇任(いずれの1.11両社の臨時取締役会)


<<<ニューストピックス>>>
◆今冬一番の寒さ/函館 12日未明(午前2時46分)マイナス14.3度
〜24.1.12、函館海洋気象台〜
◆北斗市なんとマイナス19.6度
〜東日本ハウス「ワザック函館・五稜郭」ミヤビコート
/地上18階建て免震タワー・最高級マンション〜

今年秋の竣工まで9ヵ月余も前にして
早、最終期・第4期先着販売開始!
ほしくなっても、もうこれ以上はない−。
地方都市における全101戸もの
大型・高層マンションとしては極めて順調な販売


★第64回函館市成人祭〜24.1.9 13時、函館市民体育館〜
 人口減少顕著、今やかつての半分!
 函館の新成人は2、360人(男1、143人・女1、217人)

 工藤寿樹函館市長あいさつ 「皆さんは金の卵です」
「働いて、学んで、恋をして、夢と希望を持って生き抜いてほしい。希望の時代は必ずくる。大胆にそれぞれの人生を力強く歩んで行くことを望みます」



【有料サイト/政治・政界・選挙特報ページ】
<<<次期衆院選出馬の意志固める前田一男・松前町長 >>>
今月20日期限の自民党道8区支部長公募に対して
自ら積極的に「自薦」で名乗りを上げる運びに!
〜11日の、松前町での町長後援会で「町長3選不出馬」取り付け〜
前田氏出馬推薦人集めはすでに60〜70人に−。  
(24.1.8)


◆連合渡島地協・連合函館の新年交礼会
工藤寿樹函館市長、初めて出席
逢坂誠二衆院議員、マニフェスト総崩れ批判に反論する一方、
消費増税について「正確なところをご理解していただきたい」と訴える



<<<photoトピックス>>> 
〜2012年 函館市始動〜

★千人以上が出席し、函館市年賀会(函館市、函館市議会、函館商工会議所主催)
大盛況!1月6日午前11時、函館国際ホテル

/工藤寿樹函館市長
年頭のあいさつ「本格的なまちづくりスタートの年にしたい」 今年は市制施行90周年の年。



【有料サイト/経済関連特報ページ】
全国的に依然としてゴルフ場倒産多発 !
この2ヵ月足らずだけでも大型破綻6件
〜函館地方でもかつて15〜16カ所あったコースが10を切り9カ所だけに〜


<<<ニュースロータリー>>>
◆函館・道南の景気/「全体として持ち直してきているものの、一部に幾分弱めの動き」(日銀函館支店発表)
 公共工事 新幹線関連工事下支え。観光 入り込み比較的堅調。個人消費 持ち直しの動き。住宅投資 緩やかな持ち直し傾向。民間設備投資 弱めの動き。造船 高水準の受注残から安定した操業。水産加工 震災の影響による代替え需要の増加などから高めの操業を維持。電子部品 海外経済の減速や円高に加え、タイの洪水の間接的な影響などから足もと幾分弱めの生産。雇用 持ち直しつつあるものの、引き続き厳しい状況。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆函館市内の各神社、初詣客で賑わう
/亀田八幡宮、若い人や家族連れで終日長蛇の列
(24.1.1)

<<<ニューストピックス>>>
◆北海道新幹線・新青森〜新函館間の来年度事業費、本年度当初費約3割増の1、125億円。2005年度に工事がスタートして以来、来年度は8年目で、総事業費4、700億円(試算)のうちの3、352億円に達し、進捗率71.3%へ。(23.12.28)


<<<視点・ズバリ>>>
■これといった見るべきもののない政府予算案。野田政権 消費増税に躍起。連日連夜の増税話。ここまでくると、もう頭がどうにかしている−。
/民主党09衆院選マニフェストことごとく反故。「月額7万円の最低保障年金創設」の一つくらいでも実現したらどうなんだ。こんなことで次期衆院選、選挙になると思っているのか。300余議席が半分とか100数十議席くらいの大惨敗必至。
(23.12.24)


<<<ニュースロータリー>>>
◆東京都内のローソン京橋駅前店(JR東京駅八重洲南口より徒歩8分、東京メトロ銀座線・京橋駅5番出口より徒歩約1分)に「函館市アンテナショップ」オープン!12,22午前10時、ローソン京橋店で工藤函館市長、(株)ローソン玉塚元一副社長、石黒義男函館物産協会会長らがテープカット。
/店内に函館地域産品専用販売コーナー。イカ塩辛、松前漬、ガゴメ昆布製品、イカめし等々、函館地域産品約80品目。観光情報ラックに函館市観光パンフ、観光マップなど。
 (23.12.22)

■函館市職員の給与10%カット等労使交渉妥結
職員給与平均で5.5%削減(若手職員3%、管理職8%)で合意
退職金削減問題は交渉継続

<JR函館〜新函館間の経営分離・3セク問題/12.21ニュース速報>
工藤市長、苦渋の決断!「熟慮に熟慮を重ね、オール北海道で取り組んできた北海道新幹線全線開業も踏まえ、市長として判断」「道は3セクの設立や負担に関し主体的役割を担うと約束した。高橋知事の決意も直接聞いた。JRも函館〜新函館間を電化し、経営分離前と同等のサービスを維持するとした。前例のない、(3セク移行後JRが運行受託など)具体的な提案で、これ以上の支援協力は難しい」(12.21午前、記者会見)
◆工藤寿樹函館市長、JR経営分離・道主体の第3セクター経営に同意!
市議会代表者会議
(23.12.21午前10時)で正式表明。市議会の市政クラブ(11人)、民主・市民ネット(8人)、公明党(4人)の3会派(計23人)同意賛成、市民クラブ(4人)と共産党(3人)の2会派(計7人)反対ながら、能登谷公議長「市長の決定を理解したい」−。
/沿線15市町全て経営分離に同意となり、
北海道新幹線・札幌延伸<新函館〜札幌間>着工確実に!

<JR函館〜新函館間の経営分離・3セク問題/12.20>
◆工藤市長、町会連合会と会談するも、町会連合会としてはいろいろ意見はあるが、経営分離・3セク移行反対は変わらず。
/市長、明日・21日午前10時、市議会拡大代表者会議で方針提示へ。
◆かなりの業界団体に経営分離断固反対の
松本栄一函館商工会議所会頭の意向・存在感随所に−。


◆函館商工会議所、4人目の副会頭に久保俊幸函館環境衛生(株)社長

【視点/ズバリ直言】
■函館〜新函館JR経営分離・3セク移行問題
/理解を得るべく工藤寿樹函館市長、約100の市内各団体に対して説明に走り回る。まさしく孤軍奮闘。政治家、リーダーとしての素質みせる。難局・逆境に立ち向かってこそ政治家としての真価、存在感が明らかになる−。
<<<最注視・重大な局面の市職員給与10%削減・退職金20%削減問題>>>
いかにこれまで結託・談合し、デタラメ三昧、詐欺的な昇給・昇格等で
給与・退職金をぶんどってきたことか明白!
先の市議会一般質問で小野沢猛史議員指摘/その発言全文をここに−。
■工藤市政・市長は断固として
「職員給与10%削減・退職金削減」を実施せよ!■
■議会も一致して支持・賛成するのが当然!■

<<<ニュース速報>>>
◆高橋はるみ道知事と工藤寿樹函館市長 会談(12.18午前9時から同9時36分)
/高橋知事からは3セクへの負担割合など新たな提案はなく、「責任を持って主体的に3セクを担う」ことを強調。「道南全体のこと、周りのまちのことも考えてほしい」とー。工藤市長以外との会談なし。
/工藤市長「新幹線に対する函館市民の思いは他の沿線自治体とは違う」ことを伝え、「もうしばらく努力させてほしい」と答える。          
工藤市長は
「当初は新幹線は函館まで、函館〜札幌間はリニアカーという話であった。平成6年の覚え書きでは新幹線は現函館までスイッチバック方式で乗り入れるとしたが、道はこれを反故にした。新幹線はまず函館までということで、一時期は道・道央経済界などの支援もなく、函館だけで新幹線の誘致をしてきた。青函トンネルが開業し、青函局がなくなり、人口が減少した経緯もある。そこに持ってきて今度は3セクでJRが撤退し、現函館駅は新幹線と全く関係なくなる」等のことを話し、函館市民の中に道に対する根強い不信感があることを高橋知事に伝え、これに対して知事は「函館市民におわびしたい」と陳謝。会談後の記者会見でも何度となく不信感を持たせたことに対して「おわびしたい」と語った。
 市長は「主体的に責任を持ってやるという知事の決意は重く受け止めた」「同意問題はもうしばらく努力させていただきたい」「最終的には私自身が判断する」(記者会見)

(23.12.18)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<JR函館〜新函館間の経営分離・3セク問題>
◆高橋はるみ道知事、来函し、明日・18日午前9時から函館市内のホテルで工藤寿樹市長と会談。道新幹線札幌延伸着工問題に絡む函館〜新函館間の経営分離・3セク問題に関し協議、理解求めるため。
/さらなる具体的な方策提示があるかどうか。(23.12.17)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆松本栄一函館商工会議所会頭、第3回臨時議員総会(12.16午後4時半過ぎ、マリエール函館)あいさつの中でJR経営分離問題について「入口を間違わないように、10年後・20年後の函館の経済をどうして行くか考え、結論を出さないといけない。(工藤)市長が市民の総意とも受け取れる(4団体の反対)を踏まえ、JR経営の継続を主張されるよう期待したい」などと述べる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆函館市・工藤寿樹市長、今日・16日は回答せず、
来週以降なお一層、地元調整等々に全力を上げる方針ー。(23.12.16)


【緊急提言/ズバリ直言】
■函館〜新函館間JR経営分離・3セク問題緊迫!/道・高橋知事は大局観で3セク負担割合などもっと踏み込み、数字を明らかにするべきだ。
そして、今日の難局に至ってはまさに政治の出番だ。政治家、特に政府与党としての民主、道政与党の自民を問わず道議会議員は道への働きかけは無論、間に入って調整等へ積極的に動くべき時。地元選出代議士も、市議会議員ももっと動くべき。
 今まさに政治家として存在そのものが問われる!
<JR函館〜新函館間の経営分離・3セク問題>
◆函館商工会議所はじめ4団体反対。
内部でいろいろ意見分かれているものの、函館朝市協同組合、函館都心商店街振興組合、町会連合会の3団体 結局反対。
◆函館市議会(30名)/市政クラブ(11名)、民主・市民ネット(8名)、公明党(4名)の3会派(23名)賛成・同意、市民クラブ(4名)と共産党(3名)反対〜12.15午後3時、拡大代表者会議〜
◆函館市町会連合会 態度不明(未確認情報)、函館都市商店街振興組合 賛成・同意、函館朝市協同組合連合会 不賛成・不同意(12.15午後)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道新幹線・新函館〜札幌など整備新幹線3区間 来年度着工方針ながら、函館市などで調整が難航した場合、新函館〜札幌間への工事費計上は後回しで、事業費も他2整備新幹線に比べて大幅減少必然との見方(12.15札幌情報)
<道とJRの12.13の具体的内容通知に対して市議会総務常任委員会>
◆3セクの負担割合など具体的な数字が示されていないとか、16日まで道へ回答ということでは時間が少なすぎるなどの意見出る一方、JRの運行業務受託等々通知内容を評価する意見も−。(23.12.14)
 あくまで第3セクター化反対の函館商工会議所は「12月13日付JR経営分離案の問題点と見解について」と題する文書(A42枚)を会員へFAXメッセージ(12.14、17時)

◆函館商工会議所(松本栄一会頭)13日の道とJRの回答、JRの「第3セクター移行後、アクセス列車の運行委託を受ける用意がある」というJRの運営受託による鉄路の存続に対して、あくまでも第3セクター化には反対するとして「ノー」を正副会頭会議で決定(12.13)
/現函館駅〜新函館間の第3セクターはあくまでも拒否との姿勢。

◆道の函館市に対する回答の具体的な内容(全貌)−。
「3セクに対して、道は他県の先行例を十分に考慮し、応分の負担」
「3セクにJRは、必要な技術者の出向など技術的・人的支援を行い」、「経営分離後における分離前と同等の利便性・サービスを維持するため、第3セクターとJR北海道をはじめとするJR各社との円滑な乗り継ぎが可能となる発券システムの導入などに協力する」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
JR北海道、函館市に表明−。
「札幌開業後(第3セクター移行後)においても、アクセス列車の効率的な運行および利便性が損なわれることのないよう、当社としては第3セクターからアクセス列車の運行委託を受ける用意がある 」

<<<ニュース速報/23.12.13午後>>>
◆道の函館市に対する通知内容(続報)/2015年新函館開業まで函館〜新函館間を電化し、新車両投入。快速列車運行し、利便性図る。
札幌延伸時に函館〜新函館間は経営分離し、第3セクター経営。3セク後、JRが全面的に業務委託を受け、運行する。現函館駅、新設の新函館駅事務所も残す。
/市、今日午後3時から市議会代表者会議報告・説明。函館商工会議所、町会連合会にも報告。同4時から記者会見し発表。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆続報/道、函館市に具体的な内容を示す(12.13午11時)
/「3セクには道も他府県並みに出資する。3セクに移行後、JR北海道に運営委託し、JRが運行を引き受ける」といった内容。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道、函館〜新函館JR経営分離問題に対する3セクへの具体的な内容を提示した模様(12.13昼前)/大筋は「JR経営分離し、第3セクターの経営に移行。そのうえでJR北海道へ運営・運行委託」といった内容か〜最終未確認情報ながら、数多くの議会関係者、庁内外関係筋談〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆JR、函館〜新函館間の電化を提案!
2015年の新函館開業までに電化、新型車両を導入し、
15〜16分で結ぶ快速を走らせ 、利便性を図る−。
道、今日にも第3セクター運営に絡んで、かなり踏み込んだ内容を提示か
〜札幌延伸への同意・経営分離問題大きなヤマ場へ〜
<<<道新幹線札幌延伸に伴う函館〜新函館間JR経営分離問題>>>
市議会一般質問で工藤市長
11月24日の通知に関して道と具体的な中身について本格協議中で、道の返事待ち。一人で判断する問題ではない。議会、経済界、町会連合会などと十分協議する
〜小野沢、阿部善一両氏「経営分離に断固たる反対方針で臨むべき」〜
<<<道新幹線札幌延伸に伴う函館〜新函館間JR経営分離問題>>>
◆経営分離断固反対の函館商工会議所(松本栄一会頭)12月9日、
約2千の会員事業所に対して、反対理由の文書を送付。〜全文(そのまま)掲載〜
<<<視点・ズバリ>>>
■自民党政権時代もイカれた大臣多くいたが、民主党・野田内閣のこの一川防衛相というのも大バカだね。適材適所などと言って任命した野田も野田。このバカたれ防衛相は小沢グループだってさ。そして参院議員ということで輿石幹事長とも近いとかで首つながっているようだが、早く切り落としてしまえ。沖縄問題発言はひどすぎるし、何もかにも無知。
/鉢呂も田舎者丸出しみたいになって経産相すぐに辞めたが、民主党というところにはわけのわからぬひどいの一杯いる。これ全部次は落選させなければ日本おかしくなる(え!参院議員は6年間か)国会議員の質の悪さは目を覆うばかりだ。消費増税いう前に国会議員大幅に削減しろ!
【倒産情報・経営破綻関連】
■10月下旬から営業停止中であった運転代行業の(有)ツバメ運転代行社(猪俣信社長)5日までに2回目の不渡り惹起し、完全倒産。背景に過当競争。


<<<ニューストピックス>>>
◆道南地方の景気「一部に厳しさみられるものの、全体として持ち直し」〜日銀函館支店、12.1発表の管内経済動向〜<<<設備投資弱めの動き。公共投資 新幹線関連工事が下支え。観光入り込み 比較的堅調。個人消費 持ち直しの動き。民間受託投資 持家中心に緩やかな持ち直し。造船 安定した操業。水産加工 震災の影響から代替え需要増で高めの操業。電子部品 自動車向け生産水準引き上げ。雇用 持ち直しにあるものの引き続き厳しい>>>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆今年上半期(2011年4〜9月)の函館観光、3・11大震災と福島原発大事故の影響甚大による4、5、6月の大幅な落ち込みで、前年同期比14.4%減の266万7千人。平成に入って最悪。大震災と福島原発で東北新幹線全線開業の期待完全に吹き飛ぶ。
/下半期(10月〜3月)前年同期並みとなったとしても通年413万人余で、来函観光客500万人時代は遠い昔の話となりかねない。


<<<ニュースライナー>>>
◆最大のヤマ場、重大局面に入っている道新幹線札幌延伸着工の成否に絡む函館〜新函館間JR経営分離問題/道商連・高向会頭来函し、分離断固反対の松本栄一函館商工会議所会頭と約1時間にわたって会談し、理解を求めたが、松本会頭「3セクは考えられず、同意できない」として平行線。
◇週明けには高橋知事の意向を持って道副知事が函館入りし、説得に当たる予定。ここにきて(11月2日)高橋知事の要請を受けて、川尻自民党道議も動き出し、自民党函館市議と協議するも、地元経済界はじめ、市を説得するには道の現在における考え方の通知内容ではむずかしいとの結論になった模様。


<<<視点・ズバリ一口>>>
■福島第1原発/メルトダウンで核燃料原子炉圧力容器をぶち破り、下のコンクリートも突き破って岩盤部浸食時間の問題。溶けた核燃料が地面を突き抜ける「チャイナ・シンドローム」必至。この先、地下浸食は決定的で、地下水脈を汚染し、海にも流れ込む。原子力ムラのバカども、この事態にどうするか答えろと言いたい。

◆民主党道第8総支部
11月初旬の渡島、檜山両管内の市町首長対象の施策懇談会に引き続いて

各種団体対象に3部に分けて道南地区政策懇談会開く
各1時間半の計4時間半にわって予算・政策要望受ける
〜逢坂誠二衆院議員、函館・道南選出6道議による懇談、キメ細かく〜
 

◆連合渡島地協第22回定期総会・連合函館第19回定期総会
荒木会長–米坂事務局長体制を再任



【視点・ズバリ一口】
■大阪ダブル選挙/大阪市長選・橋下徹氏(42歳)、大阪府知事選・松井一郎氏(47歳)当選。「大阪維新の会」圧勝!民主、自民、共産の既存・既得権政党惨敗。何もできない・やらない、いわゆる「ダメ政党」の体たらくぶり天下にさらす。
◇橋下のようなパワーと強烈な指導力、説得力、覚悟、ビジョンを持った政治家がどんどん出なくては日本は変わらない。新時代の地方自治のあり方示す「大阪都構想」。何が独裁か!既得権にどっぷりつかり、いい思いをしている者だけがいう台詞だ。

<<<ニュースライナー>>>
◆道央自動車道・落部〜森間(20.2キロ)開通
(23.11.26) 函館〜札幌間4時間20分に/来年度には森〜大沼公園間(9.7キロ)開通し、函館新道経由で函館にもやっと高速道路時代到来へ
◆道新幹線・札幌延伸時の函館〜新函館間のJR北海道経営分離問題/函館市・工藤寿樹市長、「JR経営の継続99%%可能性困難」として条件付きで第三セクターを容認/高橋はるみ道知事、函館市に対し「JRでの経営継続難しい」とし、「鉄路維持に最大限の努力する」と文書で通達。
◇正念場の道新幹線・札幌延伸着工実現へ地ならし・動き急!
(23.11.25)
【有料サイト/政治・政界・選挙特報ページ 】
次期衆院選道8区、自民党の最有力候補・前田一男松前町長
町長を「来年4月の任期一杯務める」ことに

★函館の数少ない宅地等土地開発の有力業者、(株)タウン企画
市内昭和町1番一帯・通称「三角地帯」約5ヘクタールの宅地造成に着手
「マイタウン昭和」として来春には分譲開始!
(23.11.22)


<政治・政界・選挙関連トピックス>
◆自民党道8区支部が片山さつき参院議員を迎え
「ハートフル政経セミナー」
「TPP問題自民ともまずいが、北海道のことなど考えれば賛成とは言えない」「今の民主党政権バランス感覚が全然ない」「世界一災害に強い国つくるべき」
(23.11.20)

<ニュースライナー>
◆工藤函館市長早くも正念場の様相!市職員給与10%削減・退職手当の20%(本年度10%)減額、来年1月1日に先送り
/市労連との交渉「入口」で立ち往生。来月20日頃までの労使合意目指すというものの、この大問題は工藤市政の「1丁目1番地」であり、「不退転でやる」(工藤市長)には市議会にかけて決めるなど中央突破しかないのでは…組合は労使合意へ真剣に交渉やる気なし?
(23.11.19)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆函館市給与・退職金削減交渉/今日(11.17)も進展なく交渉なしに等しく!市理事者と市労連との実質交渉見通しつかず、「入口」で対立状態。財政危機に対する認識全くかみ合っていない状況(23.11.17)
【視点・ズバリ一口】
■福島の農家全く気の毒、かわいそうだ!今さらながら罪重く・深い原発(東電福島第一原発・放射能汚染問題)/福島・大波地区農家のコメから暫定基準値超える放射性セシウム検出し、コメ出荷停止へ。どんどん深刻化しなければいいが… (23.11.17)
<政治・選挙関連トピックス>
◆公明党、次期衆院選道10区(空知、留萌管内)で稲津久衆院議員(53歳、比例代表道ブロック)の公認候補としての擁立を正式決定(11.17、公明党中央幹事会)。同党道内小選挙区における初の独自候補擁立。
/次期解散・総選挙を考えれば、早期の擁立決定不可欠と判断。このうえは同区候補者未定の自民党道連の動向注視へ


◆自民党道連・移動政調会開催。政権奪回へ・次期衆院選も見据え/最初に函館(11.15)15〜16日渡島管内
道連・川尻副会長、政調会・柿木会長、政調会・冨原副会長出席。5人の自民党函館市議も勢揃い〜反転攻勢へ〜
工藤函館市長 5項目を要望/能登谷函館市議会議長、函館商工会議所・石尾副会頭ほか、黒田函館建設業協会会長など5団体出席


<<<ニューストピックス>>>
◆函館で初雪(11.15午前3時)
昨年より20日遅く、平年より12日遅い<函館海洋気象台>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆大型店を含めて衣料品ディスカウント商戦競争激化へ

札幌の著名スーパー・北雄
ラッキー
函館初進出。函館市人見町の食品スーパー「コープさっぽろ人見店」そばの「函館人見ショッピングセンター」に「ラッキー衣料館ひとみ店」11.2オープン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★★★函館山ロープウェイ、今日・13日終日「無料感謝デー」
函館山からの眺望「ミシュラン・グリーンガイド・ジャンボ」で最高の評価「三つ星」を得たこと記念したポストカードを配布
恒例の「100円カレー」限定1千食も


<<<視点・ズバリ>>>
読売巨人軍内紛勃発/「ナベツネ」こと渡辺恒雄会長とやらも困ったもの!85歳にもなって静かにしてればいいものに。読売新聞も巨人もグループの社員たちは「いい加減にしろ」というのが本音だろう。お友達の中曽根(元首相)とともに今や「老害」「時代錯誤そのもので、こんなの新聞人でも何でもないだろう。読売関係者が気の毒。早く召されてほしい…と「新しい時代」を切望しているのでないか。 まあ、勝手に内紛していればいいさ!


<<<ニューストピックス>>>
◆全国の生活保護者 過去最多205万495人で、戦後の混乱期の204万6646人を抜く。函館市は1万2634人(いずれも今年7月時点)


<<<視点・ズバリ>>>
教育の現場は荒廃し「詐欺師」だらけか?道内公立小中学校延べ172校の教職員647人もが架空の研修届などで不適切勤務とか(会計検査院報告)。「虎の巻」使って教壇に立っているだけで、一体何の研修をしているものか。政治運動・赤旗降っている教員など適正審査でもしたらいい。ひどすぎる!
/函館では校舎敷地(市有地)で駐車場料金すら払っていない。月3千円くらい払えと言いたい。2,910台、年間8,900万円にもなるという


<<<ニューストピックス>>>
■地上18階建・免震タワーマンション「ワザック函館・五稜郭」第一弾「ミヤビコート」(全101戸)第3期15戸発売開始(11.5)
/「販売順調!9月〜10月と目標達成し、すでに7割弱販売」(東日本ハウス不動産事業部函館営業所長・「ワザック函館・五稜郭」マンションギャラリー担当部長)(23.11.7)

<<<視点・ズバリ>>>
■ギリシャ危機ユーロー危機、そして次はイタリア危機か?
/ドイツのような「働く国」とギリシャのように「働かない国」「怠け者社会」が一緒になって通貨統合・ユーローなどうまく行くはずがない。ギリシャは自国内で引き受けできない国債を野放図に出しまくって、年金を定年前給与の96%を支給している「放漫経営の国」。それゆえ50代でリタイア・年金生活入りしてしまう。加えて政争耐えない。「働かないで楽する国」「デフォルト常習犯国家」「働かないから産業がない国」危機の根本はそこにあるのでは…


<<<ニューストピックス>>>
クリスマスファンタジー(12.1〜12.25)に「滑り込みセーフ」大韓航空・ソウルー函館定期便(週3往復、火・木・日)12月20日再開。当初予定の27日を一週間前倒し/函館市や函館商工会議所などトップらの訪韓・要請活動実る。極めて低い(約20%)函館発の搭乗率アップが大きな課題。


<<<政治/ニュースライナー>>>
平成23年度民主党渡島地域政策懇談会開催(11.4午後、函館国際ホテル)民主党道議<斉藤博、福原賢孝、長尾信秀、高橋亨、笹田浩の各道議>と工藤寿樹函館市長、高谷寿峰北斗市長ら渡島管内の各市町首長が一堂に会し、各市町が政策要望するとともに、意見交換。渡島総合振興局の永井正博局長ら幹部もこぞって出席。

<<<文化/ニューストピックス>>>
◆歴風会(函館の歴史的風土を守る会)「函館の景観を考えるシンポジウム『歴史的景観があぶない!!』」開く(11.3午後、道教育大函館校、写真下)/画家・元町画廊の小原雅夫氏、函館観光ボランティア「一曾の会」会長・佐藤喜久恵氏、伝統的建造物「旧相馬邸」館長・東出伸司氏、全国町並み保存連盟理事・小樽再生フォーラム代表の篠崎恒夫氏がそれぞれ提言。約70人出席し、質問そして意見交換。
「旧相馬邸」の東出館長同邸宅買い取り・開館・一般公開に至るまでの経緯、現状を語る中で、行政サイドの対応・スタンスにも言及し、今後の保存へ「7期にわたる修復(1期は終了済み)かかる」として地元の幅広い協力等呼びかけるー。


<<<ニュースライナー/視点>>>
■福島第一原発、核分裂反応か(メディア各社伝える、11.2)連鎖反応に至ればまさしく「臨界」。ますます制御不能な極めて深刻な事態に!冷温停止状態などという「大本営」(東電、保安院)発表は大うそ???


<<<経済/ニューストピックス>>>
◆「全体として持ち直し」<日銀函館支店11.1発表 函館・道南地方の経済動向>
/公共投資 新幹線関連工事下支え、観光入り込み比較的に堅調に推移、個人消費持ち直しの動き、民間設備投資 持ち家を中心に穏やかな持ち直し。一方で、民間設備投資弱めの動き。
(23.11.1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆北海道新幹線・新函館開業時における在来線JR木古内ー五稜郭間38キロの道のバス転換方針(鉄道存続だと30年間で累積赤字約70億円、バス転換の場合は赤字約15億円)に沿線3自治体の反発相次ぐ!
 工藤函館市長「生活路線の廃止は受けいりがたい」、高谷北斗市長「今回の方針は大変残念な提案。道は当初、平行在来線の運営について鹿児島県の3セクを例に道が85%、地元が15%の負担で鉄道の存続を前提とした説明もしていたのではないか。持ち帰って再検討してもらいたい」と強く批判
 対して道の高井副知事「現実的な観点で詰めていかねばならない」
(10.31、平行在来線対策協議会)


<<<ニュースライナー/視点>>>
日高山脈そして今回は夕張山地をぶち抜き、道央圏と道東圏を直結。道東自動車道 夕張〜占冠間開通し(10.29)、札幌ー帯広間が3時間。まさに歴史的、地域を変える高速道路新時代。経済効果大、特に観光効果絶大・新時代へ。一方で札幌一極集中加速の懸念!
/11月26日には道央自動車道 落部〜森間20.2キロ開通。来年度には森〜大沼公園約9.7キロ開通し、函館新道と結ばれる。


<<<視点・ズバリ>>>
原発問題/政治家・国会議員はもっともっと真摯に受け止めろ!野田(首相)にしても前原(民主党政調会長)などにしても、民主、自民などの全ての国会議員にしても、電力会社、原子力ムラのバカどもにしてもだ。産業の空洞化等などと能書きばかりたれている。企業の国内脱出は円高が原因だ。電力の問題ではない。脱原発を明確にしろ!国民の声をバカにしていると、今に社会の大動乱が起きる。


<<<ニューススポット>>>
■大間原発建設反対「やめるべ、大間原発」10.29北海道大会!渡島・檜山はもとより札幌、そして大間からも。これまで最大規模の千5百人ほどが参加(函館千代台運動公園広場で集会加えてデモ行進、10.29午後13時〜15時)
主催者代表あいさつ「チェルノブイリで11年。福島第1原発の廃炉完了に30年だ。野田首相は先の米国訪問から帰ったとたん脱原発依存方針すらおかしくなってきた。原発は事故が暴走した時、止めることができない。大間原発は進捗具合がどうであれ、建設続行は許されない。泊原発再稼働も絶対に許されない。止めさせることに様々な地域で運動をさらにさらに大きくしていこう。全ての力を反原発に結集しよう
/主催<北海道平和運動フォーラム、道南地域平和運動フォーラム、「脱原発・クリーンエネルギー」市民の会>
写真/上


<<<視点・ズバリ>>>
■2015年度の北海道新幹線・新函館開業時の在来線・木古内〜五稜郭間のバス転換は十分予想されたこと。第3セクターによる鉄路維持は膨大な赤字を生むことから無理であろう/このバス転換は新幹線札幌延伸時の新函館〜函館間のJR北海道の経営分離方針に影響を与えることは必然ー。

★今年も函館馬主協会、福祉施設に助成金/目録贈呈式
11施設(件)に2、073万円
庄野会長「どうか大事に使ってください」

〜累計では1,221件、約45億7千万円という物凄い社会貢献〜 

<<<視点・ズバリ>>>
■電源開発さっそくの大間原発「耐震データに謝り」(
道新23.10.27報道)とか。こともあろうに3.11大震災後の7月に「詐欺師管轄・監督官庁」の原子力安全・保安に提出ということで、安全問題に対する認識の程度はこんなもの。言っていることは「うそ」ばかりで全く信用に値せず!
/大間原発などもってのほか、ノウハウもないくせに即刻放棄せよ。建設
半分程度
「構造物・大間原発」は生活を脅かし、死のまちにする「化けもの原発記念館」にでもしたらいい…絶対安全」とか「何十年、何百年に1回」などというなら東京のど真ん中、永田町や丸の内界隈で毒性最強・世界初のMOX燃料の原発を建設すればいい!



<<<ニュースライナー>>>
■自民党など野党はぐだぐだ言わず、第3次補正を一刻も早く通し、前倒し発注すべし!/2011年度第3次補正予算案(先般閣議決定)による道開発予算(一般公共事業)追加額は317億円で、うち防災関係の道路整備、道路環境整備が全体の67.2%の213億円。災害に強いインフラ整備で、開発局の事業中心。

<<<ニューストピックス>>>
◆函館市人事
/経済部長に平井等企業局管理部長(11.1付、57歳、都市建設部次長や企画部次長を歴任)。備前悟経済部長(58歳)10.31付で退職。平井氏後任の企業局管理部長には中谷宏平同局管理部次長昇格。

<<<Photo/ワンショット>>>
★晩秋の街並み
〜五稜郭公園周り・道立函館美術館館前通(ときわ通)と
五稜郭タワー、そして八幡通1号線(若松町)〜
23.10.25


◆〜村上幸輝代表の「政経懇話会・谷地頭の会」時局講演会開く〜
公明党道本の首脳、稲津久衆院議員、横山信一参院議員、そして志賀谷隆道議こぞって出席・講演
<<稲津久氏、小選挙区(道10区)出馬に意欲!>>
工藤函館市長も出席し「改革と挑戦に全力。職員給与・退職金削減断固進めて行く」

<<<ニューストピックス>>>
制御用スイッチングデバイス・各種センサーなど電子部品製造の(株)日本アレフ(東京、堀之内英社長、国内4工場・海外2工場)函館市桔梗町の工業団地「函館テクノパーク」に工場新設。市の震災支援・10年間土地無償貸与を活用(適用第1号)。用地3区画約6千平方メートルに9億円程投じ、磁気センサー製造の工場2棟建設。年明けにも着工、来年度稼働目指す。約30人の雇用見込む。(23.10.22)


<<<視点・ズバリ>>>
■物事の考え方、体質何も変わっていない自民党。<震災復興財源>復興債でなく、60年もの建設国債に準じた長い償還など借金を増やすだけのこと。国家財政を今日の巨額借金づけにした反省がまるっきりない自民党/それに比べ公明党の方がまともで、民主党の間で償還期間15〜20年で合意の方向。精々15年くらいでよく、ダラダラ長くしてどうする?まして法人税など恒久増税同然になろう
(23.10.21)

<<<ニューストピックス>>>
大間原発/工藤寿樹函館市長「どうしても計画推進なら法的手段も!福島原発の状況をみれば30キロ圏域まで影響を受け、実際に退避している。『憲法の生存権』を脅かすのは明らか。30キロ場合によっては50キロ圏域の全市町村の意見を聞くべき」(10.19、「大間原発訴訟の会」など3団体との懇談で発言)
◆先の10.16函館での「福島から広がる放射能の恐怖」の講演では、作家・広瀬隆氏が大間原発に関して「プルトニウムは核暴走しやすく、放射能毒性は世界最強」

 福島原発大量放射性物質漏れについて「津波到来の前に、地震で(1号機の非常用復水器の)配管損傷」とも。(23.10.20)


函館市職員給与削減問題関連/NEWSトピックス】
■函館市職員給与削減問題
市職員数3,418人このほかに臨時職員、さらに水道協会とか何とかサービス等の直轄業務委託団体がある。H23.5.1現在)平均年収は約650万円、退職金平均支給額は約2,500万円余。
/平均年収は約650万円というが、これはいわゆる手取りベースで、法定福利費(いわゆる厚生年金や健康保険といった社会保険料)を含めた平均年収は800万円くらい
(今年の市行財政懇話会で課長発言)。1千万円以上もらっている職員はざら。職場結婚夫婦で2人合わせて年収2千万円以上珍しくない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<<<視点・ズバリ>>>
函館市職員給与・退職金削減問題理事者側、これまで水面下で組合に対し協議求めるも「応じることなく、勝手にやればいいとの姿勢に終始」(消息筋)とか。11月下旬の臨時市議会に条例改正案を提出し、承認を得る形で、中央突破する構えー。
函館市職員給与・退職金削減問題財源不足深刻!<中期見通し・2018年度まで累積赤字372億円余>過去4年間の前西尾市政の無策のツケがどっと出てきている状況。毎年計上してきた退職手当債(発行認められているが所詮は返さなければならない借金。本年度22億円)などが最たる例。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<速報/ニューストピックス>>>

■函館市財政再建・待ったなしの職員給与カット問題/嘱託を含めとりあえず一律10%カットを提案。退職金も10%(2012年度から20%)削減すでに実施の市長報酬50%カットを踏まえ、特別職20%カット
(工藤市長記者会見で発表、10.18)

〜電光石火本年度12月実施目指す。給与削減に関する条例改正案11月臨時市議会に提出/工藤市政「市民の声」「選挙公約」をバックに市労連・市職労と市民最注視の中『秋の陣』へ〜
●函館の企業は給与削減珍しくなく、特に3・11後は観光関連など経費削減等々さらに顕著。「市民がにぎりめし食べてしのいでいる時に、市職員が幕の内弁当食べ、そして高額の退職金もらっていることは許されない」(23.10.18)
★函館大野平野を「走る」北海道新幹線
<新青森〜新函館の函館側工事>の高架橋・橋梁。
点から線へ工事真っ盛り!
今年度の工事発注見通し、10月以降大型建築含む14件


<<<ニューストピックス>>>
■丸井今井函館、今年に入って毎月(9ヶ月連続)前年同月比マイナス。9月7.2%減(日経報道)昨年からだと17ヶ月連続ダウン/この調子でゆくと、年間売上げ100億円の大台割れ必至(2010年102億5千万円)<<一方の棒二森屋も長期低落に歯止めかからず、じり貧続く
昨今は客が入るのは「うまいもの大会」催事のときだけ?
<<<ニューストピックス>>>
◆オープン2週間程で入館者1万人を突破!函館市縄文文化交流センター(10月1日開館、函館市南茅部、写真下)/道内唯一の国宝「中空土偶」をはじめ、南茅部地域91カ所の遺跡群で発掘された縄文時代の土器や石器など約1200点を展示

◆社会福祉法人・青雲の森、函館市内施設展開第2弾として
大門・松風町の旧花ホテルを買収し、
生活支援・介護サービス付き賃貸マンション!


◆函館〜札幌間のJR「スーパー北斗」グリーン車の座席
この20日からリニューアルデビュー、グレードアップ!


<<<ニューストピックス>>>
◆第16回全国朝市サミット2011in函館
「ご当地グルメサミット」(10.15-16)に多くの市民

<<<視点・ズバリ>>>原発問題に係わる全ての結論は「刑事コロンボ」


<<<ニューストピックス>>>
★今年の函館市文化賞に日本舞踊(函館市内唯一の師匠)の大西憲一郎さん(79歳、芸名・西川登代蔵)
〜全国の観光地などから約850人が参加

全国産業観光フォーラムinはこだて開く

「観光資源のネットワークづくりで、産業観光をより深みのあるものに」(主催者代表)

《《《 倒産・経営破綻関連 》》》
■函館どっく建設工業(株)(函館市弁天町20−3)特別清算開始決定
(函館地裁、先月27日付)


<<<ニューストピックス>>>
◆韓国観光客誘致訪問団
(工藤寿樹函館市長はじめ、松本栄一函館商工会議所会頭、能登谷公市議会議長ら22人、団長・工藤市長)大韓航空本社を訪ね、函館ーソウル定期便(12月27日再開予定)の早期・前倒し 再開を要請(10.10)
/ほか、エージェントを回り、積極的にプロモーション。8月に姉妹都市提携した高陽市も表敬訪問(8日出発、11日までの3泊4日)
◆東日本ハウス、2011年度もこれまでに3賞受賞!
グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、国交省「長期優良住宅先導事業」に採択


<<<ニューストピックス>>>
道南(渡島・檜山)の今年度上期(4月〜9月)の
公共工事 (保証請負額)前年同期比1.7%増の519億7、900万円 。
道内全体の1割。9月は67億円余に止まり、前年同月比13.5%減
/政府が公共事業費5%留保を解除。留保解除で道は事業ベースで90億円超、道開発局は国費ベースで約160億円 。

<<<視点・ズバリ>>>
■「函館市美しいまちづくり検討会」(第2回会合、10月6日)で地域振興に詳しい日本政策投資銀行の藻谷浩介参事役「中心部に人口集積を」「空き地が増え、街並が崩壊すれば夜景もおかしくなる」などと講演/当たり前のことで、であるから、郊外における土地区画整理事業などの畑等つぶしての市街化編入・市街地拡散は……(続く)
<<<ニューストピックス>>>
◆今月中旬及び下旬は大型イベント目白押し!
/13日(木)・14日
(金)函館市民会館で全国産業観光フォーラムinはこだて。14日(金)はこだてカルチャーナイト(函館駅周辺・西部・五稜郭・湯の川地区)。14日(金)〜16日(日)第16回全国朝市サミットin函館(函館朝市駐車場)
/28日(金)〜30日(日)はこだてスイーツフェスタ(棒二森屋本館7階催事場)。29日(土)〜11月6日(日)第7回はこだて湯の川オンパク
<<<視点・ズバリ>>>
■函館・道南産米のエース、いや北海道全体・全国的にも一番うまい米(本サイト最推奨)新米「ふっくりんこ」10月4日函館・道南のスーパーなどで一斉発売!
/無洗米などもこの「ふっくりんこ」が絶対うまい!

<<<ニューストピックス/日銀函館支店10.3発表、経済動向及び管内短観>>>
◆ 函館・道南の景気「持ち直しの動き」/民間設備投資弱めの動きながら、
公共事業は道新幹線工事下支え、観光は夏場堅調に推移、個人消費持ち直し、住宅投資 持家中心に穏やかな持ち直し傾向。企業生産は安定した操業。
◆管内9月短観/大幅な改善!前回6月の▲35から20ポイント改善し▲15に(製造業 前回の▲10から±0に。非製造業は宿泊・飲食が42ポイントも改善し▲29になるなど、全体で24ポイント良くなって▲23)

/先行きはマイナス1で▲16で、依然厳しい見方
<<<ダイジェストあれから5カ月/PDFニュース特番>>>NEW現代函館・2011夏季特別号より

2011統一地方選徹底総括
〜11函館市長選の顛末〜
賢明な選択・判断を下した函館市民
まさしく正義の勝利!
「改革と挑戦」工藤寿樹新市長誕生/函館再生へ新たなる出発

不毛・混迷
、何一つ進展のなかった西尾前市政の4年間にピリオド

<<<ニューストピックス>>>
★道内唯一の国宝・国内最大規模の中空土偶陳列!
函館市縄文文化交流センターオープン(10月1日、函館市南茅部)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆函館国際観光コンベンション協会会長に渡邊兼一氏
<<<視点・ズバリ>>>
■収支報告書虚偽記入事件「陸山会事件」石川知裕衆院議員ら有罪判決(東京地裁、9.26)状況としては有罪濃厚なのだろうし、土建屋の水谷建設から裏金を受け取ったのだろうが、それにしても証拠もぱっとせず、ないに等しく「推理的な状況」としての有罪判決とはー。「法と証拠」に基づく裁判・判決としては大いに疑問か。それにしても「推定判決」は恐ろしい…
/この裁判、「小沢公判」も含めて、例のロス疑惑(今回は弁護人も同じ。最後には自殺したが三浦和義被告無罪判決)に似たような裁判になるのでは……
/それにしても小沢は終わった?(23.9.26)

◆第4回おおさか(逢坂)誠二(元首相補佐官・前総務大臣政務官)政経セミナー開く(9.23午後、函館国際ホテル)。約750人出席(参加費1万円)。
片山善博総務大臣(写真下)かけつけ「地域主権改革と日本の将来」と題して講演。菅前内閣の一員として逢坂前政務官とともに、各省による縦割りの補助金行政にあって、これを打破するため菅前首相の閣議での発言・指示を得て、わずか28億円であったものが5120億円もの一括交付金を実現したことなど明らかにする。前内閣の功罪についても言及。 ※後ほど少し詳しくー。

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆住宅業界最前線/テレビコマーシャルなどで知られる、価格勝負のタマホーム (本社・東京)函館進出し、この秋の住宅受注戦線競争激化へ。タマホーム9月17日にしない桔梗町の北海道マイホームセンター・函館会場にモデルハウス(函館営業所)オープンし、見学会連発・攻勢かける。(23.9.23)
-------------------------------------------------
◆地価下落歯止めかからず、最悪の状況!函館・道南の地価(道9.20発表 の7.1現在の基準地価調査)全地点で下落 /函館市の商業地6.4%下落し、20年前(1991年)のピーク時 のなんと10分の1以下にー 。 
【有料サイト/経済関連特報ページ】
石川稜北地区における大型店舗誘致の画策
敷地7千坪に、約2万平方メートルの大型複合店「コーチャンフォー」
書籍・文具・ミュージック・カフェレストランの4施設

600区画計画しているがおいそれと売れそうもないので、
身勝手に函館市に都市計画変更の話持ち込む!
<<<ニュース1行トピックス>>>
◆もう残暑も終わりか。明日から気温急激に秋模様/函館・大沼一円のゴルフ場がかわいそう。9月に入って雨の日圧倒的に多く、コースは水が浮き、気の毒なほど悪状態(23.9.18)
<<<視点・ズバリ>>>
■こんなの許されない。イカレテいるのにも程がある/土地区画整理事業計画の石川稜北地区で、今度は大型SC誘致の画策の動き・謀議とか600区画を造成すると言って、許認可申請期限切れを無理矢理延長させて、市街化編入を果たしたが、ここにきて600区画造成しても函館地域における土地供給の大過剰状況ではおいそれと売れそうもない。そこでこの際は……(続く)

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆逢坂誠二衆院議員(道8区)今度は党務、民主党副幹事長に就任(10数人のうちの1人として正式決定、9.13)/政権交代、民主党政権この2年間・2内閣では連続して首相補佐官・総務大臣政務官を歴任。
<<<視点・ズバリ>>>
■鉢呂経産相あっさり辞任/この程度のことで辞表を出す方も、受理する方も…こんな信念も何もない政治には愛想が尽きる。お粗末過ぎる。鉢呂にしてもそんなにも骨がないのなら政治家も辞めてしまえ!野党の党首・幹部の反応・話もいかれている。(9.10夜)
東電福島原発大事故、広島原爆の何十倍・何百倍もの放射能放出・汚染・垂れ流しで人っ子一人いない・住めない町は「死の町」そのものだろう。
それも分からないような新聞記者など大バカだろう。今の新聞だけを読んで世の中を判断すると、人はバカになる。ネットなどで幅広く意見を見るがいい…
------------------------------------------
<<<コラム・私見>>>
■なんたることか、鉢呂吉雄経産相たった10日間もしないで、もしも辞任となれば、それこそ故佐藤孝行氏が橋本政権で総務長官に就任しあっという間に辞任した時といい勝負?軽率は軽率だが、大したことことでもない発言を取り上げて、地元のブロック紙(道新)をはじめとしてマスコミがこれぞとばかりに……(続く)

<<<視点・ズバリ>>>
■「うそ」と「やらせ」三昧!泊原発など止めて即刻「廃炉」にしてしまえ。賛成したのは裏で工作を受け、金をもらったようなヤツばかりでないのか。いい加減なシンポジウムや意見を聞く会。うんざりする。恥を知れ!
------------------------------------------
■やはり指摘した通り、前原
(民主党政調会長)というのはまだまだ青臭く、10年は早い。政治家として練れていなく、飛び出した発言をして悦に入り、物議を醸す。こんなのが首相になるなどとんでもない(代表選敗北3位)/自衛隊のPKO参加5原則、武器輸出3原則各見直し表明
前原というのは頭でっかちの単なる未成熟な「ネオコン」(新保守主義)。元代表当時の安全保障問題や国交相当時のダム発言しかり。政調会長など辞めさせたらいい!
------------------------------------------
<<<視点・ズバリ>>>
■西尾(前函館市長)というのは容姿も無様(失礼…)だが、
改めて中身も、考え方も、いわんや常識もわきまえない無様などうしようもない人間…こんなのが市長だった…
/例の市の介護保険特別会計多額の欠損金問題で、穴埋めの一部に、職員皆(市職員厚生会)はじめ、現副市長ら特別職5人と事務処理ミスの当時の福祉部長・次長が10〜20万円寄付するというのに、西尾は能書きたれて拒否とか。自分の統治能力もなく起きた不祥事でもあり、当時の市最高責任者として率先して20万円くらい出すの当たり前だろう。まだ自らの政治団体が残っていて、立場はまだ政治家だからなどと相も変わらずバカなこと言い並べて寄付できない等々屁理屈言っているようだ。なお、小柏、谷沢の両前副市長はそんなのに義理立てし、もはや相手にすこともない、自らの判断で10万円の寄付要請に応じたらいい。
<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館観光まだら模様ながら「回復の兆し」/8月の函館山ロープウェイ・利用者16万8,184人で前年同月比0.2%増。3・11後初のプラス!
五稜郭タワーも健闘し11万1,989人の利用で、前年同月の95.7%に。
/施設によって明暗分け、デコボコながら函館観光「回復基調」へ
(23.9.6)
<<<視点・ズバリ>>>
■経産省と電力会社との大癒着・原発推進・「原子力ムラ」「自民党や一部民主党原発容認政治家」含む電力利権・原発利権集団に抗せるか鉢呂吉雄経産相?「脱原発」少なくとも「脱原発依存」を断固として推し進めるかどうか、存在価値が問われる。一旦大事故が起きれば、制御もできず、また「ごみ」(使用済み燃料棒)処理もできない原発は今や人類の敵!
 
大間原発の必要性は今や全くなく(電源開発と金で頭が狂った大間町は自分たちさえよければと能書きをたれているだけだ)、それこそ鉢呂は大間を「廃炉」扱いできるかどうかも問われる。大間原発は建設中(現在は中断)だが新設に変わりない。「廃炉」扱いに文句を言えるものはいまい(利権屋は別だろうが)
/何としても真価を見せてほしい
そもそも道8区有権者が育てた鉢呂経産相。いい男だけに期待が失望に変わらないことを祈るのみ…
----------------------------------------
<<速報/<ニューストピックス>>>
◆野田新政権・新閣僚名簿発表/鉢呂吉雄元国対委員長経済産業大臣(9.2午前11時過ぎ)
◆鉢呂吉雄元国対委員長(道4区、当選7回)の初入閣決定し、経済産業大臣に内定か。経産相なら函館・道南の「大間原発建設無期限凍結 」要求に朗報か(9.2午前)
<<<ニュース1行トピックス>>>
◆道南の景気「東日本大震災に伴う下押し圧力が和らぐ中で、観光(夏場の入込み堅調に推移)、個人消費、民間住宅投資など中心に持ち直しの動き
〜日銀函館支店9.1発表、管内経済動向〜
<<<視点・ズバリ/原発問題>>>
■シンポジウムなど出来レースもいいところ。恥を知れ!何もかにもデタラメな北電。地域1社独占企業の大きな弊害。何が大会社だ、社長辞任に止まらず、会社解体したどうだ。こんなザマで、大事故起きたら対応などできるハズもなく、ゴメンナサイやるだけに決まっている。今や北電社員だって誇りを持てないだろうし、社内雰囲気がおかしいらしい。
■大間町にしても、泊村にしても、自らの過疎対策ゼロで、原発誘致でカネに群がり、頭がおかしくなっているだけだ。自分たちさえ金もらえればいいなどというあさましい考えは止めよ。極度の他人(ほか市町)迷惑を少しは考えたらいい。生徒も利用者もいない超立派な学校や公民館等々作って自己満足している空しさに目を覚ませ。それこそ「大間まぐろ」も泣いている…「放射線汚染まぐろ」になる。
■函館・道南市町は全体で大間原発大反対の総決起大会を波状的に開いたらいい。工藤函館市長はもっもっと強く「建設凍結・反対」を打ち出せ。まだ弱い。
■電源開発よ大間原発建設など放棄しろ!元々が第3セクター会社であり、クリーンエネルギー開発を推進し、皆に感謝される企業になったらいい。
高さ3メートル防潮壁など作っても気休めでしかない。大地震でぶっ飛ぶ。
  <<速報/<ニューストピックス>>>
◆野田佳彦総理大臣選出(8.30)/幹事長に輿石東参院議員会長、政調会長に前原誠司前外相、国対委員長に平野博文元官房長官
◆野田新代表、民主党の現状ではベストではないがベターだろう。前原よりは数段よい、国会答弁で泣くようでは代表・首相は所詮無理で、決断力にも乏しいということか—。
◆民主党新代表に野田佳彦財務相。野田総理大臣誕生へ!
/決選投票 野田215票、海江田177票で、野田圧勝(23.8.29午後)
◆民主党代表選(23.8.29)第1回目
(投票総数395票) 海江田143票、野田102票、前原74票、鹿野52票、馬淵24票/2位の野田、3位前原合わせると176票で、海江田を上回り、決選投票 野田有利。
<<速報/<ニューストピックス>>>
◆野田佳彦総理大臣選出(8.30)/幹事長に輿石東参院議員会長、政調会長に前原誠司前外相、国対委員長に平野博文元官房長官
◆野田新代表、民主党の現状ではベストではないがベターだろう。前原よりは数段よい、国会答弁で泣くようでは代表・首相は所詮無理で、決断力にも乏しいということか―。
◆民主党新代表に野田佳彦財務相。野田総理大臣誕生へ!
/決選投票 野田215票、海江田177票で、野田圧勝(23.8.29午後)
◆民主党代表選(23.8.29)第1回目
(投票総数395票) 海江田143票、野田102票、前原74票、鹿野52票、馬淵24票/2位の野田、3位前原合わせると176票で、海江田を上回り、決選投票 野田有利。

<<<視点・ズバリ>>>
■旧態依然で考え方が全く進化せず、日本の政治をいつまでもダメにしている大新聞・マスコミの政治部長・編集委員らのあり様がくっきり。相変わらず小沢(民主党元代表)との関係がどうのこうの低能な質問(民主党代表選に対する日本記者クラブ主催共同記者会見、8.27午後のテレビ中継)
/小沢は民主党議員であって、日本は議会制で議員が首相を選ぶわけで、多数派を形成して何が悪い。いつまで経っても小沢動向云々でしか政治を見れなく、大局観が全然ない。少しは進歩したらどうだ。政治部記者のくせに小沢をよくも知らず、話し合ったこともないらしいし…政局についての見方も当たったためしもない。今の大新聞・マスコミは世論調査バカ?

<<<ニュース1行トピックス>>>
「函館市経済再生会議」設立・初会合開く。外部有識者6名のうち4名出席。地元函館市から工藤市長と松本函館商工会議所会頭(23.8.27午後、函館国際ホテル)
年3回程度開催へ
----------------------------------------
◆泊原発3号機プルサーマル08年シンポジウム北電「やらせ」疑惑!当時大方の無関心をいいことに、北電・道・原発専門家らみんなが「ぐる」
/危険この上なく、制御もできない、とんでもないシロモノであることが明白になった。脱原発依存は当たり前の話だ。
----------------------------------------
脱原発依存へエネルギー政策新たな展開へ!ついにというかやっと、まだまだ不十分ながら
再生エネルギー特別措置法 成立(23.8.26正午前)
/北海道電力は太陽光は無論、風力発電にしても再生可能エネルギー発電電力を全て買え!「新規風力買わない」云々なにを偉そうなこと言っている。
情報通信で第2電電等々市場解放・新規参入を認めたように(どれほど情報革命進み、便利になったことか)電力会社の地域独占はすでに時代遅れ。発送電分離を断行し、北海道など電力会社が2〜3社あっていい。

◆第3セクター、函館空港ビルデング(株)定時株主総会並びに取締役会(8.25)
新社長に札幌北洋ホールディングス取締役の東陽一氏(57歳)を選任
木村孝男社長は取締役相談役に
〜銀行(メインバンク)出身者の社長就任初めて〜



<<<視点・ズバリ>>>
■これでは震災時に、避難場所の学校にも行けないし、生徒にも危険!
函館市の小中学校施設の耐震化率 全道平均の69.0%(全国平均80.3%)を下回る52.7%で、全道市町の中で何と142番目(文部科学省8.24発表の耐震化率調査)
/くだらないバラマキ「知恵の予算」や野放図な郊外への市街地編入・拡大(前西尾市政)などやっていた結果がこれだ。

【インサイダー情報・追跡】
4年前に創業社長が急死した函館の中堅ホンダディーラー、
ホンダクリオ函館・通称「栗谷川ホンダ」で
内紛表面化!次期社長と目された一族の取締役が解任され、内情暴露!
<<<都市計画道路整備に関わる約3億5千万円の
高額な用地買収補償に絡む社長・専務一族の欲得が露呈?>>>


<<<読者サービス/有料サイト特別無料公開>>>
次期総選挙〜小選挙区実施となって15年間に5回の衆院選で
一度も勝っていない道8区自民党、水面下で候補者選考すでに本格化
自民道連、前田一男松前町長擁立の意向強めるも
地元経済界首脳筋「本当に前田で勝てるのか」との強い懸念!

この際は「全敗の流れを1回変えるために、大物の国替え・移入擁立」の話
『国替え』の「勝てる候補」その大物とは―。

<<<視点・ズバリ>>>
■アホったらしい民主党の代表選(首相選考)。今日本の中で(好き嫌い別にして)首相をやれるのは小沢一郎しかいないこと明白。それを検察が2度も不起訴としたものを、訳の分からぬ検察審査会のメンバー(どこの馬の骨か名前も公表しない)が証拠もないのに無理矢理起訴し、バカバカしい裁判。
大体、民主党の「学級代表選び」みたいに手を挙げている「子供じみた」議員どもは小沢などよりもあらゆる面で下の下。同じ過ちを繰り返すだけだ。自民党にしても、小沢より自らが劣っているから怖いのだろう。マスコミも(政治記者・政治評論家などほとんどいかれている)、(世論調査で前原がいいとか何とか)国民大多数も狂っている日本だ。日本は落ちるところまで落ちなければだめだろう。3・11にしても自然界の日本(中曽根や原子力利権に群がる政治家、原子力村学者・専門家、カネほしさの過疎の自治体・住民等々)に対する「天罰」ではないのか…【倒産・破綻情報】
■土木工事の(株)瀬崎組(函館市東雲町17-5、青木幸作社長)倒産(函館地裁から破産手続き開始決定、23.8.18付。従業員11人すでに解雇)/明治40年(1907年)創業の超老舗、かつての名門土建業者。官公庁工事中心に97年3月期約8億5千万円あった売上げが、公共工事削減で11年3月期半分まで落ち込む。負債総額約2億7千万円。

◆函館市「経済再生会議」8名の構成メンバーのうちの
外部有識者6名決定。地元からは工藤市長と松本栄一函館商工会議所会頭の2名
/今月27日に初会合


<<<視点・ズバリ>>>
■あまりにも安易な大連立構想!いかにも大甘っちょろく、書生っぽい「松下政経塾・塾生政治家」ならではの思考―。2院政で今日の多様化時代「ねじれ」は当たり前で、泥まみれになって汗だくで話し合い・行動することこそ必要不可欠だ。
大体にして野田佳彦などというのは財務相としてどうリーダーシップを果たしてきたのか。財務省の言いなりだけでやってきただけだ。
野田とか、前原などは若手といっても、首相としての「資質」及第点になるにはまだ10年くらい修業が必要。企業経営の経験もなく、政治マネージメント等々に著しく欠けている… (23.8.17)


【特ダネ!有料サイト/政治・政界・選挙特報ページ】
次期総選挙〜小選挙区実施となって15年間に5回の衆院選で
一度も勝っていない道8区自民党、水面下で候補者選考すでに本格化
自民道連、前田一男松前町長擁立の意向強めるも
地元経済界首脳筋「本当に前田で勝てるのか」との強い懸念!
この際は「全敗の流れを1回変えるために、大物の国替え・移入擁立」の話
『国替え』の「勝てる候補」その大物とは―。 (23.8.15)

【有料サイト/経済関連特報ページ】
公共事業削減が深刻化する中で北海道新幹線工事まさしく本番入りし、
道南では「道新幹線関連工事が公共事業を下支えしている」ものの
渡島・檜山の受注業者少なく、05〜10年度受注合計は
わずか53億円余で全体の7.2%と1割にも届かず!
<<地元経済波及効果まだまだ目立ったものになっていないのが現実>>
大型工事では落札率が87〜88%余、場合よっては80%を切るケースも
少なくなく、「無理して取っても赤字」ということも大きなネック 
(23.8.13)

<<<視点・ズバリ>>>
■ようやくこう着状態抜け出、赤字国債発行法案と再生エネルギー特別措置法案 今月中成立確実で、菅首相退陣へ/再生エネルギー特別措置法案は居座り続けた菅首相の大きな成果!脱原発の弾みになろうし、再生エネルギー開発は大きな成長産業へ―。(23.8.10)

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆今年のJRA日本中央競馬会函館競馬(6.18〜8.7の土日16日間)入場者10万3859人に止まり、昨年(大規模リニューアルオープン)に比べ23.6%の激減
/3.11東日本大震災の影響で函館観光が総じて2〜3割落ちていることを象徴

<<<視点・ズバリ>>>
■自民党よゴネルのもいい加減にしたらいい!赤字国債発行法案と再生エネルギー特別措置法案、今週がヤマ場。原発大事故・大災害・恐怖の放射線汚染の大責任は自民党だろう。何を偉そうなことを言っている/公明党は今こそ「良識の党」を示せ!
------------------------------------
■汚染牛肉に続き、主食のコメ「放射能汚染?」が最大の焦点!
お盆後いよいよ本格化する早場米の収穫。

<<<ニューストピックス>>>
◆函館市の人口ついに28万人割り込み、27万9、851人(2011年7月末)/世帯数14万3、221世帯で、男女別では女が男よりも約2万5千人も多い。65歳以上の老齢人口全体の27.3%。人口が最も多かったのは1984年1月末の32万2、530人。

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館の最高気温30.2度で、今年初の真夏日(23.8.4)/明日・明後日も30度前後


南進加速!市場を全国に求める―。◆快進撃続くアサヒ商会グループの
セルフGS全国ネットワーク、今や何と26給油所!
ここ2〜3カ月間、東日本大震災の被災地など東北に矢継ぎ早に4カ所開設し、復興に貢献〜「函館のアサヒ商会GS」として各地で大歓迎〜

<<<フォトニュースひとこま>>>
◆函館港まつり最高潮に!
「ワッショイはこだて」8.2十字街・松風町コースに64団体、約8800人。8.3堀川・五稜郭コースに82団体、約12000人


<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館・道南の景気/「生産・個人消費などの一部に持ち直しの動きみられるものの、全体として観光面を中心に下押し圧力続き、先行き不透明感が強い状況」(日銀函館支店8.1発表、金融経済動向)
個人消費…全体として足踏み、公共投資…国・地公体分は基調として減少傾向、新幹線関連工事下支え、設備投資…動き弱め、住宅投資…横這い圏内の動き、観光…自粛ムード薄れてきれいるが、道外・外国人客を中心にきびしい状況、生産…造船、水産高めの操業。電子部品は低水準ながら部品調達の制約緩和などから回復の動き、雇用…持ち直しつつあるが、引き続き厳しい状況

<<<視点・ズバリ>>>
■政権交代をさせたマニフェストの大きな柱の一つ・看板政策であった「子どもは社会全体で育てる」とした『子ども手当』まで何がなんだか分からなくしてしまった民主党。バカ幹事長・岡田ら政争・政局のかけひきに使い「月額2万6千円支給」完全破綻。
今日の日本の最大課題は少子高齢化・人口減であり、このためには子育て世帯を支援することと、「将来不安のない」社会保障制度・年金制度改革。この2つこそ民主党政権の魂であったハズ。そうれがこのザマで、あまりにもひどすぎる。魂を全て売ってしまった民主党政権はかつての自公政権と何ら変わりない―。(23.8.2)

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆今日から8月、そして函館港まつり(1日〜5日)1日は行事目白押しで、午前中に平成23年函館市功労者表彰(市民会館小会議室)今年の公益事業功労者は小笠原孝氏<更生保護法人函館創生会理事長や函館市体育協会会長として尽力。元道議会議員>菅鉄夫氏<函館機械金属造船工業協同組合会長や北海道中小企業団体中央会道南支部長などとして尽力>
/午後は函館市と韓国・高陽市姉妹都市調印。調印式そして記念フェスティバル(いずれも函館国際ホテル)函館市が提携する姉妹都市・友好交流都市は6市目。
/夜は港まつり初日の大イベント
「第56回道新花火大会」(19時45分〜21時、函館港)

<<<工藤市政スタートして3カ月>>>
◆施策明確、目的意識を持って極めて意欲的!工藤市長自らの
諸問題に対する発言も地に足つき、西尾前市長とは雲泥の差…
------------------------------------------------
経済再生に向けての第一歩、不況対策としても評価される大型施設建設計画
最重要なことは「集中とスピード」そして「総合的」「強力」に!
ダラダラダラダラでは地域経済効果は薄れる/市職員の意識改革も不可欠
〜市職員の給与カットは財政再建の肝〜


<<<視点・ズバリ>>>
■腹切って責任を取れ、生きている価値などない!経産省原子力安全・保安院の「やらせメール」「やらせ指示」これは国家上げての犯罪。安全委員会とか、保安院とか名前を聞いただけでも吐き気覚える。即、解体しろ!/これだけの取り返しのつかない大事故起こし、脱原発(10年くらいで全部廃止する)は当たり前。これをかかげない国会議員は全部落選させよう(23.7.30)

◆先の道議選函館市で1万8千票余を獲得し、堂々の2位で再選果たした
佐々木俊雄道議のビアパーティ 大盛況開催!
「よい成績で当選させていただき、厚く厚くお礼申し上げる」と佐々木道議
(23.7.29)


<<<ニュース1行トピックス>>>
◆一般公開2年目に入った伝統的建造物の「旧相馬邸」(函館市元町)
邸内に今春から喫茶開設し、好評!(旧相馬邸HP)

【有料サイト/特報・総合ページ】<<<工藤市政スタートして3カ月>>>
施策明確、目的意識を持って極めて意欲的!工藤市長自らの
諸問題に対する発言も地に足つき、西尾前市長とは雲泥の差…
------------------------------------------------
経済再生に向けての第一歩、不況対策としても評価される大型施設建設計画
最重要なことは「集中とスピード」
そして「総合的」「強力」に!
ダラダラダラダラでは地域経済効果は薄れる/市職員の意識改革も不可欠
〜市職員の給与カットは財政再建の肝〜

<<<コラム/私見・提言>>>
今年も「函館港まつり」がやってくるが…
年毎に声高まる「ワッショイはこだておもしろくない」
〜参加者・団体・企業も減少してきて、完全に曲がり角〜
2コース開催は止めて1コースに一本化した方がいい!
屋台・露天のこと、あるいは夏まつり踊りについても―。


<<<視点・ズバリ>>>
■「原発止めれば電力不足」は大うそ!自ら調べもせず電力会社や経産省等の言うまま大うそ報道している新聞・マスコミ。まるで太平洋戦争中の新聞などと同じように「大本営発表」をそのまま書いている。電発優先で休止している火力発電を動かすことや大企業工場の自家発電稼働などで十二分に足りる―。
■電力利権・原発利権!案の定、カネたかっていた自民党・政治資金団体「国民政治協会」何と個人献金額の72.5%が東電など電力9社の役員・OB(共同通信調査報道)
/これほどの大事故(福島原発)起こし、放射線汚染深刻化してもなお原発容認・推進に躍起になるのもうなずけようというもの。癒着もいいところ、自民党は国民の命・生活よりもカネカネカネのたかり集団か…
------------------------------------
◆大間原発反対 集会・デモ「大間原発にレッドカード!」(NPO法人南北海道自然エネルギープロジェクトの代表ら14個人・団体が呼びかけ人となった実行委主催)23.7.23午後2時、函館千代台公園
(写真上)

【有料サイト/経済関連特報ページ】
◆4月そして今月と今年に入って2度も大型SC函館出店構想表明/イオン北海道
一体出店場所はどこか?果たして立地できる場所があるのかどうか?

-------------------------
万が一にも大型SC出現したら百貨店の棒二森屋や
丸井今井函館は万事休す等々全部が赤字転落確実視!(23.7.22)

<<<視点・ズバリ>>>
◆函館市議会、大間原発の建設無期限凍結と原発依存からの脱却を政府・国会に求める意見書を全会一致で可決。大間原発建設されれば風評被害で基幹産業の観光と水産甚大な影響。福島原発のような大事故起きれば、函館は存亡の危機に(23.7.20、本会議)
-------------------------------------------
■民主党も政権運営大甘だが、断じて偉そうなこと言えない自民党。中曽根(元首相)はじめ全党上げて電力利権に群がり、「絶対安全」神話を作り出し、過疎の農漁民・住民をカネカネカネで原発建設に同意させ、強く推進してきた。少しでも反省するなら「再生可能エネルギー全量買い取り」「発送電分離」法案を通せ。反省の一言もなく、屁理屈三昧、若い国会議員らの生意気な国会質問等々うんざりだ!政権復帰などとんでもなく、まだまだ早い―。(23.7.19)

【倒産・破綻情報】
■木造住宅建築の(株)ジュネックス(函館市山の手3丁目、小嶋祐治社長)不渡り惹起し、事業停止(7.14)。代表者東京に逃げたとの話。負債総額役2億5千万円。
■丹内種苗(株)(函館市万代町、丹内司郎社長)6.29,東京地裁から破産手続開始決定。破産債権届出期間7.27まで。
<<<視点・ズバリ>>>
■高橋道知事含め全国の知事は原発に対して自らの見解を明らかにすべきだ!国のせいばかりにすることなく、知事としてどうなのか考えを示せ。
/電力確保などから再稼働や新設容認なら、電力会社から本当のデータ開示を強く求め、不足懸念への具体的数値を明確に示すべきでないか。
■電力不足は大うそ!原発比率低下しても本当は大丈夫―。電力利権維持のため「再生可能エネルギー全量買い取り」「発送電分離」嫌で嫌で何としても阻止したいだけで、最新のデータも開示せず、電力不足のうそで国民を脅かしている?
/電力足りないハズ?の東電・社長が関電へ電力供給との発言している始末
(7.13テレビ朝日・ニュースステーションでのインタビュー)
■政・官・産・学・メディアの五角形「安全神話」の完全崩壊!巨悪と添い寝してきたマスコミ―。避難者12万人以上、未だに収束、先の見えない福島第一原発大事故、そして今度は牛肉までもと拡大する放射能汚染の恐怖にやっと目が覚めてきた大マスコミ。もはや電事連(電力会社)からの広告も期待できないということか、社説「脱原発」の流れ!朝日新聞、道新、毎日などと。
経済界の旗振り役担う日本経済新聞はじめ、保守派の「原子力絶賛新聞」読売新聞、産経新聞などは「脱原発」へ踏み出せない?
(23.7.17)
-------------------------------------------------
■原発ストレステストを徹底してやるべし!菅首相は民主党の先頭に立って脱原発を。建設中のもの含め、新増設一切認めず、急に全廃は無理だから10年後までに順次廃炉にしたらいい。菅は再生可能エネルギー法案成立まで止める必要はない。日本は再生エネルギー分野で世界1を目指すべきだ、ビジネスチャンスここにあり!
/電力会社は福島第1原発のこれほどの大事故・放射性物質放出があっても何の反省もない。
土曜日夜のNHK特番を見ても、原子力村御用学者・専門家(北大大学院出身とか)は「絶対安全目指す」などと空想みたいなことを言っているし、原発推進に躍起になっている学者がなぜ原子力安全委員会の専門委員なのか?推進御用学者・専門家ばかりが集まっている「安全委員会」など「安全」に全く値しなく、早く解散させ、新たにまともな組織を作れ。
/民主党は今こそ一体となって脱原発を明確にすべきで、岡田みたいな能天気ないかれた元経産省官僚など幹事長を菅首相より先に辞めさせろ。大体選挙だって連戦大連敗だ。民主党は脱原発を明確にすれば生き残れる可能性がある。(23.7.11)

<<<ニュース1行トピックス>>>
★東日本ハウスの函館初 免震タワーマンション「ワザック函館・五稜郭」第1棟目・18階建てミヤビコート全101戸、第1期分譲(48戸)完売し、第2期分譲(30戸)を9日開始!2LDK10戸、3LDH5戸、4LDK15戸(23.7.9)
----------------------------------
◆夏イカ(マイカ)これからが本番、活イカがうまい!解禁して1カ月の6月は不漁で前年同期比の半分(125トン)ながら、ここにきて魚体も大きくなり、7月に入ってからは前年同期の約2倍で回復の兆し(23.7.7)

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館市議会第2回定例会、代表質問始まる(23.7.5)
/工藤市長、
新・市民体育館多目的アリーナ「函館アリーナ」事業費60億円に関し「近々新たな基本計画案、10月にプロポーザルコンペ(提案公募型入札)、年内に設計業者決定、年明けに設計作業に入る。合併特例債を使うことから平成26年度末までには完成
/行財政改革・職員給与のカット「抜本的な見直しを行う。一挙にはできないが、民間企業の給与と整合性のあるものにして行く。民間給与に準拠。まずは行政サービスの見直しはじめ、職員給与の独自減額等々できる限りのことから着手し、赤字地方債は出さない」
〜いずれも、民主・市民ネットの福島恭二会長に対する答弁〜
<<<視点・ズバリ>>>
■あさましい限り!地元の雇用問題もあろうが、本音は単に金がほしいだけで、金で頭がバカになっている〜佐賀・玄海原発の運転再開に対する地元町や知事の同意〜原発問題は知れば知るほど、人類破滅の道。どんどん増える放射性廃棄物(原子力のゴミ)一つ取っても毒性が弱まるのに1万年かかる(過去にさかのぼってみるに石器時代までの年月)し、鋼鉄製の原子炉にしても老朽化し、中性子によって脆弱化し、津波でなくとも大地震で壊れてしまう可能性大。福島のようにメルトダウンの危険性は常にある。

〜民主党北海道第8総支部・同党函館支部の2011年定期大会〜
逢坂誠二代表(衆院議員)大間原発問題に言及するも、脱原発への発言はなく、
「最大の注意を払って取り組む」
放射性廃棄物(核のゴミ)に対しても「最大の関心を持って対応する必要がある」
----------------------------------
政権交代で「厳しい状況にはあるが、着実に進んでいる分野もある」


<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館(税務署管内)の最高路線価(函館市本町丸井今井函館店前)1平方?当たり18万円で、前年比18.2%の道内最大、大幅な下落率(札幌国税局、7.1発表、2011年分最高路線価、道内30税務署)/郊外での市街化区域拡大・大規模宅地造成などが大きく影響。中心市街地の空洞化・加速する衰退を象徴(23.7.2)
----------------------------------
◆今日から7月で夏の函館観光本番入りだが、東日本大震災・福島原発大事故の影響まだまだ大きく引きずり、観光冴えなく、懸念される函館・道南の景気(23.7.1)
----------------------------------
◆日銀短観・道南地域 非製造業で大幅に悪化!前3月の▲25から22ポイントダウンし▲47に。全体でも3月の▲21から▲35に(23.7.1、日銀函館支店発表)
宿泊・飲食・サービスなんと57ポイント(前3月▲14)も悪化し▲71。卸、小売り、運輸・郵便、そして建設も悪化(前3月の▲23から▲35に)。
/先行き全体では若干回復期待の▲27だが、宿泊・飲食・サービスは▲57、建設も▲53で極めて悲観的
----------------------------------
◆函館・道南地方の経済動向「観光面を中心に下押し圧力続き、先行き強い不透明感」/主要ホテル宿泊客数、函館空港乗降客数、函館山ロープウェイ、五稜郭タワーなどおしなべて前年同月比14から5%とか20〜30数%ダウン
(23.7.1、日銀函館支店発表)
------------------------------------------------
◆「『改革と挑戦』をスローガンに市政の発展に全力を上げる」工藤市長、就任後初の市政執行方針
(23.6.30午前) 
◆今日・30日から函館市議会・平成23年度第2回定例会(7月議会) 初日の今日、工藤寿樹市長「市政執行方針」演説。山本真也教育長による「教育行政執行方針」も/7月5、6日代表質問。トップに市政クラブ・吉田崇仁会長、次いで民主・市民ネットの福島恭二会長が質問
(いずれも7月5日)
◆<<<函館市の介護保険欠損金>>>
宙に浮いていた市負担の約2400万円、市職員の互助組織「職員厚生会」が全額寄付することで解決へ〜ほったらかしにして逃げ去った前西尾市政の後始末〜
工藤市長早期解決を指示/30日からの7月議会を前に決着


<<<視点・ズバリ>>>
■菅直人(首相)よガンガンやったらいい。本当に「発送電分離」「再生可能エネルギー特別措置法案」やるなら続投を支持する/亀井静香特別補佐官起用、自民・浜田和幸参院議員復興政務官任命大いに結構でないか。原発を地下につくればいいなどと真顔でバカなこと言っている電力権益・癒着・金たかり国会議員が多くいる自民党に対しては手を突っ込んでガタガタにしたらいい。今や政界はどうせぐじゃぐじや、政権交代したものの民主党も全くの体たらくで政界再編しか道はないのだから。野田(財務相)や前原(前外相)みたいな者、何一つ実績も上げれず、まだまだ青臭い松下政経塾を首相にしてどうする。まだ10年も早い!

<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館観光 本年度四半期(4〜6月)はかなりの落ち込み。一時期まずまずだったのは春の大型連休期間中だけで、東日本大震災・福島原発大事故の影響大
観光関連業界 伸るか反るかの正念場、繁忙期夏本番の7〜8月の動向が焦点ながら、昨年のような函館競馬場大改修オープンや箱館奉行所復元オープンの如き大きなインパクトになるものなく、回復・盛り返しへの決め手欠く状態…

◆〜函館三菱ふそう自動車販売(株)新役員陣容〜
青森三菱ふそうの佐々木眞社長、代表取締役会長に就任する一方、これまで同様に川島晃代表取締役社長体制で改めて発展図る!
木村和彦代表取締役専務も再任


<<<視点・ズバリ>>>
■「脱原発」の大きな第一歩となる「自然エネルギー普及のための全量固定価格買い取り制度(FIT)」関連法(再生可能エネルギー特別措置法案)成立までやりたいというのならば、菅首相を続投させようではないか/安易な「増税路線」「原発容認・推進」の民・自大連立よりもよほどいい!でなければ、菅は「原発の賛否」を問う解散総選挙に打って出るべし。今こそ気迫示せ!(23.6.21)
----------------------------------------------
■海江田万里経済産業相というのは大バカ野郎でないのか。根拠全くなく、ただただ「原発は安全だ」などといって停止中の原発再稼働を原発立地自治体に要請とか。こんなのが民主党の「代表」候補「首相」を目指しているというんだ(今回は福島原発事故対応大ミスでさすがにないようだが)。海江田は自分の選挙区の首都・東京ど真ん中に原発を誘致・稼働したらいい。選挙区一緒の原発大好きの中曽根元首相の子分・与謝野馨大臣と組んで。
物理学者でもあるドイツ・メルケル首相が原発廃止を決め、前首相のシュレーダーが「原子力は人類が制御できない」として脱原発を言っていることに学べ。日本のバカ大臣・政治家の大多数が「原発容認」。せめて福島原発の野放図な放射能汚染止めてから言え!

<<<函館商工会議所・第2回通常議員総会>>>
木村孝男副会頭、6月30日を持って辞任!
〜在任2年7カ月/元市助役としての幅広い人脈・経験等生かし活躍〜
函館空港ビルデング(株)今夏8月にトップ交代へ/木村社長退任の意向で、
後任に前北洋銀行函館中央支店・執行役員支店長の東陽一氏就任の方向

------------------------------------
松本会頭進める会議所改革の一環として従来の体制見直しから、抜本的に「規程の改正、廃止、設置」断行―。

★ファン待望の夏競馬!今週末の18日(土)・19日(日)からJRA函館競馬。熱いイベントが盛りだくさん/函館観光盛り返しに大きな期待―。

<<<ニューストピックス>>>
◆「函館市民はみんな大間原発反対。建設工事の無期限凍結を―」「情報提供を―」工藤函館市長、多田道副知事とともに、電源開発本店(東京)を訪れ、安全性や建設の必要性を説明するように申し入れ(23.6.15)
/中安七飯町長も「大間原発建設凍結を求める」と表明。函館市、北斗市(高谷市長)、七飯町の3市町足並み揃い、道とも連携。「大間原発は必要ない」このうえは渡島・檜山全市町が「反対」でまとまり、結束すべし。
◆札束攻勢、金・金・金で「もうとうに頭がどうかしている」大間町であり、いっそのこと原発止めるために国は当面 金(交付金)をただでくれてたやればいい!電源開発はこれまで原発稼働やったこもなく、東電よりも数段「原発稼働のノウハウない」こと明白。しかも、もっとも危険な世界初の「ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)」による総出力約400万KWもの「化け物原発」だ!
◆函館・道南の政党・団体も全て「大間原発反対」ののろしを揚げよう!

◆〜函館市・工藤市政出発の補正予算案〜
地域経済再生を最優先課題とし、経済再生対策重点に18億3千2百万円を計上。補正後一般会計、前年度比4.2%増

元気いっぱい商店街等支援事業として「商店街支援交付金制度」創設
有識者会議「函館市経済再生会議」設置へ
公共事業の前倒し発注も
------------------------
財政再建へ仮称「函館市財政再建推進会議」設置へ
市長の給与50%カット実施
「住宅用太陽光発電システム設置費補助金制度」を創設
------------------------
「知恵の予算」廃止、繰越金などでやりくりし、赤字債等使うことなく編成/6項目を柱に選挙公約実施へ向けての前段階施策等盛り込む!(23.6.13)



【視点・ズバリ】
HAC(北海道エアシステム、奥尻空港で機体以上急降下、異常に多い欠航)にしても、JR北海道(石勝線トンネル内での特急脱線火災事故等々、果ては運転手・居眠り運転)にしても、真に安全第一でしっかりやらないと大事故起こすぞ!
/今日の道内外どこもかしこも基本的な考え方がなっていないのでは?経営・運営も、社員・職員に対する教育、個人の考え方・仕事に対する基本姿勢も含めて―。(23.6.12〜6.13)
----------------------------------
■何と事故の最初の段階から底抜け状態(溶融貫通)。それも1〜3号機全てだ。東電・政府保安院の発表は全部ウソで、「原子力村」の教授・専門家の話はまやかしもいいところでインチキの限り<福島原発・IAEA提出の政府報告書>
/こんな危険この上なく、ひと度大事故起きれば制御不能なこの程度の技術水準の原発はドイツに見習い止めるべきだ。日本はましてや「地震大国」だ―。
(23.6.8)

<<<ニューストピックス>>>
◆4年ぶりの増加!昨年度(22年度)の来函観光客458万6、200人で前年度比25万4、300人増え、前年比5.9%増。内訳は上期311万7、400人で8.4%増、下期146万8、800人で0.9%増。
---------------------------------------
◆函館・道南の経済動向
/東日本大震災の影響から「観光・生産面を中心に下押し圧力。先行き不透明感が強い状況」〜日銀函館支店発表〜

【ニューストピックス・視点】
◆民主党推薦候補またまた敗北!青森知事選で自民・公明推薦の現職、三村申吾氏(55歳)3選/今日の政府・民主党を見れば、労組関係等以外、支持するはずがない。まして幹事長失格、選挙ノー天気の岡田(幹事長)の原発建設容認・推進(大間原発建設促進)発言などに接し、現職をさておいて民主推薦候補などに誰が投票する!(23.6.5夜)

【視点・ズバリ】
■菅(首相)よ恥を知れ!世界の笑いもの、恥さらし、誰も相手にしない。日本国民もしっかりしないといけない。こんなのが総理大臣とは…党大会でも何でも開いて、民主党よ全党上げてまず菅代表・岡田幹事長を解任すべし。
---------------------------------------
■あきれ果てる政府・民主党。
高速道路休日上限千円すらも廃止とは!無料化実験の廃止はともかく、休日千円(今月19日まで)も廃止とは…民主党政権は本当にダメだ!
マニフェストなど騙し騙しのウソばかりの羅列だった…


<速報/ニューストピックス>
◆菅内閣不信任決議案否決。解散・総選挙も当分なし/菅首相の本会議前の2日昼の代議士会で「東日本大震災と福島第一原発の責任を果たし、一定のメドが付いた段階で若い世代に責任を引き継ぐ」と自発的辞任表明を受けて、小沢氏側造反を撤回し、不信任案決議案反対に回る。
第2次補正予算のメドが付き次第菅首相辞任へ(代議士会前の菅・鳩山会談で合意した模様)なお混乱・混迷続く政府・民主党―。

【有料サイト/政治・政局・選挙特報ページ】
◆緊迫!内閣不信任案 可決なるか―。
解散になった場合、道8区自民党 誰を擁立するか、候補者選考一気に注目!
民主党政権体たらくのもと、自民党議席奪取の絶好のチャンス(23.6.2)

<道人事6.1付/ニューストピックス>
◆渡島総合振興局長に永井正博前人事局長(55歳)、檜山振興局長には山崎峰男前水産局長(53歳)寺山朗前渡島総合振興局長(57歳)は総務部危機管理監に(23.6.1)

<<<視点・ズバリ>>>
■菅内閣への不信任決議案に同調・造反で、民主党分裂の可能性!除名処分あるいは離脱どちらにしても、菅政権さらに弱体化し、自公と大連立するとなっても菅抜き。
---------------------------------------
■今の日本、あらゆる面で危機管理というか、ひとたび大災害・大事故が起きた時に不可欠な初期対応ができない。「安心・安全」などというのは神話でしかないのでは…
/お粗末なJR北海道の石勝線トンネル内での特急脱線火災事故における避難誘導の遅れは、何かしら東電の福島第一原発大事故・放射能大汚染に通じるようなところがある。これも想定外か…

【訃 報】
■元函館三菱ふそう自動車販売(株)会長、元函館商工会議所副会頭、元函館馬主協会会長の松崎勉さん、5月27日午後4時30分、入院加療中のところ死去、86歳だった。トラック・バスなど自動車販売業界、並びに函館経済界に大きな功績。幅広い交友関係等で知られ、函館の有名人の一人であった。
/通夜・29日午後6時30分、告別式・30日午後2時30分、いずれも赤坂中央斎場(函館市田家町5-29)、葬儀委員長・元函館商工会議所専務理事の平原康宏氏。(23.5.28)

<函館市人事6.1付/ニューストピックス>
総務部秘書課長に大泉潤観光コンベンション部ブランド推進課主査昇任
/「西尾前市長シンパ」の川崎伸子秘書課長は市教委生涯学習部文化振興課長へ


<人事/ニューストピックス>
◆第3セクターの函館山ロープウェイ(株)(株主構成/函館市26%、日本政策投資銀行25%、ほか)の社長、専務交代。政府系金融の日本政策投資銀行出身者が初めて社長に!
新・代表取締役社長に日本政策投資銀行(2005年同銀行退職、(株)整理回収機構主任調査役を経て、2010より(株)日本経済研究所取締役)からの本間秀行氏(61歳)新・代表取締役専務には元函館市商工観光部長・前函館商工会議所常務理事の桜井健治氏(63歳)
/前代表取締役社長・石井直樹氏
(元函館市収入役/2期4年)と前代表取締役専務・小笠原忠氏(元日本政策投資銀行/2期4年)は任期満了に伴い退任。
(23.5.27午前、同社株主総会・並びに取締役会)
---------------------------------------

◆会長に寺坂伊佐夫氏(函館地区バス協会会長)、副会長に片岡格氏(函館市副市長)、石黒義男氏(函館物産協会会長)、中村由起夫氏((株)函館国際ホテル社長)、渡辺兼一氏(金森商船(株)社長)、専務理事に藤森和男氏(前函館市病院局管理部長)
/寺坂新会長(函館バス社長)何といきなり冒頭それも年1回の通常総会から欠席(理由不明)、就任あいさつもコメントもなし。昨日・今日内定したものでもあるまいし、前代未聞!これが今日の函館地域の人材模様の有様か…(23.5.26)
------------------------------------
◆社団法人函館国際観光コンベンション協会
木村孝男会長退任し、新会長に寺坂伊佐夫副会長就任へ
〜今日・25日の通常総会・役員改選で選出の運び〜
吉田専務理事も退任し、後任に前函館市病院局管理部長の藤森和男氏


<ニューストピックス>
◆函館市部長・次長人事(23.5.25日付)/財務部長に大竹教雄議会事務局長(57歳)、競輪事業部長に澤田寛之選管事務局長(58歳)、市民部長に高橋良弘港湾空港部長(54歳)それぞれ横滑り。土木部長に杉本勉同部次長(56歳)昇格。
議会事務局長に小上一郎
次長(55歳)昇任。交通部長は藤田光福祉部次長(54歳)。
観光コンベンション部長に布谷朗経済部労働政策室長
(56歳)を起用し、同部長であった「西尾前市長シンパ」鈴木敏広氏(56歳)は函館圏公立大学広域連合に派遣。
--------------------------
◆政府と連合系労組、国家公務員の給与の役職に応じての10〜5%、ボーナス一律10%それぞれ削減でスピード合意/財政再建、自らの市長給与の50%カット、職員数の削減・職員給与の見直しを公約としている工藤函館市政に追い風!(23.5.24)

◆〜函館市議会臨時会・23日〜
工藤市長提案の中林、片岡の両副市長と、
山本教育長(教育委員)に対する選任同意の投票結果

--------------------------
<ニューストピックス>
◆工藤新市政首脳陣正式決定!中林重雄氏(62歳、前企業局長)片岡格氏(56歳、前財務部長)2人の副市長起用に関して同意。
教育長・山本真也氏(56歳、前交通部長)も決定<函館市議会臨時会、23.5.23>
◆函館市議会臨時会 議長に能登谷公氏(市政クラブ)、副議長に板倉一幸氏(民主・市民ネット)を選出。監査委員に福島恭二氏(民主・市民ネット)と佐古一夫氏(市政クラブ)/順当に行けば午後から副市長2人(中林重雄氏と片岡格氏)選任同意へ(23.5.23)
--------------------------
◆道内外に市場を求め、低コスト・高効率経営で買収、積極的に打って出る!函館のシニセG・S(株)アサヒ商会(齋藤清人社長、道内最大のゴルフ場経営グループでもある)本州・東北での給油所展開さらに拡大!6月1日を持って、岩手県一関市(一関G・S)と秋田県横手市(横手G・S)で2店舗同時開設オープン。
--------------------------
◆地元ホテルまた1軒休業。函館・湯の川温泉のホテル「湯元河畔亭」今日・23日より休業。1988年開業、23年間の営業にピリオド(函館平安システム経営、和室30・洋室1、宴会場、大浴場)/老朽化し、改装目指したが、先行き見通し困難と最終判断。(23.5.23)
<<<フォトニューストピックス>>>
★五稜郭祭・維新行列、クライマックス「箱館戦争」最後の戦闘シーンに
沿道の市民・観光客ら目をこらし、そして大きな拍手

(23.5.22午後、函館市本町・行啓通り)
------------------------------------------------------------
★五稜郭祭開幕/初日あいにくの雨模様ながら
人気の土方歳三コンテスト(参加者20名)に「土方ファン」らがかけつけ、
ユーモアあるいは迫真の演技に大きな拍手
(23.5.21午後、五稜郭タワーアトリウム)
------------------------------------------------------------
★今週の土(21日)・日(22日)は第42回五稜郭祭!
初日の土曜日は10時から碑前祭、13時 箱館五稜郭祭記念式典(五稜郭タワーアトリウム)、13時15分から第23回土方歳三コンテスト全国大会(同アトリウム)
2日目の日曜日は13時から
維新行列、15時 開城セレモニー


【訃 報】
■1963年初当選、2000年落選・2003年政界引退まで衆院議員11回当選した元総務長官の佐藤孝行さん18日午後、胆管ガンのため東京都内の病院で死去。83歳。
中曽根元首相の「側近中の側近」で実力ある政治家だったが、ロッキード事件有罪つきまとい、波乱の人生だった。
/「佐藤信者」によって中選挙区選挙では無敵の強さ披瀝した。政治家としての晩年は集会などで「粋がる」ことも多かったが、2人きりで話すと極めて「いい親父、親しみある政治家」であった…


<<<ニューストピックス>>>
◆東北新幹線全線開業(新青森まで延伸)した昨年12月〜今年2月までの3カ月間で函館市内10のホテル・旅館で宿泊客数 前年同期比16%増(道新幹線函館開業対策推進機構調べ)
/東日本大震災で3〜4月は激減するも、今後に期待。
<<<視点・ズバリ>>>
■岡田民主党幹事長、現地をわざわざ訪れ「大間原発」建設推進発言。何のために政権交代させた!こんな者に幹事長をやらせているから今日のザマだ。選挙も連戦連敗で幹事長大失格に加え、原発推進の元通産(現経産省)官僚の本質露呈/函館・道南の民主党、特に逢坂誠二民主党衆院議員は岡田や電源開発を函館に呼んで説明させるべきだ!

◆函館市の人口減少数またも増加傾向に転じる。平成18年〜20年の3千人台(3千5百人台〜3千3百人台)の減少まで行かないが、昨年1年間で2、727人も減少し、昨12月末現在の人口は27万9千人程度に。
(1.27)

◆函館市新年度(24年度)予算の市長査定始まる
(1.26)

◆JR函館駅前のWAKOビル(和光ビル)商業施設とマンションの複合ビルへの建て替えを計画。同ビル(現状/地下1階地上7階建)管理運営するNAアーバンデベロップメント(函館、布村隆二社長)27日にも計画内容を公表。
15〜16階建になる模様で、北海道新幹線・新函館開業の2015年度完成目指す。
(1.26)

◆札幌北洋ホールディングスの社長に拓銀(1997年経営破綻)出身の石井純二副社長。石井氏、傘下の北洋銀行でも副頭取から頭取に昇格。
41年ぶりに日銀出身者以外からのトップ就任。

◆函館空港2011年の乗降客数、3・11大震災、福島原発大事故の影響大きく、150万人割れ・140万人も切って139万4,499人(前年比11.9%減)。
東京線101万3,797人、前年比11.2%減少と、国際線の46.5%減の4万3,106人への落ち込み響く。ピーク時・1998年(249万人)の半分近く(44%減)まで減る。
/今年は東京線の増便、機材の大型化(いずれも全日空)や国際線・チャーター便の復活に期待。反転攻勢へ極めて大事な年ー。
(1.22)

◆平成23年の函館地方(渡島管内)ゴルフ場利用者数 171,761人に止まり、前年比2.94%減
(1.20)

◆大間原発建設無期限凍結の国への要請、北斗市長や七飯町長らと共に結束して今月24日に、経産省や民主党本部、電源開発へ。無期限凍結の要望書提出
(1.19、工藤寿樹函館市長記者会見)

◆2015年度北海道新幹線・新函館開業に伴いJRから経営分離される在来線・江差線の五稜郭〜木古内間(37.8キロ)に関し道、バス転換を撤回し、鉄路維持を表明
(1.19、在来線対策協議会)
/道と自治体の3セク負担(30年間)従来よりも約18億円圧縮し、51億6千万円。負担割合は示されず、次回提示へ。