◆函館市内かつてない雪害・交通渋滞の極み!
出勤時間帯、そして
退社の夕刻長時間にわたってひどい交通渋滞。
行政は大雪・積雪対応もろくに出来ないー。


そこでだ。

 主要道路交差点付近だけでも山と積まれた雪を排除すべきだ。運び出せ。頭をつかったらどうなんだ。中心街の交差点ど真ん中くらい除雪すべき。

加えて、夕刻5時過ぎの時間帯に、主要道路、店舗前に車を点滅駐車させているバカどもがいる。こんな飲食店は潰れてしまえ。
非常事態である。開店準備は昼間にやれ。
ーーーーーー
あと1㍍でも積雪したら、自衛隊出動を願い出なければならなくなるし、函館は一度大地震等災害が襲ってきたら、マチは完全に機能不全となる。市の対策は恐ろしいほど全然なっていない。

(2018.2.9)

湿った、
やっかいな積雪。
今後も明日一杯をピークに湿雪続き、警戒をー。


(2018.2.4午前)

◆土(3日)
日(4日)
またもや大雪か

暴風雪!?

(30.2.2)

ーーーーーーーー

<函館市民大いに
不満、怒りも>

函館市は少しくらい除雪したらいい!
市道幹線はもとより、準幹線くらい。
各所で交通渋滞。
影響多大。

例年にないまれにみる積雪であり「市はただ融けるのを待っている」この姿勢に「ずるい」の声。
予算がないでは済まない。

(30.1.31)



◆函館地方
大雪!

~30.1.29未明現在~
しばれているから幸いにもパウダースノー

◆大寒波、函館
ー13.7℃まで
下がる

~30.1.25未明~


◆今週後半24日からは今冬一番の冷え込みへ。まさしく「冷凍庫」入り。
~函館地方~

(30.1.23)


~訪日外国人
2017年


・前年比19.3%増の2869万900人

・消費額 前年比17.8%増の
4兆4161億円


・1人当たりの消費額 前年比1.3%減の15万3921円

・函館市
訪日外国人客
約40万人
昨年度)

(30.1.17)


◆函館地方大雪!一夜にして30センチをゆうに超す積雪。
(30.1.12)

◆北海道新幹線
年末年始(12.28~1.4) 利用
前年同期対比
4%減少に止まり、上々ー。

5万3300人が利用。

(30.1.6)


◇穏やかな新年
~函館・道南~

◆年末 帰省ピークへ
~函館空港(到着ロビー/写真)、道新幹線
新函館北斗駅、等~

(29.12.28)


◆25日から大荒れ模様。夕刻には雪に変わり、26~27日は猛吹雪・寒波へ
(29.12.24)


<視点>
■あなたは日本が世界第2位に税金の高い国ということを知っているであろうか!
(高税率国第1位は「アルバ」などという西インド諸島の人口10万人の国だから、日本は世界第1位といって良い)
■選挙が終わったとたんに増税目白押し。あまりにもひどいではないか。
自民党のくそたれ税制調査会。このバカヤロー「上手くいった」」(宮沢洋一政調会長)などとぬかしている。
全てが悪いと言う積もりは内が、、、

・個人に照準の増税
年収850万円超の会社員増税や年金受給者等の所得税見直し。
・たばこ税
・国際観光旅客税の創設。
・森林環境税の創設。
・生活保護費「生活扶助費」の最大1割の引き下げ。

そして消費税再々増税(10%時代)が待っている。

して、今や税金を容易に払えなくなれば、すぐにも差し押さだと脅迫する。

自公の与党に野党は何か言ったらどうなんだ。
特にとっくに分裂、正体の内民進党など連日のバカ騒ぎ。来たるべき参院選で、今のままなら「落ちる・落ちない」そんな者どうでもいい。落ちてしまえ!
立憲民主党にしてもこの増税ラッシュに何か言え。政調会長代理の逢坂さんよ、そうではないか。

日本はひどいひどい
重税国家!


(29.12.15)


◆函館気象台によると、実は初雪は去る11月13日夜中・未明ということで、16日夕刻、一般の市民がはっきり分かる格好で雪ちらつく。
(29.11.16)

◆函館地方
いよいよ初雪か
~15 、16日~


◆函館が誇る老舗レストラン・五島軒、本州初進出。

さいたま市・JR大宮駅直結の大型商業施設「ルミネ大宮」(伸和HD)に「洋食バル函館五島軒」

首都圏で多店化へ


◆10月の生鮮スルメイカの取扱漁、大不漁だった前年の3倍。

3ヶ月連続で前年同月上回るも、いつまで続くか不透明

~ 函館市水産物地方卸売市場~


★有料サイト★
特別公開


函館電子新聞
2017衆院選
PDFニュース特番

かつて「保守王国」
であった道8区が
なぜ今日の様に
なったのか!

17-10-13
tokuban


上をクリックし

プリントしてお読み下さい
(29.10.13)





◆年末 帰省ピークへ
~函館空港(到着ロビー/写真)、道新幹線
新函館北斗駅、等~

(29.12.28)


◆25日から大荒れ模様。夕刻には雪に変わり、26~27日は猛吹雪・寒波へ
(29.12.24)


<視点>
■あなたは日本が世界第2位に税金の高い国ということを知っているであろうか!
(高税率国第1位は「アルバ」などという西インド諸島の人口10万人の国だから、日本は世界第1位といって良い)
■選挙が終わったとたんに増税目白押し。あまりにもひどいではないか。
自民党のくそたれ税制調査会。このバカヤロー「上手くいった」」(宮沢洋一政調会長)などとぬかしている。
全てが悪いと言う積もりは内が、、、

・個人に照準の増税
年収850万円超の会社員増税や年金受給者等の所得税見直し。
・たばこ税
・国際観光旅客税の創設。
・森林環境税の創設。
・生活保護費「生活扶助費」の最大1割の引き下げ。

そして消費税再々増税(10%時代)が待っている。

して、今や税金を容易に払えなくなれば、すぐにも差し押さだと脅迫する。

自公の与党に野党は何か言ったらどうなんだ。
特にとっくに分裂、正体の内民進党など連日のバカ騒ぎ。来たるべき参院選で、今のままなら「落ちる・落ちない」そんな者どうでもいい。落ちてしまえ!
立憲民主党にしてもこの増税ラッシュに何か言え。政調会長代理の逢坂さんよ、そうではないか。

日本はひどい
ひどい
重税国家!


(29.12.15)


◆函館気象台によると、実は初雪は去る11月13日夜中・未明ということで、16日夕刻、一般の市民がはっきり分かる格好で雪ちらつく。
(29.11.16)

◆函館地方
いよいよ初雪か
~15 、16日~


◆函館が誇る老舗レストラン・五島軒、本州初進出。

さいたま市・JR大宮駅直結の大型商業施設「ルミネ大宮」(伸和HD)に「洋食バル函館五島軒」

首都圏で多店化へ


◆10月の生鮮スルメイカの取扱漁、大不漁だった前年の3倍。

3ヶ月連続で前年同月上回るも、いつまで続くか不透明

~ 函館市水産物地方卸売市場~


★有料サイト★
特別公開


函館電子新聞
2017衆院選
PDFニュース特番

かつて「保守王国」
であった道8区が
なぜ今日の様に
なったのか!

17-10-13
tokuban


上をクリックし

プリントしてお読み下さい
(29.10.13)


◆函館市、輸入イカ共同調達に1億円を補助
~スルメイカ不漁長期化でイカ加工業者へ緊急支援~
1キロ当たり100円、1000トン分を助成

(29.8.23)



◆朝の気温低下は
「今年の秋は早い」
を告げるものか?
(29.8.13)

★お盆!
8.13-8.16

◆台風5号幸いに道内にさしたる影響なく 消滅。
(29.8.10)

◆ 台風(台風くずれ?)今年初の北海道・函館直撃へ。
9日夜から暴雨風か

(29.8.8)


一般市民評
「盛り上がり欠いた
今年の港まつり」
先行き懸念
活力乏しく、
転機か!


人口減少、街の衰退等相まって、参加者じり貧、地元著名企業の参加縮小・取り止めなどが進行し、「大しておもしろくない」という声が増えている。

本州の祭りと違って、そもそも歴史と伝統がないのだから、年寄りからの伝承など必要がなく、よって、一つには企画等々を学生を含む若い人達に多くを任せればいいー。
(29.8.7)
-----------------
☆8月1日~5日
開港158年周年記念
函館港まつり
(29.7.31)


更なる深刻度の道南スルメイカ
不漁!

6.1~7.20歴史的な不漁であった前年に比べ、58%減という悲惨さ。
キロ当たりの単価も更に高騰。

函館市、輸入含む共同購入に対して緊急金銭支援策検討へ 。

港まつり間近だが、「イカ踊り」も様にならなくなってきた。

(29.7.26)
◆今年上半期(1−6月)の訪日客、前年同期比17.4%増の1375万7300人。
韓国、中国、台湾の順。年間最多の昨年の約2403万9千人を上回るペース。

 消費額初めて2兆円突破、2兆456億円。
1人当たりの消費約15万円
(前年同期6.7%減)

(29.7.20)
◆函館市・工藤市長、クルーズ船誘致で10日~20日訪米。
南部マイアミの船会社3社などアメリカ、カナダなどを訪れ、函館港への大型客船誘致活動。経済界首脳らも同行。

(29.7.11)

☆7月2日
2017
函館マラソン

フル42.195㌔が加わって2回目。
フル、ハーフ共に
約4千人がエントリー。
ハーフAM9:00 フルAM9:10スタート/函館陸上競技場


(29.7.1-2)


◆北海道新幹線5月の利用者数、前年同月比22.6%減少。
新幹線開業前の前々年在来実績と比べ43.7%の増加だが、4月前年同月比18.2%に続き、観光業界等々の予想以上の減少。

 乗車率も4月よりも悪く、8%減少の30%に止まる。1日平均乗車人員約5900人。

「開業した去年と比べて明らかに違う」とJR函館駅前で客待ちのタクシー運転手さんたち。「開業に比べて利用は落ち着きつつある」(JR北海道)とし、夏場の今後が期待されているが、対前年同月比落ち込み幅かなり大きく、早くも開業2年目正念場かー。

(29.6.15)
◆JR新函館北斗駅前に12階建て、247室のホテル。
来年(2018年)秋の開業目指す。
敷地1384平方㍍取得、今秋着工予定。

 不動産開発などの川翔プログレス(東京)。事業体として合同会社「セルツェ新函館北斗」(北斗市市渡1)をこの4月設立。今後決めるホテルチェーンが運営。

北海道新幹線札幌延伸開業を展望してのホテル建設とか。

 同駅前、3月にオープンしたホテル「ラ・ジェント・プラザ新函館北斗」に次ぐ2つ目のホテル。

(29.6.2)
◆「今年こそ」
スルメイカ漁解禁
(6月1日)

明日・2日未明函館港初水揚げ

(29.6.1)

☆★☆函館山ロープウェイ 平成28年度乗降客数200万人目前の197万9千人。
前年度比15万人余増加。

売上高17億1千6百万円・13%増加の増収増益決算。

(29.5.26)

※ちなみに、函館観光を代表する2大搭乗施設である一方の五稜郭タワー平成28年度実績はこのページこの蘭の下段に所報済み。



★ 5月20日(土)・21日(日) 第48回箱館五稜郭祭開催
(29.5.19)


函館の基幹産業・水産加工業大ピンチ/イカ輸入枠の拡大、経営支援策などを国(農水省と経産省)に要望
~工藤函館市長と石尾清広函館水産連合協議会会長ら加工業者代表、地元経済界、5.17~
◇新幹線開業効果!五稜郭タワー、北海道新幹線開業初年度(18.4~19.3)利用客数(搭乗客)100万人台突破し、
101万8985人。

この利用客数は乗降客数ではないから凄い。乗降にしたら、この倍の数になる。


現在の新タワー開業時の111万8千人に次ぐ 10年ぶりの100万人台。

(29.5.17)


◆桜の季節が終わった途端、これから秋が来るような肌寒い、変な天気。
予報は日(14日)・月(15日)頃まで低温続き。
<函館・道南地方>

(29.5.13)


◆JR北海道は9日、近年の訪日外国人旅行者の増加に伴う手荷物の大型化などを踏まえ、北海道・東北新幹線のH5系車両において新たに荷物置場を設置すると発表した。

 JR東日本が保有するE5系車両についても、順次設置されるとしている。
 2・4・6・8号車の東京より及びグリーン車デッキスペースに、対象車両の一部座席を撤去し、荷物置場を設置する。
 今夏7月1日から順次導入し、平成30年2月頃まで全ての車両の導入を図る。

 列車車両内における荷物置場は欧米でよく見られ、欧州ではドイツ高速列車ICEなど国際列車車両の中程にも結構設置されている。
(29.5.9)
◆街中にワイナリー開設への期待!

1730年創業、フランス・ブルゴーニュ地方の仏ワイナリー「ドメーヌ・ド・モンティー」、函館市郊外に農地を確保し、来年にも苗木の植え付けを開始。5~6年後に商品販売スタート。
(4月下旬、社長来函し、工藤市長に開設の意向伝える)


函館
<五稜郭公園>
☆サクラ開花☆

平年差 3日早い
昨年差 3日遅い
函館地方気象台4.27発表

(29.4.27)

フランス大統領選/親EUマクロンと反EUルペンとの決戦投票に!

◆世界が注目、EUの存亡かかるフランス大統領選挙第1回投票、マクロン氏とルペン氏が優勢で、両氏の決戦投票へ。

まずは超最悪のシナリオ、EU離脱の方向になる、極右と極左の決選投票回避の公算。

第1回投票日本時間24日午前3時に締め切られ、仏主要メディアマクロン氏23%を超す勢い、ルペン氏2位に付け、21~23%と予測。

 決選投票の第2回投票は5月7日。


(29.4.24早朝)


◆北海道新幹線開業2年目/ゴールデンウィーク(4.28-5.7の10日間)
予約率23.3%(前年26.1%)に止まり、開業1年目に比べ(対前年比)86.0%の14%減(13,704席減少)。
ピークは5月3日で、あとは混み具合ほとんど59%以下。

2年目の北海道新幹線利用状況予断を許さず。

北陸新幹線の2年目(2016.3.14~17.2月末)の利用者数は829万5千人で、初年度比8%減に止まる高水準維持となったが、北海道新幹線(1年目の利用者数229万2千人)はどこまで維持できるか。1年目に比べ、かなり落ち込む可能性があり、これでは本当の開業効果がわずか1年間ほどということになりかねず、懸念される。
まさに正念場ー。


(29.4.14-16)


 函館の大手総合建設業、株式会社松本組(本社・函館市吉川町4番30号)は、役員トップ人事を行い、4月1日付で堀岡眞吾代表取締役社長が取締役会長に就任し、後任の代表取締役社長にこれまで副社長であった大越雄司氏が就任した。
大越新社長59歳。

(29.4.10)

道内7空港上・下
一体化・
一括民間委託問題

「北海道における空港運営戦略推進シンポジウム」
~函館空港~開く

先着300名参加、地元函館から180~190名参加。

「民間委託先に有りき」ですでに方向性が確定しているだけに、
何一つ目新しさなしの、冷めたシンポジウム。

目下猛烈な勢いで新千歳1極集中が進行中のもとでの、2年後の民営化問題。
函館空港がそんなものと一緒になっても行く末は決まっている。それが分からないアホらしさかなー。

後日、問題の本質を言及する。1極集中のバカ政策を糾弾しますー。

(29.3.28)



◆国交省・地価公示~29.1.1時点~

北海道新幹線開業効果でホテル稼働率上昇などし、JR函館駅前周辺、ごく一部で上昇に転じる。
市内全体で下落幅圧縮。

(29.3.21)

<倒産情報>
■イカ不漁最悪、原料難・原料高 函館の水産加工業を直撃。ついに経営破綻!
1972年創業、親子3代にわたる水産各業者の(有)岩谷水産(函館市入舟町、岩谷敏晴社長)、経営行き詰まり、函館地裁から破産手続き開始決定
(3.3)

 一次加工を主力に地場大手と取り引きし、2016年の売上高2億1千万円計上するも、記録的なイカ不漁による仕入れ価格高騰、資金繰り悪化、原料調達難、操業停止に至る典型的な破綻。
 函館の基幹産業である水産加工業の苦境深刻。業界はもとより、無論、行政サイドにも危機感募る。

(29.3.9)

結構起きている破産じわじわと
~函館地裁・破産手続き開始決定~

小規模・零細の経営実態は相当悪い。

■2月13日付・ラーメン店経営のオックコーポレーション(函館市湯川町)負債総額約2千万円
■2月8日付・舗装工事、畑田建設(函館市東山)負債総額約4千万円
■1月30日付・金属製建具工事、(株)産和(七飯町大中山)負債総額約9千万円

(29.2.27)

◆函館地方明日(16日) 明後日(17日) 暖気に。予報 10 ℃ 、7℃
土曜日からは真冬に逆戻り。
(29.2.15)
◆北海道新幹線1月の乗車率、開業以来月別で初めて20%を切り、19%。利用者数は約11万4700人、1日当たり約3700人。

16年4月~17年1月通算では乗車率34%、利用者は在来線比70%増。
(29.2.10)
◆ 2.3日 今朝、函館の最低気温ー12度、今冬一番更新。
だが、冷凍庫状態は今朝で一服。今週末から来週は少し上昇。

2月乗り越えれば、春が来る。
(29.2.3)

◆今冬一番の寒波/1.14午前7時までの函館最低気温、
これまで最低の
ー11.7℃


道南地方ところによっては
ー12~ー13℃
(29.1.14)

◆新年順調な幕開け。天候に恵まれ、正月三が日など、まずは堅調
<函館・道南地方>

/初詣、主要13神社11万530人。最多は函館八幡宮4万5千人、亀田八幡宮3万人など。
/新幹線効果、外国人客が押し上げ、観光施設昨年を上回る盛況。五稜郭タワー、引き続き好調で、前年同期比26%増。函館山ロープウェイ、同10%増
/初売りも福袋好評で堅調。

(29.1.6)
◆中国西安線、西安ー函館の国際定期路線就航(12.23)

~中国・奥凱
(オーケー)航空~

毎週金曜日の
週1往復

中国内陸部と北海道結ぶ初の定期空路

西安、あの「秦の始皇帝陵・兵馬俑」が
すぐ見れる。


(28.12.25)


★☆★函館山ロープウェイ営業運行再開

11日の事故以来7日ぶり。午前10時
~午後9時

(28.12.18)


◆日銀短観・道南地域(日銀函館支店)/函館・道南の景況感悪化。
D.I. 前9月に比べ7ポイント悪化し、プラス6に。製造業の9ポイント悪化(D.I. マイナス9)が作用。新幹線開業の熱が少し冷めた(D.I. 前9月のプラス86から15ポイント悪化し、71に)ほか、イカ漁の極端な不漁による水産加工業の収益悪化が影響。

 17年3月までの予測はD.I. ▲7。宿泊・飲食も28ポイント悪化し、D.I. 43へ。

(28.12.15)


◆北海道新幹線<新青森~新函館北斗>11月の乗車率26%、1日当たりの利用者数約5000人。

前年同月の在来線比50%増に止まり、月別では、3月26日の開業以来最も低く、やはり「閑散期」を反映。


(28.12.15)


北海道新幹線
◆10月の利用者、前年同月(在来線)の2倍。
1日当たり7000人、乗車率36%

◆9月の利用者は前年同月(在来線)の1.7倍。1日当たり約8000人、乗車率41%

4~9月利用者、累計で142万1千人。前年同期(在来線)比1.8倍、乗車率39%

(28.11.11)
◆北海道新幹線・東京~新函館北斗間 3時間台(現在最短4時間2分)は最大3年間先送り
(国交省、10.27発表)

2018年春の予定から「遅くとも20年」へ。
 安定走行のためのレール研磨(凹凸を最小限にする)作業に時間。
(28.10.28)
◆北海道新幹線9月の利用者約24万人で、前年同期の在来線の1.7倍。1日当たり約8千人。土・日・祝日は9900人。乗車率41%。
 4~9月利用者累計142万1千人。前年同期の約1.8倍。乗車率39%。
(28.10.17)
◆函館空港ビルデング(水島良治社長)が展開する函館の魅力発信事業「函(はこ)と館(たて)」に本年度のグッドデザイン賞。
 函館空港ターミナルビル2階の同社店舗、お土産店「函と館」などを評価。「地域・コミュニティづくり/社会貢献活動」分野での受賞。
(28.10.2)


◆13階建ての函館本町再開発複合ビル(来年4月グランドオープン)の愛称、公募の結果「シエスタ ハコダテ」に。

 スペイン語で昼寝や昼休憩を意味する「siesta(シェスタ)」から。同名考案した七飯町在住の金澤齊さん(53)が最優秀賞。
(28.9.30)

◆函館市今日・26日から、官民一体でタイに観光客誘致訪問団。片岡格副市長、小山直子市議会副議長、松本榮一函館商工会議所会頭、渡邉兼一函館国際観光コンベンション協会会長、水島良治函館空港ビルデング社長ら12人。
 タイからの来函観光客、昨年度2年連続1万台の1万1106人で、今後有望。
近い将来の新規航空路線開設を見据えながらプロポーション活動。
(28.9. 26)

◆民進党・蓮舫新代表に「期待する56.9%」(期待しない38.4%)
/共同通信発表全国世論調査(17、18日)。初めての女性党首で期待感広がった形。
だが、一方で民進に対する支持率9.9%(前回8月調査10.9%)止まり。

自民党41.2%。
蓮舫「二重国籍」問題で説明が変わったことには「問題でない」約3分の2の66.5%に。

 安倍内閣支持率55.7%で、前回の52.9%から上昇。
 TPP(環太平洋連携協定)に関し、「臨時国会にこだわらず慎重に審議すべき」73.2%に上る。「成立させるべき」は11.9%。
(28.9.19)



◆函館の百貨店、函館観光開業ブームだが、売上げは相変わらずの落ち込み。
道内全体でも台風続きで客足不振で、8月売上高2.5%減(前年同月比)。

 8月棒二森屋9.5%もの大幅な減少。丸井今井函館店も1.4%減。
(28.9.1 7)

■有料サイト■
登録料は
1カ月税込み千円
半年・年間契約なら
一段と格安です。
年間契約9500円

※メールはhakodenshi1@hakodate-e-news.co.jpへ



◆旧JR江差線(五稜郭ー木古内間)を継承し、第三セクター、道南いさりび鉄道(函館)運行の並行在来線となった「いさりび」利用者1日平均約2千人(3月26日~7月31日)。
ほぼ旧JR江差線並みで、「おおむね想定通り」
(28.9.1 7)

◆北海道新幹線8月の利用実績 1日平均約9600人で、月間最多を更新。
乗車率48%
(28.9.15)


◆大変な人出だった「はこだてグルメサーカス2016」来場者 昨年より8万5千人多い過去最多の27万1千人。当初見込み20万人を大きく上回る。

10日・12万8千人、11日・14万3千人。「東北6件の祭り」集客の大きく貢献、新幹線開業効果ここでも。外人客も目立った。

 これまでの実績/初年度(2012年度)16万人、13年度17万1千人、14年度16万9千人、15年度18万6千人。

(28.9.13)

◆ 函館国際ホテル
13建て、170室規模の新棟新築へ。

12・13階部分に温泉大浴場を計画。
来年2月着工、2018年度中オープン目指す。

宴会場などがある東館と西館(函館港側)を結ぶ廊下部分(2階部分は宴会場)上部に新棟建設。3~11階客室。

総客室数470室規模の函館最大ホテルに照準。
(28.9.9)


◆朝夕秋の気配ながら、厳しい残暑。
~函館・道南地方~
(28.8.25)
◆23日午後1時半からロワジールホテル函館で、函館地域合同企業説明会(はこだて雇用創造推進協議会主催)。
採用予定の地元企業46社参加。
(28.8.22)
◆第51回湯の川温泉花火大会(8.20)
松倉川河口付近で約3000発。
(28.8.21)
◆道立函館美術館(函館市五稜郭町)開館30周年迎え、記念式典(8.20)。
函館・道南ゆかりの美術家の作品を中心に、収蔵品2232点。
累計観覧者213万人超。
(28.8.21)
◆お盆帰省ラッシュ本番入り。北海道新幹線など14-16日がピーク。
(28.8.12)
◆猛暑 函館今夏
最高の32.7度。
今年3度目の30度超え。
(28.8.7)

◆自民幹事長に「安倍首相太鼓持ち」の二階俊博総務会長(77歳)。
自転車事故で入院中の谷垣禎一幹事長の辞意固く、幹事長交代。
18年9月までの安倍首相の自民党総裁任期延長にいち早く容認の意向示す。7月19日記者会見。
-------------
◆参院議長に自民党道内選出の伊達忠一前参院幹事長(77歳、3期目)。道内から参院議長就任初めて。
内閣改造は代わり映えのしない陣容へ。
(28. 8.1)


◆函館アリーナ開館1年。利用者(来館者)33万6100人。
旧市民体育館の前年1年間利用20万人から大きく増加。
(28. 8.1)
◆ 函館市西桔梗のかつてのJT函館工場跡地を大々的に宅地開発した測量、不動産開発の竹田測量設計、ついに函館地裁から破産手続き開始決定。
負債総額
約15億3千万円

(28.7.29)

◆外国人観光客(訪日客)上半期(1~6月)は、前年同期日28.2%増の1171万3800人で、過去最多を更新。半年間で1千万人突破初。うち中国人客が41%増の307万6600人。
 6月は198万5700人で勢い再び。
 一人当たりの消費額約16万円(4ー6月)15万9930円)。前年同期比、1−3月に続く減少で、9.9%減。
 中国客に代表される爆買いに一服感、陰り。高額品購入中心から化粧品などの低価格品にシフト。
(28.7.21)
ーーーーーーーーー
◆函館ベイエリア地区、金森赤レンガ倉庫・函館西波止場前の海岸沿い(函館港に面する角地周辺)に約260㍍の遊歩道を
新設。
本年度調査設計、来年度から数億円で本工事、20年春完成へ。観光客や市民の憩いの場に、遊歩道整備地内には新島襄ブロンズ像。

ーーーーーーーーー
◆道内空港民営化に対して、函館市(工藤市長)、函館商工会議所(松本会頭)、函館空港ビルデング(水島社長)の3者による協議会、道への要望7項目をまとめ、今月25日、札幌で開催の「北海道空港経営改革協議会」で道に申し出へ。

 海外での市長や経済界など官民一体による路線誘致活動等トップセールスの継続、新幹線を利用の青森や仙台空港との連携など航空ネットワークの充実強化、周辺地域への環境整備、二次交通整備、空港ビル従業員の雇用維持、空港ビル内の飲食や土産店での地場産品の使用、函館新外環状道路(高規格道)の早期整備など。
ーーーーーーーーー
◆ 函館空港、国際線着陸料無料化へ。函館市10月から。国と折半。中国便就航の再開など視野。

ーーーーーーーーー
◆事業費約約30億円近く、20年開業目指す亀田統合施設(地下1・地上3) の基本設計プロポーザルで、最優秀提案者として「かわしろ建築設計事務所」を選定。吹き抜けや交流ホール、機能コンパクトでバランス よい設計を評価。

 


函館・道南圏の日々を伝える!
函館電子新聞 hakodate-e-news.co.jp



◆北海道新幹線、3時間台への時間短縮に向けて来年度に青函トンネル内の最高速度試験走行~国とJR北海道が貨物列車とすれ違う際の風圧試験~
安全確保されれば、再来年春にも東京~新函館北斗間の4時間余りが3時間台に 。 青函トンネル内の最高速度を現在の140㌔制限から160㌔へ引き上げ。(29.12.11)



【政治・政界特報ページ/有料サイト】~高橋はるみ道知事の「北海道を愛するみんなの会セミナーin函館/12.6 午後6時、花びしホテル~
松本榮一会長「どうか、高橋知事も5期目を函館から発信して、
当選を果たしてもらいたい」
工藤市長や川尻道議らも5選出馬に期待感。
高橋はるみ知事
「次もがんばれというお話で、大変ありがたく、
重く受け止めさせて頂く」
「大変心温まる、勇気の出るお話を頂いた。私も奮い立ったような気がしないでもない。これからも日々がんばって行きたい」

 と高橋氏らしく慎重の言い回しで感謝の意に止める。 (29.12.6)
◆函館港若松ふ頭大型クルーズ船専用岸壁整備事業、
待望の着工!

~12月3日午前10時、着工式・場所 函館市国際水産・海洋総合研究センター~
函館駅裏手、駅まで約300㍍、徒歩4分
全長360㍍、水深10㍍、「ダイヤモンドプリンセス」クラスの11万トン級接岸可能な岸壁。総事業費約41億円。およそ5年後完成。


(29.12.3-4)

◆来週6日に高橋はるみ道知事の道政報告
「北海道を愛するみんなの会 セミナーin函館」

~12月6日午後6時、花びしホテル、会費5千円の政治資金パーティー~

道新11.21付朝刊の大々的な「 高橋はるみ道知事5選不出馬」報道に関して何らかの言及かー。(29.11.30)
★メリークリスマス 点灯に歓喜!
イトーヨーカドー函館店、恒例の「メリークリスマス・ツリー点灯式」(同店地階センターコート、11月25日午後5時)

◆「高橋はるみ道知事5選不出馬」道新11.21付朝刊で特報!
「出馬しない意向を周囲に伝える」「世代交代の意向」「実績と対戦批判で引き際」などと報じる。
 道政界、道政、いよいよ大きな転換期へ。
(29.11.21)
◆管外業者によるホテル進出ラッシュの函館、様々な新設形態/函館市高盛町(国道278号線近く)に「ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)」を全国展開(10月末現在62店舗)する旅籠屋(東京)が道内1号店。「ファミリーロッジ旅籠屋・函館店」として来年夏オープン。
 木造2階建て、全14部屋。料金1泊1人5400円からのロードサイド型ホテル。人数増えると格安、4人だと1人2700円で、計1万800円。

/市内では大型ビジネスホテルの相次ぐ建設計画・着工はもとより、シェア型複合ホテル(西部地区末広町)、カプセルホテル(千歳町)などがオープン済み。
(29.11.16)

【政治・選挙特報ページ/登録・有料サイト】
<<<特 報>>>
比例復活もほど遠い完全落選、与党自民党の議席を失った
前田一男氏「今後どうなるか・どうするのか」
敗因は山ほど、厳しい指摘少なくなく、
前途全く予断許さない!状況は極めて深刻、どうする道8区の自民党?
~ズバリ斬り込む。核心に迫る/本誌主幹・河野 玄~
(29.11.9/結構長文です)
◆JR函館駅前の市有地を活用、敷地(約9900平方㍍)とする、大和ハウス工業東京本社が建設(プロポーザルで開発業者に決定)の 複合商業施設(13階建て・300室のホテルと、店舗棟)、来年4月に着工延期。当初は今月末着工予定だった。
「構造、工法、建築仕様を再検討する必要性生じた」として半年延期。
(29.10.29)

<視点≫◆希望の党・若狭勝(今回見事にに落完全選)、小池の側近、政界引退。大体にして政治家になる器かよ。ヤメ検上がりで、顔、風さいにして政治家向きでなく、党の顔にはほど遠い。自民党で比例でひっかかり、「風」頼りに小池の腰巾着になっただけ。
 政治の世界には甚だ政治家向きに非ずのがいる。道内、函館の足元にも。資質もないのが政治家になったり、なろうとしたりしている。身の程知らず。だから、政治がダメになってしまっている。落選・淘汰は至極当然、ある面で、いいことなのだ…
(29.10.27)


<<<17衆院選/投開票速報10.22-23>>>
◆道8区得票(開票100%)/逢坂誠二125,771票、前田一男101,243票。その差24,528票。
 投票率が60.41%(函館市58.10%)となり、前回の54.59%(函館市51.62%)より5.82ポイント(函館市6.48ポイント)上昇。

 この中で、前田9,892票増やすも、逢坂は28,026票の大幅増加。結果、前田、逢坂との負け差が前回の6,398 票から24,528票に拡大するも、やはり共産党(前回17,465票)との共闘・統一候補になったことが得票差拡大の大きな要因。
 そして、函館市についてみると、逢坂76,135票に対して、前田55,353票で、その差20,782票と大幅。

※NEW現代函館は発売中の2017秋季号で、
「逢坂VS前田3度目の激突」において 「勝敗を決める大きなポイント」として、「一つは共産党が候補擁立を見送れば逢坂断然有利で、前田比例復活も難しく、議席失う可能性大」 、次のポイントとして「決戦場は函館市の得票」と報じたが、ドンピチャリ、全くその通りになった。(29.10.23、本誌主幹・河野 玄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-------------------------------------------
◆道内衆院勢力構図/自民9、立憲8(無所属の逢坂含め)、公明2、希望1。
◆比例道ブロック(定数8)/最後の1議席は立憲民主で、4区の本多平直復活当選。自民3、立憲民主3、公明1、希望1で決定。
◆道内小選挙区自民党敗北5選挙区・5人の惜敗率、8区の前田一男最下位、よって完全落選。
/1区船橋惜敗率86.97%で当確。以下、3区高木84.13%、11区中川83.59%、6区今津83.50%。そして5人の中、ビリ尻が8区前田80.50%。

◆比例道ブロック・自民党3番目の比例復活議席/1区の船橋比例復活当選確実 これによって8区の前田一男は比例復活もなく、完全落選。道8区自民党議席消滅決定! (29.10.23、午前1時40分)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道8区開票速報・開票率99.07%/函館市逢坂75,996、同前田55,238、北斗市逢坂12,156、同前田10,212。渡島・桧山の町村計は逢坂37,480、同前田35,678
自民・前田、函館市で2万票以上負けたのをはじめ、北斗市で約2千票、町村でも2千票近く逢坂に負ける。
全く持って何をやっていたものか、前田完敗。
□逢坂と前田の得票差2万4千票余で、本電子新聞・有料サイトの最終予測ドンピシャリ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆比例道ブロック・自民党3番目の比例復活議席/ 11区(開票終了)の中川郁子負け差1万6千票、1区(開票終了)の船橋同1万8千票などのどちらかが復活有力で、8区前田は完全落選へ
◆比例道ブロック・自民党3番目の比例復活議席/開票終了の6区で今津2万2千5百票差、11区で中川1万6千票の差。小選挙区で負けたが、接戦は1区の船橋と3区の高木も有望であり、8区の前田はその差2万4千5百票もあることから惜敗率でやはり復活絶望的。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇道8区投票率60.41%。前回54.59%を5ポイントあまり上回る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道8区開票速報・開票率99.07%/逢坂誠二125,632、前田一男101,128で、その差2万4千票。(29.10.23、0時半)
◆道8区開票速報・開票率89.98%/逢坂誠二112,636、前田一男93,390その差現在約2万票で、本サイトの有料特設ページで最終情勢予測通り。 (29.10.23、0時)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道内小選挙区/全議席決まる。自民6、立憲民主5(無所属・逢坂含め)、公明1に確定。 (29.10.22、23時45分過ぎ)
◆道内小選挙区/5区、自民・和田当確。立憲民主の池田届かず。
◆道内小選挙区/10区で公明党の稲津久当確道内小選挙区唯一の公明議席を守る。立憲民主の神谷を接戦で制す。
◆道内12小選挙区/当確 自民5議席、立憲民主4議席、立憲民主系無所属1議席(逢坂)の10議席確定。残るは自民VS立憲民主が接戦の5区と、公明VS立憲民主が対決の10区の2選挙区。
◆自民党、安定絶対多数突破
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

比例道ブロック復活当選の可能性
/自民党道内小選挙区で1区の船橋、3区・高木、6区の今津、11区・中川の4人が敗北した中で、
8区敗戦の前田一男が比例復活当選することは出口調査からしても絶望的!
◆比例道ブロック(定数8)/自民2、立憲1、公明1、希望1の5議席決まり。残り3議席。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道内小選挙区/1区立憲民主の道下、3区立憲・荒井聡、6区立憲の佐々木の3人と、9区の自民・堀井、そして4区の自民・中村当確。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道8区<論評>/ 選挙戦最終盤さらに引き離された自民・前田。前田候補自体の責任だが、あまりにも問題あった選対本部。「選対本部長などは腹切りものに等しく」(内部事情通)話にならないくらいの選挙体制。前田本人の政治家としての資質にも問題。前途、極めてきびしい道8区自民・保守陣営。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道8区情報/逢坂と前田の得票差、3万5千~4万票になる可能性大かも。保守一本化候補としての前田、歴史的な敗北になる見通し。
8区/やはり無所属・逢坂誠二、8時と同時に当確(NHK全国トップに当確打つ。道新も) 出口調査圧倒的。4回当選果たす。
自民・前田一男、惨敗確実。(29.10.22、20時過ぎ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆道内/2区自民・吉川、7区自民・伊東、12区自民・武部当確。11区は立憲民主党・石川香織当確、自民・中川郁子を振り切る。
比例代表道ブロック/自民・単独1期渡辺孝一、自民・・単独2位鈴木貴子当確。
(29.10.22、20時過ぎ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
函館市投票率、19時現在36.71%(前回36.55%)。
結局期日前投票を加え、前回(51.62%、道8区全体では54.59%)並みか、
ちょっぴりいい方か。

◆函館市投票率、17時現在、何と前回(32.70%)を下回る31.15%
◆函館市の投票率やはり悪い?。

出足はまずまずだったが、16時現在30.51%(前回30.1%)で伸びない。

函館市投票率、前回よりも約3ポイント上昇し、正午現在19.26%(前回16.28%)。だが、女は相変わらず芳しくなく、男(20.33%) よりも約2ポイント低い18.39%
◆期日前投票は、前回に比べ5割増し。
(29.10.22)


<<<17衆院選>>>
◆今日・22日投開票
/小選挙区・道8区 かなり早い段階で当確出る見込み!
(29.10.22)

【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17衆院選・道8区>>>
「選挙戦の核心」緊急報道第3弾/最終情勢
逢坂誠二大きくリード、前田一男劣勢。完全落選も、その差2万票以上か。いや、かなり大きな得票差になるとの予測も。比例復活は絶望的?

~大局観なく、戦略性ゼロに等しい自民・前田の選挙戦~

早、水面下で「ポスト前田」の不穏な思惑飛び交う
小選挙区行く場のない大地・鈴木宗男の「貴子を持ってくる???」
(29.10.19-20) (10.21加筆)


【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17衆院選・道8区>>>
「選挙戦の核心」緊急報道第2弾
「前田一男劣勢」要因はどこにある?
なぜこのような選対本部体制、有り様に/選対内で「排除」の論理?


残り5日間、今まさに伸るか反るかの剣が峰
総力戦が出来るか。如何に立ち向かうか、肉薄し、接戦に持ち込めることが出来るかどうか

選対本部に鈴木宗男・新党大地の陰色濃く、選対自体が浮き足立つ
(29.10.16-17/10.18加筆)



低迷続く函館の百貨店/丸井今井函館店、8月の前年同月比13%の大幅マイナスに引き続いて、9月も5.9%減。
 棒二森屋も相変わらずで、9月も大幅ダウンの前年同月比9.2%減少。
●函館の百貨店は立ち上がれない!絶望的ですらある。棒二森屋はもうどうしようもないが、丸井今井は今ここで、店全体のあり方、複合商業施設化など業態改変に踏み出さなければダラダラと棒二の道を辿るー。
数字が先行きを示している。
(29.10.15-16)

【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17衆院選・道8区>>>「選挙戦の核心」緊急報道第1弾
自民・保守がなぜこうも弱い道8区になったか?
「反自民」共闘・統一候補でなお劣勢に立たされているー。

問題は最悪の低投票率、中でも女性有権者が男性よりも
2万5千人も多い函館市で女性の半分しか選挙に行かない実態。

目を覆う程ひどい函館の女の政治意識の低さ、無関心ぶり!

~かつては「保守王国」であった函館・道南がなぜ今日の様になったのか~40数年間にわたり函館・道南の政治・選挙を見てきた本誌だから指摘できる、道8区(旧道3区)の政治・選挙の歴史、そして今日に至る地域経済衰退など各種要因・背景ズバリ…

(29.10.11-12、本誌主幹・河野 玄/10.12加筆)



<<<17衆院選・道8区>>>
◆いざ一騎打ち、出陣!!
無所属・逢坂誠二と自民党・前田一男 立候補届出。
∇自民・前田一男 出陣式(10.10、午前8時20分過ぎ)立錐の余地もなく、約600人余駆け付ける。
危機感充満ながら、背広組ばかり。
∇無所属・逢坂誠二、出陣第1声(10.10、午前9時過ぎ)約200人程駆け付ける。
余裕感。しかし、引き締めに懸命な様子。
----------------------------------------------------------------------------
・傲慢・私物化安倍政治」に不信任強まり、大幅議席減必至で、単独過半数(233)割れも。自公で過半数クリアがいいところか。
 
/道8区はリベラル色の逢坂誠二と保守・前田一男の大決戦で、元来、郡部は保守だが、大票田の函館市はリベラル色強く、共産党の候補取り下げもあって客観的に逢坂有利という状況。
(29.10.10)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<17衆院総選挙/公示直前の様相・予測>>>
■希望の党と立憲民主党、反安倍の無所属を含めて140~150議席獲得するかどうかが、自民党過半数(233)割れのカギで、可能性大有り。自公で過半数は維持するのでないかとみられるが、与野党伯仲必至とみる。
 大きな流れは「安倍1強打破」「反安倍政権」
(29.10.8、本誌主幹・河野 玄)


◆17衆院選 今日・10日公示、22日投開票
/道8区は無所属
(立憲民主党系)・逢坂誠二と自民党・前田一男の大勝負
(29.10.10)


<<<公示・本番突入の最新情勢>>>
■希望の党 小池百合子代表(都知事)の昨今の言質で急速に失速感。一方でリベラル新党の立憲民主党健闘。日本においては基本的に3分の1はリベラル層という大きな背景があるー。
 この中で、自民党は「安倍1強」「右翼・傲慢・私物化安倍政治」に不信任強まり、大幅議席減必至で、単独過半数(233)割れも。自公で過半数クリアがいいところか。
 
/道8区はリベラル色の逢坂誠二と保守・前田一男の大決戦で、元来、郡部は保守だが、大票田の函館市はリベラル色強く、共産党の候補取り下げもあって客観的に逢坂有利という状況。
(29.10.10)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<17衆院総選挙/公示直前の様相・予測>>>
■希望の党と立憲民主党、反安倍の無所属を含めて140~150議席獲得するかどうかが、自民党過半数(233)割れのカギで、可能性大有り。自公で過半数は維持するのでないかとみられるが、与野党伯仲必至とみる。
 大きな流れは「安倍1強打破」「反安倍政権」
(29.10.8、本誌主幹・河野 玄)

<<<17解散総選挙・道8区>>> ◆「おおさか誠二勝利総決起集会~権力の暴走と私物化を許さない北海道8区の集い~開く。10.7午後6時、市芸術ホール。
 12年前の2005年郵政解散の時に、逢坂誠二氏を衆院選(道ブロック比例代表1位)に引っ張り出した鉢呂吉雄参院議員(当時・衆院議員、民主党国対委員長)が激励の言葉。
「逢坂さんの今日に活躍を見るに、逢坂さんを国政に引っ張り出したことは間違いでなかった」などと前置きした後、「争点は明瞭で、この5年間の安倍政権を継続するのか、皆さんの1票で辞めさせるのかが問われる選挙だ。逢坂さんと皆さんが一体になれば勝てる」とあいさつ。
 ホール1、2階満席の中で、逢坂氏、「立憲主義と民主主義を破壊する安倍一強政権にピリオドを」などと決意表明。
(29.10.7)


<<<17解散総選挙・道8区>>>
◆道新主催道8区公開討論会(10.7午前、函館中央図書館視聴覚ホール)無所属・逢坂誠二、自民・前田一男論戦!ホール満杯の約180人が詰めかける
(29.10.7)



<<<17解散総選挙・全道の情勢>>>
◆民主党時代などを通して、もともと強い地盤を持つ道内にあって、民進党の分裂ーリベラル系新党「立憲民主党」の出現、そして立憲民主党・共産党の共闘進展で、極めて厳しい選挙戦になってきた自民党。
 道内12の全選挙区で立憲民主・共産による統一候補(立憲民主系8人と、共産党新人4人の方向)擁立確定から、自民党4~5議席に止まるような雲行きで、小選挙区良くて6議席(前回は8議席)。自公で5~6議席の公算強まる。
 よって
自公、小選挙区12・比例代表8の全道20議席中、
半分を取ればいい方かー。


~道8区/逢坂誠二 無所属出馬ながら、
立憲民主・共産の「統一候補」に決定 
(29.10.5)


<<<ニュース速報/17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二、先に(意向を)固めた通り、
無所属出馬を言明
~10.2午後3時過ぎ、記者会見~

  枝野代表代行らがリベラル結集の新党には「党籍を移し、入党するが、同新党の公認は受けずに、無所属で戦う」
「リベラルの受け皿は必要。比例はどうしたらいいの「(支持者らに)と聞かれているので、比例の投票先は枝野リベラル新党をお願いする」

「しかしながら、無所属出馬ということで先鞭を付けたことでもあり、一歩先んじて(無所属で)進んでいるのでこの流れを変えたくない。(新党公認で)公認料をもらえたり、比例復活のことなど有利な条件あるが、一度決断したことであって目先を変えないで行く。敢えて決めた(無所属出馬の)方向で全力を上げたい。固まった覚悟は変えない。必勝するということで一致結束、邁進している
「リベラル結集の意味は大きい。受け皿に成り得る」

(29.10.2)


<<<視点・提言/17衆院総選挙>>>
◆民進党 分裂へ。はじめから分裂すればいいものをー。小池新党「希望の党」に公認されず、あるいは政策・理念等肌合いあわず、合流否定の人たちが枝野代表代行のもとに参集し「新党」結成へ。
  道8区の逢坂誠二も参加と伝えられる。

 
党名「立憲民主党」とか「民主党」を検討のようだが、この際は「新民主党」にしたらいい。民主党政権失敗の反省を込め、また新出発、生まれ変わるということで、すっきり「新民主党」にすべきと考える。立憲などといっても18、19歳は無論、新聞もろくに読まない若い人たちに分かるはずがない。全く持ってセンスがなさ過ぎる。

  総選挙は安倍右翼政権・自公の自民党、改革保守とやらの「希望の党」グループ、そしてリベラル、共産党と共闘の枝野新党との三つ巴の構図にー。

(29.10.2)


<<<視点ズバリ・現在の状況/17解散総選挙・道8区>>>
◆小池新党「希望の党」と、民進党が「合流」か、いや「解党」か「分裂」か。はたまたリベラル派の「新党」結成かなどの騒ぎになっていることから、選挙の構図が定まらないこともあって、逢坂誠二、前田一男双方の陣営ともさっぱり盛り上がらない・盛り上がっていない状態。
  このままズルズルと10日の公示、超短期決戦になる公算大。そもそもが「大義のない解散」「安倍自己保身の解散」が大きな背景にー。(29.10、本誌主幹・河野 玄)


<<<17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二、無所属で出馬の意向固める 。
「民進党本部の動向を見極めた上で、無所属出馬を最終決定」 とツイッターで表明。
(29.9.30)

<<<解説/17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二、無所属で出馬の場合、「筋を通した」格好になり、また「カネ、モノない」「孤独な孤高の戦い」等々で同情を集めること考えられ、加えて共産党の候補擁立取下げ、事実上、側面からの逢坂支持の可能性も高く、無所属・逢坂VS自民・前田大激戦必死ながら、逢坂有利に働くか、、、
 自民・前田一男は比例の「枠」が渡辺と自民入りの鈴木宗男の娘・貴子の2人が1、2位を占め、また宗男の新党大地として出馬によって、比例は残り1がいいところで、比例復活は相当厳しく、極めて厳しい戦い。よって、逢坂、前田ともに文字通りの「背水の陣」(本誌主幹・河野 玄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<緊急ニュース速報/17解散総選挙・道8区>>>
◆逢坂誠二氏(58歳、民進党前衆院議員)
無所属での出馬の意向を強める。


「これまで自分(逢坂)が言ってきたこと、主義、主張、理念などを曲げてまでも、現段階では、希望の党に対して公認申請するつもりはない。希望の党からとなれば、言い訳ばかりになる。無所属の方が主張しやすい。選挙後のことはいろいろなことが起きるだろうから分からないが、
出来れば選挙は無所属でやりたい。問題はカネとモノ

「早い時期、最終決定には整理が必要だが、早ければ明日くらいにでも(無所属で出馬するかどうか)決めたいと思っている」
「希望の党については、今まだ大きな方向感は見えない。姿が見えたものになっていない」
「無所属出馬になれば、比例復活の道もなく、非常に厳しい、文字通り背水の戦いになる」

 
29日午前11時から連合会館で行われた民進党道8区総支部幹部や連合など支援団体関係者30~40人が集まった「衆院選対応について」の意見交換会議の直後の、記者会見で苦渋に満ちた表情で記者団の質問に上記のように答えた。
  意見交換会議では様々な意見が出る中で、大勢は「最後は先生(逢坂氏)か決めて下さい。いかなることになろうとも、全力で応援する」となった。
(29.9.29)

◆臨時国会冒頭解散 確定的来月(10月) 22日投開票へ
ウソばかり言ってきたので、よほど森友・加計で追及されるのが嫌で嫌でしようがない安倍(首相)(29.9.21)


◆風雲急!早期解散総選挙!
臨時国会(9.28招集) 冒頭解散もー。
ここ道8区、民進・逢坂誠二氏VS自民・前田一男氏3度目の激突

 それにしても、安倍首相の権力維持・保身!求心力ガタガタになってきているため局面打開、政権維持に得策と判断。「大義がない」との批判続出へ。全く持って身勝手この上なく、北朝鮮大問題ほか諸課題山積の中、「国のことよりも自分・政権」と自己保身最優先…
(29.9.1-18)

※今週・20日過ぎ、発行のNEW現代函館 秋季号に道8区に関して緊急特報します。
また、当函館電子新聞でも徹底報道します。
■このままで行くと、この先将来、何十年も何十年も「北朝鮮野郎」になめられ放し、バカにされ放しになる。
■戦争になるかどうかのデッドラインは米領軍事基地・グアム付近にミサイルが発射された時だ。それまではいくら制裁を受けようとも、日本上空をバンバン飛ばす。日本もバカにされ、情けない国になったものだ。「平和ぼけ」「金・金(経済)ぼけ」日本 (29.9.15)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<視点/直言>
■北朝鮮 9.15午前6時57分弾道ミサイル発射/こうも頭の上<日本(北海道)上空 >をどんどん飛ばされ、 何とかしたらいい。
  日米何も出来ない有り様。国連の制裁など効かない。北、勝手気ままにエスカレートする一方。撃ち落としたら
どうなんだ…
(29.9.15)

<ニュースの視点>◆北海道新幹線8月の利用者数、前年同月費21.6%減。1日平均の乗車人数7540人。乗車率は38%に止まり、前年同月比10ポイント減少。
/開業前の在来線と比べ25.5%増と当たり前のこと増えているが、反動にしてはあまりに大きすぎる落ち込み。

 
新函館北斗と盛岡や仙台間行き来してみると明白だが、新函館北斗からの乗り込み客少なく、新青森からの東北新幹線に入れば、客がどんと増え、下り、新青森からは新函館北斗に向かう客がどんと減る状況あまりにも目に付く状態。
 懸念される冬場、特に1~3月は大幅な減少必至。
 在来線時代に比べ、利用者が観光シーズン真っ盛り最中で2割5分増くらいしかなく、3割も増加しないということを厳しく捉え、真剣に検討するべきで、対応策急務でないのか。とにかくチョロイ!
(29.9.13-14)

◆函館市の人口、この8月末現在263,305人で、昨年末(平成28年12月31日)から8カ月間(年間3分の2経過)ですでに2,198人減少。
 昨年1年間の3,114人減と変わらぬ人口減少ペース。またしても3千人前後の減少必至。場合によっては昨年を上回る可能性も。全く歯止めかからず、深刻この上ない状況続くー。 (29.9.10)
■北朝鮮、弾道ミサイル「太陽フレアで発射断念も」 とか?全く持って笑い話だ!
撃って自分(北朝鮮)の頭にでも当たればいいものを、、、 (29.9.8)

<話題> ■若い男にすっかり狂ってしまい、あえなく退場へ~民進党女性議員のエースとやらの山尾志桜里元政調会長(43)本格不倫 で沈没。民進党離党当たり前。先は議員辞職か。どうせ次は落選だろう~
 所詮女はこの程度の見方も…男狂いすると自制が効かなくなる典型。 同僚の応援で来函したことがあったが、演説はいわゆる甲高く、キャンキャン騒がしくしゃべっているだけで、中身はほとんどなかった。自民・稲田とか、民進・蓮舫なんかと同じ部類のキャンキャン女。
 議員の質が本当に悪くなっている。議員数を大幅に削減すべき。新聞マスコミも資質を見抜く眼力がなく、すぐに持ち上げる。弁護士などと言っても教養のない、人間性ゼロに近いのが山ほどいる。テレビ情報番組なども質が悪く、見る気がしない。
 
不倫する前に離婚して堂々とやればいい。昨今の巷の若い女なども (函館でも)「やって」「狂って」すぐに結婚という単細胞女どもが増えている。人口減少の中、結婚は大事だが…

(29.9.7-8)


◇初秋! いち早くあざやかに紅葉、赤い果実も美しいナナカマド。
昼間は残暑ながら、朝夕の冷え込み 秋へ本格化
~函館地方、9.5~
  (29.9.5)

◇来場者23万9千人~はこだてグルメサーカス2017~ (29.9.5)
◇初秋の 函館最大級のグルメイベント
「はこだてグルメサーカス2017」開幕
~9.2-3~
 (29.9.2)


【特報総合ページ/有料サイト】「棒二森屋は終わった」閉店確実視、閉鎖発表は時間の問題へ!
買収打診、問合せ、名乗り出、交渉など水面下で活発化!
例によって大型ホテル建設話中心だが、函館市が「ホテルオンリーでは困る」とし、下に
スーパーなど複合商業施設を模索する動きにも。

<<<<<物件買収に名乗りを上げ、名前の出ている大手業者等々はこれらだー>>>>
 (29.8.27-28)



【経済特報ページ/有料サイト】◇市有地等敷地のJR函館駅前整備事業
/大和ハウス工業による
13階建て・300室規模のホテル&サービスアパートメント
(SA)棟と、S造平屋店舗棟

施工業者選考の見積合わせ進行中
<<<9月中頃には岩田地崎・森川組・今井工務店・澤田建設の4社JVに正式決定の運び>>>10月31日地鎮祭の予定

◆第3セクター・函館空港ビルデング(株)定時株主総会
大幅な役員改選!
11年4カ月にわたって社長など役員を務め、同社を主導してきた
「実力者」木村孝男取締役相談役
(写真下)、惜しまれて退任


2020年度事業開始の道内7空港一括民営化ー 特定目的会社移行に向けて、函館観光の大きな柱、地域経済の要の一つ、函館空港運営の函館空港ビルデング 一時代の区切り、大きな転機へ

特定目的会社となって、函館空港が新千歳の「出先」になることから、
現地「総務・事務担当」責任者起用を見据え、若手成長株の
プロパー、笹谷幸司総務部長49歳を取締役に抜擢
 (29.8.22)


<国際>◆何もかにも問題だらけ、揺れる米トランプ政権。トランプ当選を導いた立役者であったが、今や政権の「ガン」最側近のバノン首席戦略官・上級顧問(移民排斥や保護主義主張)ついに解任。これによって、トランプ政権少しはまともになるか。(29.8.19)



【特報・総合ページ/有料サイト】 ホテル函館ロイヤル、総工費5億円を投じて耐震改修工事に着手。北海道新幹線開業の前年大規模リニューアルした第1期工事に次ぐ、
第2期の 大規模耐震改修工事断行。来年4月竣工!

耐震工事に係わる客室の改修、及び中華レストラン「ぎょくらん」の
バリアフリー化、改装なども
ー。
<<<来年4月竣工前の2月3日から3月23日の1カ月半、
工事に万全を期し、グランドオープンに向けて全館休館>>>


大型ホテル進出目白押しの中、新幹線・インバウンド観光の
「函館ホテル新競争時代」地元唯一のシティホテル・
新生「ホテル函館ロイヤル」として立ち向かう!

(29.8.17)


◆開業2年目の北海道新幹線(新青森~新函館北斗)7月の利用実績、前年同月比25.3%減(JR北海道発表)の大幅な落ち込み。
 1日平均乗客数5800人、乗車率30%(前年同月比10ポイント減)。
 今年春のゴールデンウィーク(4.28~5.7)が14%減、4月18.2%減などとなり、北海道・函館観光最繁忙期のここにきて開業初年の昨年に比べ落ち込み幅拡大。反動にしては大きすぎる。
 今年度に入り、北海道新幹線(JR北海道)が全国のJR各社(いずれも前年同期増加)の中で一番悪い。このような調子だと、今年の冬期間利用は昨年の半分くらいになる可能性も否定できない。
  青函トンネルの保安・維持費に金がかかり、高料金設定等々やむなしも分からないではないが、JR各社新幹線路線と比較し割高で、この際は思い切っての運賃の再検討、見直し必要ではないか。乗車率たった30%でガラガラ空きで突っ走ってもしようがない。青函トンネル維持費膨大は国に政治支援を求めるべきだし、支援すべき。JR北海道だけに負うべきではないー。
 他方で、空路(飛行機利用)と海路 (フェリー)共に格安運賃が大いにうけている。
(29.8.10、本誌主幹・河野玄)

<陸・海・空2017上半期(1~6月)の概況>◆函館空港、北海道新幹線開業の昨年の微減から増加に転じ、格安航空・バニラエア就航が寄与し、前年比2%増(乗降客数合計81万7千7百人)。この中で主力の羽田線はバニラ影響で前年比5%減。

◆青函フェリー(一般旅客)
、新幹線に比べ格安がうけて好調。6月が29.7%増になるなど、2~3割増で推移。乗用車、バスも好調。一方でトラックは伸び悩み。

◆北海道新幹線
はこれから始まるお盆の予約(8.1~8.17)が前年比15.7%の減少に見られるように、昨年の開業に比べ14、15%~20%近く減で推移している様子。「運賃が高い」との評が開業2年目に多分に影響も。

★全体的には、開業2年目の新幹線の落ち込みを空路(函館空港利用)と海路(フェリー)が「格安」でカバーしている状況で、函館観光はまずまずの堅調ー。
(29.8.7)
道内7空港民営化(2020年度事業開始)への手続き始動。国土交通省や道、基本スキーム(制度設計案)を公表~7月31日~
 
運営権取得を目指す民間業者に対して、
「北海道の広域観光振興」「道内航空ネットワークの充実強化」「地域との共生」に関する提案を求めることを明記。

 
来年(2018年)2月頃に実施方針策定・公表、同3月頃に募集要項の策定・公表を行い、2019年6月頃、優先交渉権者を選定。
すでに名乗りを上げている地元の北海道空港(HKK、千歳) を軸に、運営権取得目指す参入競争本格化へ (29.8.1)
◆2019年の世界文化遺産登録への推薦、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道・青森・岩手・秋田)は見送り。「金を中心とする佐渡鉱山の遺跡群」などとともに、選考対象とされていたが、国の文化審議会、世界的な価値の説明方法や推薦内容になお課題あると判断。20年以降の選考、登録を目指すことにー。
 18年は文化遺産候補として「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎・熊本)と自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島・沖縄)、そして19年は日本最大の前方後円墳・大山古墳(仁徳天皇陵)を含む「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)がユネスコ(国連教育科学文化機関)を国内選考・推薦へ。 (29.7.31)

<視点/直言>◆民主党代表選/枝野幸男が出馬表明。この枝野は民主党政権で、行政刷新担当特命相に始まって、福島原発大事故の時の官房長官(菅内閣)、沖縄・北方担当の特命相、そしてだった5日間でくだらないことを言い放ち、クビになった鉢呂吉雄後の経済産業相、原発補償等問題の特命担当相、さらには民進党の幹事長とやってきて、何の実績もなかったに等しい。民主党・民進党「ダメ政権」「ダメ政党」の中枢を担った重要人だろう。次々と重責ポストを歴任した、民主党ー民進党転落・低迷の超戦犯の一人だ。
 さらにだこの枝野に関し特筆すべきは
(続く)


<視点>「加計学園」問題、南スーダンPKO「日報隠蔽」問題 2日間の閉会中審査
■安倍首相答弁、整合性なく、矛盾だらけ。ウソばかりつき、ほど遠い疑惑解明。長年の友人関係、14~15回もゴルフ・飲食等重ね、何の話もなかったなど、誰が信じよう。ウソばかり言っているからシドロモドロになり、混乱答弁にもなる。

■虚偽答弁オンパレード、食い違い。現職役人 都合が悪いと、とにかくウソをつくことを新ためて証明。安倍(首相)にしても、「記憶にない」「記録がない」の連発。昔からの体質は何一つ変わっていなく、本質さらけ出す。傲慢隠しのために「丁寧」「謙虚」「真摯に」などと上面だけを露呈ー。
(29.7.26)

<photo二ユース>
☆今年も大盛況。大人気の佐々木としお(俊雄)道議ビアパーティー。蒸し暑い真夏の週末の夜、家族連れも多く参加し、存分に楽しむ
~7.21午後6時半、ホテル函館ロイヤル~
 佐々木自民党道議あいさつ「驕れる者久しからず。知事、市長、われわれ議員はじめ、決して驕ってはならない」「(地域経済)観光はいいが、他の産業はそれほどいいとは思えない。特に、イカ不漁の水産業は厳しい。今任期後半からは経済委員会に所属している。企業誘致、地場産業、中小企業の育成に努めたい」
(29.7.22-23)


一体、このような女性議員を大臣や党代表に就けて、何か一方でも進んだのか、事は少しでもよくなったのか。全くの逆行。世の中狂っている。
/またまた出てきた自民党・稲田防衛相の失態、虚為答弁。陸自PKO日報隠蔽(いんぺい)了承。安倍(首相)いくら庇護しようと大臣、国会議員として資質ゼロ。内閣改造を待つことなく、即刻罷免すべき。内閣支持更なるダウンへ。
/民進党・蓮舫「二重国籍」問題で戸籍公表。何の意味があるのか。人権侵害、差別の助長につながる由々しき公表。代表即刻辞めさせろ。支持率低迷に拍車。民進党離れへ、自らが首を絞める。
(29.7.19)


☆イトーヨーカドー函館店地下1階に新テナント!
道内屈指のおいしさ有名、パン・ケーキ・和菓子・洋菓子の
morimoto(もりもと、本社・千歳市)出店
~今日・7月14日オープン~

「こだわり、おいしさ」のもりもとの函館初出店、消費者に朗報! 

 (29.7.14)

◆2017年函館市功労者に、大宅泰子氏(78歳、元市民生児童委員連合会会長)、西村憲人氏(74歳、花びしホテル代表取締役会長、函館商工会議所前副会頭)、兵頭法史氏(73歳、函館港湾振興会会長)、金澤浩三氏(71歳、元市南茅部消防団長)、石尾清広氏(66歳、イシオ食品代表取締役社長、函館商工会議所前副会頭)の5人。
 市政施行記念日の8月1日、ホテル函館ロイヤルで表彰式。 (29.7.13)


■安倍政権「国家権力の私物化」「歴的大惨敗の17都議選」等々によって潮目は完全に変わったか!国民世論が安倍首相の体質にやっと気がつき始めたかー。

 
NHK最新世論調査(7.7から3日間)安倍内閣支持率、先月調査よりも13ポイント大急落の35%で、「不支持」48%(12ポイント増)の急増。
 「御用大新聞」といわれる読売新聞調査ですら、支持率36%、不支持は52%。日テレも支持率31.9%。朝日新聞も内閣支持率38%
(各社調査いずれも7.7~7.9)
  一方で民進党支持率は全くダメ。蓮舫代表に有権者完全なるレッドカード!政権交代の受け皿必要。
(29.7.11)

◆函館地方、今夏一番の暑さ。今年初めて30℃突破し(午前11時23分頃)、正午過ぎには31℃を記録(函館地方気象台)、蒸し暑い一日にー。(29.7.10午後1時前)


【特報・経済情報/有料サイト】
◆函館・道南地域の景気はあまりよくない。
というよりも悪いー。

北海道新幹線開業の昨年に比べたら相当悪い。
このことは先般(7.3)日銀函館支店発表の6月短観でも明らかに出ている。
(29.7.7)


◆道南のスルメイカ(マイカ)漁、進む温暖化(海水温)のもとで、いよいよ前途予断を許さず、将来不安増大!
/6月1日イカ漁解禁のここ1カ月間、記録的な不漁であった昨年よりも悪く、何と前年比46.4%減。函館夏の名産、イカ刺しも満足に食べられない。 (29.7.4)
◆下村(都連会長)ら都連役員全部辞任へ。ついでに「国・権力私物化」の安倍(首相)とごますり全側近も辞めたらいい。大惨敗 国政に大影響、やりたい放題、国民・国会をなめっぱなしの安倍政権瓦解の始まりへ!
-------------------------------------------------------------------
天罰下る!自民、57議席からわずか23議席に大転落。1議席増の公明党と同数。「落とすなら落としてみろ」(二階幹事長)などと国民・都民をなめているとこうなる。これまさに自業自得。
都議会議長、会派幹事長(いずれも自民)枕を並べて落選。 小池知事支持勢力、過半数大幅オーバーの79議席(定数127)

-------------------------------------------------------------------
<都議選投開票(2017.7.2)◆自民党大敗、歴史的な大惨敗。 小池「都民ファーストの会」大圧勝。国会3分の2議席を背景に安倍1強・傲慢、この上ない強権政権に鉄槌。東京都民「自民党ノー」「安倍ノー」ついにきた安倍政権終わりの始まり。いよいよ政治の潮目が変わる! (29.7.2-3)

<フォト速報>☆函館マラソン/初夏の函館を約8千人(エントリー/ハーフ約4千人、フルも約4千人。道内約58%,道外約42%)が思い思いに走る!爽やかな、快い風あるも、マラソンには厳しい25度の中で、一人ひとりが「ガンバ!」「限界に挑戦」ー。(7.2)



△午前9時ハーフからスタート(上)、フルは10分後の9時10分。

  

△スタートし、函館千代台陸上競技場を出るハーフランナー(左)、フルマラソンランナー(右)



△約8千人がエントリー。その様子は壮観だ。

 

△フル、34㌔地点パトカーに先導されて走るトップランナー(左)と
フル、金森赤レンガ倉庫前の5~6番手(右)

(29.7.2)



◆函館市中心部の空き店舗なんと648店 。1年間で42店も増加。空洞化、空前の様相(2016年度中心市街地空き地・空き店舗等調査結果、市6.7公表) 函館駅前・大門地区247店、市電沿線地区112店、本町・五稜郭地区289店

 前年度(606店)に比べ42店増加。統計(調査)を取り始めた2012年度が469店であったというから、4年前に比べ約4割増。600店前後できたのが、ここに来て加速し、過去最多、空洞化止まらず。 (29.6.14)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆函館市人口今年に入って5カ月間で早1614人減。やはり年間3千人ペース(昨年は3114人減)の人口減少。どうにも止まらない~♪(29.6.14)


<ズバリ直言一言>■函館市議会よ、バカの一つ覚えの如く(イオン、棒二森屋の閉店を検討の)存続を求める決議などよりも、駅前・大門はじめ中心街等再生する方策、アイディアを出せ。決議案など気休めにもならない。
 
認識が全く甘く、危機感が全然ないに等しい!
 
議会は休むことなく、週2回くらい開いて、街づくりの方策を徹底議論したらいい。何のアイディアも考えもない議員は辞めてしまえ。どんどん日時が過ぎ去り、ズルズルズルズルどんどんどんどん街がダメになって行く。(本誌主幹・河野 玄)
(29.6.13-14)


<視点> ■もうメチャクチャなトランプ米大統領。FBIの独立性も何もあったものでない~権力の私物化~■日本の安倍首相の「権力の私物化」も目に余るのではないか。今の自民党、ブレーキをかける人もいない。国会終盤「共謀罪」法案いよいよヤマ場!(29.6.9)


【特報総合ページ1/有料サイト】 絶体絶命の棒二森屋!
これほど多くの要因、背景揃えば「閉店を検討」は当たり前
市は空ビルだけは避けたいとしているが、閉店ー撤退もあり得よう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方の丸井今井函館店も売上げ減少続き、2桁減少の月も目立ってきて
深刻度増している最中…人ごとではない?
(29.6.6)

◆棒二森屋問題/函館市 「選択肢として閉店を含め(イオンが)検討していることは聞いている」「空ビル にならないように意見交換している」などと6.6議会答弁。
<視点>この問題に限らず何かしらすべからず認識甘い函館市。 街づくり・再生、ほか重要課題等全体についても同様ー。 (29.6.6)

◆毎月・毎年売上げ減少のJR函館駅前・百貨店、棒二森屋いよいよ閉店かー
 
道新6.4付朝刊トップで「棒二森屋の閉店検討」「流通最大手のイオン、来年度にも」「後継決定が前提」などと伝える。イオン傘下のダイエーの子会社、中合(なかごう)が運営
------------------------- ---------------------------- --------------
※当函館電子新聞サイトの関連「NEW現代函館・2017春季号」(今月中頃まで発売中)では「一体いつまで続く函館の2大百貨店 丸井今井函館店と棒二森屋の売上げ減競争!このまま行けば、早晩どちらかが、いやどっちもつぶれる?」「歯止めのかからない売上げ減少。増加に転じる兆しなく、可能性ゼロ」と4ページにわたって取り上げ・所報。 (29.6.4)


◆これほど愚かで、時代錯誤の決断はない。発足してまだ半年も経たないトランプ米大統領だが、先行き大きな分岐点になるだろう。
 トランプ大統領、地球温暖化対策(脱炭素化)の国際的な枠組み・175カ国が署名の「パリ協定」から米国が離脱すると正式表明。
(29.6.2)
~函館国際観光コンベンション協会定時総会~
渡邉兼一会長(写真下)「旅行業取得に向けた調査研究に取り組み、着地型観光を推進」
役員改選では渡邉会長を再任・4期目。副会長に片岡格、櫻井健治、水島良治、森健二の4副会長再任。
新任副会長に(株)マルカツ魚長食品の柳沢政人社長


<直言・直撃/役立たず極まりの民進党よ大変身せよ。でなければ解体せよ>
■民進党は時間を無駄にするな!一刻も早く蓮舫代表、野田幹事長を辞めさせることだ。
 支持率8%(この25~28日、日経・テレ朝世論調査、日経5.29付朝刊)。いつまで経っても7~8%の支持率をうろうろ、2桁ほど遠く、あのおかしな、いかれた女房共々の安倍首相のやりたい放題を何一つ止めれない。衆参3分の2以上の横暴、安倍1強を解消
…(続く)
(29.5.29-30、本誌主幹・河野玄)


<視点/論点>憲法改正の議論を斬る!
第9条の1項「戦争放棄」をそのまま残すのは当然至極だが、2項の「戦力不保持」
もそのままにして、自衛隊の存在を別に明記・加憲などという安倍(首相)の考え方は全くナンセンスの極み。
2項の「戦力不所持」によって本当のところ自衛隊は違憲ということは小学生でも分かる。自衛隊の存在明記なら、当然2項の改憲必要不可欠。自民党よ、整合性の全くないごまかしは絶対に止めよ。自衛隊が気の毒でもある。ごまかし政治はもうウンザリ。改憲するならきちっと改憲し、国民投票にかけるー。(29.5.29)

◆平成28年度(平成28年4月~平成29年3月)の来函観光客、北海道新幹線開業効果で500万人台を悠々突破し、過去最高の約560万7千人。開業前の前年(494万6千6百人)を大きく上回る560万6千9百人。前年比約66万人増加の13.3%増
 JR利用が新幹線開業で38.3%増の大幅な伸び。
外国人宿泊客数も
タイ、マレーシアなど東南アジアからの客が増え、全体で約7千人増の約40万5千人で過去最高。前年比1.9%増。~函館市観光部発表~ (29.5.24)


◆全国で10数店舗のホテルを展開している不動産・ホテル業のユニゾホールディングス(株)(東京都中央区、東証一部)が4月に函館市若松町、高砂通り沿いの約1700平方㍍(函館ひかりの屋台・大門横丁斜め前)を取得し、2019年夏予定で300室近くのビジネスホテル「ユニゾインエクスプレス」開業へ。
 「函館2019年夏」開業予定と同社HPで公表(写真下)。


 約1700平方㍍の当該地は、今年3月中頃まで函館の不動産業者・野村不動産が所有していた。東京のサンケイビル(株)に売却されたが、一カ月足らずの後、ユニゾホールディングス(株)に転売された格好になった。
 ユニゾホールディングスは「ホテルユニゾ」「ユニゾイン」「ユニゾインエクスプレス」の3タイプのホテルを展開し、北海道エリアでは昨年1月にビジネスホテル「ユニゾイン札幌」224室を開業オープン。 


(29.5.24)






◆「今年こそ、なんとか!」スルメイカ(真いか)漁 解禁(6月1日、南北海道海域解禁)まで間近。函館港・豊川完璧に接岸・集結、出漁の準備本格化。
(29.5.23)


 ◆函館の基幹産業、水産加工業が未曾有のイカ不漁で厳しい状況におかれているが、水産加工業者の最大組織である函館特産食品工業協同組合は去る5月9日、第59回通常総会並びに理事会を開催、全役員の任期満了に伴う役員改選を行い、組合役員、顧問を選任した。
 
理事長には(株)マルナマ古清商店の古伏脇隆二社長を再任 (続く)
(29.5.22)
★ 箱館五稜郭祭メインの維新行列・音楽パレード(5.21午後、行啓通りなど)
(29.5.21)
★第48回箱館五稜郭祭開幕(5.20) 初日は恒例の土方歳三全国コンクール開催/盛り上がりに欠け、観衆さっぱり、近年では最低。マンネリズム 、魅力欠如の様相。おもしくもなんともない。見直し必要な時期に?ー。
/明日・日曜日の21日午後 は維新行列。
 (29.5.20)

<世界の潮流>■中国・習近平が提唱し、本格始動する大経済圏構想「一帯一路」(5.14-15国際会議、100カ国以上、29カ国の首脳参加)で変わる世界の構図。巨大市場とGDP世界第2位を背景に進む中国主導の新たな国際秩序。
/有名無実化する先進国首脳会議「サミット」。イギリスのEUハードブレグジット(強硬離脱)、アメリカ・トランプの米国第一主義・保護主義、移民・難民問題、深刻化する「格差」「分断」によって、G7サミットは機能せず、大きな転機、時代遅れ必至へ。 (29.5.15)

<時事/核心>■北朝鮮5.14高高度に達するミサイル発射!北朝鮮・金正恩にはまさしく馬耳東風。米国トランプが騒ごうと、日本安倍が何を遠吠えしようと、世界が何を言おうと、中国習近平らが制裁(適当、いい加減)をやろうと、核保有国になり、米国本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)を早期に確たるものにすること。これに尽きるということだ。
 対話によって北朝鮮の核放棄・非核化など空想の何ものでもない。見透かされている。たたきつぶす最後の機会。でないと、核保有を認める以外に道はないだろうー。
(29.5.14、本誌主幹・河野玄)



◆開業2年目の北海道新幹線、先行き懸念!
4月の利用実績、前年同月比18.2%もの大幅な減少。1日平均乗客数約4600人に止まり、前年同月比4ポイント低下。
 開業前の在来線時代(2015年4月)の実績に比べると65%増ながら、大きすぎる開業効果の反動。
~JR北海道発表~
 女性客層、若者層を中心に「運賃が高い」との声多く(若者たち東京間には片道4990円のLCCバニラを使う)、ビジネス利用も芳しくない。新函館北斗~仙台間など往復してみると、目に見えて分かるが、道新幹線区間(新函館北斗~新青森)空席あまりにも多く、新青森から南、盛岡、仙台、そして東京方面間では客数が雲泥の差。課題は多い。開業効果に急ブレーキがかかる可能性すら心配される?ー。 (29.5.12)

<視点/論点>■来年12月までの衆院の今任期、衆参3分の2以上の議席を有する今のうちにということで、憲法改正あるいは加憲いよいよ日程に上るのか。東京オリンピックの「2020年に新憲法施行、9条に自衛隊の存在明記の条文追加などの改憲構想」打ち出した安倍首相。
 
第9条の1項「戦争放棄」、2項「戦力不保持」に関し、2項の改憲、あるいは加憲が最大焦点にー
 
2項の「戦力不所持」つまりは自衛隊の存在について、『集団自衛権を含めて「自衛隊」を明記する』意向を明らかにした。つまりは、2項の削減・改憲に抵抗があるなら、自衛隊の存在明記を加憲でやろうとのごまかし(整合性なく)狙いも。 (29.5.9)


<視点>「気分を明るくさせ、希望をもたらす」 39歳のマクロン氏の勝利。ナポレオン以降、仏最年少指導者、フランス新大統領の誕生。ポピュリズム(大衆迎合主義)・保護主義のうねりをひとまず阻止。EU再出発・再構築への期待ー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<フランス大統領選>
EU統合の深化掲げる独立系・中道の マクロン氏(39歳) 当選。反EUの極右・国民戦線のルペン氏敗北。
マクロン氏「自由、平等、友愛の(フランスの)理念のもとに、国民に仕える」、深まる分断と怒りに対し「国民を結集し、和解と連帯をもたらしたい」と勝利宣言。マクロン氏得票約65%で圧勝、ルペン氏約35%
(29.5.8)

<視点・世界の潮流/その断面>
世界が見つめるフランス大統領選決選投票~日本時間8日早朝大勢判明へ~親EU・新中道のマクロンと反EU・反グローバル化の極右ルペンの激突、罵り合いの中で、強まる「分断」更なる深刻化必至。
あまりにも極端・排他的な政策のオンパレードで極右ルペン包囲網強まり、39歳のマクロン新大統領誕生の見通しのようだが、一方で
既存の支配勢力・エリート、上位層・富裕層、大企業などが牛耳る、グローバル化の象徴であるEUの大改革は不可欠。
 貧富の差拡大、移民・難民、治安悪化、弱肉強食、そして敗者に緊縮財政を強要し、「99%を貧困にする経済」ともいわれる新自由主義が完全に失敗したといわれる今日、累進課税の徹底などの税制改革、所得の再分配、雇用維持のための通貨政策、国境を越える投機的資本移動への規制、等々幾多のグローバリズムの是正なくして社会の「分断」は止まらない。
 フランスにあっては失業率約10%の高さの中、若者層の失業率な何と25%、4人に1人が失業という異常な現実ー。
(29.5.7)


◆これもまたなかなかの魅力。五稜郭公園の桜、
満開を過ぎて一部は葉桜へ
(5.5昼すぎ)
 (29.5.5)

☆★☆スナップ/大型連休・5連休初日(5.3函館)/ 春の函館観光本格化 、爽やかな絶好の天気に恵まれ、最高の人出!~サクラ満開の五稜郭公園、JR函館駅前、西部ウォーターフロント・金森赤レンガ倉庫~ (29.5.3)


☆★☆サクラ 早 満開!
/函館五稜郭公園のサクラ約1600本一斉に満開
 
(29.5.1)

<特設ページ2017-1>☆★☆上々のスタート!
まずは順調な「シエスタハコダテ」

◆シエスタハコダテ4階 函館コミュニティプラザ「Gスクエア」オープン記念こけら落としイベント
に若い人ら市民多数駆け付ける!
~NPO法人函館市青年サークル協議会主催で市内若者団体による

演劇・ダンス・音楽などのステージ(4.30、14時~17時)~
4F「Gスクエア」のGLAYレリーフとからくり時計
 (29.4.30)

◆大型連休初日 函館/予想に反し好天気で、上々のスタート。
市内のサクラどこも一斉に開花(写真/亀田川沿いサクラ並木・田家町)
 (29.4.29)
----------------------------------------------------------
◆サクラも開花し、明日・29日からいよいよ春本番の大型連休 。
1・2日の月・火が休みなら9連休。大型連休観光ピークは3−7日の5連休。

 (29.4.28)


◆JR北海道の函館駅前におけるビジネスホテル「JRイン函館」建設計画、凍結を解除し、あらためて計画再浮上・具体化か。函館市内ホテル関係者など「JRは400室規模のビジネスホテルを建設する意向だ」と本誌に語る~未確認情報~
/JR北海道は当初、北海道新幹線開業新函館北斗(2016年3月26日)に合わせ、函館駅前駅舎横(JR北海道所有の北側空き地等)でJRインの建設を計画するも3年前、当時の資材高騰や人手不足による建設費の高騰を理由に採算が取れないとして建設事業を凍結した。しかし、「建設費が落ち着くなど収益が見込めるとなれば、計画を進める可能性はある」としてきた。
 また、JR北海道は北斗市造成の新函館北斗駅前で100室ほどのビジネスホテル建設を検討したが、見送った経緯がある。 (29.4.26)

☆★☆函館観光パンフレットの人気が初の全国第1位!北海道新幹線開業効果がここにも。~平成28年度市区町村人気パンフレット ランキングベスト100、一般財団法人 地域活性化センター4.24公開~
 2位は北陸新幹線効果が続く金沢市、4年連続トップだった札幌市は3位に。

 地域活性化センター(東京、全国の自治体や民間企業で設立)が東京都中央区日本橋・日本橋プラザビル1階に設置の「ふるさと情報コーナー」(無料配布コーナー)から、平成28年度1年間に自由に持ち帰った観光パンフレット338,444部(都道府県・市町村等の観光パンフ約2600種類)の中で、函館市の観光パンフ前年度5位から初のトップに躍り出る。
 パンフ配布数(提供部数)、函館市「函館旅時間」1066部で、前年度の4割増。
(29.4.25)

<特設ページ2017-1>☆★☆北海道カントリークラブ」新クラブハウス完成し、24日のオープンに先立ち、(株)西武ホールディングスの後藤高志代表取締役社長CEO(写真/下左から3人目)らによって
オープニングテープカット
(4.23午前)

 すばらしく立派なクラブハウス誕生!「北海道カントリークラブ大沼コース」と約10年ぶりに来る6月1日コース再整備成って新名称でリニューアルオープンの「北海道カントリークラブ プリンスコース」(旧函館大沼プリンスゴルフコース)との共用クラブハウス 。

事業費約19億円を投入し、全面的に建替え。「日本を代表するリゾート地・大沼にふさわしく」「道新幹線開業で函館大沼プリンスホテルの昨年実績は好調に推移し、過去最高。問題は冬場の1−3月、今後しっかり取り組みたい」「大沼は当社全国約30ゴルフ場の最先端施設」と後藤高志CEO。
(29.4.23-24)

グランドオープンのシエスタハコダテ
<<<4階には公益施設・市民交流プラザ
「函館コミニュティプラザ」 愛称「Gスクエア」開設>>>

~イベントスペースやキッチンスペース、多目的室、フリースペース、多目的スペースの各施設~
 飾り目玉はロックバンド「GLAY」のリリーフ
☆★☆大型連休イン2日目の4月30日に
「Gスクエアオープン記念こけら落としイベント」開催
(29.4.22)

<特設ページ2017-1>☆★☆函館本町・五稜郭地区再生へ大きな期待!
「シエスタハコダテ」グランドオープン 4月22日9時45分
(29.4.22)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~函館本町地区中心街活性化・再生の起爆剤になるか~
市内最高層(地上19 階・地下1階)の再開発ビルの
複合商業施設<地下1~地上4階>
「シエスタハコダテ」4月22日(土)グランドオープン!

<photoニュース速報>
★☆★1~3階「無印良品シエスタハコダテ」・地下1階「シエスタキッチン」
明日・22日開業に先立ち21日、「シエスタハコダテ」メディア
内覧会(午前)と「無印良品プレオープン」(午後)開催
まさしく「百聞は一見に如かず」か。行ってじっくり見ることだネ。
すごい!あなたの生活を豊かにする!約7500~8000アイテム

(29.4.21)


<解説>◆イギリスも6月8日総選挙。メイ首相「EU強硬離脱の政府方針の信を問う」として下院解散・総選挙を表明。
この23日にはフランス大統領選挙(第1回投票)そしてついにイギリスも総選挙(EU離脱の1年前の国民投票結果がひっくり返る可能性もある)、秋にはドイツ連邦議会選挙などと欧州大激動・歴史的試練。東南アジアでは核・ミサイル開発に猛進する北朝鮮対応で米朝一触即発・戦争勃発の可能性急浮上。等々と2017世界大激動へ。 (29.4.18)


<視点>■10日後(4月23日)間近に迫ったフランス大統領選第1回投票/反移民・反EUの極右、国民戦線の党首ルペンがトップを走っている様相とされ、世界が注視。右派と左派の2大政党いずれも決選投票に残れない状況ということで、トランプ大統領を生んだ米国同様に、ここでも目を覆うほどの大政党に対する不信、エリート支配への反発。 あまりにもだらしなく、有権者・民意に対応出来ない既存政党・既成政治家。
一方で、何かしら訳の分からぬ女性党首・ルペンであって、第1回投票でトップを取ったにしても、極右の国民戦線には連携する相手もいなく、統治能力も大疑問とか。
 口ばかり達者風のフランス、いやはや相変わらずといったところで、ドイツに「負ける」のも当たり前か…ルペンみたい者を選択して、EUから離脱でもしたなら、それこそ経済などはメチャクチャやられてしまうだろうよ
(29.4.12)



☆★☆サクラ前線 東北に!桜見物今や新幹線で日帰りもOK
仙台のサクラ先週7日(4.7)開花。満開は今週の中頃(12日頃 )。
東北のサクラ開花本命、圧巻の弘前のサクラは22日(4.22)開花予想。
2017弘前桜まつり4月22日~5月7日。弘前公園ソメイヨシノ約2600本の日本一!  
(29.4.10)


☆★☆函館のサクラ4月29日開花予想、大型連休、春本番を迎える中で、4月、そして5月と注目の3大型施設オープンへ。~いずれも成功するか、結果を出せるか。それとも大したことなく、失敗するか~(続く) (29.4.6)


日銀短観・道南地域>日銀函館支店4.3発表
/函館・道南の景況感 3期連続悪化。全体のD.I 前12月に比べ▲(マイナス)4の2。冬季函館観光、新幹線効果失速によって宿泊・飲食サービスのD.Iが▲71に急ブレーキして0(ゼロ)となり、これが大きく影響。
 製造業 全体で少し持ち直しD.Iは0になったものの、食料品としての水産加工D.Iは▲39(前12月調査▲38)で、引き続き厳しく、全体的に景況感、全道(D.I7)、全国(D.I10)よりも悪い。

~函館地域の経済基盤の脆弱性を露呈/地域経済の実態・中身は単に「新幹線効果」などと浮かれている場合ではない~
(29.4.3)
<視点/直言>■今さらながら明らかになった函館観光の弱点。新幹線開業でも一向に改善されず、不透明、先が見えない函館の冬季観光。
ここ数年来、航空路線による台湾客の増加で、改善されたかに見えたが…

●函館冬の観光、一体何が決定的に欠けているか、十分なる再考不可欠。
自画自賛的、希望的観測はやめて、厳しい現実を直視しなければ話にもならない。
●新幹線札幌延伸になれば、「魅力乏しい函館冬観光」ますますそっぽを向かれ、数通りになる可能性極めた大きい。
(29.3.27)

◆北海道新幹線(新函館北斗ー新青森間)開業1周年/1年間の乗車人員 合計229万2000人。前年在来線特急比64%増。1日平均乗車人員、JR北海道想定の1日平均5000人を上回る6300人。
平均乗車率、
想定した26%を上回る32%。
冬場の平均乗車率は夏場の半分以下に低迷。
1月・2月なんと乗車率19%/8月48% 
(JR北海道発表)
 /昨3.26、新函館北斗駅で1周年記念セレモニー催す。(29.3.26-27)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆3月26日、北海道新幹線(新函館北斗ー新青森間)開業1周年。
 開業この1年間、利用者数、出足上々の滑り出し、春から夏の観光繁忙期にかけて好調に推移。前年の在来線実績に比べて1.7倍。開業効果で来函観光客増大。
  しかし、利用者数、冬場に入って失速。

/本当の勝負、試練の開業2年目入り。
いよいよ正念場、真価問われる新幹線開業効果。
(29.3.25-26)


【倒産情報】
■土木建築と建設資材の(株)茂泉(しげいずみ)建設(木古内町)・中川建設(株)(函館市大川町)・コンドウ産業(株)(木古内町)の3社グループ、函館地裁に民事再生法の適用申請(2月27日付)ー。
 3社合わせて負債総額約5億2千万円。

 ここ10数年来の公共工事減少と北海道新幹線関連工事がなくなり、
業績悪化、経営破綻。

~巷の景気は全然よくない。 経営破綻、破産整理など増加傾向か。観光・観光と言っても限定的で、金があまり回っていない。生産加工関係も最悪に近い。早く春になって暖かくなってくるば景気の「気」もか…~ (29.3.2)


<photoスポット>
★政権与党「活気一番」約250人が出席。公明党函館総支部・新年賀詞交歓会「2017公明党新春の集い」開催。
~2月25日正午、ホテル函館ロイヤル~

 志賀谷隆道議が開会あいさつの中で、前田一男自民党衆院議員、工藤寿樹函館市長はじめ、渡島・桧山の全首長らを紹介した後、来賓を代表して工藤市長と前田衆院議員があいさつした。
 次いで、地元馴染みの横山信一参院議員あいさつし、天皇陛下の退位にふれ、「公明党は今上天皇陛下一代限りの退位を認める特例法の制定が適切と判断した」などと報告したうえで、「新年度予算、明日から参院での審議となるが、速やかな参院の成立を目指したい」…(続く)

(29.2.25)

★☆★北海道新幹線・新函館北斗の駅前で建設中であった6階建て複合商業施設が完成し、3月17日に2~6階のホテル「ラ・ジェント・プラザ函館北斗」が開業オープンする一方、1階フロアは北斗市観光交流センター別館1、333平方㍍で、このうち交流スペースを除く951平方㍍が注目の飲食・物販スペースとなる。愛称「ほっくる」と命名されているが、ここ全22区画に入るテナント18の事業者が全て決定した。 (続く)

▽完成したし新函館北斗駅前の複合商業施設・1階が「北斗市観光交流センター別館」、
2~6階がホテル「ラ・ジェント・プラザ函館北斗)

(29.2.23)


★函館空港国内線初のLCC(日本の格安航空会社)大歓迎!北海道では新千歳(札幌)に続き2都市目。バニラ・エア(VNL/JW、ANA全日空系、成田拠点)成田ー函館線 今日・2月19日就航。初日、成田発午前11時55分ー函館着午後1時35分、函館発午後2時20分ー成田着午後4時。180席ほぼ満杯でスタート
1日1往復。片道4990円。

 バニラ・エア3月18日からは関西ー函館線就航。
1日1往復。片道5890円。
~LCCバニラ・エアの函館空港乗り入れ発表以来、驚きの低価格で
函館の一般市民の間でも大きな関心 ~

(29.2.19)


◆一位物産×イトーヨーカドー函館店共同開催「元気祭」2.15~19(年4回開催)に合わせて、「北方領土の日・特別啓発期間」として公益社団法人・北方領土復帰期成同盟(副会長理事・村上幸輝氏)渡島地方支部(支部長・村上幸輝氏)が、18-19日(両日11時25分~、14時25分~、17時~、各30分)イトーヨーカドー函館店地下1階催事場で啓発署名運動を展開ー。
 初日午後からの署名活動には、村上副会長理事(一位物産代表取締役会長)はじめ、渡島総合振興局長の三戸部正行氏、道議会議員・志賀谷隆氏、函館市議・元市議会議長の福島恭二氏、函館空港ビルデング取締役相談役・同元社長・元市助役の木村孝男氏、同期成同盟支部顧問・元戸井町長の吉澤慶昭氏、同期成同盟副支部長・名美興業社長の阿相博志氏、函館大谷学園専務理事・藤野明信氏らも出席。
/「元気祭」は好評で高人気、通常週末の「1.5倍の客入り」( 小山忍店長)

(29.2.18)
<photoスポット>
★佐々木俊雄「2017佐々木としお新年交礼会」約280人出席し、盛況開催2.16午後6時半、ホテル函館ロイヤル)
佐々木道議あいさつ(写真/下)「厳しい経営環境にある水産加工業に対し、もっと積極的な対応を働きかけたい」「魅力度は全国一だが、幸福度は最低ということで、函館の活力がなくなることが心配。各種議員と力を合わせて函館・道南の活性化のために力一杯働かせて頂きたい」
~片岡格函館市副市長、三戸部正行道渡島総合振興局長、函館市議ら出席。
前田一男自民党衆院議員もかけつける~
(29.2.16-17)

◆工藤寿樹函館市長、教育長人事/山本真也教育長後任の次期教育長に、北海道職員で道教育庁渡島教育局長の辻俊行氏を起用。函館出身、道教育大函館分校卒、道教委に入り、函館市立本通中教諭を4年間勤めるなどし、平成25年4月学校教育局義務教育課長、同27年6月渡島教育局長、56歳。今年3月末で道職員・渡島教育局長を退任する
 庁内で2人の部長に就任打診するも、断られて難航模様となり、外部起用となる。3月議会で同意を得て、辻氏4月1日付で就任予定。
 山本氏(62歳)任期今年10月15日ながら、3月末で退任。事実上の更迭。
(29.2.10)
◆函館市新年度(平成29年度)予算案発表(2.10)/一般会計1371億2千万円、対前年度当初予算比0.6%増の緊縮予算。
 市税伸びず、地方交付税大幅な減となるなど、近年にない厳しい財政事情。
 引き続き「交流人口の拡大」「若者の雇用創出」「少子化対策」「高齢者の安全・安心」の4大テーマに向け各種施策。
 中でも重点的に「交流人口拡大」に8億2千4百万円、「高齢者の安全・安心」施策に17億3千9百万円を計上。グリーンプラザ整備事業(基本設計)など「ガーデンシティ函館」の実現や、「食の産業化」の推進、陸・海・空の交通の有機的な活用等に力点。 (29.2.10)

<photoスポット>
★支援・支持者 大宴会場びっしり。川尻秀之自民党道議、大盛況のうちに2017新春の集い(2.8午後6時、花びしホテル)

 川尻氏(写真下)あいさつの中で、縄文遺跡群世界遺産登録推進調査会会長として「1市(函館市)3県(北東北)でスクラムを組み、縄文遺跡群の世界遺産登録実現を図る」と強い決意。
~2017年世界文化遺産登録審議は今年夏頃開催の予定で、日本国内の世界遺産登録候補は4つ~
  同氏に対しては、去る1月29日に道議会議長より北海道議会議員在職25年以上に及ぶ永年勤続功労者、自治功労者として表彰状伝達。
 
集いに前田一男自民党衆院議員、工藤寿樹函館市長、自民・保守系函館市議8人 ら出席
(29.2.8)
<photoニュース>★☆★函館空港国際線ターミナルビル、全面増改修なり、供用開始。リニューアルオープン。
 1階出発・到着ロビー従来の1.5倍、約550平方㍍に拡張。待合室座席約70席増えて300席。国際線と国内線の通路も新設され、清々しく。

 中華圏の旧正月「春節」シーズンでこれまでにも増して活況。
(29.2.7)

<視点/論評>
■「超金融緩和やマイナス金利の大胆な金融政策ではデフレ脱却は出来ない、効果はない。今度は財政拡大だ」ときた。アベノミクス生みの親、浜田宏一・米エール大名誉教授(東大名誉教授得、安倍政権の内閣官房参与)アベノミクスの「限界」「手詰まり感」認め、打開策、今度は「財政拡大だ」と変身/朝日新聞2.3付朝刊インタビュー
 想定外とか何とか、御用学者・経済学者とやらのデタラメぶりには呆れかえる。財政拡大、つまりは金をばらまけ、「ヘリコプターマネー」ということか。 (29.2.3)
<視点>■破天荒、やりたい放題のトランプ米大統領の猛威によって、問われる米国一辺倒・追随オンリーできた自民党外交。TPP決壊、FTA・自由貿易協定、思わぬ対米自動車輸出叩き、等々で展望怪しく、戦後一貫してきた対米従属の「自民党外交モデル」そして「安倍外交」最大の岐路。

 駐留米軍負担75%でも文句をいうトランプ。残り25%の2~3千億円を出せばいいのであって、これによりこの際は発言力、主導力を獲得せよ。
今こそ日本外交「自主・主体性」スタートの機会。


 難民受け入れの凍結やイスラム圏からの入国禁止の大統領令で、米国各地の空港混乱。度を超す保護主義・排他政策の「トランプイズム」に高まる世界の批判ー。
(29.1.30)

<視点>「シエスタ ハコダテ」商業施設の
地下1階、地上1~3階のテナントに決まった
「食べる・買う」食の複合フロアー「フードマーケットホール」と
東北・北海道最大店舗の「無印良品シエスタハコダテ」
そして「Cafe&Meal MUJI」


<<<函館にこれまでになかったような美味しいセレクト、洗練されたデザイン、最先端のファッショナブルな店舗として大いなる期待!>>>
 本町・五稜郭中心街の活性化、再生の起爆剤になってほしい「シエスタ ハコダテ」
(29.1.24)
地上19階・地下1階の函館本町再開発複合ビル「シエスタ ハコダテ」
今春4月22日グランドオープン

地下1階と、地上1~3階の商業施設に入る店舗 決定!

◎地下1階/ディーン&デルーカジャパンの総合プロデュースによる
「食べる・買う」食の複合フロア
「フードマーケットホール」


◎地上1~3階/
東北・北海道地区最大の無印良品
「地方都市における大型店展開モデル店舗
『無印良品シエスタ ハコダテ』
(29.1.24)

<視点>■米国/トランプ(大統領)とメディアの対立。どっちもどっち!
就任式に集まった人の数などがどうだこうだ、多いとか少ないとか。そんなことどうでもいい…
今日の米国は大したことがない?(29.1.23)


◆「米国第一主義」へ転換宣言、トランプ大統領就任。経済・外交政策の抜本転換始動。
 初日矢継ぎ早に、TPP(環太平洋経済連携協定)離脱、NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉を表明。加えてオバマケア見直し指示。
(29.1.21-22)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆いよいよ20日、トランプ大統領就任、米国新政権発足。同日午前11時半(日本時間21日午前1時半)就任式。
 
トランプ大統領掲げる保護主義、米国第一主義前面に、世界戦々恐々。インターネット、IT時代、グローバル化は止めようがないだろうが、大きな節目に。行き過ぎた新自由主義、グローバル化による格差拡大、社会の分断が大きな背景ー。
(29.1.20)
◆北海道新幹線開業し、観光客入り込み増になっても、売上げ減少止まらない函館の2つの百貨店(昨1年間、2016.1~12)

/函館駅前・棒二森屋、ついに50億円の大台を切り、48億3千万円(一昨年51億7千万円)、減少幅拡大の対前年比6.6%減。昨12月なんと前年同月比2桁の11.0%減少。
/本町の丸井今井函館店も落ち込み止まらず、一昨年(86億3千5百万円)比4.4%減の82億5千3百万円。稼ぎ時の昨12月はついに10億円の大台割って、5.3%減の9億6千万円に止まる。


◇両百貨店共に、先行き見通し暗澹(あんたん)たる状況?
(29.1.17)

<直視>■函館市人口減少加速、減少幅拡大。「深刻」というよりも「悲劇的な段階」の様相へ。
 平成28年 昨1年間の減少数3114人。前年の2862人よりも減少幅拡大。同28年12月末現在の人口26万5,503人。
この5年間(平成24年▲2349人、同25年▲2966人、同26年▲3006人、同27年▲2862人、同28年▲3114人)で最大の減少幅。5年間で計14,297人の減少。
 北海道新幹線開業でさらに今後スプロール現象の懸念もー。

 昨1年間、生産年齢人口(15~65歳)3859人も減少し、一方で老齢人口(65歳以上)1455人も増加(人口全体の老齢人口33.0%)。日中の街は高齢者ばかり、特に旧市街地はひどく、閑散としている中で老人だけの目を覆うような活力のない街へ加速。

 観光だけでは?例えば、外資系や国内大手ホテルチェーン参入、進出しても、宿泊客が消費した金は吸い上げられ、地元・地域に還元、循環していない(落ちていない)のが実態。それゆえ、観光客が増えても大して地域の景気はよくなっていない。
 人口減の加速は地域経済にとってますます衰退招く。

 「交流人口増やす」云々の○○の一つ覚えのようなことでは済まされないのではー。 (29.1.16)


◆就航わずか1カ月あまりで運休の中国・奥凱(オーケー)航空の函館ー西安定期空路(週1往復)。昨年12月23日に就航したが、搭乗率低く(初便5割近くで、その後は2~2割止まり)、2月10日から運休。
 こんなことなら、はじめから就航しない方いいものを。まあ、チャーター便が期間限定で飛んだ程度に考え、よしとすればいいか? 利用を考えるいとまもない早々の運休。
中国の航空会社定期便は当てにならない?? (29.1.11)



☆★☆2017函館市成人祭(1.9午後1時 函館アリーナ )
晴れの2086人
(男1066人、女1020人)「これから希望のある人生を」

前田怜威さん、畠山真穂さん両名が宣誓。
(29.1.9)


<視点・着眼・私見>
■1月4日、正月三が日が終わり、世の中がいよいよ動き出す。2017年はどんな年になるか、どんな流れになるか。世界も、日本も、北海道も、そしてここ函館も、先が誰にも分からない様相の幕開けとなっている。まさしく「不確実性」時代そのものにある。
 そこで、敢えて2017年を考えるに、函館のサクラの咲く頃に、先がどうなるか少し見えてくるのでは
…… (続く)
(29.1.3-4)


<視点>■今回の札幌市内・近郊、新千歳など道都・道央圏の50年ぶりの記録的な大雪、特に新千歳空港の完全なマヒ状態、大混乱、JR北海道の運行マヒをみるに、この自然災害に対する考え方、幹線交通対応のあり方について、安倍首相の北方領土交渉に対する新しい発想に基づく「新アプローチ」さながらに、「新しいアプローチ」の必要性を感じてならない。
 ただただ、降り続くBig snowにほとんど為す術なく、天候待ち、除雪待ち。新千歳では2日も3日も、連夜にわたって5~6千人、3千人などと毛布、寝袋での宿取りと化す。JRも全然動かず、10万人に影響、等々。自然災害とは言え、そんな異常なことでいいのか。
(続く)

◆函館観光、北海道新幹線開業効果で今年度上期(4~9月)14.1%増の約366万5千人。下期に入っても今のところ順調で今年度通期では過去最多の539万2千人(1998年度)突破する見通し。

 JR前年同期比43.7%増の99万7700人。青函トンネル開通時(88年度)後の150万4千人(31.2%増)より少ないものの、伸び率(12.5%)上回る。
 航空機4.3%減の39万6100人。国内線前年並みながら、国際線・中国路線の運休響く。
 冬場如何に底上げするか。
(28.12.6)



☆★☆イトーヨーカドー函館店(小山忍店長)でこの23日から5日間、ビルオーナーの一位物産(株)(村上幸義社長)と同店共同の、「函館をもっと元気に」と名打っての『元気祭』が開催となり、初日・23日の「冬の交通安全」ホクとん・白バイがやってくる!をはじめとして、26・27日の2日間は「北方領土おしま祭5」(主催:道渡島総合振興局・函館市・北方領土復帰期成同名渡島地方支部・一位物産)、26日には地下センターコートで「メリークリスマス・クリスマスツリー点灯式」を行うなど、いちいちゃんらマスコットイメージキャラクターも登場しての盛沢山のイベントの展開となった。
 この中で土曜日の26日午後6時から行われたクリスマスツリー点灯式には多くの市民が駆け付け、大変な盛り上がり …
(続く)
(28.11.26)

☆★☆この10月15日にオープンした、JR函館駅前再開発ビル・キラリス函館4階の「はこだてキッズプラザ」(3階は同時オープン「はこだてみらい館」)大変な人気、大当たり。入館者すでに1万8千人ほどに達し、今月末には2万人突破へ。週末や祭日の多い日は1日1千3百人、平日でも3百人。
大受けの「雲のような形をした巨大ネット遊具」ほか。
(28.11.24)

格安航空会社(LCC)バニラ・エア(千葉県成田市、全日空系)が来年、函館就航。2月19日より函館ー成田線(1日1往復、エアバスA320-200型、180席、片道4,990円)、3月18日より函館ー関西線(同、片道5,890円)。
 
函館に魅力、観光需要見込む。函館から成田発着や関空発着の国際線利用が非常に便利に。驚くほどの運賃の安さ!片道5千円弱~6千円弱で、函館~首都圏往来に非常によく、大歓迎されよう。
 
 一方で、今年夏まで函館にも就航し、現在運休中であった、台湾第3位のトランスアジア航空(復興航空)は22日、経営悪化を理由に突如の会社解散、道内(新千歳や旭川)はじめ、全て(国内6空港)の運航停止に。
 相次いだ墜落事故で利用者放れ、事実上の経営破綻。

(28.11.22)

■トランプ米次期大統領、TPP「大統領就任初日に離脱通告」を明言(11.21、インターネット動画公開)。「アメリカ第一主義」も再度強調。
/トランプの選挙戦の時の発言は実際に政権に付けば変わるなどという甘い見方、希望的観測は止めた方がいい。楽観的に考えるのは大きな間違い。 (28.11.22)


<直言>函館市教委(山本真也教育長)というのはいったいどうなっているのか。アスベスト問題もきちっと対応できないなど何たることだ。山本教育長(61歳)などというのは全てにおいて能力がない。これまでの仕事ぶりが物語っている。
  来年春で更迭、クビらしいが、即刻辞表を出したらいい。
(28.11.16)

<視点/野次馬>■2016年「世界」の流行語大賞は「分断」、決定間違いなし。
/イギリスの国民投票・EU離脱、アメリカ大統領選・トランプ勝利。

<視点>◆アメリカ大統領選/トランプ勝利は、米国の富を独占、金で政治家を操って意のままにし、牛耳る1%ほどのエスタブリッシュメント(支配階級/社会的に確立した体制、制度独占)に対する大反乱。格差拡大の一途にある超大国・米国の白人中産階級・労働者層の「アンチ・エスタブリッシュメント」「アメリカ革命」
 
トランプ次期大統領は、これに真に答えることができるかー。
 貧富の差を拡大する「グローバル世界」大きな転機に!
(28.11.10)
<特報/視点>アメリカ大統領選
◆トランプ大統領誕生!ヒラリー・クリントン敗北。世界、政治も経済も大激動期へ。
 格差、分断の超大国、白人中間層の反乱。

 イギリスのEU離脱しかりで、大誤報、欧米ではもう当てにならないマスコミ世論調査・予測報道。「隠れトランプ支持者」が世論調査にまともに答えない実態に、なぜ気がつかないのか。一般マスメディアは今や既得権益むさぼる「烏合の衆」同然となり、究極のバカさ加減さらけ出す?…(28.11.9午後3時半すぎ-11.9)

◆ 超大国・アメリカが真二つ 。予測不能のアメリカ大統領選、いよいよクライマックス。 日本時間・明後日昼にも判明/トランプ勝ったら、事実上の「アメリカ革命」/1%の最上層・富裕層が富を独占、99%を貧困にする経済への審判如何にー。(28.11.7)


<視点>■黒田日銀、本誌予想通りのギブアップ。何と5度目の目標先送り、物価2%目標 任期中断念。人口減少時代の将来不安、低成長の時代潮流、節約志向の消費者心理、等々の現実認識甘く、かけ離れ、異次元緩和とかマイナス金利など先々の考えもなく、あまりにも余計なことをやり過ぎ。
 
「黒田バズーガ」など撃ちすぎは空砲そのもの。ついに事実上の「敗北宣言」「任期中断念」どころか、途中で投げ出し、逃げ出すのではないか。

 よって、アベノミクスの前途極めて怪しく、自民党総裁任期 3期9年に改正となり、この先まる5年も安倍政権続く 可能性大だが、途中挫折のあるなしは「経済動向」如何で「経済」がカギ握るだろう。 (28.11.2)

<<<第5回「工藤市長と函館を語る会」開催>>>
工藤市長「街に活気が出てきた」とし、新幹線、観光、街づくりなど
多岐にわたって言及。「将来を見据えた施設整備進めて行く」

「3年くらいで駅前若松地区クルーズ船専用ふ頭整備し、入港客船年間70隻くらいに持って行きたい」「来年は米国に行き、クルーズ船誘致活動行う。港町函館の復活を図る」
「大間原発絶対に止める。バカげている。気違い様」と改めて決意表明も

(28.10.30)


◆前田一男自民党衆院議員の前田一男連合後援会会長に堀川昭雄氏
(ホリカワ丸栄堀川紙器(株)代表取締役社長)~先般就任~
 前田氏衆院選初出馬・初当選の2012年、連合後援会結成当初から会長を担い、前田氏2回当選に尽力した中野豊氏(五稜郭タワー代表取締役会長)は勇退。
 幹事長は中山一郎氏((株)中山薬品商会代表取締役)できているものの、解散風が吹いている中、「前田氏の次期選挙戦、特段の正念場の戦い」(関係者)ということから、連合後援会副会長(市内主要業界毎に選任等)や幹事長代理・副幹事長等の陣容拡充、強化に積極的に取り組む構えの様相。
(28.10.28)

<photo速報>◆函館商工会議所第3回臨時議員総会~10.26午後、花びしホテル~
 満場の拍手を持って久保俊幸氏(59歳、前副会頭、函館環境衛生(株)代表取締役社長)の会頭選任(9月21日の常議員会決定)に同意、承認。
~世代交代、新時代、久保新体制発足~

 副会頭に境勝則氏(55歳、(株)トーショウビルサービス代表取締役社長)を再任(筆頭副会頭に就任)、ほか新任の副会頭には水島良治氏(64歳、函館空港ビルデング(株)代表取締役社長)、村瀬充氏(62歳、(株)村瀬鉄工所代表取締役社長)、中野恒氏(54歳、五稜郭タワー(株)代表取締役社長)の3人を選任。
 専務理事は酒井康次氏を再任。

 なお、この日、水島良治新副会頭は以前から決まっていた海外出張のためにやむなく欠席。
(28.10.26)


【有料・登録サイト/経済特報ページ】
ここにきて観光関連以外、芳しくない函館地域経済
<<<落ち込み競争の百貨店、衣料不振の大型店、軽自動車不振の新車販売、アベノミクス・財政出動ピーク26年度の3分の2の公共事業、イカ不漁極まる水産業、減少に転じ、先行き懸念の国際線、住宅建築8・9月と受注回復するも、前年が低水準、冬を前に工事追い込みも、盛り上がりに欠く、等々と観光関連除いてほとんどよくない>>>

今の函館は新幹線効果による函館観光が命綱のような状態で、来年以降、先行き懸念される様相にも?
(28.10.25)


<photo>◆紅葉急ピッチ、本番へ、いよいよ見どころ
16.10.18


<直言>■完敗と言っていい原発再稼動推進・自公の新潟知事選。東京電力、日本の原発総本山、原発政策の中枢、総出力が世界最大の約820万キロワット(1~7号機)の柏崎刈羽原発に突き付けられた「再稼動ノー」の民意。
 日本全国(世論調査)で約6割、3分の2近くも再稼動反対(賛成3割以下)という変わらぬ民意のもとで、原発推進は到底無理。政府・自公は原発政策を大きく転換すべきだ。
 
まして推進を背景に廃炉、賠償に年間数兆円もかかり、これを電気料金という形で国民負担を強いることなど言語道断、許されない。
 原発を争点に共産・自由・社民推薦で新潟知事選勝利した意味合いは極めて大きく、民進党はいい加減に「原発再稼動・推進」の絶対反対を明確にすべきで、曖昧・ぷらぷらすることに終止符を打ち、連合は電力総連を説得すべきだ。原発推進政策破棄・再生エネルギー政策への大胆な転換で経済成長を目指し、国民生活の安心・安定を図ることこそが国の指針だ。
 今やすでに、原発推進反対、ましてや再稼動反対の国民合意は明確に出ている。規制委員会の判断に任せるなどはナンセンスそのものだ
(本誌主幹・河野 玄)(28.10.18)


<phot速報>☆★☆これはいける!次世代を担う子どもたち、そして観光客にも楽しんでもらう。「遊びの場」「交流の場」「憩いの場」JR函館駅前に建設中の「キラリス函館」の3・4階に「はこだてみらい館」「はこだてキッズプラザ」開館(10.15)
 総事業費20億円をかけただけに半端じゃない。函館市が全国に発信する子どもたちの「誇れる施設」オープン。巨大ディスプレーや天井からつり下げた巨大ネットなど創造性を育む数々の遊具。両館の共通テーマは「オドロクチカラ」。ソニーPCLがプロデュース。
(28.10. 15)


【有料・登録サイト/総合・特報ページ】◆次期会頭に久保俊幸副会頭が内定(今月26日の臨時総会で決定へ)の函館商工会議所、
関係者の話を総合すると、
注目の副会頭人事は、12日までに、次の4氏に確定模様ー。
~石尾清広副会頭退任の運び ~ (続く、有料サイトに)
 (28.10. 12)

◆海から函館観光の中心・ど真ん中に大型クルーズ船!JR函館駅裏手の函館港若松ふ頭係留実現へ大きな第一歩!函館朝市が目の前、西部ウォーターフロンそば、函館山に近い若松ふ頭の岸壁整備に6億3千万円の予算付く(10.11成立、国の2016年度第2次補正予算で計上)。函館観光発展へ更なる期待。
 12万トン級の大型観光船停泊可能な全長約350㍍規模の係留施設築造スタートへ。
第一弾として、まずは4万トン級のクルーズ船接岸できる約230㍍の整備し、2018年度にも暫定利用可能へ。
 総事業費約20億円規模となる約360㍍の全工事完了は2020年度頃を展望。

 (28.10. 12)
【有料・登録サイト/総合・特報ページ】<函館商工会議所>
松本会頭勇退・名誉会頭就任、次期会頭・久保俊幸氏体制の
副会頭人事ここ数日がヤマ場!
副会頭4人のうち、留任(選任)確定は境勝則氏だけ
・石尾清広氏去就注視され、同氏退任の場合、
古伏脇特産理事長選任の成否注視
・最大の基幹産業観光関連では2氏の起用取り沙汰
加えて、製造業部門・工業関係でも名前
(28.10.8)
◆昭和44年から毎年続けられ、平成28年まで、一般財団法人函館馬主協会の取り扱いだけで1、301件、総額にして46億6、431万1千円にも達している「価値ある助成金」である公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団の社会福祉施設への助成金交付、函館馬主協会分の平成28年度助成金目録贈呈式が、6日午前、花びしホテルで行われた。
 
庄野昭彦函館馬主協会会長をはじめ、河村祥史常務理事、山田章人事務局長ら同協会関係者、来賓として東京からかけつけた中央競馬馬主社会福祉財団の林建之専務理事(続く)
(28.10.6)


◆日銀短観・道南地方(10.3、日銀函館支店発表)
 DI(業況判断指数) 前回調査よりも4ポイント低下するも、プラス13で、高水準持続。中でも観光の宿泊・飲食サービスは前回同様のプラス86で、好調に推移し、地域の景気を引っぱっている状況。
 製造業マイナス7ポイント悪化し、DIゼロ。非製造業は3ポイント悪化し、この中では建設業DIマイナス13、小売業 DIマイナス38といずれも悪化。
 先行き12月までの予測は8ポイント悪くなり、18(前回26) (28.10.3)
◆北海道新幹線開業後半年間(3月26日~9月25日)の利用状況(JR北海道発表、9.26)
 
約143万5千人、1日平均約7800人、対前年177%
 
~ 夜行を除くと、対前年209%で、前年在来線の2倍以上の利用者~
  下り1日平均約4000人、対前年比180%。上り1日平均約3800人、対前年比175%

 
乗車率39%。座席別/普通40%、グリーン32%、グランクラス38%
(28.9. 26-27)

<ニュース速報>◆函館商工会議所・常議員会開催(21日午後、花びしホテル)
 松本榮一会頭(76歳)「(今任期をもって)退任したします」と退任を正式表明し、ついては「次期会頭に久保俊幸副会頭(59歳)を推薦したい。異議ありませんか」と諮ったのに対して、「異議ございません」と満場一致の拍手で常議員会(役員会)、次期会頭に久保副会頭を役員会決定。

 10月26日開催の臨時総会で正式決定の運びで、今後の焦点は
副会頭人事・専務理事人事に。極めて重要視される副会頭陣容。
 松本榮一会頭は名誉会頭に就任へ。専務理事は現在の酒井康次氏欠かせず、留任確実ー。

(28.9.21)

◆次々と全てのプレートなどが「FOUR POINTS」(フォーポイント~通称)に。9月1日より函館初のインターナショナルブランドホテル誕生!「フォーポイントバイシェラトン函館」になった旧ロワジールホテル函館。
  今年11月中旬より約5億5千万円を投じ、全面リニューアル工事イン。
  文字通りにどのようなインターナショナルブランドホテルに変身するか最注目。来年4月下旬のリニューアルグランドオープンに期待。
  (28.9.6)



◆最注目のJR函館駅前(駅に隣接)の市有地など約9、800平方㍍の開発事業に関し、函館市は2日、プロポーザル(公募)に応募のデベロッパー、建設業者、流通業者の3者の中から、住宅業界最大手でデベロッパー(都市開発事業)の大和ハウス工業(株)(本社・大阪)を選定する方向で最終調整
~道新9.2付夕刊伝える~
 大和ハウス工業、13階、300室程度のホテルや物販・飲食の複合商業施設の建設計画を提案。同地での開発がやり直しに戻った早い段階から大和ハウスは青写真を制作し、事業計画を提案。本命視されていた。早ければ2019年度中の開業目指す。

 最終的にプロポーザルに応募した業者と施設内容は、大和ハウス工業が商業複合施設、ほかホーマックがホームセンターを中心とした商業施設、西松建設が現在駅前角地で16階建て再開発複合ビル(商業施設キラリスや市施設、分譲マンション)を施行の布村隆二氏((株)アーバンデベロップメント代表取締役)と組む形での商業施設計画の3者となっている。

 この3者に中で、大和ハウスの複合商業施設を選定する方向となった。選定作業をしている審査委員会が3者の中で大和ハウスの複合施設を第1位に選び、これを受けた市が物販・飲食の青写真に関し、時代村的なものになっているのを西洋風の外観を取り入れるように求め、この要望の回答を待っている段階のようで、大和ハウスが市提案を受け入れれば協定調印、正式決定の運びとなる状況にある。

  大和ハウス工業はDaiwa House Groupの中核企業で発展著しく、海外事業も展開。グループ会社としてゼネコン準大手(総合建設業)の(株)フジタも傘下にしている。無論、ホテル事業も積極的に全国展開している

 函館・道南では早くからダイワリゾートの鹿部の大型リゾートホテルと鹿部カントリークラブ、函館市内では戸倉町で複合商業施設など展開するなじみの大手。最近では函館本町再開発複合ビル(建設中)の分譲マンションの販売を担い、完売御礼となった。
(28.9.2)


◆函館商工会議所議員改選/2号議員35社選任決定(9.1) 
  2号議員確定告示 (函館商工会議所HPへ)


◆対岸の青森市政(鹿内博市長)大混乱、混迷深める!副市長2人共辞職。22日付で佐々木淳一副市長辞職に続き、29日付でもう一人の加賀谷久輝副市長も辞職し、2人不在の異常事態
 約24億円の大赤字、債務超過となった
(平成27年度決算)JR青森駅前の第三セクター運営の商業施設「アウガ」(写真下)経営難問題をめぐって市政混乱に拍車。~地元紙など伝える~
 市議会は鹿内市長に辞職迫る。アウガの支援条例案をめぐって「市長が辞めない限り、アウガ問題前進せず」などと地権者反発。このままではアウガ再生の見通しも立たず、破綻も。 (28.8.30)

<着眼/ニュース縦断>「搭乗率が落ち込み採算が怪しくなれば容赦なく、あっさり切る」 訪日客増大の中にも競争激化で、中国や台湾の国際線の休止あるいは減便が相次ぎ、一本調子で増えてきた函館空港の国際線定期便の先行きに不透明感が出てきているが、函館市は10月から国際線の着陸料を無料化する制度を設けるとし、9月補正に1216万円を計上するという。先般、LCC初就航したタイガーエア台湾への適用を視野に入れているようだが、市の函館空港国際線確保・発展に対する強い意志を感じる。
 函館は今日、新幹線開業で熱い函館観光ブームにあるが、新幹線ブームが一段落した後はどうなるか定かではない。函館空港の状況は新幹線開業で競合の懸念もあったが東京線は逆に相乗効果もあり、さほどの影響は出ていない。
  しかし、国際線は転機を迎えていると言えなくもない。国際線の確保、誘致は正念場とも言え、この意味で着陸料無料化方針は大いに評価したい。 (28.8.29)


◆10月末任期の函館商工会議所議員改選
7部会一気に開き、2号議員35社を内定
4社が1号議員から昇格、来月1日に確定告示

ーーーーーーーーーーーーーーーー
次いで、1号議員50社の申込み受付に入り、9月2日から
選挙告示、立候補・推薦届出開始
現在まで決まっているのは41社で、新規必要7~9社

ーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<9月21日設定の常議員会で最注視の松本会頭去就明らかになる見通し>>>
(28.8.25)
<コラム/視点>9月の民進党代表選に出馬表明し、「ポスト岡田」の最有力候補になっている蓮舫代表代行(48)が23日、日本外国特派員協会での記者会見で、「私が代表になることで民進党のイメージを思いっきり変えたい」とし、「私が岡田克也代表が大好きだが、1年半一緒にいて本当につまらない男だと思った。人間はユニークさが大事。私にはそれがある」と述べた。テレビで見た。
 実に言い得ている。(続く)
(28.8.24)
◆函館空港ビルデング(株)(代表取締役社長・水島良治氏)5月期、増収増益の好決算~8月23日 定時株主総会並びに取締役会~
 営業収入 前期比10.9%増の30億円。経常利益 同10.1%増の5億7千5百万円、純利益15.2%増の3億7千2百万円。
 
専務取締役に新たに山本伸志氏(全日空派遣交代) (28.8.23)

◆北海道新幹線新青森~新函館北斗の利用状況快調そのもの!夏季期間(7月22日~8月18日の28日間)、お盆期間(8月10日~8月18日の9日間)共に、前年同期間在来線時の5割増以上。お盆期間9日間では10万5100人が利用し(上下計)、1日平均利用客数1万人を突破、1万1 ,678人にも達する。夏季期間が対前年同期間比158%、お盆期間が同155%となった。平均乗車率は約52%。
 夏季期間28日間の利用実績26万5900人で、1日平均利用者数約9500人。
 お盆期間9日間の利用実績10万5100人で、1日平均利用者数約1万1678人。
 ちなみに、大型連休中(4月28日~5月8日)11日間の利用実績は、約10万7600人で、対前年(在来線)同期比193%。1日平均9780人、平均乗車率約44%であった。


 
東室蘭~苫小牧(函館方面)、札幌~岩見沢(旭川方面)、南千歳~トマム(釧路方面)の在来線は、いずれも対前年同期間比はマイナス。夏季期間は11%余~22%余の2桁のマイナスながら、お盆期間中は1%余~4%余のマイナスに止まる
 (JR北海道8.19発表) (28.8.19-20)


★お盆の函館観光/多くの来函客ピーク状態~JR函館駅と駅前界隈~
(新幹線利用、はこだてライナー発着時間帯。8.15昼すぎ)
★北海道新幹線開業後初めてのお盆の函館観光、新たな雰囲気 活況!
(函館西部ウォーターフロント・金森赤レンガ倉庫前、8.13午後)

★12日午前、函館空港に初のLCC、台北定期便が就航した。台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾で、第1便が函館空港に到着、就航記念式が行われ、函館市の工藤市長、タイガーエア台湾のCEOらが出席、新たな客層の取り込みに期待が持たれている。
 週5日(月・火・水・金・日)、1日1往復で、函館発は通常料金片道わずか6600円。台北発もほぼ同額。使用機材はエアバス320、座席数180。函館空港へのLCC定期便乗り入れは初めて。タイガーエア台湾はこれまで成田や福岡など8空港に進出。最近では6月に仙台、7月には岡山に就航した。 (28.8.12)
【有料・登録サイト/総合・特報ページ】
函館商工会議所
/お盆明け3号議員を皮切りに改選作業本格化
最注目の松本榮一会頭去就 いよいよ最終決定間近
今期限りで退任・勇退か!

最大の問題である後任会頭には、現4副会頭のうちの2人、そしてその2人の中から会頭推挙へか
~松本会頭退任となると、函館の経済界はまさしく一時代の終わりとなり、世代交代等々の大きな転換期に突入~(28.8.10-12)


◆◇◆北海道新幹線開業で沸く函館観光超繁忙期の真っただ中、函館の2つの大型シティホテル
相次いで売却、経営交代
~関連ニュース統合~
JR函館駅前のロワジールホテル函館が「フォーポイントバイシェラトン函館」に
函館国際ホテルが米投資会社に売却

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆恵庭開発(株)の函館国際ホテル売却は、耐震化に約20億円もかかり、負担が大きいことも売却決定の背景・要因ー。
/湯の川温泉のホテルも含む幾多の函館市内大型ホテルにあっては、多額の投資が必要な耐震化問題が大きな悩み。
(28.8.11)
<視点・解説/底流>新幹線開業で函館観光熱く、ホテル宿泊未だかつてない最高潮・高稼働真っ盛りの中で、函館を代表するシティホテル、「ロワジールホテル函館」そして「函館国際ホテル」と相次いで売却、経営交代。
  函館観光に対する注目度・魅力が高まり、脚光を浴びている反面、さながら国内外チェーン規模の経営でなければ「ホテルはどうせ大して儲からない」「先は
(新規ホテル建設もあって)大競争必至の可能性大有り」といった調子でこれまさしく「売るなら今でしよう」といった案配か−。
 
◆観光シーズン超多忙期の中での管外経営の2つのシティホテル売却ニュースの一方で、函館の3大シティホテルの一角を占める唯一の地場経営、地元密着で根強い函館の「ホテル函館ロイヤル」はしっかり地の足ついた経営で大いなる地元人気できている… (28.8.10、本誌主幹・河野 玄)
◆北海道新幹線開業で函館観光が沸く「今が売り時」とばかり、函館を代表する都市型ホテルの函館国際ホテル(305室)米投資会社に売却へ!(道新2016.8.9付夕刊伝える)
 ゴルフ場運営の恵庭開発が2012年8月に、創業(1971年建設)以来経営してきたマルハニチロホールディングスから函館国際ホテルの全株式(資本金・4億5千万円)を取得し(当時マルハニチロホールディングスは同ホテル売却で約20億円の特別損失計上)、子会社にして経営取得してわずか4年にして米投資会社フォートレス・インベストメント・グループLLCに今月25日付けで売却ー。

 恵庭開発は同ホテル取得後、数億円かけて大規模改装し今日に至っていたが、「恵庭開発は元々が過去の同社の事業展開からしてホテル運営自体には最初からさしたる興味はなく、価値付けして転売し、一儲けというビジネススタイル」(事情通)であって、本サイト関連のNEW現代函館は2016新年特別号で新幹線開業を契機に「遅かれ早かれ国際ホテルは売却間違いない」と報じてきた。これが現実のものとなった東京を舞台に水面下で売買話が交わされ、「実際にホテル見聞の業者来函が行われていた」(ホテル関係筋)。
 北海道新幹線開業で函館が盛り上がっている今が「売却のチャンスと判断したもの」とみられる。
 新たな経営・運営になるフォートレス(子会社/マイステイズ・ホテル・マネジメント、東京)は米投資会社であって、全国で約70のホテルを展開しているが、この先将来的にはまたまたどこかに売却となろう(事情通)。
 函館のホテルの名門とされるは同ホテルはまさしく投資会社の「持ち回り物件化」する様になっている。

 函館ではつい最近、JR函館駅前のロワジールホテル函館(投資会社所有)が売却となり、ケン・コーポレーショングループが取得、9月1日より「フォーポイントバイシェルトン函館」と仮称し、新たな経営スタートと発表されている。 (28.8.9)
◆9月1日から「フォーポイント バイ シエラトン函館」となるJR函館駅前のロワジールホテル函館。
 フォーポイント バイ シエラトンは、世界約100都市、1300軒以上のホテルを展開するスターウッド&リゾートの代表ブランドである「シェラトン」の姉妹ブランド。同ブランドは世界約40カ国、200軒以上あり、日本では函館が初進出。
 「快適な滞在」をコンセプトに、時代を超えたスタイルと快適さ、地元らしさを持ち合わせながら、 本物で、なおかつ親しみやすいサービスを提供。
 スターウッド&リゾートとフランチャイズ契約のもと、ケン・コーポレーショングループのホテル運営のケン不動産リース・プレミアホテルグループ、運営会社(株)PHG函館マネジメント(函館市、代表取締役・野村裕幸氏)が運営する。
 改装は今年11月中旬~来年4月中旬に段階的に実施する予定で、改装期間中もホテルは通常通り営業。来春4月下旬に全改装後グランドオープンを予定。
 日本初進出の「フォーポイント バイ シエラトン」の誘致、国際的観光都市として発展する函館マーケットへの貢献、地元の皆様への貢献を表明。 (28.8.4)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ケン・コーポレーション(本社・東京都港区)に事業譲渡のJR函館駅前のロワジールホテル函館、9月1日から改称し、「フォーポイント バイ シェラトン函館」に。

 ケン・コーポレーショングループのケン不動産リーは、ホテルの世界的大手で、「シェラトン」「フォーポイント」などを展開する米スターウッド&リゾートとフランチャイズ契約を締結しており、「フォーポイント」「シェラトン」の外資系高級ブランドの函館進出は初めて。
 11月から5億5千万円投じて館内を改装。2階レストランやフロントを全面改装するほか、宴会場改修、客室を現在の197室から統合して194室にし、家具やベッドなどを新調。来春リニューアルグランドオープン。
 
北海道新幹線開業で国内外の観光客から注目を集める函館において「フォーポイント」「シェラトン」ブランドで外国人客取り込む
(28.8.4)

☆函館港まつり/ワッショイはこだて 3日堀川・五稜郭コース
目玉は函館いか踊り「イカ イカ イカ踊り、イカ イカ イカ踊り、
も一つイカ イカ イカ踊り… … …」

お父さん・お母さん、お兄さん・お姉さんと、一緒に
小さな子ども達も「イカ イカ イカ踊り」
(28.8.3)
☆函館港まつり/ワッショイはこだて始まる。2日十字街・松風コース、
沿道にあふれる市民。女性ら若い人たち、子ども連れ、
お目当ては東京ディズニーリゾートからやってきたミッキーマウスたち。
大歓声!
ミッキー大人気、人出強烈!(28.8.2)

★函館観光最高潮、ホテル宿泊満杯!
お盆に向けてさらに満杯状況続く-。
(中心街ホテル関係者談)
 平均稼働率ぐーんとアップし、それと共に単価上昇。よって従来4千円台、超安値4千円前後であったような格安ビジネスホテルの宿泊料金 日によっては2倍近くとか、1万円くらいにも跳ね上がる日も多々。 (28. 8.2)
★☆★8月1日~5日北海道新幹線開業記念・開港157周年記念
「函館港まつり」

 初日・1日夜は第61回道新花火大会(函館港一帯)、2日・3日はワッショイはこだて。2日十字街・松風コース、3日堀川・五稜郭コース


■重大警報!
まずは歳末のどさくさ極悪質店急増
函館市本町・梁川町界隈
ぼったくりクラブ・バー
続出!


チェック・会計見て仰天。手口は何重にもあれやこれやと伝票に書くまくる。毎夜もめるにもめて喧嘩事。
主にニュークラブスタイル。青森市内(新町)系列 が目立つとか。それに地元函館の店も。1~2店舗ではない。


こういったぼったくりのこの流れ、地元ろくでなしスナックのママ・経営者にも伝染。質が悪い。
地元スナックでもぼったくり傾向激増!

経営者の質どんどん低下

店終い多く、歯欠け状態の名だたる飲食店ビルに青森系列など入り込んでぼったくり水商売に熱上げる。

いやはやこれも新幹線効果か
観光都市の断面
ーーーーーーーーーーーー
ちなみに、若年層で
覚せい剤もまん延とか


(29.12.21)

今年でちょうど20回目の
2017はこだて
クリスマスファンタジー

あなたはこの素晴らしいツリーを見た?
もう残り6日間(25日まで)

(29.12.19)


◆北斗市長の高谷寿峰(たかや・としみね)氏、16日午前11時過ぎ、市立函館病院で死去、65歳。

11月27日から肺炎のため3度目の
同病院入院中だった。この3~4年間に3度長期入院 。
市長2期目で、来年2月の市長選の3選目指して出馬する意向を表明していた。

(29.12.16)


☆★☆日本ハウスHD
2017 年10月連結決算
なかなかの好決算!

/純利益 前期比7%増の30億円。売上高は464億円、営業利益14%増の43億円。
戸建て販売好調だっほか、人件費などのコスト削減、ビール会社の売却に伴い、4億8千万円の特別利益計上。


来期・18年10月期連結見通しは、売上高 前期比5%増の490億円、営業利益30%増の57億円、純利益20%増の36億円。
住宅販売の引き続き伸び期待できるほか、ホテル事業のコスト削減を進める、
  (29.12.13)



◆地区連合 新会長に函館市職労委員長の長谷川義樹氏(副会長)が就任
~11.26、連合北海道渡島地第28回・函館地区連合会第25回定期総会~

(29.11.26)


<ニュースの視点>
◆北海道新幹線10月の利用実績、前年同月比26.3%も減少で、1日平均5200人。

乗車率同9ポイント減少の27%に止まる。
開業前の在来線実績よりは45.4%増だがー。

この調子だと、1~3月は開業初年度(前年)よりも30%以上の減少は確実で、おそらく35%前後の落ち込み必至。

この際はやはり運賃を思い切って大幅に、少なくとも1割以上運賃を下げ、利用者を増やす方向にチェンジすべき。ガラガラで突っ走ってもしようがないだろう。利用されてこそ意味がある。

青函、また函館圏と東北との経済交流・広域経済圏の進展には利用者が増えてこそ展望が開ける。
新青森から先は利用者が多いのに、現状、道新幹線新函館北斗・新青森間はサッパリではないか。

 考え方はおかしのでは、、、
例えばの話、割高感強く、不評な運賃を下げ、利用者1人当たりから入る収入が少なくとも、値下げで利用者が増え、全体の収入が同じであるなら、その方がよほどいいし、先行き展望が明るい。ひいては収入増が期待できる。
今日のガラガラにあって、利用者が増えてもコストは同じだー。


(29.11.18)


◆函館市梁川町のアミューズメントビル
「テキサス函館」の表通り1階に
中華チェーン(餃子が超有名) の
「大阪王将」
今週15日オープン!


(29.11.13)

◆逢坂誠二氏(道8区)立憲民主党
政務調査会会長代理に。
会長は長妻昭代表代行で、
長妻会長を補佐するナンバー2。
 予算委員会野党筆頭理事にも就任へ。

党ではエネルギー調査会会長にも起用され、原発ゼロ法案などエネルギー政策とりまとめの責任者に。

(29.11.1)



※衆院選報道/立候補者名など敬称略

<<<17衆院選>>>
< 全国の最終情勢>

自民党 漁夫の利で圧勝
希望の党 完全失速、
事実上の惨敗へ

立憲民主党大躍進、
野党第一党うかがう
北海道で強く、東京でも比例で
自民党に次ぐ支持率、浮上。

(29.10.21未明)


<<<17衆院選・道8区>>>
水面下情報
各社世論調査・終盤情勢


◆世論調査、期日前投票の
出口調査加味しても
無所属・逢坂誠二、
依然結構なリード!


その差、未だ一桁台にならず、
前田最終盤追い上げ図るが
現実的に相当の厳しさ


前田一男追い上げるも、
逢坂誠二 詰め万全を期せば
圧勝の可能性も


(29.10.19未明)

<<<直言ズバリ/17衆院選・道8区直視>>>
いよいよ5日間の勝負!
厳しい・大変というだけでこれまでは
総じて盛り上がりに欠く。

たるんでいる逢坂陣営、
本当の緊迫感、地に足付いていない前田陣営

よって、後半の5日間、
そして最後の3日間
きめ細かな総力戦をした方が勝つ
双方とも総力戦になっていない。
体たらく!

選対本部長はじめ
選対中枢はもっと頭を使ったらどうだ。

(29.10.16)

<<<17衆院選・道8区>>>
水面下情報
各社世論調査・序盤の情勢


無所属・逢坂誠二リード
自民・前田一男を
18~20ポイントも引き離す


前田、道内自民党で一番弱いの見方


(29.10.11-12)

----------------------------------------------
<<<17衆院選>>>
◆ 朝毎読日経マスコミ世論調査・
序盤情勢 いずれも

自民堅調・悠々
単独過半数、
与党またも絶対安定多数、
300議席迫る・超の報道も

小池「希望の党」
完全に失速
そして野党共倒れ
自民漁夫の利
立憲民主党躍進

(29.10.11)

<<<17衆院選・道8区>>>
◆逢坂誠二、選挙戦本番スタート
さっそく 街頭大集会

10.10午後6時半
選対本部前・大門グリープラザ

逢坂誠二、今回の共闘・統一候補についてふれ
「国家の基本が問われる選挙であり、
これ一点に集中して共闘が成った」


憲法を踏みにじる・守らない安倍首相を
厳しく批判、
「総理の座から引きずり降ろそうではないか」
「まっとうな政治にしなければならない」

大間原発についても自らの活発な行動を示し、
「単なる反対と言っているだけではダメだ。
行動しなければならない」
 「これからもぶれずに、曲げずに、
しっかりと訴えて行く」
などと決断と決意を表明。

徳永エリ参院議員が応援演説

(29.10.10)

【政治・選挙特報ページ/有料サイト】
<<<17解散総選挙・道8区>>>

自民党公認・前田一男
選対本部事務所開き

~10.1午前10時、
本町行啓通(玉光堂跡)~

前田一男決意表明
「この5年間、国土交通委員会に所属し、遅れていた道南の公共事業(インフラ整備)に予算を付けるなどしてきた。この取組を前に進めて行かなければならない。是非3期目の国政に送っていただきたい」
「道南の未来のために仕事をさせていただき、政府与党・自民党の議席を(続く)

高橋はるみ道知事も駆け付けて
あいさつ、次のように支持を訴えた。
(続く)

(29.10.1)


◆民進党、希望の党への事実上の「合流」を決定
前原代表提案を両院議員総会了承
(9.28午後3時過ぎ)

①民進党、公認内定を取り消し②民進党の立候補予定者「希望の党」に公認申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務は代表に一任③民進党、今回の総選挙に候補者擁立せず、「希望の党」を全力で支援する、とする提案3点を了承。
 
前原氏「他党に合流するということではない」「名を捨てて実を取る」と述べる。

 公認を受けるかどうかは「希望の党」側が判断。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

17総選挙構図
「自民対希望」の対決に

(29.9.28)


<<<17解散総選挙/緊急速報>>>
~政界一先は闇~

◆民進・衆院選候補、
小池代表新党の
希望の党に「合流」へ。

ただし、「改革保守」の理念のもと、希望の党の基本政策

(日本をリセットする、安全保障と憲法、消費税凍結、原発ゼロ、しがらみのない政治、情報公開の徹底、真の地方自治の確立)

に同意した者に限る(小池百合子代表)ということで、小池代表が公認候補を選別。

前原民進党は公認候補を出さず、公認取り消し。総選挙終わるまで参院議員は民進党籍のままに。

前原代表、解散の28日両院総会で提案し、一任取り付けへ。

道8区について言えば、「民進党・逢坂誠二候補」は「希望の党・逢坂誠二候補」ということへ


(29.9.27-28深夜)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<<17解散総選挙/緊急速報>>>

共産党を除く日本版「オリーブの木」のような民進「合流」の野党統一候補

自公候補の戦いに


(29.9.27-28)

----------------------------------------------------
「代表・小池」「ギャンブラー・小池」小池新党「希望の党」立ち上げで、前原民進党すっかり浮き足立ち、ついに新党合流とやらの「空中分解」、事実上の 「分裂」の様相へ
代表(前原)が無所属出馬というまさに笑い話のおまけ付きか 笑笑笑。

 この「バカ騒ぎ」のような状況、逆に安倍自民党を利する可能性も。

 民進党北海道は多くの新党合流組とは別に、残りリベラルグループ「民進党」の中核的存在になるか???

 これ道8区の逢坂対前田の戦いにどう影響してくるか、、、
先行きまさしく不透明感強まることになりそう。

(29.9.27)


【政治・選挙特報ページ/有料サイト】

<<<2017総選挙情勢大胆予測
/今日の流れ>>>


小池新党「希望の党」なかんずく一枚も二枚も上手の
小池百合子代表(都知事)に振り回される永田町、そして選挙情勢。
 自民党は30議席減どころか、50議席減るのではないか。現有288議席であり、これが過半数(今回から過半数は233)前後、自民単独過半数を割り込む可能性、、、(続く)


民進党は事実上の分裂へ。「希望の党」に行く人たちと、民進・共産共闘の「統一候補」目指す人たちに2分されよう、、、
北海道は民共統一候補路線で、
道8区はその典型、、、(続く)

(29.9.27)

◆28日(木)衆院解散!
安倍首相正式表明
「消費税の使途変更を問う」
(9.25午後6時過ぎ、記者会見)

10月22日投開票

(29.9.25)
◆小池新党「希望の党」
自ら代表に就任

<<<解散総選挙
台風の目に。
首都圏、大都市を中心に
構図激変>>>


(29.9.25)
<<<17解散総選挙/道8区>>>

◆民進党道8区合同選対・発足会議 第1回選対会議開く
~9.24、ホテル函館ロイヤル~
逢坂誠二衆院議員あいさつ
(写真)「安倍首相のこれまでやってきたことに対し、鉄槌を下す選挙」

基本的考え方として
「完勝に向けて総力を上げて戦う」とし、
合同選対本部長に斉藤亨8区総支部副代表・道議。

合同選対事務所は松風町9−13、27日開設。
10月7日(土)18時から函館市芸術ホールで「おおさか誠二勝利総決起集会(国政を語る会)」

(29.9.24)

<核心>アップルiPhone新型発表/高級化、高機能化も悪くはないが、一方で基本的性能に強いiPhoneが必要ではないか。
故障が少ないことが極めて大事で、販売で巨額の利益をむさぼるソフトバンクなど故障対応など全く話にならないほどひどい。

 日本のカラーテレビがあまりに高機能化しただけで、一般ユーザー、ホテル等大口消費者のニーズと大きなズレを生じさせ、ものまね・低価格路線の韓国に完敗同然になったように、
高級路線・高機能化オンリーは大いに考えもの。
 なぜなら、スマートフォンは社会生活の「インフラ」になっているからだ。強い「インフラ」でなくてはならない。これからますます格安スマートフォンが普及することになろう。
常に、社会、市場には2つの視点、アプローチが必要だ。

(29.9.14)

■北朝鮮ついに水爆実験。何も出来ない米国、そして日本。米国追従外交の結果、「米国の傘のもと」もクソもあったものでない、、、

北の「核保有大国」化・「大陸間弾道ミサイル(ICBM)完成」に対し、米国が何も出来ず「容認」となれば、これまでの北と米の朝鮮戦争後今日に至る対峙状況が根本的に激変し、日本の立ち位置が変わる。北の「軍事大国化」で安全保障が大変質する。

北朝鮮のペースで「北核大国・ICBM保有の道」へまっしぐら。

(29.9.3-4、本誌主幹・河野玄)


■北朝鮮弾道ミサイル、北海道襟裳岬上空を通過/やりたい放題の北朝鮮。米国何も出来ず、日本(安倍首相)は遠吠えするだけ。
圧力など効かないことにいい加減気がついたらどうなのか。中国、ロシア、パキスタンなどの「原発商人」「原発学者・技術者」らが金でつながっているから核開発でもミサイルでもどんどん技術が進む。


 日本は北朝鮮にミサイルで日本海沿いに林立する原発施設を攻撃されれば、簡単に崩壊・破滅する。あまりにも無知すぎる。こんな簡単なことがなぜ分からない、、、
グアムに飛ばしたら米国にやられるが、日本上空ならただ騒ぎ立てるだけだと、日本は完全にバカにされている。
韓国、日本は破壊されるのが怖いから米は戦争できないと見透かしている。
安倍にとって北の核・ミサイル問題の深刻化は政権延命に非常に好都合で、非難しているだけでいい、、、


 
(29.8.29)

◆開業2年目の北海道新幹線利用状況に関し、開業効果が「落ち着く」とか「反動感が表れた」などと言っているのは認識が極めて甘いのでないか。
 JR北海道8.18発表/お盆期間(8.10~8.17の8日間)開業年の昨年同期間に比べ16%減。前年同期比1万5300人も減って利用者8万300人。平均乗車率47%で、半分も空いた。

 そして、夏季期間(7.21~8.17の28日間)についてみれば、前年に比べ5万4700人も減少し、20万8100の利用。前年比21%の減少。平均乗車率38%に止まる。


 在来線時代に比べて増加しているのは当たり前の話であって、開業2年目落ち込みが大きすぎるー。

(29.8.19)

■ 事態は緊迫!
人口わずか 2千5百万人
(ちなみに韓国は約5千万人) の北朝鮮(兵力120万人、予備役470万人な等々を入れると総兵力要員ざっと1千万人ともいわれる)の狂気の最高権力独裁者・金正恩委員長(33歳)の指令の下、米国・グァム(軍事基地)近くミサイルを撃ち込めば、確実に第2次朝鮮戦争が始まる。

if 米国応撃ミサイル外れたら
事は重大、北の思うつぼ、、、
撃墜出来る保証はないの指摘も

(29.8.12-13)


☆★☆もうすぐ蝦夷地最古の祭り
「江差・姥神大神宮渡御祭」
函館空港国内線旅客ターミナルビル1階中央ホール(エスカレーターそば)に、今年も8月9−11日の3日間にわたって開催される、370年余の伝統、今も魂に宿り肉体を鼓舞させる、北海道を代表する祭り「江差・姥神大神宮渡御祭(うばがみだいじんぐうとぎょさい)のPR展示。
 江差本町の山車「清正山」の山車人形・加藤清正公がデンとひかえ、ひときわ目に引く。



稲田防衛相やっと辞任。
当然も当然だが
あまりにも遅すぎる「更迭」

安倍(首相)はこんな者よくも
まあ重用してきたもの。
人を見る目のなさ、、、


(29.7.27-28)

<解説・論点>

いよいよ本物になってきた「安倍離れ」!
支持率続落に加え、地方主要都市の首長選でも安倍内閣支持率
暴落の影響。


/仙台市長選(7.23投開票)無所属新人の、事実上の野党統一候補である元民進党衆院議員の郡和子氏(60)が自公支持の無所属新人らを破って初当選。安倍政権、都議選に続く連敗。安倍政権へ強い不信感。

/民進党は今が極めて重要この上ない重大な岐路。野田幹事長(前首相)、そして無論のこと蓮舫代表など即刻クビにし、また原発ゼロ政策などを明確に打ち出せ。

 これができないなら原発ゼロ派と原発容認派に分党・分解すべきで、「原発ゼロ及び再生可能エネルギー等による経済成長の強力推進」路線、この旗のもとでの勢力結集を図り、政権の受け皿にすることだー。


(29.7.24)

◆安倍内閣支持率、言うならば
順調に続落・急降下

~毎日新聞世論調査(7.22-23)速報報道~

支持前回6月に比べ10ポイント減の26%
不支持12ポイント増の56%

-------------------------------
<参考>時事通信世論調査(7.7-10)
安倍内閣支持29.9%
不支持48.6%

(29.7.23)


<視点 /どいつもこいつも>
■稲田(防衛相)など面(女ガキ面)も見たくない。ウソ八百並べ、連日のバカ騒ぎ。安倍(首相)よさっさと罷免しろ。安倍はダメだ。退陣したらいい。持病も悪化しているようだ。面を見れば一目瞭然、むくんでいる。

■日銀の黒田(総裁)とやらも詐欺師同然ではないか。メチャクチャな金融政策を得意げに行い、果てはゼロ金利で、金を預けても事実上のマイナスに等しい。ゼロ金利などといっても、中小零細が借りる金利は上がっている。
そして、金看板の「物価2%達成」任期中は断念ときた。消費など上がるはずもない。出口対策全くなしの無責任極まる黒田日銀。5年の任期など待たずに辞めてしまえ。


■連合もひどい。神津会長とやら、続投だってさ。勝手気ままな労働基準法改正案への対応。東大出らしいが、ようは「労働貴族」の最たるもので、春闘要求などまっとうな労働活動もできず、「悪党労働貴族」の典型そのもの。

(29.7.20)

◆安倍内閣支持率ついに
3割を切って29.9%に
大暴落

前回調査に比べ実に15.2ポイントの
急落。

 読売と同類の右(御用マスコミ)の時事通信7.7-10世論調査 。
不支持14.7%ポイント大幅増の48.6%

(29.7.14)


◆安倍首相、今さら嫌々出てきて、少しでも反省(全然反省していないだろうが−)の格好を見せようというのか。支持率急落で一転して、加計問題で閉会中審査に応じる。
 マスコミは一斉に都議選後も続く支持率急落によって、安倍内閣弱体化、1強支配崩壊説。内閣改造による支持率回復限界の報道。

 一方で、民進党蓮舫代表も今さらながらの二重国籍公開どうのこうのバカ話。そんなことよりもみんながウンザリしている。即刻辞めたらいい。
辞めないなら引きずり降ろせ。内輪もめ云々、自民党もそうだが、政治には「いい内輪もめ」も必要だ。

(29.7.14)
<直視/深層>
■異常気象、地球変動のもとで
次々に起こる大災害。

日本国土総点検、本土各地など「本当にそこで住むことがいいのかどうか」 人口減少の中で、再考することが不可欠ではないのか。

~国土強靭化などの限界を
超えていよう


(29.7.11)

<視点・深層>
■北朝鮮「ICBM(大陸間弾道ミサイル。現在米国、ロシア、中国が配備している核弾頭搭載の戦力核戦力)成功」
米本土射程を誇示

北の技術の進歩超スピード

今や完全に手遅れ
手も足も出ない、
というより
手も足も出されない米国

韓国・日本が反撃を食らう

(29.7.5)

<直視/大詰めの東京都議選・2日投開票>

敗色濃厚・形勢不利で、
イライラ…マスコミ批判の
オンパレード

安倍(首相)はやじられ、
「止めろ」コールに激高

ーーーーーーーーーーーーーーーー
■自民大敗の可能性!
国会3分の2議席の、聞く耳持たずの安倍1強・やりたい放題・横暴政権、大きな節目へ。

支持率急落、都議選惨敗で流れは変わる?身内、側近、ゴマすりのスキャンダル・失言・暴言で、権力は足元から崩れるの典型パターン。政権浮揚の頼みは北朝鮮のミサイル・核開発問題の深刻化という実にバカげた話。

(29.6.30-7.1)


><視点><

■よくまあ~のうてん(脳天気)女ばかり揃えているもんだ。
安倍(首相)の女房、アッキー(森友学園、加計学園)しかり、厚顔無恥の極み、稲田朋美防衛相。都議選で「自衛隊としてお願い」発言。
安倍もかばうのもいい加減にしたらいい。即刻辞任させよ。のうてん女好き、安倍政治の趣味なんだろう…

(29.6.28)


<直観/場外の一言>■昔、熱中して日々「研究」し、やっていた時と違うから分からないが、GⅠ宝塚記念のキタサンブラック(牡5)の惨敗、直線に入って全然行かなかったこと直視するに、この馬疲労こんぱいではないのか。厩舎はただただ勝つために一杯一杯に仕上げるが、どんな強い馬でも「勝つキャパスティ」があろう。
それと、この馬、ダービーでも惨敗したというが、本当の物凄い強さがあるのかどうか…。愛らしいキタサンブラック、サブちゃん使いすぎでは?
(29.6.26)

◆函館国際ホテル/東館の耐震及び13階建て・170室の新棟建設 の両工事と共に、進行中の温泉掘削
新棟最上階に温泉大浴場。
工期来年12月までの予定で
工事本格化


すぐ近くでホテル新設工事注の「函館センチュリーマリーナホテル」(札幌国際観光ホテルの函館進出)でも温泉(すでに掘削され温泉有)施設設置され、 ベイサイドの大型ホテルで温泉設置は既存の「ホテルラビスタ函館」に加え、3館にも。函館駅前の「ルートイングランティア函館駅前」にも温泉施設が有り、集客競争に大きな利点ー。

(29.6.21)
【視 点】
安倍1強は安倍(首相)の
「権力の私物化」に他ならない。

ーーーーーーーーーーーーーーー
節操のない、実に程度の低い首相夫人「アッキー森友学園事件」に引き続く
共謀罪や加計問題によって
内閣支持率ついに急落!


内閣支持率急落・大逆転
前5月比10ポイント減の36%に下落。不支持44%。

~毎日新聞6.17-18世論調査~
~日テレ~ここでも6.3ポイント下落し、支持率39.8%で、不支持41.8%を逆転。

~朝日~支持率、前5月比6ポイント減の41%。
今年1月支持率54%から一直線に下降。
~日経~支持率49%。4月60%、5月54%、そして今回6月41%と一直線下落。
~読売~支持率49%(前5月比マイナス12ポイント)、不支持42%に急上昇。前5月比12ポイントも増加。


安倍1強の横暴政治、権力乱用・私物化にやっと目が覚めてきたか!
日本にも必ず分断の社会がくる。

(29.6.19)


大好評の
イトーヨーカドー函館店とビルオーナー・一位物産共同開催
春の「元気祭」


ご当地キャラクター集合し、
北方領土おしま祭
元気祭5.20>
~今年2回目・通算7回目の元気祭


★☆★着々と進める店内の見直し・活性化、新テナントの導入など、
顧客ニーズに目線を定め、
専門店街を充実、レベルアップー。
さらなる拡充を図るべく
新テナントの導入、等々を計画中!


~店内最近のテナントなど
PHクローズアップ ~
大好評の
イトーヨーカドー函館店とビルオーナー・一位物産共同開催
春の「元気祭」


5.17-5.21毎日あさ9時開店、期間中、盛沢山のイベント。道南の味 大集合!大セール!


(29.5.17)


【不渡り・経営破綻・倒産情報/有料サイト】
◆景気はまあまあのように見えようが、実態は何もよくない。
業界内で「勝ち組・負け組」「経営維持組・脱落組」が顕著に進行している。
自己破産申請多発の様相…
舗装工事業準大手の老舗・関組破綻他
(続く)

(29.5.14-15)


◆函館市議会 任期折り返し後期人事/議長に金澤浩幸氏(54歳、4期、市政クラブ幹事長)
今月23日の第1回臨時議会で選出へ。

 副議長は日角邦夫氏(62歳、3期、民主・市民ネット)有力。

(29.5.12)

◆JR北海道、ゴールデンウィーク中(4月28日~5月7日までの10日間)の北海道新幹線新青森~新函館北斗の利用状況/対前年比86%で、まずまず良好な利用実績。
 「はやぶさ」「はやて」8万6400人の利用で、前年実績10万700人に比べ14.3%の減少
在来線の函館方面、東室蘭~苫小牧区間は対前年比103%

 北海道新幹線2年目の今年度は、昨年(初年度利用者数229万2千人)の約1割余減少で済めば上々か。
新幹線開業効果一服し、年間で12~13%減少の可能性も有り。


ちなみに、北陸新幹線2年目の利用者数は829万人で、初年度比8%減となり、高水準を維持した。

(29.5.8)

<直言/主張>

■安倍内閣支持率急落へ!

■マスコミ各紙こぞって昭恵夫人の国会招致を主張(社説等)
あの「自民党機関誌」のような産経ですら。
国会の場・同じ土俵で証人喚問することが必要なことは明確。出てこないで「寄附していない」などといくら否定しても誰も納得しない。

「騒動後も講演など自粛する気配もなく、トップの妻として自覚がない」(日経)

双方の言い分を聞くのが当たり前。ウソを言っているから証人喚問が怖くてしようがない。引っ張り出せ。

(29.3.24)

ーーーーーーーーーーーーーー
■ゴマすり自民党国会議員のバカさ程度もいい加減にしたらいい。頭がおかしいのでないか。競って昭恵夫人の代弁者になって(100万円寄附の)全否定に躍起になっている。昭恵本人に出てきてもらい、証人喚問するのが当たり前だろう。


 ウソをつきたければウソをつけばいいだろうし、罰せられたければ犯罪者になればいいだけの話だ。怖いから出てこれないのだろうし、本当に寄附していないのなら堂々と国会でしゃべればいいだけのことだ。証人喚問に引っ張り出せ!
何が総理夫人だ!
実に程度の低い首相夫人と言うことに尽きようー。

29.3.23)


☆★☆新函館北斗駅前待望の
複合商業施設グランドオープン

3月17日

2~6階全107室ホテル「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」
1階物販・飲食「北斗市観光交流センター別館」


(29.3.17)
 4月22日グランドオープンの函館本町「シエスタハコダテ」地下1階約660㎡・函館フードマーケットホール シエスタ キッチンの
テナント11店舗決定
(3.16発表)

 プロディース:ディーン&デルーカジャパン
 基本コンセプト:「買える、食べられる、その場で飲める」
以下、11店舗次の通り

▽ベジタブルショップ「カップのむこう」/(株)流山 バドミューゼ(大沼)
▽カフェ「テーラーコーヒー フリュワーズ/明石 テーラーコーヒー
(函館)
▽ベーカリー「キングベーク ナチュラル/キングベーク
(函館)

▽鮮魚・寿司・海鮮総菜店「鮮魚・海鮮総菜:魚長食品」「寿司:まるかつ水産」魚長食品
(函館)

▽ワインショップ「酒ブティック越前屋」/合名会社山キ越前屋商店
(函館)
▽洋デリ・グロッサリー店「ソル デ クッチーナ」/サンズコーポレーション
(函館)

▽精肉・肉料理店「お肉のつしま」/お肉のつしま
(函館)
▽チーズ販売・イタリア料理店「ロッコ」/ファーストフラッシュ
(函館)
▽アジアン料理店「亜細亜的総菜店 ガバオ飯」/BUNS(札幌)

▽洋菓子店「プティ・メルヴィーユ」/プティ・メルヴィーユ
(函館)
▽和菓子店「北洋堂」/北洋堂
(松前)


(29.3.16)

<視点・直視>
函館市今春の幹部人事(4月1日付)
目玉は観光部長に大泉潤(50歳)保健福祉部次長(前秘書課長)の
抜擢、起用。
総務部長には下馬評予想通り小野浩市議会事務局長、議会事務局長に小山内千晴観光部長(54歳)等々。



/大泉潤氏
(写真上)は庁内若手のホープと目され、北海道が生んだあの有名人気俳優、大泉洋氏(写真下)の7歳上の兄。顔もそっくりで、工藤市長の同窓の後輩、早稲田大卒。大泉潤氏、今後さらに精進を重ね、自らを磨き、進化させ、大きくなってほしい人材ー。



 今春の部長職定年退職は4名だが、来春は一挙に9名で、大幅な若返りへ。今春はその序章。
(本誌主幹・河野 玄/写真HPより)

(29.3.8)


<視点/直言>
■森友学園問題/ついに出てきた自民党国会議員の名前。国有地激安払い下げへの口利き。安倍に寄り添う大阪府知事の学校認可問題も。
これから本番か。どんどん徹底追及したらいい。追及するのが野党の仕事だ!
自民党にしても野党の時は追及に血眼になって、政権復帰に躍起になった。

安倍内閣高支持率で何でもやれると思っている。いいだけ調子に乗って。昭恵夫人・名誉校長さんとやらも…今やロッキード事件に匹敵する「アッキード事件」とか。

(29.3.2)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
■森友学園の国有地問題・安倍昭恵夫人名誉会長就任・教育勅語園児宣誓問題等々
 調子に乗ってやっているとこうなる!昭恵夫人の名誉校長引き受けとか、講演とか、何とか、諸々。ちょっと考えれば「大問題」になること分かるというもの。
 昭恵夫人とやら子供がいないから暇なようで、あっちこっちに出かけ、自民党議員らの後援会主催の集会などでも「政治活動」「選挙運動」しているらしいが(函館にも来た)、調子に乗ってやり過ぎていると結果こうなるの典型だろう。

家庭の主婦・女が出しゃばるとろくなことない。程度をわきまえなければ、ファーストレディーらしくしなければ日本の恥…

 国有地超格安問題など、詐欺師の典型のような理事長が直接介在していなくとも、次男とか何とか周囲の者がやっていたのではー。この森友学園問題、思わぬ発展しそうな感じにも…政治は一寸先闇。

(29.2.28)


<視点>■メキシコ政府、メキシコ国民はもっともっとしっかりすべきではないのか。トランプ大統領の「壁をつくる、国境をきちっとする。不法移民は送還する」などということも大いに一理はある。

 移民・難民問題、戦争や内戦、紛争などによって自国を追われ、やむを得ない面が多々あるが、移民・難民を垂れ流し的に出す国にも大きな問題があろう。
メキシコには日本企業1千社が進出しているなどこれまで外国投資が進んでいるのに、大量に移民を出す。国・政府は何をやっているのか。いつまでも二流国・三流国に甘んじいてはならない。

(29.2.23)


<視点/直観>■今もって民進党の支持率の低さ、これ一体何だ。7%とか6%(朝日新聞世論調査)。一瞬でも2桁になったことがない。こんな政党それこそ解散した方がいいのではないか
 大体にして蓮舫とか、こんな者を代表にしている自体どうかしている。早急に引きずり降ろした方がいい。民進党もそうだし、自民党もそうだが、女のキャンキャン言っているのは全部ダメ。蓮舫しかり、山尾志桜里(民進党前政調会長)、自民党の稲田朋美、丸川珠代、等々のキャンキャン演説を聞いているだけでも頭が痛くなる。稲田など安倍首相の大のお気に入りだが、防衛相としての国会答弁、あれ一体何だ。まあ、変なお笑いより滑稽だが、将来の首相云々とんでもない。丸川にしても五輪担当相など10年も20年も早い。

 女議員を出すのはいいいが、日本の現実はまだまだ、程度は平議員がいいところではないか。小池百合子(都知事)とは天と地ほどの差がある。

 それにしても、民進党は困ったもの。嫌いなヤツが多いが、破れかぶれもう1回、小沢一郎にでも頼んだらどうだ。相談役や代表代行にでもして。でなければ、江田憲治当たりを代表にするとか、何とかしなければどうしようもない。

 今の民進党、いわゆる民主党時代からのプロパーは全然ダメだ。役員名簿を見てもウンザリする。
まあ、プロパーで敢えて上げるとすれば、古川元久(衆院議員)なんかいい。東大法学部卒、元大蔵省、当選7回、元内閣府特命大臣(経済財政、科学技術)、愛知の選出で51歳。江田憲治もそうだが、頭脳明晰で、マスクも悪くない。新鮮さもあると考える。
前原誠司、これはうけない。醸し出す雰囲気がよくない。代表にしたら必ず失敗する。

(29.2.21)
◆日本プロジェクト産業協議会(東京/建設や商社、金融など約200の企業・団体でつくるシンクタンク)「青函2トンネル新設構想」を発表。構想案を近く国交省に提出。

 貨物列車用(貨物とカートレン)と自動車用(無人自動運転車専用)の2本。現在の青函トンネル53・85キロだが、海底に掘り進む傾斜を急にすることで全長約30キロにし短縮し、コスト圧縮。事業費約7500億円、工期約20年。2段階で敷設工事、貨物・カートレントンネルを優先。
通行料などで50年間で総事業費改修。現青函トンネルは北海道新幹線専用とし、高速化を実現。


 一方で、建設大手や民間コンサルタントでつくる「鉄道路線強化検討会」は、現青函トンネルの西側に「第2青函トンネル構想」。延長57キロ、工費約3900億円、工期約15年。

(29.2.15)

<視点/先読み>■10日の日米首脳会談、おそらく首尾よく行くであろう。
トランプ大統領は足元の北米(カナダ、メキシコ)でぎくしゃくしているし、対ヨーロッパでもイギリスとはまあまあだが(米英首脳会談早くも色あせているがー)、難民や中東・アフリカ7カ国の国民入国一時禁止の大統領令で極めて不評で、NATOとの同盟関係、ECともしっくりせず、孤立必至。まだ海のものとも山のものともつかないフランスのル・ペンなど欧州右翼と組む訳にも行かない。


 言うならば、独善的な「保護主義」「アメリカ第一主義」によって、組む相手が見当たらないわけで、この点「日米同盟」一本槍の日本は貿易問題はあるが御しやすく、「安倍首相は使える」と考えているに違いない。だから、別荘にも招くし、ゴルフもやろうと誘い込んでおり、タッグを組むのでないか。日米の強い絆を演出する格好で日本を抱き込むとみる。北米、欧州、中東、それら全部を「敵に」回している状況の中で、「日米同盟」ということでトランプは従順な日本を取り組むー。

まずは世界でただ一つ、
日米、トランプ・安倍を機軸にする格好を演出するであろう。

 安倍は前のめりにお土産を一杯持って(出し過ぎ…)、さらに副総理・財務相、外相らまでも同行させ、日米首脳会談に臨もうとしている。 対米従属の日本外交、自民党外交は相変わらず、それしかできないー。

(29.2.8)


<視点/一口>■まあまあいるもんだ、とんでもない「ろくでなし」「悪党」
文部科学省や関連団体を舞台にした「天下り」あっせん問題。文科省主導。
闇は深い!


(29.2.7)

◆今年7月の東京都議選「小池旋風」確実!千代田区長選(2.5投開票)小池百合子知事支援の現職圧勝。自民党推薦候補惨敗へ。
/豊洲問題に見られるように、かつての自民党、石原慎太郎都政・元知事の「大失政」や最大与党・圧倒的多数の自民党会派の無能、体たらくぶり白日のものとなり、「都政大改革」始動し、「都民ファースト」訴える小池知事サイド勝利すること当たり前。

石原というのは傲慢で、時代遅れも甚だしく、豊洲市場問題など説明責任も全くせず、早急に永遠に消えてしまったらいい。
トランプ流に言うならば、「石原などはブタ箱に入ったらいい。それほどの大失政をやってきた」「ぐるになっていたのが自民党東京都」

/すでに小池知事支持圧倒的。長年にわたり「暗黒政治」「ボス都政」をやってきた自民党東京は崩壊するのでないか。

(29.2.5)


 (株)日本ハウスホールディングス(東証1部上場、本社・東京、成田和幸社長、函館支店・函館市美原3丁目)は去る1月26日、定時株主総会並びに取締役会を開き、次の通り
新経営陣を選任した。


▽代表取締役社長 成田 和幸
▽専務取締役(住宅統括本部長兼
日本ハウス事業部本部長)
真田 和典
▽常務取締役(管理統括本部本部長)
名取 弘文
▽取締役(住・環境リフォーム事業部本部長)
池辺 厚幸
▽取締役(不動産統括本部長兼Urbanアセット
マント事業本部長兼ホテル賃貸事業部本部長)
武藤 清和

▽取締役 柴谷 晃
▽取締役 恵島 克芳

▽常勤監査役 近藤誠一郎
▽監査役 有岡 典雅▽監査役 千谷 英造

(29.1.30)

◆北海道新幹線新青森ー新函館北斗
2016年12月の利用者数
約14万8800人で、前年同月の
在来線時に比べ45%増。

乗車率は24%で、開業以来単月としては最低。

4~12月の利用者、前年同期
在来線比
約74%増、約192万人。

乗車率36%

(29.1.14)


◆年末年始(12.28~1.5の9日間)の
北海道新幹線 新青森~新函館北斗
「はやぶさ、はやて」良好な運転状況に。
利用者6万100人で、前年同期間(在来線)に比べ1万800人増加し、
22%増。


 東室蘭~苫小牧(函館方面)1%増、札幌~岩見沢(旭川方面)1.9%増、南千歳~トマム(釧路方面)13.8%減となり、新幹線を含む4線区合計は、積雪などによる102本の運休響き、前年同期日±0%。
(JR北海道1.6発表)

(29.1.6)

<photoニュース >
盛況のうちに、
2017 函館市年賀会


~1月4日午前11時、函館国際ホテル
/約750人が出席~


(29.1.4)

◆函館八幡宮や亀田八幡宮などに
大勢の初詣客。

函館地方/極めて穏やかな酉年
新年の幕開け。


(29.1.1)

◆高支持率続く安倍内閣/日経世論調査 安倍内閣支持率64%(前回比6ポイント増)、読売も63%(同4ポイント増)
 一方で民進党相変わらず全然ダメ。
日経調査では2ポイント減少し何と7%。


 最近の自民党、安倍内閣の支持率上昇は若い世代が牽引とか(産経・FNN合同世論調査)。

これに反して民進党は低迷し続ける支持率の中で「シルバー政党化」とされ、この調子だとお先真っ暗。蓮舫・野田体制では完全に見向きもされなくなる。


(28.12.30)


◆ 函館・道南の年の瀬、平穏な推移。
マチの中 、静かで、あまり活気なく、
モノ売れ行き芳しくなく、
商売関係 大方
「景気は良くない」 の声。
一部ごく限られた飲食店関係に人。

28.12.29現在

◆五稜郭タワーで冬期交通安全
祈願祭、餅つきも

函館市内でも有数の交通量の多い地域にあって、帰省や観光で混み合う年末年始と冬期間の交通事故防止を願ってー。

祈願祭、餅つき、そして鍛治さくら保育園の園児たちと共に、函館中央署交通課を訪問し、園児たちが署員へ餅を贈る。

五稜郭タワー、館内ポカポカ。新幹線効果一番で、展望台搭乗・来館者極めて好調。「12月としては先日など1日最高の3千人の利用」(中野社長)
 年中無休で、31日、そして1日~3日ノ正月と各種催し、イベント目白押し。


(28.12.26午前)



<時評>■日ロ首脳会談/現状では最善に近い成果と評価していい。
経済協力を積極的に推し進め、信頼醸成し、次の段階として北方領土交渉に積極果断に入るしかない。中途半端にやることなく、経済協力したらいい。

これまでチャンスがあったのに逸してきたのであるから、今となっては急がば回れだ。ロシアとの友好促進は帝国主義・拡張主義甚だしい共産中国に対する大いなる牽制、抑止に成り得る。プーチンはさすがだし、安倍ロシア外交はベターと考える。

(28.12.16)
日本ハウス、この16年10月期、
純利益 前期比3.7%増の
28億1千5百万円

 (株)日本ハウスホールディングス(本社・東京、代表取締役社長・成田和幸氏、東証1部、函館支店<函館市美原3丁目16−25>)は、12日、2016年10月期の連結決算を発表した。
 これによると、経常利益前期比10.8%増の36億4千8百万円、純利益は前期比3.7%増の28億1千5百万となった。(続く)


(28.12.12)


<視点>
◆11月22日の福島沖M7・4で使用済み核燃料プールにおける冷却が2時間近くも停止した。
放射能汚染水の処理作業も中断を余儀なくされた。原発は巨額の金がかかるし、完全に制御できないことが改めてハッキリした。とにかく「原発はダメ」バカ頭の政治家、いい加減に目を覚ませ!


ベトナムは日本とロシア各企業からの原発輸入を撤回。巨額の金がかかるし、安全性に問題と。ベトナム人は賢い。
(28.11.23)
◆函館観光・函館空港/今年は行って運休、減便など少なくなく、懸念されている国際線の維持、発展に期待。
◎当初の5月就航から2度にわたって益されていた中国北京・オッケー航空の、函館ー西安(中国)定期直行便12月23日より週1便運航(11.9発表)
 同航空道内初の定期路線。毎週金曜、ボーイング737-800型(180席)と同900型(200席)を併用。
 中国本土航空路、天津航空(天津)の天津線と2本に。東方航空(上海)の杭州線と中国国際航空(北京)の北京線は長期運休中。

◎格安航空会社(LCC)のバニラ・エア(千葉県成田市)、来年2~3月ごろにかけて函館ー成田線、函館ー関西線を就航の見通し。
 成田直行便実現すれば、成田からの海外線利用に非常に好都合であり、LCC就航は若い人たちや海外の来函・来道観光客にとって便利、観光客入り込みに期待。

(28.11.10)
◆訪日客2000万人突破
<16年1ー10月> 年間2200万人へ。

☆★☆「函館ブランド」新幹線開業でますます健在。魅力度 函館3年連続、4度目の全国第一位!
~民間シンククランク「ブランド総合研究所(東京)」10.19発表「第11回地域ブランド調査2016」~

全国1000市区町村別の魅力度調査。「知名度が高く、歴史や地元食材など地域資源が評価され、3月の北海道新幹線開業によって観光人気さらに高まっている」(同研究所)

 2位京都市、3位札幌市、4位小樽市、5位横浜市。都道府県別では1位北海道、2位京都、3位東京。
 5段階評価、インターネット回答、全国の20~70代の男女約3万人の回答を点数化。

(28.10.20)
【有料・登録サイト/政治・政界特設ページ】
解散風が吹く中、ブログ「待機児童」問題で一躍有名になった
山尾志桜里前政調会長を迎え、
逢坂誠二民進党衆院議員
「第9回おおさか誠二 政経 セミナー」開く

~山尾志桜里氏講演~
安倍政権は富裕層と中間層を分断する政治」
「民進党はみんなで分担し、わかちあう社会目指す」
「将来不安解消のセーフティネットをきちっとはることで、消費税2%増税はすとんと納得してもらえるのでないか」

(28.10.10)
◆JR函館駅に隣接する市有地など約9800平方㍍の再開発事業者に大和ハウス工業(株)東京本社が正式決定した。

 9月1日に、同地整備事業プロポーザル審査委員会が同社の提案を最優秀提案者とし、この中で外観「和風デザイン」等の変更を推薦条件としていたが、同社は外観コンセプトを「西部地区の『歴史的街並み景観』のオマージュとしての景観を創出」とし、「独自の和洋折衷のデザインとして昇華させた函館の歴史・精神に学び、和・洋・クラシック・モダンを組み合わせ、華やかな街並みと調和するデザインとします」と再提案。これを10月8日開いた審査委員会が適切と判断し、正式に推薦決定した。
 函館市はこれを受け、大和ハウス工業に決めた。

 13階建てのホテル棟と物販・飲食の店舗棟から成る延べ約1万3千㎡の複合施設の建設で、事業費約50億円を見込み、2019年6月開業を予定している。

※函館市発表の詳細は所管の市HPに

(28.10.9)

<時事縦断・眼力/核心を突く>
~一般紙とは視点が違う本誌だけの見解~

■民進党の新代表に蓮舫(48歳)が選出された。蓮舫がいいかどうか、それはまだ分からない。ただ、小生に言わせれば、蓮舫は民主党政権時代最初の頃の事業仕分けで、スーパーコンピューターに関し、「なぜ2位ではいけないのですか」などと(中略)

■さて、幹事長に前首相の野田佳彦(59歳)を指名し、これが非常に不評のようで、早くも蓮舫民進党の前途に悲観論が出ている。政権転落以来支持率が一向に2桁に達せず、7~8%をうろうろし、安倍自民党の差がどんどん開いている。野田は誰がみても、政権転落の「戦犯」で、こんなのを幹事長に起用し、前面に出しては「これでは蓮舫民進党の先を知れている」と言われるのも無理はない。
 では、なぜか。野田の今の政治情勢に対する認識、政治家としてのセンス、考え方に著しい欠陥が(続く)


(28.9.18)


<視点>もう米国の政治は終わっている。史上最悪の米大統領選。
女性ながら好感度最低の民主党候補ヒラリー・クリントン、ぶっ倒れ、持病・肺炎だってさ。肺炎なら務まらない。
こんな虚栄心の塊みたいな、鼻持ちならない女を大統領にしてどうする。指名など撤回し、年寄りだが、言っていることはまともなサンダース上院議員にでもしたらいい。副大統領候補のオヤジも田舎くさくてぱっとせず、話にならないのではー。

 よって共和党候補のアホたれ、気違いみたいなドナルド・トランプが形勢大逆転、大統領になる可能性が出てきた。もう、こうなったら世界は…(続く)


(28.9.12)


☆★☆道南最大の食の祭典
「はこだてグルメサーカス2016」
開幕
(9.10-11) 物凄い人出。
5年目、過去最多の140店

(28.9.10)

★明日10日と明後日11日
函館の初秋最大のイベント
・食の祭典
「はこだてグルメサーカス2016

はこだてグリーンプラザと

JR函館駅前特設会場
(28.9.9)


<ズバリ直言>■これしきの台風(10号)で4万戸余り(8.31午前5時時点)も函館市などで停電とは何事だ。
最大風速34~35㍍を超える台風でちょっとしたもんだったが、地球異常気象でこれからは40~50㍍とか、自然の猛威はどんどん起きる。竜巻などもめっぽう多くなる。
 原発稼働再開などアホなことに躍起になるよりも、今一度電線網、送電等基本的なことをしっかりやったらいい。高い電気料取って何事だと言いたい。経営感覚が旧態依然、ズレているのも甚だしい。
(28.8.31)
◆一本調子で増えてきた函館空港の国際線に転機かー。
台湾、中国の定期便、減便や運休で函館空港国際線7月の乗降客数が対前年同月比81.9%で、18.1%の大幅な落ち込み。


 国内線乗降客数は2.4%減に止まり堅調。
 全体では4.2%の減少。
(28.8.23)


◆東京都知事選(7.31投開票)/小池百合子氏(64歳、元防衛相)
圧勝、初当選。初の女性都知事誕生。


事実上の小池、自公推薦の増田寛也(64歳、元総務相)、民進、共産など野党4党推薦、鳥越俊太郎(76歳、ジャーナリスト)の3氏の戦いでは、これまでの猪瀬、桝添の両氏任期途中の無様な連続辞職などを持ってすれば、小池氏圧勝は当然だろう。

政治センス、感度的にも小池氏が一枚も二枚も上。
 増田氏は官僚的で魅力ゼロに等しいし、鳥越氏は如何せん76歳にもなっての出馬など初めから無理というもの。
 それにしても東京都の総予算約13兆円とはすごい。ちなみに北海道は約2兆7~8千億円。

(28.7.31)


<16参院選>地元函館の参院選比例代表候補の公明党現職・横山信一氏(56)が8日「函館に帰ってきました」と最終盤の函館・道南入りし、
ホテル函館ロイヤルで開いた個人演説会(村上幸輝代表の政経懇話「谷地の会」主催)で約6百人の支持者を前に、ごく最近観光立国に向けた取組で「(交通系)ICカードを要求通り実現させた」(3大都市圏や地方中核都市で多く普及しているが、函館ではこれまで使えなかった)とし、
(続く)
(28.7.9)


<直言>■新幹線開業でいいのは観光だけで、それも今だけかも知れないが、函館はこの先どうなることやらー。
中心市街地の市立小学校12校を半減し、6校に再編という話。生徒が減るにいいだけ減って、大半の学年が1学級の小規模学校というから仕方がない。
 高校もまた1校減るということだし、人口減加速が本格化している。
 この一方で、市民会館を新築すべきとの意見が議会筋などから多いとか。これには何と解体に5億円、新施設に80億円の計85億円もかかり、地方債(借金)63億円、市一般財源21億円の計84億円もの市負担とはじき出された由。市教委は新築はやらないとの見解らしいが、当たり前だ。適当に直して使ったらいい。
震度6強もの大地震がきて壊れたら壊れたでいいのではないか。その時はその時だ。

 30億円もかけて亀田に新しく統合施設を建設するというし、人口がどんどん減少し、年寄りばかりが多くなっているのに、とにかくハコモノをほしがる、やりたがる。
 古い校舎でもなんでも活用し、老人福祉センターや児童館、青少年会館、公民館などにしたらいいのに、何たる有り様といいたい。
学校跡ならグラウンドもあって駐車場にもできる。歌謡ショーでも何でも、各種催事にもってこいだろう。
西部地区なんかに古い建物を金かけて新しくした施設などもあるだろうし、これなんか利用状況、活用はどうなのか。スポーツだけに限らず、函館アリーナもコンサート等々、何にでも活用し、ムチャクチャ使ったらいい。
 クラシック等のコンサート(ろくなものしか開催しないがー)にしても市民会館満杯など見たこともない。文化度は大して高くないのに、ハコモノほしがる。
(28.7. 7)
<視点>■またまたひどい話で、こうなれば醜態同然ではないか。政治家がいかにダメになってしまっているというか、腐りきっていることの証左。
英EC離脱派の急先鋒だった英国独立党のファラージュ党首とやら辞任を表明。先に一転して次期首相レース(保守党党首選)を断念したジョンソン前ロンドン市長に続く無責任極まる離脱派「顔」の表舞台からの退場。


 ヌケヌケと言うもんだ、辞任して「これからは自分の人生を取り戻す」と。ジョンソンにしても、このファラージュとやらにしても、国民を扇動し、欺き、地に墜ちた議会制民主主義の国・英国。首相に解散権はないらしいが、総選挙をやるのが当たり前だろう。
(28.7. 5)

<topics>◆北海道新幹線開業
効果で観光客増大し、
函館地方の景況感 全道1

(日銀短観2016年6月道南地域、7.1発表)。地方では全国的にも有数。

 業況判断D.I(「良い」−「悪い」)前回調査(16年3月)に比べ8ポイント改善し、全産業でプラス17。1991年9月以来の高水準。非製造業10ポイント改善し、D.I 22。この中で特に宿泊・飲食サービスが29ポイント上昇し、D.Iは86。製造業は4ポイント改善し、D.Iは7。
 全道D.は6、全国D.Iは4に止まる。
(28.7. 3)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆「道南地方の景気、
基調として緩やかに回復」
(日銀函館支店7.1発表、道南地方経済動向)
 観光、好調さ増す。問題は個人消費で緩やかな回復基調にあるが、小売は低調。このことは短観にもくっきり。
一方で、新車登録台数と新設住宅着工戸数など前年比を上回る兆しに。
地域経済、観光が引っぱる。
(28.7. 3)



<視点>■バカな政治家に踊らされると国は滅ぶ。これほどの無責任、大バカ野郎の政治屋はいないだろう。
世界史に残るアホたれ政治家。
首相になって世界中から袋たたきされ、恥をさらし、笑いものになればいいものを。あれほど離脱をわめいていた離脱派のリーダー、急先鋒のジョンソン前ロンドン市長(下院議員)とやら、英保守党党首選に急転直下の不出馬表明
(6.30)
 離脱を扇動し、離脱後の英国の将来像も語ることなく、今回の不出馬の理由も語れない大バカ者。

 スコットランドは地域国としてEC残留熱望とか。英国・グレートブリテン王国はもう終わった、崩壊へ。人口5~6千万人足らずとなって、大国気取りはいい加減にしたらいい。
(28.7.1)

函館初のフルマラソン
「2016函館マラソン」
北海道新幹線開業記念

28.6.26午前9時、
千代台公園陸上競技場スタート
函館市街地42.195キロ
「函館ハーフマラソン」も同時開催
フル、ハーフ合わせて
約7000人が参加


あいにくの雨、幸い昨日の強風は無し
「がんばれ」の声援!

(28.6.26)



◆北海道新幹線5月の利用実績
1日平均約7600人。

JR北海道・島田修社長、北海道新幹線建設促進期成会総会(6.14、札幌)で報告。
4月(同約5600人)に比べ
3割増。
年在来線利用の約2倍。
 ゴールデンウィーク中の高利用(1日平均9780人)に加え、その後の週末も1日7千~9千人と好調。4月乗車率も3割ほどアップして27%に。
(28.6.15)


<topics/速報>
3.26北海道新幹線開業後
◆五稜郭タワー利用者 4月(前年同月比30.4%増)に引き続いて5月も好調、32.4%の高い伸び。物販(おみやげ店など)も対前年比125.1%。
 ◆函館山ロープウェイの利用5月は8%の増加(4月は9%増)。風などの影響で運行休止日も少なくなく、天候に左右される。個人客対前年比118%ながら、団体は99%に止まる。売店2%、レストラン11%の各増加。


 ■新幹線開業後の状況、総じて今のところ、在来線時に比べ2倍くらいの来函客にあることからホテルは稼働率アップし、単価も上がってかなり好調で、大型観光施設の利用も高水準。
一方で物販、飲食関係は大型施設や数少ない有名店舗はまずまずながら、ほかはさしたる恩恵みられず、広がりに欠けている様子。巷はほとんど好影響なし。
「もっと期待していたが、手放しでは喜べない状況」との声など−。

(28.6.6)


◆6月1日解禁となったスルメイカ(マイカ)漁、天候不順で水揚げままならない一方で、豊漁のヤリイカ漁なお好調で観光施設やイカ専門店で好評。甘みなど味わい最高、寿司店での握りイカ抜群の味!
(28.6.3)

<直視/深層>
■屁理屈をつけ、ごまかし、本音隠し、政治家自らの保身の選挙ばかりを最優先、無責任の極め、コミット(約束)を平気で簡単に反故にし、全てにおいてやるべきことをきちっとやらない日本の政治。
大多数の年寄り、女などバカ丸出し。有権者・国民もいつまで経ってもさっぱり進歩しない日本。
/消費増税さらに2年半も先送りの再延期~事実上の …
(続く)

(28.6. 2)
◆消費税10%への増税、さらに2年半先送り・再延期、2019年10月実施を正式表明
~安倍晋三首相、6.1夕刻 ~
「7月の参院選で信を問う」
(28.6. 1)
<道新幹線開業1カ月(3.26~4.25 )
◆1日平均乗客数約5600人、在来線だった前年同期の約2倍。

/座席数に対する乗車率は27%に止まる。1年前に開業の北陸新幹線延伸開業後18日間の乗車率49%とは見劣りし、需要増に課題。
(28.4.27)
★函館山ロープウェイ、北海道新幹線開業の3月26日から4月8日間までの2週間で利用者数は、対前年同日間比36.2%もの増加。
「子連れ客結構多く、青森方面からの客はこれまでどちらかというと少なく、よって青函の新幹線利用客というよりも、仙台周辺当たりからの北海道新幹線利用客が増えている感じ」(桜井健治専務談)とし、台湾からのインバウンドは東京羽田に入るケースも多いことから、インバンド客も引き続いてそれなりに多い」(同)としている。

 それにしても対前年同期比136.2%という高い伸びで、大型連休は相当な利用が予想され、札幌方面からのマイカーによるレジャー客増大に対応すべく、駐車場確保に苦心模様。
 ちなみに、函館山ロープウェイの昨年度の利用客数は12.4%増の182万0876人。新幹線開業初年度の本年度は約1割増の200万人突破は確実で、それどころか15%余増の210万人も視野にー。
(28.4.11)

◆北海道新幹線開業3日間/平均乗車率43%(上り43%、下り44%)
乗車率内訳は普通43%、グリーン39%、グランクラス64%で、グランクラス(座席数18名)比較的好調。
1日平均約9900人が利用、前年同期(在来線実績)対比249%で約2.5倍
開業日(26日)は約14,200人が利用、乗車率61%だったが、2日目(27日・日曜日)は約8,700人利用、乗車率37%、初の平日となった3日目(28日・月曜日)は約6,800人、乗車率31%
新函館北斗駅の1日当たりの平均利用者数は約3,300人(開業日は約4,000人)。

 ちなみに、昨年3月開業の北陸新幹線の開業3日間の利用者数(上越妙高ー糸魚川間)は1日平均約2万8千人で、前年同期(在来線実績)の約3.1倍、平均乗車率48%。
(JR 北海道発表)
(28.3.30)


☆函館地区の業界トップリーダーで、また道内でも屈指の情報産業である株式会社エスイーシー(本社・函館市末広町、永井英夫社長)は昨12月に役員改選を行い、現在(平成27年12月決定)の役員体制は次のようになっている。
 永井社長のもと、事実上のナンバー2には経営管理本部を担う浜谷取締役本部長の就任をみている。
▽代表取締役社長・永井英夫▽常勤監査役・小野雅晴▽経営管理本部 取締役本部長・浜谷由▽情報処理事業本部 取締役本部長・阿部俊一▽同 取締役副本部長・伊藤龍史▽同 取締役副本部長・大倉義孝▽情報通信事業本部 取締役副本部長・柳原清司

(28.3.25)


◆北斗市長選
死去した高谷市長の後継として
池田達雄議長の
擁立・出馬決定


(29.12.23)
ーーーーーーーーーーーー
【政治・政局・選挙特報ページ/有料サイト】
◆北斗市長選
注目の後継候補選び
池田達雄議長(写真)57歳
擁立を軸に進行中


高谷市長死去直後、先に衆院選で完全落選の「前田一男擁立説」も。
さすがに「それはない」という話にー。
(29.12.20)
◆高谷寿峰市長死去に伴う
北斗市長選
1月21日告示・28日投開票


始まっている後継候補選び
葬儀(22日) 後、一気に具体化


(29.12.20)
【政治・政局・選挙特報ページ/有料サイト】
道議会議員・市議会議員などの地方議員はじめ、一般党員・サポーター、事務方スタッフ、組織
こぞっての立憲民主党北海道第8区総支部への移行を確認

~民進党北海道第8区総支部、党員・サポーター集会<意見交換会>12.17開く~

(29.12.17)

◆今年度上期(4~9月)の函館市観光客約338万2千人で、前年同月比7.7%減。
一方で外国人宿泊最多の20万人。
ーーーーーーーーーーーーーーー
◆北海道新幹線の11月は乗車率たった21%。
利用実績、前年同月比20.1%減。1日平均4千人。


(29.12.15)


★函館~タイ・バンコク
来年夏就航へ
タイのLCC「タイ・エアアジアX」

~工藤市長、松本榮一函館商工会議所名誉会頭ら14人一行のタイ観光客誘致訪問団に同LCCが新規就航計画を表明~

2103年から5年間続けてきた
トップセールス実る。

昨年度タイから函館を訪れた観光客は1万9千人近くで、中国、台湾に続く。

(29.11.26)


◆道南地方の景気
「このところ弱含み。観光は道新幹線効果に一服感がみられるものの、高水準に推移」


「民間設備投資、住宅投資緩やかに持ち直し。個人消費一部に弱めの動きみられるが、基調として緩やかに盛り直している」

「公共投資下げ止まっている」
「生産は減少が続いている。雇用は改善」

~日銀函館支店11月発表の道南の経済状況~

(29.11.12)

<<<17衆院選・道8区>>>

◆勝利確実視の雰囲気!
無所属・リベラル候補、
逢坂誠二 街頭大集会

~10.20、18時30分、本町交差点~

逢坂誠二候補 歯切れ良く、
政策、考えを熱弁

「皆さん一人ひとりが主役で、
皆さんの一票一票の力で
逢坂誠二を国会に送り出して
頂きたい。皆さんが主役です」


退路のない、無所属の様々なハンデを
逆にプラスにして終始優勢な戦いを展開


ぶれずに、迷うことなく、多難な無所属出馬を一番最初に決断したことで、今や全国に名が知られ、道8区で
陣営関係者・周辺「すごい反応」


(29.10.20-21未明)


<<<17衆院選・道8区>>>
photoニュース速報
◆自民・前田一男 総決起大会
会場文字通り立錐の余地なく、
目一杯1200人近く集める

~10.18午後6時、ホテル函館ロイヤル~

弁士、候補こぞって相手の逢坂誠二候補が
共産党と組んだことを非難。


水面下選挙後に関し、いろいろ取り沙汰、
憶測されている宗男の娘・鈴木貴子
(自民党比例2位候補)例の甲高い声で
応援演説
(写真下)

派閥の細田会長と橋本聖子参院議員会長も出席し、あいさつ。両氏他選挙区応援のため途中退席するも、貴子は最後まで出席。
細田会長「(道8区)非常に厳しい」

公明党・志賀谷道議も出席。


(29.10.18)


<<<17衆院選・道8区>>>
◆前田一男、女性の会
300席用意し、さらに増やして
380席ほぼ満席
~10.13午後3時、ホテル函館ロイヤル~
 
工藤寿樹函館市長と
長谷川岳自民党道連選対本部長応援あいさつ


(29.10.13)

----------------------------------------------
相変わらずの小泉進次郎人気

選挙劣勢の自民・前田一男の応援に
小泉
自民党筆頭副幹事長(36歳)来函

~10.12午後6時半、JR函館駅前・キラリス前~
黒山の人だかり・約8百人か
仕事帰りの若い女性らがスマートフォンカメラ

小泉進次郎氏

「(選挙情勢)北海道が厳しい、特に函館が厳しい。だから来た。私は3回生だが、2回生の時より数段仕事が出来る。前田さんの3期目当選を皆さんにお願いしたい」
(29.10.12)



<<<17解散総選挙・道8区>>>

自民・前田一男、選対本部長に
連合後援会会長になって間もない
堀川昭雄氏が同本部長を兼ねることに。
連合後援会会長が
本部長になるのは異例。


(29.9.28)

◆衆院解散(9.28)
「大義なき解散」「安倍の安倍のための解散」
内閣支持率低下に転じ、
自民党議席大幅減・敗退確実視

安倍首相目に余る
「権力乱用・私物化」

「墓穴を掘る」選挙

(29.9.28)

<<<17解散総選挙・道8区>>>

◆自民党・前田一男
10月1日午前10時、事務所開き
函館市本町17-2
五稜郭行啓通(玉光堂跡)


前田 背水の戦い

(29.9.27)


【告・番外編/ざっくばらん
/本音で考察しなければならない
のではないか】


衆院解散総選挙・道8区
今日の情勢では早くも
「クソ面白くない
(道8区の)選挙区」
なろうとしている。

なぜ、 どうして、ここ道8区は
今日のような選挙区情勢に
なってしまったのか?


有権者大多数も、ここの政治家とやらも、候補者自身も、2~3年でくるくる変わっているだけのマスコミ関係者・記者も何も分かっていないと思われます。
本サイトはこれを選挙期間中、
解き明かします。

(本誌主幹・河野 玄)


<<<17解散総選挙・道8区>>>
民進党、共産党
候補一本化を模索。

民進・逢坂誠二を
統一候補にする方向。


現実のものとなれば
明らかに
逢坂断然有利。

自民・前田一男
絶体絶命。

小選挙区非常に厳しく、さらに
比例復活も極めて視界不良。
議席失う可能性大


(29.9.25)


◆陸上自衛隊函館駐屯地(函館市広野町)に地上配備型の応撃ミサイル、PAC3配備へ。北朝鮮の弾道ミサイルが相次いで北海道南部上空を通過していることに対応し、同駐屯地内に近く(19日以降)配備。
~NHK9.18夕刻報道~
(29.9.18)
◆函館の百貨店売上高/丸井今井函館店、6月に久しぶりに前年同月比横這いの0.1%増になったものの、7月は猛暑のかいもなく減少に戻り、前年同月比5.7%減(日経、道新両社まとめ報道)

 棒二森屋は相も変わらず、落ち込む一方で、前年同月比6月6.6%減、7月はさらに減少幅を拡大し、9.0%の減少(同)
(29.8.17)
◆「都民ファースト」小池百合子都知事関連で、若狭勝衆院議員が代表の政治団体「日本ファースト」設立。早、誰かが指摘しているが、直観として名前が悪い。
国民ファーストの名前がすでに使われているらしいからのようだが、トランプのメチャクチャ「米国ファースト」を連想させ、また若狭は東京地検特捜検事上がりで、代表としていかにもイメージが悪いし、フェイスも全く良くない。


 とにかく身の程知らずの政治屋が多過ぎる。
今度、安倍改造内閣入りした野田聖子(総務相)にしても、テレビインタビューを見ていたが、当選8回にしてはまだまだ首相などになれる器ではない。話していることに含蓄がない、、、

(29.8.8、玄)
<直視>◆この3日に行った安倍改造内閣、早くもいかれた閣僚出現。
江崎鉄磨(73、愛知10区、衆6回、二階派)とやら、沖縄北方担当相に起用されたが、自らを「素人」と語り、果ては国会答弁などして「役所の原稿を朗読する」という始末。


 訳の分からぬポストに就任し、自信が
全くなく、失言等々でいつ「クビ」になるかも知れないと思いからか、大臣になって3~4日も経たないうちに、就任歓迎パーティーをやったというからアホッタレもいいところ。
 素人を選ぶ方も選ぶ方()安倍)で、なぜ次から次へと順送りで「バカ大臣」をつくるのか。自治体や補助金ほしさの業界・団体、利権願望の企業経営者らには「大臣様々」だろうが、有権者大方にしてみれば「大臣や政府高官なんてくそ食らえ」なのである、、、

政治家の質著しく低下、資質大疑問などをして、大臣などといっても本当に大したことがない!

(29.8.8、玄)
【特報総合ページ1/有料サイト】
丸井今井函館店の5月売上高、少しでも増えるどころか7.7%の減少
4月22日鳴り物入りで開業・オープンした「無印良品シエスタ
ハコダテ」との
相乗効果全くないに
等しい状況


事態は深刻、棒二森屋「閉店検討」
人ごとではない。

(29.6.14)


◆1日に解禁した函館のスルメイカ漁初日の水揚げ、
昨年初日の倍近くの1080㌔


(29.6.2)
結束、連携固く、業界団体として模範的な函館地方電気工事協同組合(玉津眞史理事長)、5月26日開催の平成29年度通常総会における役員改選で、
理事長・玉津眞史氏(タマツ電機工業(株))、副理事長・對馬豊四郎氏((株)対馬電設)、副理事長・大倉直氏(大倉電気(株))の体制…を再任。

(29.5.29)
<ニュースの視点>
コメントさらに付け加えました。5.24早朝。

◆函館市本町の「シエスタハコダテ」開業一カ月/4階の公益施設<市民交流施設>「Gスクエア」来場者9万人を突破、好調!
単純計算で1日平均約3千人利用
~うけているフリースペース~

 直感的に分かるGスクエアの中で一番の施設は「フリースペース」。ゆったりとくつろいだり、勉強したり、パソコンしたり、雑談したり、等々に最適の、文字通りのフリー(無料利用)スペースゆえ、利用好調もうなずけよう。
(続く)
※ 記事追加してます。

(29.5.23-24)

<視点/直言・直撃>
■道はたった2年でくるくる変える局長人事をいい加減止めたらどうだ。旧態依然のこんな道政人事で何が出来る?
黙って見ていると、局長などというのは(続く)

■トランプ米大統領、対北朝鮮「全ての選択肢がテーブルの上にある」。中国共産党のへなまずるい「抜け穴制裁」など頼っていては、核開発・ミサイル開発に熱を上げるばかりの北朝鮮。
いよいよ軍事行動か。
かつてイスラエルがイランの核開発工事施設を空爆したように、(続く)

■国際線など新千歳空港への新規就航・増便がメチャクチャ増えるばかりだ。道内7空港一括・一本化の民間委託で新千歳1極化に拍車がかかることは目に見えている。地方空港とのネットワークがどうとか何とか、アホらしいことを言っているが、ネットワークなど今現在でもやろうと思えばできることではないか。
 道内7空港一括民間委託は新千歳1極集中を加速させ、(続く)

 
(29.4.7-9/本誌主幹・河野玄)


 ◆サンケイビルは札幌進出などを皮切りに、地方中核都市でのビジネスホテル(宿泊特化型)開発を積極的に推進する経営戦略を打ち出し、函館駅前・高砂通りにおける今回の1700平方㍍という大型土地買収はその一環とみられる。

 札幌で土地約950㎡で300室弱、東京京橋で土地約500平方㍍で200室余という建設であって、函館での土地はその2倍近く、あるいは3倍強ということで、消息筋などの話を総合すると、函館では500室規模を構想ている様子にあり、北海道新幹線開業で函館観光が脚光を浴びている中、宿泊特化型ホテル建設で一気に函館地区最大規模、断トツのホテル経営を狙っているようだ。
(続く)


(29.4.1)
ーーーーーーーーーーーーー
◆函館の不動産会社、
野村不動産(株)(野村辰男社長)、

函館駅前近くの高砂通り・大門横丁斜め向かいに所有し、
駐車場としていた約1700平方㍍を、ホテルリゾート事業を積極展開している
フジテレビ・産経新聞などからなるフジサンケイグループの連結子会社、
総合デベロッパーのサンケイビルに売却。
3月15日付。

買収したサンケイビル、500室規模の宿泊特化型ホテルを建設か。

該地約1700平方㍍は間口を広く高砂通りに面する大規模ホテルの立地に格好の一等地。
(続く)


(29.3.31)

☆★☆初代NSX誕生からおよそ
四半世紀
新NSX 北海道初上陸
~ ホンダカーズ南北海道
函館産業通店~

ホンダの技術の粋を結集した
ドリームカー
NEW SPORTS EXPERIENCE

新たなスーパースポーツの姿!

北海道上陸第1号車、
函館のトーショウビルサービス株式会社の
境勝則社長がオプションなど合わせて
約3500万円で購入


29.3.18)


<森友学園・アッキード(昭恵夫人)事件>

新展開「俄然面白くなってきた?」
籠池氏「首相が100万円寄附」

本サイトが2.28下記のように予感した
通りになってきた
『この森友学園問題、思わぬ発展しそうな感じにも…政治は一寸先闇。』

バカでもあるまいし、首相自身が100万円渡した訳はないだろうが、いいだけ跳ね上がりの昭恵夫人が渡したのだろう。
昭恵夫人も証人喚問すればいい。名誉校長になった経緯、理由も堂々と明らかにせよ。
首相夫人が名誉校長となり、身も心も突っ込み、安倍事務所としてドップリ介在していたこと容易に想像できようから、財務省も国交省も「超格安・値引き国有財産払い下げ」、あるいは大阪府等々もというように、諸々大変な便器を図ったのだろう。

この事件、昭恵夫人が大きなキーマンの一つであることが明らかになってきた。
「女房もコントロールできない首相」ということであり、夫人を含めて「全く関与していない」としてきた首相の責任問題に発展する可能性が出てきた。


それにしても、安倍首相を筆頭に、これまたまだまだ政治家として未熟、能力もない稲田など自民党政治家の「愛国心」などというものが、いかに薄っぺらいものであるかをこの森友・アッキード事件は示すものともなっていよう。

(29.3.17)


<視点/世の中いいだけ狂っている>
■私立の学校設立・経営というのは補助金を引っ張り出せばそんなにも膨大な金が入り、儲かるのか。国有財産でも、税金でも、ろくでなしの政治家を使い、さらには子供もいなく「暇な」首相夫人を名誉校長に抱き込んで云々。

 
そういえば小生のところに、かつてだいぶ前だが函館で高校だったが、「学校経営儲かるから一緒にやらないか」という話があった。

 「森友学園」事件/与党の自公はペテン師・籠池理事長の国会招致に応じろ。昭恵夫人も呼べ。応じないのは籠池を呼べば自民党国会議員の名前が続々と出てくるからだろう。「森友の小学校」不認可(当たり前だが)で幕引きをやろうという魂胆だ。

(29.3.10)
★☆★「待ってました!」19階建て市内最高層、函館本町再開発複合商業ビル竣工し
(地下1~地上3階店舗と地上4階公益施設
内装工事中)

5~19階分譲マンション
「プレミストタワー函館五稜郭」
全73戸、今日・3月3日引き渡し、入居開始。

(29.3.3)

一般社団法人 函館馬主協会(庄野昭彦会長)は23日、定時総会を開き、役員改選期に当たり理事・監事を決めた。

 会長理事には庄野会長(75歳)を再選、庄野氏は会長4期目・8年目となる。
副会長理事には河内孝夫氏(72歳、湯の川プリンスホテル代表取締役会長)と高樽秀夫氏(52歳、ディアレストクラブ代表取締役)の2人を選任した。河内氏は10年ぶりの副会長復帰となった。

 常務理事には (続く)


(29.2.24)
◆昨年3月から着手していた函館空港国際線ターミナルビルの全面増改修工事が竣工し、管理・運営会社の第三セクター、函館空港ビルデング(株)(代表取締役社長・水島良治氏)の首脳・幹部はじめ、設計の梓設計、施工の大林組・高木組共同企業体、設備業者など工事関係者が出席して修祓式が執り行われた。
~2.9午前10時、同国際線ターミナルビル1階フロア~
(続く)


(29.2.9)


<視点>■どうなっているのか韓国という国は?国際約束は守らないし、技術はコピー、盗み取っている様同然だし、国内政治は汚職ごっこ。
要は国民性として総じて品性がなく、へ生ずるいのだろう。


 付かず、さりとて隣国だから仕方がない、あまり離れずのが一番いい。慰安婦像設置など勝手にやらせて、放って置けばいい。

 まともなのは女子プロゴルファーや、ヴァイオリン、ピアノなどのクラッシック演奏家くらいかも。これらの人たちは海外に居住し、世界的に活躍している。

(29.1.7)

☆★☆函館市が先般新設した市特別功労賞に、
(過去に功労者として市表彰を受けた人で、さらに顕著な功績を残した人を表彰)
函館商工会議所前会頭の
松本榮一名誉会頭
(76歳)
工藤寿樹市長から松本氏に賞状贈呈

(12.19、市役所で表彰式)

 副会頭(3年間)、会頭(6年間)を通して、北海道新幹線開業を見据えた観光客誘致活動や、函館空港の国内外路線の開設実現、北海道縦貫道大沼公園ICー七飯ICの着工実現、等々幾多の多大な功績称える。
◆函館市議会
定数削減問題決着
次期市議選から3人
削減の新定数27名

(現行定数30名)に。


各会派間で腹合わせが成り、12.14議運で決定へ。正式決定は年明け予算議会で1割(3名)削減を議決する段取り。

 常任委員会が3つあり、各委員会に9名の議員を張り付けるということにもなって、27名が妥当と判断、折り合う。

(28.12.14夕)
◆五稜郭タワー利用客、北海道新幹線開業でここ数年来になく好調。
現時点で利用客数前年同期比137%。
ちょうど10年前の新タワー開業(111万8千人)以来の年間100万人突破確実。


 東京・首都圏からのお客さん目に見えて増大。宮城県・岩手県からも目立ち、仙台と盛岡(共に道新幹線停車駅)特に増加。道内客と青森は微減。
ーーーーーーーー
☆★☆敬老の日(9.19)五稜郭タワー、函館市及び渡島・檜山に居住(観光客除く)の65歳以上を展望台無料招待。
午前中には200名を超え、昨年(547名)並み来館。

 絶好の秋晴れ、空気がこのうえなく澄み、地上90㍍からの素晴らしい眺望を存分に楽しむ。
(28. 9.19)



◆函館国際ホテル(305室)今日・25日からマイステイズ・ホテルチェーンに加入。

(株)マイステイズ・ホテル・マネジメント(本社・東京)70棟目となる「函館国際ホテル」の運営開始。

同社は北海道から沖縄まで日本各地で宿泊施設を管理・運営。国内70棟・10,548室。
2005年より本格的にホテル事業に参入し、現在宿泊特化型施設から総合リゾートホテルまで、形態に応じた5つのブランドで全国展開。
(28.8.25)

<視点>■石破茂幹事長(59歳)が3日の内閣改造で閣外に出ることになった。「ポスト安倍」の一番手として極めて妥当な決断と評価する。
小生はNEW現代函館(現在発売中の16夏季特別号・政界ウォッチ)で「<直撃>安倍1強。物言わぬ自民党内」と言及し、石破と谷垣禎一(前幹事長)は参院選後は無役となって大所高所から今の保守政治・安倍政治を「監視」したらどうかと記した。特に、石破は党総裁・総理を目指すなら閣外に去るべきで、それが政権獲得につながると。

国政とは違うが先般、東京都知事選の小池百合子がいい例だ。見事に戦い取った。都知事はいうならば「大統領」的な地位・権力者だ。

 政治権力は戦い取るものであって、禅譲などという大甘いことを思っていては総理大臣になれない。
自民党はかつて所得倍増政策を行い、病に倒れた池田勇人が佐藤栄作に政権を譲ったが、これは例外中の例外で、誰が見ても禅譲が正しかった。「閣外に出れば存在感がない」などという向きがあるが、この見方論外に近い。政策を徹底して磨き、積極的に発信するこそ肝要だ。
 ときに、稲田朋美がまたまた重用され、防衛相就任となり、安倍の「将来女性宰相」にかける強い期待などといわれているが、これこそ極めてバカバカしい。単なる女タカ派で中身がない…。以前に田中真紀子をもてはやしたのと同じだ。
(28.8.3)


<政界/photoニュース>◆道議会議員・佐々木俊雄氏恒例の「佐々木としおを囲むビアパーティー」大盛況
(7.29午後6時半、ホテル函館ロイヤル)
(28.7.29-30)

<視点>アベノミクス第3幕、消費喚起にエンジン再点火、「ヘリマネ的」政策(ヘリコプターマネー政策<日銀による政府債務の直接引き受け>)強める安倍政権。
経済対策、当初の4~5兆円から、10兆円程度、それが20兆、そして事業費全体28兆円超(真水7兆円程、16年度第2次補正2兆円台後半)に大膨張。
8月2日閣議決定)

 低所得の2200万人に一人1万5千円給付、雇用保険引き下げ、育児休業円超、保育士、介護処遇改善、給付型奨学金、年金受給資格期間短縮。建設国債積み増しや財政投融資による公共事業、インフラ投資等々。
 財政・金融手詰まり感、足元の失速回避に躍起で、盛沢山の大型対策だが、一時的な円安・株高に止まる公算大で、競争力をそぎ、生産性逆に押し下げて、効果は限定的ではないかと懐疑的。
(28.7.29)
ニッポンハムレディース
クラシック

(アンビックス函館倶楽部
上磯コース)

葭葉 ルミ(よしば るみ、23歳)
通算8アンダーでツアー初優勝
苫小牧出身の菊地絵理香ら
6人が2打差の2位

(28.8.10)


<topic>◎明日・8日からアンビックス函館倶楽部上磯GCで、話題の国内女子ツアー 北海道の新規大会・「ニッポンハムレディースクラシック」開幕。
8日~10日

 賞金ランキング2位の申ジュ、同3位のキム・ハヌルの韓国勢はじめ、北海道出身で今季1勝、人気の菊地絵理香、笠りつ子、鈴木愛、さらには李知姫、上田桃子、大江香織、木戸愛ら出場。

 残念ながら、「全米女子オープン」開催で、ファンお目当てだったイ・ボミ(韓国)欠場。
テレサ・ルー(台湾)、渡邉彩香、大山志保、原江里菜らも。

(28.7. 7)


<視点/恐怖の世界>■いよいよ日本人が頻繁に狙われる時代に入った。
テロの脅威が増大している現実浮き彫り!

バングラデシュの首都ダッカの飲食店襲撃テロで男性5人・女性2人の計7人の日本人死亡。IS(イスラム国)犯行声明。有無を言わせず、いきなり殺害。

 テロ殺害、世界中どこでも起きる様相見せる中で、とりわけイスラム教徒国家は一様に極めて危険。
現政権の拡大解釈によって日本が戦争参加できる「普通の国」になって、もはや日本人は特別扱いされず、標的になってきた?
(28.7. 3)
◇◆◇七飯町東大沼の山中で5月28日から行方不明になっていた北斗市の小学2年、田野岡大和君(7歳)が隣町の鹿部町本別の陸上自衛隊駒ヶ岳演習場の宿泊施設にいるのを演習に来ていた自衛隊員3人が、3日午前7時50分頃発見、無事、保護された。
 自衛隊員が雨を避けるため宿舎に入ったところ男児が立っていて、「大和君?」と問いかけたところ男の子は「うん」と答えたという。
 大和君はドクターヘリで市立函館病院に運ばれ、診察の結果、両手足に軽い擦り傷があったほか、軽度の脱水、低体温の状態が確認されただけで、大きなけがはなく、元気。

 家族4人で鹿部の公園に日帰りで遊びに行った際、小石を人や車に投げたため、両親が「しつけのため」として七飯町の山中で車から降ろし、5~10分後戻ったが大和君はいなくなっていた。道警に通報し、道警や消防などが連日捜索に当たっていた。
 大和君は歩いて約5~6キロ離れた演習場に行き、宿舎に入り水だけを飲んで、寒さや雨、夜は宿舎に置いてあるマットに挟まってしのんでいた。宿舎は演習場入口から約200㍍入ったところにある。
 
このニュースは「子どものしつけ」ということから関心が持たれ、6日間ぶりの発見、奇跡的な生存として驚きを持って海外メディアも速報した。
(28.6.3)

今年の函館の桜は実に早い。今月23~24日にも
開花
満開は大型連休出鼻の27日から5月1日の見通し
(ウェザーマップ予測)


◎函館地方のゴルフ場
続々オープン!
時としての春先のドカ雪など今年は無縁で、朝方はまだまだ寒いものの、いち早い函館シーサイドC、函館パークカントリーCなどと順調にシーズンオープン。 今週末にはグランドオープンのコースも多々。
(28.3.28-29)
<視点/ズバリ直言>
■西武旭川店(セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武運営)ついに9月末で閉店。
2015年間売上高107億4500万円。道内人口第2位の旭川を中心とする道北は百貨店ゼロに。
道内地方百貨店の苦戦、厳しさ浮き彫り
函館にも百貨店ゼロの時代は遅かれ早かれ必ず来る。毎年毎年、ここ数年来はほぼ毎月毎月前年割れ・前月割れし続ける丸井今井函館店と棒二森屋の2つの百貨店。
丸井の15年はやっと100億円台の101億円余であって今年は100億円割り込むこと確実。棒二森屋は今や丸井今井の半分程度という有り様。近年の両百貨店は地域貢献もろくにせず、売上げ減少に拍車をかけ、この意味でも当たり前。経営自体すでに地場函館ではなく、管外業者であって地元企業に非ず。
市民のほとんどは愛着を感じていない。経営サイド今もって上から目線で、考え方,体質等々がなっていなく、それを全然分かっていない。

(28.3.8、本誌主幹・河野玄)
<視点>■デフレ脱却へ不退転の決意といえば聞こえはいいが、日銀のマイナス金利導入(1.29)は先行き確たる見通しがないもとでの伸るか反るかの大ばくちそのもの。
株価の値上がりなど一時的なもので終わるであろうし、不発必至。
マイナス金利決定に政策委員9人中、5人賛成、4人反対が今日に至る日銀のしっちゃかめっちゃかぶりを物語る。
 多分失敗するだろうし、最後は黒田総裁らが辞任、「ゴメンナサイ」ですむ問題ではないだろう。
日本経済いよいよ「未知への遭遇」へ。世界経済、やはりやっていることは米国がまともか…

(28.1.29)
<視点>■ついに怪しくなってきた「アベノミクス」~申年は荒れる~
乱高下する株価。異常な金銭授受、雲助同然、下劣極まりない秘書等々で経済司令塔の甘利明経済再生相辞任。
そして実質消費(支出)4.4%減
(1.29発表、4カ月連続の減少)などとアベノミクス今や終わりの始まり。
(28.1.29)

◆日銀短観(道南地域、日本銀行函館支店12.14)/函館・道南の景況感上昇。DI前回調査の9月プラス4よりも3ポイント上がってプラス7。
全道のプラス3よりも上回る。非製造業プラス4で横ばいながら、製造業12ポイントの大幅増でプラス15。

 インバウンドによる函館観光拡大で宿泊・飲食サービスのDI、前7月よりも14ポイント上昇し、プラス71と高レベル。

新幹線新函館北斗開業の3月までの予測は、DIプラス3で、一服感との見方。

(27.12.14)








<<<視点/提言>>>
全文を建設推進する国、電源開発、大間町長・同町業界団体・町民など関係者、金に群がる大学教授・学者、政治家等々、また中止・反対を求める人たち市民・住民広くみんながこぞって読んだらいい大間原発訴訟第1回口頭弁論(7.3東京地裁)における函館市・工藤寿樹市長の意見陳述
~意見陳述全文~
インターネットPDF

  合わせて、被告(国と電源開発)の国による陳述、あまりにもお粗末、無礼、姑息極まりなく、原発問題に真摯に向き合おうとしない、現政府の全くもって無味乾燥な意見陳述にも目を通してみたらいい。




◆◇◆名美興業(株)(代表取締役社長・阿相博志氏)本社事務所を11月4日より函館市梁川町1番5号、高砂通りと教育大通り交差点角地のビル(最初一位物産ビルであったところ)に移転。

 新代表電話
(0138)31−5389
 新FAX番号・総務課
(0138)31−5801
 新FAX番号・営業課
(0138)31−5802