函館・道南圏の日々を伝える!
函館電子新聞 hakodate-e-news.co.jp

NewsMAE2021.8〜2022.7



<視点/参院選の最大焦点・争点>
■異常な物価高問題(食料品からあらゆる資材まで)に尽きる!
金利政策の抜本的な変更、「金利政策の機能回復」が急務。
黒田日銀即刻辞任で急騰する「物価高」にブレキー、流れを変えろ!

(22.6.25)


☆3年ぶりに箱館五稜郭祭/初日の21日には土方歳三コンテストなど。22日は維新パレード、沿道に子ども連れなど多くの市民。 
(22.5.21-22)

<視点>高水準のコロナ感染/きちっとをワクチンを打って、人との接し方に十二分に注意する。これに尽きるのではないか。マスクをしているといってもコロナ前のように直に接するような形でおしゃべりをしているとコロナにかかる。人間少しは利口になることだー。
 
まん延防止の規制など繰り返してもコロナ感染は収まらない。
(22.5.13

☆清々しい新緑の季節

~本格的な春の息吹、若葉が美しい函館山、5.9昼頃~

◆大型連休、若い人たちを中心に大勢の観光客、マイカーも列をなす。
(22.5.4)

◆コロナ感染拡大、全道で3160人/札幌1298人、旭川319人。
函館は149人に上昇し、うち10歳未満~30歳代まで96人も。渡島48人、桧山9人。
(22.4.27)



☆第3セクター、函館山ロープウェイ(株)
7年間代表取締役社長を担ってきた竹村隆氏退任し、代わって竹村氏と同じ日本政策投資銀行出身の浅井忠美氏(58歳、元政投銀地域企画部長、苫小牧埠頭(株)出向含め4年間勤務)代表取締役社長に就任5月30日付。
(22.5.30)

◆函館の経済情報紙「経済ジャーナル」を
相手取った
名誉毀損・損害賠償請求訴訟事件に対して
函館地裁、一位物産(株)と
村上幸輝氏に全面勝訴判決


「一連の記事は名誉毀損に当たり、村上氏のプライバシーを違法に侵害」
「記事の重要部分は真実ではなく、
かつ真実であると信じる相当な理由がない」と断定

~ジャーナル側の反訴請求は
「いずれも理由がない」として棄却~

(22.3.29)



■函館更なる地盤沈下へ。地域唯一のメガバンク店舗である
「みずほ銀行函館支店」札幌支店と統合!
旧棒二森屋(函館駅前)建物が再開発に伴い解体される(2023年以降)ことから函館支店閉鎖・撤退へ。
◆みずほ銀行道内/札幌市内に支店と3出張所の4店舗。ほか、旭川、釧路、帯広に各支店函館だけが支店閉鎖・消えるー。
●人口減少、地域経済基盤の縮小・弱体化を背景に急速に進む銀行、信金の店舗再編。地銀店舗の統廃合に至っては顕著。

(22.5.11-12)


ロシア・モスクワ/第二次世界大戦の対独戦勝記念式典
プーチン演説:ウクライナ軍事侵略を正当化 
(22.5.9)

◆函館国際観光コンベンション協会、長年にわたって活躍した渡辺兼一会長(75歳)勇退し、新会長に副会長で函館地区バス協会の森健二会長(61歳)が就任。
◆第3セクターの函館山ロープウェイ(株)でもトップ交代。代表取締役社長・竹村隆氏(62歳)退任し、出身の日本政策投資銀行(政投銀)に復帰へ。

(22.4.26)


★全国34ヵ所にリゾートホテル、北海道函館では「ラビスタ函館ベイ」を展開する(株)共立メンテナンス(東証プライム、本社・東京都千代田区)の共立リゾートは、眺望という名のホテル゛ラビスタ゛を東京に初進出させ、東京湾に浮かぶウォーターフロントリゾート、14階建て・全582室の「ラビスタ東京ベイ」が4月15日オープンした 。
これぞ大型アーバンリゾートホテルの誕生


(22.4.16-17)


★函館空港ターミナル管理・運営、4月1日より
北海道エアポート(株)(HAP)函館空港事業所の名に
/函館空港ビルデング(株)が親会社・北海道エアポートとの合併で名称変更
道内7空港一括民営化以来、改めて新しいスタート
--------------------------------------------
地域発展への拠点、魅力ある「複合施設化」を推進、積極的に施設充実
3月30日には函館・道南の情報発信基地として新しいカタチの
総合案内所、「LOCAL INFORMATION がっつり道南」をオープン


(22.4.1)
<破綻・倒産>◆松前漬けや塩辛などの生鮮珍味や「つまみたら」等々の感想珍味製造販売の「味の海豊」(函館市日之出町、佐藤豊社長)、売上げ回復困難として事業停止、経営破綻。この3月に2回目不渡り惹起。
 
同社、啄木小公園で「土方・啄木浪漫館」も運営。継続か。
 イカ不漁、原料高。さらにコロナで観光客激減、等々で売上げ回復見通し立たず。
(22.3.28)


■函館観光、五稜郭タワー等々主要観光施設営業再開(22.3.22)
★待望「まん延防止」措置全国解除。
(22.3.22)

■昨3.16深夜福島沖M7.4地震/東北新幹線・福島~白石蔵王間で、大規模走行中脱線、17車両中16車両脱線。北海道新幹線運休・部分運休。
(22.3.17)

<視点・直言>◆政府、新規感染高止まりでも、まん延防止21日で全面解除の方針。当然で、すでに効果はない。対策変える時。
「働かない怠け者・怠け会社」などが増えるばかりだ。毎日毎日「働かない・働かせない」で国からカネもらう。雇用調整助成金として1人当たり1日分として1万円とか1万5千円も支給する。こんなこと終止符を打つべきだ怠け者・怠けもの会社が急増している。本当に政治・政治家が悪い。

(22.3.12)



<Bigニュース>★ソニーグループとホンダ、電気自動車(EV)事業で提携。エキサイティング!今年2022年に 共同出資会社設立し、、3年後22年の発売目指す。ホンダ店舗網で販売。
( 22.3.4)


<直言>■ウクライナは中立国宣言すべきで、これによってロシアは侵略戦争を即時やめよ。NATOに入りたいなどと「子ども」みたいなことを言っても始まらない。ロシアとウクライナは「兄弟」のようなものであり、今回の事態は兄弟・身内喧嘩が他人の喧嘩よりもよほどたちが悪いことを証明している。中立宣言を米国・NATOも書面で保証することだ。ロシアの侵略戦争はもってのほかだが、NATOも悪い。東方拡大など方針が大間違い。国際的にも政治・政治家の考え方が単細胞で知恵がなさ過ぎる。NATOも米国もNATO不拡大を書面で宣言したらいい。米国バイデンも無能だ。(22.3.13)

■ロシア・プーチン一人にやられている世界。侵略者・大量虐殺
プーチンの首に懸賞金、ロシア新興財閥(オリガルヒ)の一人表明。戦争犯罪者として「生死を問わず」捕まえた軍当局者に100万ドル支払う
。それこそピンポイントでプーチンの首をー。
( 22.3.4-5)
<視点>■ロシアプーチン、今や完全に頭がおかしくなっているのではないか。ロシア国民が「決起」しなければどうにもならない。
( 22.3.3)


<視点>ロシア、ウクライナ軍事侵攻。本質さらけ出した独裁プーチン
■希に見る軍事大国の暴挙・蛮行。躊躇せず毅然と徹底的な経済制裁をー
 深刻なこの危機は国の選択、政治指導者の選択が如何に重要かを教えている。(続く)
( 22.2.25-26

<視点・複眼>
ウクライナ問題直視/ロシアがウクライナ東部を一方的に「国家」独立承認
( 22.2.22)
<視点・複眼>
ウクライナ問題の核心
( 22.2.22 本誌主幹・河野玄)


◆西武HD、シンガポール政府系の投資ファンド「GIC」に国内31施設売却を発表。函館地区の函館大沼プリンスホテル」そして名門コース「北海道カントリークラブ」(いずれも七飯町大沼)も売却。西武「いいふりこき商法」破綻。
日本の
「凋落」/技術を人材とともに放出・抜き取られ、今度は
格安不動産を売ぱらう・外資が狙う。
( 22.2.11)


★(株)日本ハウスホールディングス 新役員体制
経営と業務執行を分離することで
経営の意志決定の迅速化を図ると共に、機動性の高い職務執行体制を構築。
並びに次世代の経営陣の育成を目的とした新執行役員制度を制定

( 22.2.2)

<視点>■よくもこんな者を会長にしたもの!
連合昔の「総評系」「同盟系」に分裂必至。

能力もない国民民主・玉木が「小山のイカレタ大将」でいたい。連合の女会長にしても、都民ファーストの女代表にしても、また立憲民主の女幹事長にしても、まだまだ女リーダー時代は日本では早すぎる。欧米と大きな落差。連合女芳野会長とやら「反共」単細胞過ぎ。見識・教養の欠片もなく、幼稚。時代は30~40年逆戻り。
「民主党」として大きな塊になってこそ自民党と対抗できるし、日本政治の正しい道!
/国民民主と都民ファー合体し党名「民主ファースト」になるか。
( 22.1.14)

◆来年7月の参院選道選挙区(改選数3)
自民党道連、現職の長谷川岳氏に次ぐ2人目の候補に先般の衆院選道1区(札幌中央区ほか)に出馬(落選)の船橋利実氏の擁立を決定。
  立憲民主党は現職・徳永エリ氏に次ぐ2人目の候補選考急ぐ。現職鉢呂吉雄氏は不出馬。
(21.12.26) 


★会場はポカポカ、外は寒波・吹雪。まさに寒気を切り裂くような素晴らしいトランペットやサックスの音色・響き。実にいい!ジャズファンらで満席。
ビッグバンド「JIMMY ALL STARS」恒例 の クリスマスSpecial Live盛況開催

~12.18金森ホール~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★☆★今年も金森ホール12月18日(土)18時開演で、日本を代表するミュージシャンで結成されたビッグバンド「JIMMY ALL STARS」のクリスマス スペシャル ライブ。
 圧巻のサウンド!無論、太陽グループ・東原社長もトランペット。

~はこだてクリスマスファンタジー真っ最中。昨年に続いてコロナに負けず、万全の対策~



★☆★「縄文遺跡群」世界文化遺産に決定~2021.7.27~
北海道・北東北の17遺跡
を登録1万年以上続いた縄文時代の文化性を
ユネスコ高く評価。
(21.7.27)

 



 


<経営破綻・倒産>
年度末、道南で倒産相次ぐ

●森町で製材業、石井木材事業停止、破産申請へ。
新型コロナの影響も受け、売上げ減少。債務超過負債総額約12億6千万円。

●八雲町では建築業の原田工務店が破産申請へ。
慢性的な資金不足。負債総額約4億6千万円。

(22.4.1)



<七飯町長選/新人無所属4氏立候補。投開票
<22.3.27>


■杉原氏当選、地区連合支援が物言う。
「純然たる」と言っていい保守サイドの中川氏と佐々木氏
はほぼ二分され、敗退。両氏合わせると6684票で「逆転」

■開票終了(10時25分)
/当・杉原太6053、中川友規3594、佐々木陵二3090、日下道子1176

■前町民生部長の杉原太氏
(59歳)初当選。
開票率96.13%(22時10分)で杉原6000票。2位の前町議・中川友規氏
39歳(3500票)に2500票の大差であっさり当確。
3位は前町土木課長の佐々木陵二氏(48歳)3000票、4位は函館市の会社代表・日下道子氏
(40歳)

■投票率59.2%
(22.3.27-28)

◆北朝鮮今日午後、渡島半島の西沖
約150キロにICBM級弾道ミサイル


(22.3.24)



今や効果大疑問の「コロナまん延防止」21日まで延期になったが、「もう止めてくれ」という声が圧倒的!いつまで街を、生活を「死に体」にするのだ。ワクチン接種を徹底的にやれ!能なし政治、行政!
( 22.3.4)

◆函館市2020春の部長職人事内定
定年退職は土木部長、下水道部長の2名で
いずれも次長昇格へ。土木は山本氏、
下水道は伊藤氏。

( 22.3.3)


【視点・直視】■また単に延長か。道「コロナまん延防止」さらに2週間程の延長申請を検討。どれほど効果があるのか甚だ疑問。大したことがない鈴木道政。若いだけでサッパリ知恵が見られない?ほとんど無策。ワクチン3回目接種進捗状況もチンタラチンタラで全道でまだ約18%で低すぎる!。函館は約23%余(2回目終了は80%余 )



【視点・直言】
■いよいよ春待ち遠しい3月!残り1週間を切った
「コロナまん延防止」3月6日期限をどうする?ダラダラダラダラと続けるのか 。
  単に飲食店を閉め、会合等を制限しても感染は止まらない。Withコロナの
感染防止あまりにも無策、見直し不可欠。このままでは社会経済が崩壊する。
( 22.2.28-3.1)


■道内「まん延防止等重点措置」来月6日まで延長。
<視点>~函館市内~街はすでに死に体同然。昼間すらも営業している店はごくわずかで、ほとんどないに等しく、夜の店などはもうコロナ前には戻らず、壊滅状態になること必至。
函館の地盤沈下はこのコロナ禍を契機に一層進み、衰退すること確実ー。
( 22.2.19)

◆函館異常・最大の危機。さらに跳ね上がって214人。函館市内レストラン・ホテルなど食事の場でしゃべりまくっている4、50代~60代の低俗な女ども本当に多い。
函館男よりも女の感染多い実態現す。道南全体では250人(渡島35人、桧山3人) 道内2856人、うち札幌1590人
( 22.1.27)

<直言・核心>認識が極めてズレている!「人類対新型コロナフィルスとの有史最大の戦い」であり、この病原微生物ウィルスに撃ち勝つための最大武器は「ワクチンや経口治療薬等」だ。
この武器を徹底的に研き・使うことに尽きるのでないか。もはや飲食・イベント制限などの抑止策では対抗できず、進化するウィルスに勝てない。極論すればワクチンが嫌な者は死んでも仕方が…。
( 22.1.20、本誌主幹・河野玄)




☆★☆日本ハウスHD 2021年10月期 純利益2倍余となり、株価急上昇。
前期比2倍の16億円(従来予想7億円)
(21.12.9)
 主力の住宅事業で職人の人繰り改善に伴う工期短縮や、リモート会議活用による
経費圧縮などが寄与。
 ホテル事業もコロナで売上げ減少したが、ホテル休業に伴う雇用調整助成金を営業外収益に
計上し、経常利益74%増の26億円となる(従来予想を10億円上回る)





<有料・登録サイト/特報・ニュース総合ページ>
~函館の夜の街/死に体続く~
緊急事態宣言解除、そして営業時間制限の解除になっても、
方々で今や「客足が戻らない」「客が来ない」という
落胆の声!だがー。


一方で閉店の店めっぽう多く、営業しなくても「カネ(支援金)もらえる」「コロナ様々」/どうせ開いても、もともとが「客が来ない」「客極めて少ない」「ゼロが普通」から、店休んでいた方がよほどいい!
<<<働くことに努力しない人間増殖中>>>
「おかしな世の中」「世の中が狂っている」
●選挙でなおも「バラマキ合戦」、だが「選挙には行かない」?!




【問題の核心】◆なぜ減らないコロナ感染!~道内~感染者の状況詳しく公表することが大事なのではないか。ワクチンを打ったのかどうか、他人とどのような接し方をしているのかどうか、距離感はどうなのか。マスクをしているからといって、極めて接近して話しているのかどうか、等々。何も分からなすぎる。大体にしてほとんどの人がコロナ前と同様に、接近してしゃべりまくっている。マスクをしているだけで、何も変わっていない。2人、3~4の会話、大体皆がそうだ 。それが分からない者は人迷惑で感染にかかり、野垂れ死にしたほうが…

 感染者に若い世代が多いのは接し方に大きな問題があることを示している。人と人との接し方、会話の仕方に十分注意し、間隔を取れば最小限に防げるー。ワクチンもせず、密接にしゃべっている者はコロナにかかる。恥もなく登場する・登場させる「専門家」「大学教授」とやらの話、分析は全く的外れで有害に等しい。

とにかく 今一度3つの密を避ける!
毎日毎日ただただ感染者数を単細胞的に公表するのではなく、感染拡大防止のためにどうすればよいかその核心を発表しないとダメだ。専門家のバカの一つ覚えである「まん延防止」とか「規制」などは今や論外で、社会を見る目、無知も甚だしい。ウイズコロナ下の生活の仕方、人との接し方が感染拡大の最大の核心部分だ。

(22.4.13-18 本誌主幹・河野 玄)




◆北海道エアポート(株)
(HAP、代表取締役社長・蒲生猛氏)
関連会社
函館空港ビルデング(株)の
新しい代表取締役社長に
八島 聡氏
(函館空港事業所長
を選任

取締役3名で
八島代表取締役社長以下

常務取締役・谷口卓氏

取締役総務部長
(兼)営業部長・笹谷幸司氏


水島良治前社長退任

(21.6.25)