函館・道南圏の日々を伝える!
函館電子新聞 hakodate-e-news.co.jp

 地域経済・企業NEWS2<函館・道南圏・道内外>

※地域経済・経済界NEWS1も別にあります


☆イトーヨーカドー函館店地下1階に新テナント!
道内屈指のおいしさ有名、パン・ケーキ・和菓子・洋菓子の
morimoto(もりもと、本社・千歳市)出店、
今日・7月14日オープン。


 

  昭和23年創業、パン・和菓子・洋菓子の老舗。札幌・小樽・江別地域16店舗、
千歳・恵庭・苫小牧・室蘭地域に8店舗、旭川・滝川地域に3店舗の計27店舗を展開。函館地域初出店。

 店舗面積約200u。パンなど毎日実演販売。

 

 スーパー、そしてパン・ケーキ販売激戦区の函館地域にあって、イトーヨーカドー函館店念願のテナント誘致

「こだわり、おいしさ」のもりもとの函館進出で、消費者に朗報!


(29. 7.14)



☆★☆函館のサクラ4月29日開花予想、大型連休を迎える中で、
4月、そして5月と注目の施設オープンへ 。
いずれも成功するか、結果を出せるか?それとも大したことなく、失敗するか。


▽4月22日(土)/市内最高層の函館本町再開発ビル「シエスタ ハコダテ」1〜3階に
売場面積2448.72平方bの「無印良品シエスタハコダテ」
同1階に
「Cafe & Meal シエスタハコダテ」グランドオープン。

▽4月22日(土)/市内最高層の函館本町再開発ビル「シエスタ ハコダテ」地下1階に、
食の複合フロア
「フードマーケットホール」開業オープン。

▽4月22日(土)/市内最高層の函館本町再開発ビル「シエスタ ハコダテ」4階に、
公益施設・函館市の
「市民交流プラザ」オープン。
※ 市内最高層19階建て/5〜19階は分譲マンション「プレミストタワー函館五稜郭」で引き渡し・入居開始済み。



▽5月1日(月)/函館駅前インターナショナルブランドホテル
「フォーポイントバイシェラトン函館」大規模改修し、グランドオープン。


▽5月26日(金)/函館市末広町・ウォーターフロントに、京王電鉄グループのリビタ(東京・渋谷)が買収した
旧ホテルニューハコダテと旧波止場美術館を大改造・再生する格好で、
函館初のカジュアル、ユニークなシェア型複合ホテル
「HakoBA(ハコバ)函館 ザ シエア ホテルズ」をオープン。

(29. 4.6)


日本ハウス、この16年10月期、
純利益 前期比3.7%増の 28億1千5百万円

 (株)日本ハウスホールディングス(本社・東京、代表取締役社長・成田和幸氏、東証1部、
函館支店<函ン市美原3丁目16−25>)は、12日、2016年10月期の連結決算を発表した。

 これによると、経常利益前期比10.8%増の36億4千8百万円、純利益は前期比3.7%増の28億1千5百万となった。
展示場を含む営業拠点の統廃合で利益率が改善したほか、販売経費の削減効果が出て、収益性の低い営業拠点の減損損失も減少し、
利益を押し上げた。

 売上高は、主力の住宅事業が消費増税前の駆け込み需要による反動減が続き、注文住宅の受注件数低迷が影響するなどし、
前期比8.3%減の459億8千万円。
 ただ、業績の先行指標である受注残高は前年同期比17億8千4百万円となった。

 ホテル事業は、北陸新幹線開業によるホテル森の風立山の集客増等あったが、売上高は64億8千6百万円に止まり
(前連結会計年度比1.2%減)、営業利益は8億1千4百万円(同2.0%減)となった。

 来期(2017年10月期)業績予想については、注文住宅の受注が回復傾向にあるとし、売上高前期比4.4%の480億円、
経常利益37億円、純利益は前期比3%増の29億円を見込んでいる。

(28. 12.12)

◆五稜郭タワー利用客、北海道新幹線開業でここ数年来になく好調。
現時点で利用客数前年同期比137%。
ちょうど10年前の新タワー開業(111万8千人)以来の年間100万人突破確実。


 東京・首都圏からのお客さん目に見えて増大。
 宮城県・岩手県からも目立ち、仙台と盛岡(共に道新幹線停車駅)特に増加。
 道内客と青森は微減。


▽賑わう函館観光の一大名所、大型観光施設・五稜郭タワー
 地上90bからのぐるり四方の眺望は素晴らしいの一言。








(28. 9.19)


<topics>函館空港国内線旅客ターミナルビル2階の売店フロア一角に、
道南中心の工芸品やちょっとした地場産品のショップ「函とン」(HAKO TO TATE)が新規開設、
明日・12月1日オープン。

 函館空港ビルデング(水島良治社長)が直営の新ショップとしてオープンさせる運びとなったもので、お土産などにぴったりの和洋折衷の品揃え。50平方bほどの小さなお店だが、色違いの品を含めて450アイテムも並べられている。和と洋ということなどから、HAKO(ハコ)TO(と)TATE(タテ)、対(つい)の品揃え「函とン」となった。例えば、漁業のまち・函ンでもあることから大漁旗や信号旗などもあり、面白い小物ショップ誕生となっている。



空港ビル2階売店フロア(下)
新ショップ「函とン」(上)はエスカレーターで2階に上がった売店フロアの左奥




(27.11. 30 )


<topic>これはいい、むちゃくちゃ可愛い!イトーヨーカドー函館店のビルオーナー会社、
一位物産(株)(代表取締役社長・村上幸義氏、40歳)が
イメージキャラクター「いちいちゃん」を誕生させ、お披露目。

イトーヨーカドー函館店、今日・25日から29日(日)まで、この19日に函ン市とイトーヨーカ堂間で締結・調印した「協働のまちづくに関する協定」(包括協定)に関し、その調印記念セールを「北海道新幹線3月26日開業決定 記念フェア」として開催。
 この記念フェアの中で、28(土)・29(日)の2日間「北方領土を知るつどい・みんなでつなげてひろげて」とフレーズして『北方領土おしま祭』(道渡島総合振興局・函ン市・北方領土復帰期生同盟渡島地方支部の主催)を函館店2階特設会場で開催し、渡島管内のご当地キャラ(北方領土イメージキャラクター・エリカちゃんら大勢)大集合。そこでイトーヨーカドー函館店と一体のビルオーナー・一位物産の「いちいちゃん」デビュー! 昨年12月に就任した新社長・村上幸義氏(代表取締役会長・村上幸輝氏長男)が自ら考案・デザイン。 (27.11. 25)

    
△写真/上左・いちいちゃん、上右・いちいちゃんパネル


◆函館地場最大手の総合建設業、株式会社高木組の代表取締役社長37年間、
一般社団法人函ン建設業協会会長18年間を務め、大いに活躍し、
10月4日病気で亡くなった黒田憲治さん(享年77歳)の「お別れ会」に多くの会葬者。


(株)高木組前代表取締役社長・高野山真言宗高野寺・責任役員総代 黒田憲治儀お別れ会
〜6日午後2時、ホテル函館ロイヤル大ホール〜

 総本山金剛峯寺座主 高野山真言宗の中西啓實管長、森川基嗣函ン建設業協会会長、
(株)高木組社員代表として南泰宏氏が弔辞。
(株)高木組・中田俊一郎代表取締役社長
「ご臨席誠にありがとうございました。黒田前社長の意志を引き継ぎ社員一丸となって社業の発展に邁進します」と謝辞。





(27.11. 6 )

東日本ハウス 社名変更し、5月1日から「日本ハウス」に!
新商号「株式会社日本ハウスホールディングス」
昨年4月に東証第1部へ指定変更となったのを機会に、
事業基盤の一層の強化のため西日本での営業展開を積極推進など全国展開強化

 東証第1部上場の在来型注文住宅大手、東日本ハウス(株)(本社・東京都千代田区飯田橋4−3−8、成田和幸社長<函館市出身>)は先般、取締役会(昨12月22日開催)で株式会社日本ハウスホールディングスへ社名変更する方針を決め、今月29日開催予定の第46期定時株主総会に定款の一部変更を付議すると発表した。

 同社は岩手県盛岡市を発祥の地として1969年2月に設立、東北地方及び北海道地方を中心に事業展開し、今日においては関東地方をはじめ全国各地で事業を展開しているが、昨年4月8日付で東京証券取引所市場第1部への指定変更となったことを機に、今後、事業基盤の一層の強化にため西日本での営業展開を積極的に推進する(例えば、西日本に強い住宅会社やマンション管理会社などのM&Aを視野に入れている様子)など全国展開を強化するうえから、日本ハウスホールディングスへの商号変更となった。

 すでに東北、北海道、関東はもとより、甲信越・北陸、東海、近畿、中国・四国、九州に至るまでの各エリア、全国各地において住宅展示場・支店営業所を開設しており、社名の「東日本」はそぐわなくなっていた。

 1988年に株式を公開し、ジャスダック、東証第2部を経て昨年4月に東証第1部に昇格したのを機会に、かねてから構想していた「日本ハウス」への社名変更を決断した。

 東日本ハウスから日本ハウスへの社名変更について、同社の成田和幸社長は、全国展開のさらなる強化を打ち出す中で、「西日本、そして特に東京、首都圏での販売、営業展開に力を入れたい」と語っている。

 1月29日の定時株主総会で正式決定し、今年5月1日をもって株式会社日本ハウスホールディングスと名を改め、新たな発展、飛躍を期す−。

   ☆    ☆    ☆

 東日本ハウス株式会社から日本ハウスホールディングスにかわるのを機に、子会社3社も次のように新商号となる。
いずれも今年5月1日から変更となる。

▽株式会社日本ハウスウッドワークス北海道(旧商号 株式会社東日本ハウスウッドワークス北海道)
▽株式会社日本ハウスウッドワークス中部(旧商号 株式会社東日本ハウスウッドワークス中部)
▽株式会社日本ハウスコミュニティーサービス(旧商号 株式会社東日本ハウスコミュニティーサービス)  

( 27.
1.7) 



hako0351

独立系GSのアサヒ商会、全国各地でモテモテ、目を見張る快進撃!
〜7、8月相次いで4店開業〜

今年これまですでに春・夏で計8店舗、全国50店舗以上に

 ガソリンスタンド(GS)の全国展開を進める函ンの(株)アサヒ商会(齋藤清人社長)は、5月に栃木県足利市、九州長崎県の佐世保市、宮崎県宮崎市、熊本県八代市の4店を出店したのに続き、7月18日には茨城県の桜川市に桜川給油所、同月23日には鹿児島県鹿屋市に鹿屋給油所を開設。
 加えて、8月に入って5日に茨城県鉾田市(ほこたし)に鉾田給油所、翌6日には同県北茨城市に北茨城給油所をオープン、今年これまで春、夏とすでに8店舗を新設、全国50店舗以上の発展をみている。

 同社は前年度実績で年間売上高250億円となっており、齊藤社長が語ってきている「当面1日1億円の売上げ」に急ピッチで向かっている。独立系
GSとして全国モテモテで、快進撃は目を見張る。

( 26.9.13)




(株)タウン企画が造成・分譲の大好評「マイタウン昭和南」第2期宅地造成完成!
見違えるような宅地に生まれ変わった、雑草が生え、物が捨てられていたなど
荒れ放題であった土地・函ン市昭和町1番1他の約5万平方b
(写真、7.17撮影)
〜分譲地内に8bの幹線道路が走り、車が往来〜
※この宅地造成の詳細は現在発売中のNEW現代函ン・夏季特別号に掲載しています(全4ページ) ( 26.7.17)



  





◆JR函館駅前で解体に着手したWAKOビルは2016年にこうなる。
新WAKOビル完成パース 地上16階建て・地下1階。

  地下1階〜地上4階 商業部分。地上5階〜16階 分譲マンション。






☆★☆ベールを脱いだ函館初の18階建免震タワーマンション、
ワザック函館・五稜郭2棟目「ナゴミコート」(全51戸)

今年春完成・5月引き渡し・入居。
1棟目全101戸完成・入居済み。1棟目と2棟目合わせて152戸完売御礼!

/最終章3棟目「タクミコート」全106戸も工事着々進行中で、販売順調、早半分近く予約済み。(26.1.15)


  

※写真上26.1.14撮影



18階建て・免震タワーマンション「ワザック函館・五稜郭」敷地内(東日本ハウス所有地)に
コンビニ「ファミリーマート」函館2号店 11月中頃開業オープン!
周辺一円にコンビニ全社出店し、その数すでに12店舗で、
今度のファミリーマートで13店舗目
「地域コンビニ大戦争」

 東日本ハウス(東京本社)不動産事業部が建設を進め、すでに第1棟目(全101戸)が完売御礼・完成済みで入居完了、第2棟目(全51戸)も完売御礼で建設中・来年4〜5月には完成し入居へ。そして3棟目(全106戸)の建設工事にも着手している18階建て免震タワーマンション「ワザック函館・五稜郭」の敷地内(東日本ハウス所有地)にコンビニエンスストアが11月中頃オープンする運びになった。

 東日本ハウスから発注を受けたタウン企画の施工で建設が進められているコンビニで、まだ開設してオープン間もない行啓通下の道新函館支社ビル1階のファミリーマート函館1号店に次ぐ、ファミリーマート函館2号店として開業する。



 このコンビニ店舗は東日本ハウスがワザック函館・五稜郭の建設当初から計画していたもので、ワザックマンション購入・入居者は無論のこと、周辺の中小幾多のマンションや地域住民に利便性をということからコンビニ・ファミリーマートとして実現を見ることになった。

 場所は2棟完成目指して建設工事が着々進行中のワザック函館・五稜郭の第3棟目「タクミコート」の裏手ながら、幹線道路である本町交差点から新世橋・宮前町に通じる道道五稜郭公園線に面したところ。マンション「ガーデンテラス函館」横隣り、HBC函館放送局やアミューズメントプラザ・バボッツ函館の並び。

  ◆    ◆    ◆

 ワザック函館・五稜郭足元におけるコンビニ「ファミリーマート」函館2号店は、すぐ近く梁川町から本町交差点・行啓通周辺、道新函館支社当たり、そして新世橋を渡ってすぐの宮前町、等々とコンビニが展開する中での出店で、さらなる大変な「コンビニ激戦区」となる。

 この地域一円には今や大変な数のコンビニがある。

 まず業界最大手のセブンイレブンをみれば、行啓通と本町交番隣り、新世橋すぐ近くにの計3店舗。高砂通・中島町にもセブンイレブンがある。
 ローソンは行啓通と、法華クラブ函館の斜め向かいの函館本町店の2カ所。サンクスは本町交差点近くのホテルネッツ函館1階と函館中央病院並びの2店。
 行啓通と高砂通り交差点の道新函館支社1階にはファミリーマート函館1号店、それからちょっと赤川通りに行ったところにはセイコーマート系列のハセガワストア。

 今回出店のファミリーマート函館2号店の目の前近くではホテルテトラ1階にセイコーマート。最近宮前町のカトリック教会隣りにもセイコーマートができた。

 以上、ざっと数えただけでも、5〜600bから1000bくらいのこの地域円内にすでにコンビニ全社、合計12店舗のコンビニが存在し、今度のファミリーマート函館2号店は13店舗目となる。

 次々と出現するコンビニ。最近は日が変わった途端店終いというコンビニも少なくない中、開店そして閉店と大激戦。さながら「地域コンビニ大戦争」の様相で、つぶし合いが一段と本格化する。

 なお、関係者・事情通によると、ファミリーマート3号店は、建設中の函館新道沿いの超大型書店「函館蔦屋」に予定されているといわれる。

(25.10.30)




アサヒ商会創業の第1号ガソリンスタンド 、昭和34年開設の函館亀田給油所
セルフスタンドに改装オープン!
同社函館エリア7店舗すべてセレフに。
函館・道南で最も使い勝手よく、洗い具合も抜群なセルフ洗車機も更新!


 ガソリンセルフスタンドの全国ネットワーク展開、さらに最近ではフィリピンやバングラディッシュなど東南アジアに進出し、GSの海外展開にも乗り出している(株)アサヒ商会(本社・函館、齊藤清人社長)は、創業67年の最初のガソリンスタンド、すなわち第1号店である函館亀田給油所(函館市亀田町11−6)をセルフスタンドに改装し、18日(金曜日)リフレッシュオープンした。



 亀田給油所の改装は今回を入れて5回目とし、同社第1号のスタンドとして昭和34年に開設オープン、「このスタンドはポンプ1個の時代から始まった」(齊藤社長)としている。

 

 同社は地元の函館エリアで7店舗を展開しており、この亀田給油所が最後のセルフ化で、7店全てセルフスタンドとなった。給油スタンドは3基で車6台が同時に給油でき、このセルフ化と同時に、灯油スタンドも新しくなり、さらには函館・道南で最も使い勝手がよく、洗い具合も抜群なコイン投入・セルフ方式の自動車洗車機も新しいものに更新した。

 

 リフレッシュオープンになったこの日は午後から齊藤社長ら同社関係者、取引先の北洋銀行函館中央支店の支店長らが出席して落成式を行い、この中で齊藤社長は「私はどこに行っても『原点は函館で、函館のアサヒ商会です』と胸をはっている。日本のアサヒ商会というだけではなく、これからは海外展開も積極的に行い、発展を図りたい」と語った(写真上)

 この後、齊藤社長夫妻と来賓らがテープカットを行い、改装営業スタートを見た。

(25.10.18)




函館空港ビルデング(株)増収増益の好決算
経常利益約3億3千万円、株主配当8%
<<<東 陽一代表取締役社長を再任>>>

 函館空港(国内・国際)旅客ターミナルビル・貨物ターミナルビル等を有して管理・運営する第3セクター、函館空港ビルデング(株)の定時株主総会並びに取締役会が27日開かれ、5月期決算(第43期)事業報告を行うとともに、新役員を下記のように決めた。

 今期は改選期に当たり、2年前に新社長に迎えた東陽一氏(北洋銀行出身)を代表取締役社長に再任したほか、専務取締役に勝田良知氏(ANA)、常務取締役に清水克彦氏(JAL)をそれぞれ新任した。

 同社ピロパーの水落澄雄常務取締役は再任、木村孝男取締役相談役(前社長)も再任となった。

〜役員陣容〜
▽代表取締役社長 東  陽一
▽専務取締役   勝田 良知
▽常務取締役   水落 澄雄
▽常務取締役   清水 克彦
▽取締役相談役  木村 孝男

▽取締役     中林 重雄
▽取締役     辻  秀明
▽取締役     野口 忠雄
▽取締役     芳賀 行雄
▽取締役     小笠原勇人
▽取締役     高野 元宏
▽取締役     田中 雅世

▽監査役     寺島光一郎
▽監査役     中宮 安一

 事業報告によると、営業収益は子会社合併による直営店舗等の売上げ計上や台湾線定期便の新規就航による施設使用料の増収、さらには免税売店の売上げ増によって、前期比16.4%増の19億6、762万8千円となり、一方で、全社上げての諸経費の節減努力で経常利益は前期比7.2%増の3億2、878万7千円を計上する好決算となった。
 純利益は1億4、433万2千円で、株主配当は前期同様8%。

(25.8.28)




ホンダの先進性・革新性あらためて再認識させる
今までの「トヨタのハイブリッド」と全く違う革新的な
新開発のスポーツハイブリッド「i-MMD」
新型上級セダン「アコードハイブリッド」

☆販売出足絶好調!発売後約1ヵ月で月間販売計画の約7倍!
〜函館地方でも販売好調〜


 ホンダの先進性・革新性をあらためて再認識させるアコードハイブリッドの販売の出足が絶好調だ。6月21日に発売した新型上級セダン「アコードハイブリッド」は発売後約1カ月での累計受注台数が月間販売計画の約7倍となる7、000台を超える好調な立ち上がりとなり、函館でも「出足は好調。売れている」(ホンダカーズ南北海道(株)首脳)と語っている。 

 このアコードハイブリッドは新開発のハイブリッド技術「スポーツハイブリッド i-MMD」を採用することで、ガソリン1リットル当たり30キロという軽自動車並み、このクラスの車としてはとんでもない燃費性能を実現した。 

 トヨタのハイブリッドとはあえて一線を画したHV哲学を打ち出し、今までのいわゆる「トヨタのハイブリッド」と全く違う革新的なものとなっている。

    

 エンジンと駆動系が別になっており、エンジンは発電機(モーター)を回すだけ。トヨタのハイブリッドがエンジンとモーターの配分を常に最適に制御するのに対して、ホンダのハイブリッドi-MMDはあくまでもモーターを動力の主体と位置づけた。
  低速走行中はエンジンを止めたままモーターで走行し、加速時やバッテリー容量が少なくなると、エンジンで発電し、加速や充電を行う。言うなら、モーターに電力を与えるのに、バッテリーとエンジン両方を使っている。
 エンジンのリサイクル効率が高く、頻繁にエンジンを止めてモーターだけで走ることから、ガソリン消費を大幅に減らす。

 ホンダ車ならではの走る楽しさも追求した。コーナーリング時の姿勢をコントロールし、操縦の安定性を高めるためフロントサスペンションや車の振動を吸収する新たなダンパーも採用した。
 これまでのホンダ車でもトップクラスの走行安定性を実現し、ほとんどがモーター走行ということからも、乗り心地がすごくよく、日本車の中ではトップクラスだ。

 加えて、安全技術も高度化している。従来以上の高性能自動ブレーキを採用、そして車間距離が狭くなるとハンドルを振動させてドライバーに注意を喚起する技術も導入した。

 トヨタのカムリハイブリッドがライバル視されているが、車の専門家の間ではカムリよりもクラス上がライバルとの見方がされている。
 価格は390万〜365万円。

 これら革新的なハイブリッドシステムなどが評価され、月間約7、000台の受注となり、その後も好調に売れている状況で、購入層の約7割が50代の子離れ層ということで、セダンの運転を楽しみたいという世代らに受けているようだ。

(25.8.12)





<Photoスポット> アベノミクスで建設業が活気づき、そして不動産業が動くか?
社団法人 全日本不動産協会
北海道本部函館支部 新年交礼会 盛況開催!

<<<支部長(北海道本部理事)の角田隆芳(株)ホーム企画社長(写真/すぐ下)あいさつの中で、
自民党の政権復帰・安倍第二次政権誕生、大型補正予算・公共事業拡大などによる
景気対策、2015年度北海道新幹線新函館開業等で不動産業活発化に期待感表明>>>

〜工藤寿樹函館市長はじめ、川尻秀之道議、工藤篤函館市議、山本正宏北斗市議出席。
そして前田一男衆院議員(道8区選出)もかけつける/25.1.25 ベルクラシック

 

△新年交礼会冒頭あいさつする角田隆芳函館支部長




△北海道本部
から副本部長もかけつけてあいさつ



△工藤寿樹函館市長




△函館支部・新井田政人副支部長の発声で祝杯し、宴入りとなり、大変な盛り上がりとなった。




△工藤市長と懇談する角田支部長(ホーム企画社長)。工藤市長は金曜日とあってこの夜の宴会4件はしごとか。




△3年3ヵ月ぶりに政権復帰し、先ほど東京から帰ったという川尻秀之道議で上機嫌の様子だった。


       

△工藤篤函館市議(左)、山本正宏北斗市議
(右)

(25.1.26)





◆函館・道南の景気「一部に幾分弱めの動きみられるものの、全体として持ち直し」
日銀函館支店発表・道南地方の経済動向(7月分)

/個人消費:一部弱めの動きながら全体として自動車販売を中心に底堅い動き。公共投資:国、地方、公共団体基調として減少傾向ながら、
新幹線関連下支え。設備投資:医療・福祉堅調、水産関連動意みられるが全体として低水準。住宅投資:横ばい圏内。
観光:持ち直し傾向を持続。生産:造船操業安定。水産加工代替え需要の増加に一服感みられるが、
全体として高めの操業度維持。電子部品は低水準。雇用:引き続き厳しい状況にあるものの、持ち直してきている。

(24.8.4)



ホンダカーズ南北海道(株)産業道路沿い・函館市鍛冶2丁目で
本社新社屋・ショールーム新築 着工!

〜地鎮祭行い、松本榮一社長が鍬入れ(4.29)〜
鉄骨造り2階建て、1階ショールーム、2階に本社機能移転。函館初の全面的「エコ」導入のカーディーラー社屋・店舗
函館の東側における販売強化の店舗大型投資で、9月完成・オープンへ

 かねてから計画中であったホンダカーズ南北海道(株)(本社・函館市昭和4丁目、代表取締役社長・松本榮一氏)の本社新社屋の建設が具体化し、4月29日午前、松本社長と黒田博史副社長ら同社幹部、内輪関係者、そして工事関係者が出席して、地鎮祭を行い、着工の運びとなった。

 建設地は産業道路沿いほぼ真ん中に位置する函館市鍛治2丁目で、同社「ホンダカーランド店」の中古車展示場として使っていたところ。産業道路・東山墓園線交差点から少し湯の川方面よりの場所。
 

 鉄骨造り2階建て、1階にショールーム、2階に本社機能(現在の昭和4丁目から移転)を置く延べ2、000平方メートルの本社新築で、今年9月に完成、オープンする。屋上に太陽光パネルを設置すなど函館地方で初めて全面的に「エコ」を導入したカーディーラー新社屋・ショールームとなる。

 設備を含めた投資額は約5億円で、同社の資産・不動産などの管理会社、マツモトホールディング(株)(函館市昭和4丁目、松本昇久社長)ガ建設する。施工は(株)松本組(本社・函館、芝原廣一社長)。

▽直会で感謝の意を込め、本社新築に至ったとあいさつする松本社長



 同社は室蘭・苫小牧地区にも販売網を有する道内はもとより全国的にも屈指のホンダ有力ディーラーで、創業の地・函館地区では国道5号線沿いの昭和4丁目に本社店舗(函館昭和店)、同じく5号線に函館亀田店とオートテラス函館店、そして北斗市追分の大野新道沿いに北斗大野新道店など構え、言うなら函館の西側エリアは万全の体制にある。

 これに比べて函館の東側は手薄の感があった。このため、今回の鍛冶町2丁目・産業道路沿いでの新社屋・ショールーム建設は、本社機能の移転・拡充とともに、背景人口13万人とされるこの東側一円の商圏における販売力強化を狙った大型投資ともなっている。

 なお、新社屋建設の一方で、店舗網の再構築から、小規模店舗であった函館西桔梗店と函館産業通店の2店舗を2月に閉鎖した。



(24.4.30)



アサヒ商会のガソリンスタンド全国ネットワークさらに拡大!
この春すでに長野県・岐阜県で各2店舗の計4店舗開設

 (株)アサヒ商会(本社・函館、代表取締役社長・齊藤清人氏)のガソリンスタンド(GS)の本州各地への全国ネットワーク拡大が今年に入ってもさらに進んでいる。
 南進政策はますます活発化し、すでに全国ネットワークは30カ所をゆうに超えている。

 今年に入ってこれまでをみると、3月に1日、長野県佐久市岩村田に岩村田給油所、翌2日には同じく長野県諏訪市中州に諏訪給油所というように2店舗相次いで開設したのを皮切りに、3月12日には岐阜県大垣市で大垣給油所、そして4月4日には岐阜県岐阜市で岐阜給油所を開設するという具合。

 春の訪れとともに、ここにきて一気に4店舗の開設を見ている。北海道からみていると、武田信玄や織田信長などの戦国時代ドラマで出てくる地名が続々と給油所名に登場してくる感じにあり、全国制覇への快進撃が続いているみたいだ。

 各給油所・スタンドの開設全てに齊藤社長自ら出向き、地元の関係者と一緒に開所式・テープカットを行い、大歓迎されている。

 ガソリン高騰の折、地域最安値を打ち出し、激安スタンドとしてオープンにはマイカーなどが押しかけ、長蛇の列をなしている人気ぶりだ。


(24.4.2)




渡島合同庁舎前一帯、大型複合商業施設化へ!
既存の大型スーパー「ア・ドマーニ美原店」と地元大型書店「栄好堂美原店」と並んで
新しく「ラッキー衣料品ディスカウント」と「サツドラ」今年夏新規オープン


 渡島合同庁舎前の函館市美原3丁目13一帯が今年の夏に向けて大型複合商業施設化することになった。
 これまでこの一帯・界隈にはアークスグループの大型食品スーパー・ビッグハウス「ア・ドマーニ美原店」と、地元経営の大型書店で文具も取り揃える「栄好堂美原店」が存在し、またア・ドマーニの上(2階建てスーパー建物の2階部分)に焼肉店などの飲食店があって、広範囲な新興住宅地をバックグランドにして両店ともに人気高く、賑わいを見せ、今日に至っているが、ア・ドマーニの横、かつて函館三菱自動車販売(経営破綻し、廃業)本社があったところに、北雄ラッキー(札幌)の衣料品ディスカウント(718平方メートル)と、ドラッグストア「サッポロドラッグストア」(872平方メートル、通称サツドラ)が今年8月初旬オープンを目指して新開業の運びとなった。

 このラッキー衣料品ディスカウントとサツドラ両店を土地所有の函館の北海道ハウス(株)(函館市美原1丁目)が店舗を建て、誘致することになり、すでに1月26日に「美原複合商業施設」として店舗新設に係わる説明会を開催し、明らかになった。

 つまりは美原3丁目13一帯・渡島合同庁舎前の道路に面して、長方形型の土地格好の中で、書店の栄好堂美原店、スーパー・ア・ドマーニ、北雄ラッキー・衣料品専門店、サッポロドラッグストアが並ぶ形になるもので、各店舗間の相乗効果が確実視され、大型複合商業施設に発展する方向となった。

 ちなみに、サツドラは函館市内でここ数年来、大手のツルハドラッグストアに負けじと多店舗展開しており、またラッキーは札幌の有力スーパーとして知られ、函館では昨年11月に衣料品専門店としてのディスカウント1号店を人見町のコープひとみ店の横にオープンさせたばかりで、早くも函館市内2店目開設となる。

(24.2.10)





函館の数少ない宅地等土地開発の有力業者、(株)タウン企画(西山慎也社長)
市内昭和町1番一帯・通称「三角地帯」約5ヘクタールの宅地造成に着手
「マイタウン昭和」として来春には分譲開始!


 今や函館の数少ない宅地等土地開発の有力業者である(株)タウン企画(代表取締役社長・西山慎也氏、函館市美原2丁目23番14号)は、函館市昭和町1番1ほか25筆の5ヘクタールの土地に関し、この11月14日付で開発行為の許可を取得したことを受けて、11月21日午後、地鎮祭を行い、宅地造成に着手した。

 場所は西桔梗・産業道路の内側、かつて地場工業団地として造成されたところの下、川を挟んだ函館湾浄化センター・昭和公園に道路一本で隣接する昭和町1番一帯で、通称「三角地帯」といわれる5万0、238平方メートル。JR五稜郭機関区の裏手にあたり、大野新道に近く、市立函館病院にも近い。アークスや魚長の食品スーパー、大型店・上磯ダイエーにも車ですぐの好立地で、閑静な住宅地として最適とみられてきた。

 長い間、開発が取り残されてきたが、市街化編入となり、地権者らの強い要請を受けた西山社長の(株)タウン企画が買収し、開発許可申請し、11月14日付で(株)タウン企画に対して正式許可が下りた。

 宅地造成し、分譲することになっており、工事施工(株)マルシン水島組(代表取締役・水島伸一氏、函館市神山2丁目5番13号)で21日午後地鎮祭を執り行い、着工した。

 「マイタウン昭和」として分譲する計画で、第1次分譲は69区画、次いで第2〜3次分譲として60区画前後を予定している。西山社長は「坪当たり10万円を切る価格で販売することになる。来年春の3〜4月頃には第1次分譲開始を予定している」と語っている。

(23.11.22)


JR函館〜札幌間の「スーパー北斗」「北斗」グリーン車座席
10月20日からリニューアルデビュー、グレードアップ!


 JR北海道は10月20日から順次、函館〜札幌間の「スーパー北斗」(281系、283系)と「北斗」(183系)、札幌〜釧路間の「スーパーおおぞら」(283系)のグリーン車座席をリニューアルデビューさせる。

 プライベート空間の確保、便利さ追求、高級感の演出の3点をコンセプトにリニューアルとなったもので、具体的には座席、仕切壁、カーペット、カーテンをそれぞれ取り替え、283系では荷棚の変更、灯具の変更、天井の取り替えも行う。

 スケジュール的には、283系は10月20日(木)、281系は10月23日(日)に1両ずつデビューする予定とし、2013年3月まですべてリニューアルする。

 この改装は1993年以来で、座り心地のいい座席にするとしており、肘掛けには携帯電話の充電ができるコンセントが設けられ、枕部の横には読書灯も設置する。
 これら特急のグリーン車は全部で10両あり、リニューアルの事業費は約4億円。

(23.10.17)




東日本ハウス、2011年度もこれまでに3賞受賞!
グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、国交省「長期優良住宅先導事業」に採択


 東日本ハウス(株)(東京本社・東京都千代田区飯田橋4丁目、代表取締役社長・成田和幸氏)は、2010年度に全国7万4千社の中で達成企業わずか2社の一つとして、グッドデザイン賞「3LCC−HOUSE」、キッズデザイン賞、住まいのリフォームコンクール優秀賞、そして国交省の「長期優良住宅先導的モデル事業「採択の4賞を受賞したが、2011年度もこれまでにグッドデザイン賞として「Zikuの家」はじめ、キッズデザイン優秀賞、国交省「長期優良住宅先導事業」に採択というように3賞を受賞した。

 グッドデザイン賞に選ばれた「Zikuの家」(写真パース/下は、東日本ハウスならばの伝統的な軸組(真壁)構造で、圧倒的な開放感のある日本の家らしい存在感のある家。風通しの良い省エネの住まいでもあり、国産檜を使い、強い壁、強い床で耐震性・耐久性を向上し、さらに付加断熱で高断熱化している。
 この「Zikuの家」は来年1月からの発売を決定している。グッドデザイン賞の受賞は3年連続。



 キッズデザイン賞は、2年連続の受賞で、「『子どもたちを守ります』の工事現場」が選ばれた。「子どもになにか危険があったとき、近所に頼れる場所や頼れる人がいますか?」ということで、東日本ハウスの工事現場は建築中であるが、そんな子どもたちが頼りにできる人がいる場所にしている(「子どもたちを守ります」という工事シートをかかげる)ことが評価された。
 東日本ハウスの建築現場は「子ども110番」活動の場ということ。

 国交省「長期優良住宅先導事業」採択は、3年連続で、「住まい手参画型『三位一体リフォームシステム』」が採択された。

(23.10.8)








「ワザック函館・五稜郭」(WAZAC)第1弾「ミヤビコート」全101戸
第1期30邸(30戸)を先着販売開始!
最高級マンション・衝撃的な未だかつてない破格の売り出し!
例えば、2LDK・1960万円を頭金0円・ボーナス0円で毎月5万5100円
3LDK・2490万円を頭金0円・ボーナス0円で毎月7万円
4LDK・2610万円を頭金0円・ボーナス0円で毎月7万3373円で購入できる


 東日本ハウスが函館市梁川町の高砂通りで建設を進めている函館最高層マンション、市内初の免震構造採用、18階建・3棟・総戸数258戸の「ワザック函館・五稜郭」(WAZAC)の販売がいよいよスタートとなった。

 3棟のうちの第1期物件として着工している「ワザック函館・五稜郭」ミヤビコート全101戸(鉄筋コンクリート造、地上18階建、免震構造)の第1期30邸(30戸)先着販売で、注目の販売価格は4LDKが2、610万円から、3LDKが2、490万円から、2LDKが1、960万円からという最高級マンションとしては破格の売り出しとなっている。

 例えば、2LDK・1、960万の場合、35年ローンで頭金0円、ボーナス0円で毎月5万5、100円で購入でき、3LDK・2、490万円の場合では頭金0円、ボーナス0円で毎月7万円、4LDK・2、610万円の場合でも頭金0円、ボーナス0円で毎月7万3、373円で手に入れることができるという函館で未だかつてないような衝撃的な販売となっている。



 16日(土)には市内本町・市電通りのワザックマンションギャラリーでモデルルームがグランドオープンしている。

 この「ワザック函館・五稜郭」ミヤビコート全101戸は、来年9月中旬完成し、同10月下旬入居予定となっている。

 問い合わせ「予約制」電話は0120−005−835(午前10時〜午後5時30分)

  ☆    ☆    ☆

 ラインナップは13タイプで、個性豊かなプランバリエーションを持って、様々なニーズに応える多彩なプランを用意した。

 今回第1弾、第1期30邸として先着販売の内訳は、2LDKが9戸、3LDKが4戸、4LDKが17戸。販売価格は1、960万円〜6、470万円で、最多価格帯は2、500万円台、2、600万円台、3、200万円台、3、800万円台が各3戸。

 ちなみに、管理費は月額7、770円〜20、343円。非常に使いやすい自走式駐車場を備え、使用料は月額2、000円〜8、000円と安い。

 特徴は、24時間有人管理システム、充実したフロントサービス、関連子会社の東日本ハウスコミュニティサービスが管理業務を請け負う居住者コミュニティサポート、メディカル相談サービスなど上げられ、万全のセキュリティシステム、カラーモニター付きインターホン、防犯カメラ付き、CP認定防犯玄関ドア等々。
 そして何といっても最高級のグレードを有する、末永く安心して暮らせる住まいを全面に打ち出した、免震構造採用の最高級マンションとなっている。



 この「ワザック函館・五稜郭」についての詳細、並びに今回の第1期30邸先着販売に関しては、
東日本ハウスHP・WAZAC函館・五稜郭でも確認できる。

※東日本ハウスの最高級マンション「ワザック函館・五稜郭」については、
現在発売中のNEW現代函館・2011春季号にも関連ニュースとして詳しく掲載しています。

※東日本ハウス(株)グループは、この度の東日本大震災に対して被災された人たち救援のため、
すでに生活物資等を直接搬送して現地での支援活動を行っており、また同グループとして1千万円の義捐金を日本赤十字社を通じて寄贈した。


(23.4.17)




<<<特選ニューススポット>>>
★☆★☆★最注目の函館最大規模・最高層マンション「ワザック函館・五稜郭」
(18階建・3棟・総戸数257戸、東日本ハウス
/すでに駐車場改築・先行工事着手済み。
かつての函館西武駐車場跡地
マンションギャラリー(本町市電通り・函館中央病院並び)オープン〜3月1日〜
/16時からテープカット、17時からホテル法華倶楽部函館でレセプション、
あいさつする成田和幸東日本ハウス社長
/写真下
※写真下4番目/高砂通りにこのように出現する(完成予想CG、設計段階の図面を基に描き出しもの。あくまでもパースです)



 





(23.3.1)





(株)太陽グループさらなる経営強化図るため新体制!
専務取締役に伊藤政浩氏、そして6人の常務執行役員


 東原俊郎社長で広く知られる(株)太陽グループ(本社・札幌、資本金・10億480万円、代表取締役社長・東原俊郎氏)は、さらなる経営強化を図るため組織を変更するとともに、この1月までに、専務取締役に伊藤政浩氏が復帰、就任したほか、常務執行役員として越後谷成氏ら5人を起用、各氏を各部門担当とする新体制の導入を見ている。

 以下、新役員体制は次の通り。

▽代表取締役社長 東原 俊郎

平成23年1月1日より
▽専務取締役   伊藤 政浩

平成22年12月1日より
▽常務執行役員
 営業担当    越後谷 成
▽常務執行役員
 経営企画担当  東原 和年
▽常務執行役員
 総務担当    堤  克幸
▽常務執行役員
 経理・財務担当 藤島  勇
▽常務執行役員
 総務・コンプライアンス
 CC関連事業担当
         大野  一

(23.1.11)




〜函館の最高路線価17%もの大幅な下落〜
まち全体の衰退・弱体化を象徴し、
土地資産の年毎の下落は市民の「財産」の目減り!
石川中央や石川陵北に代表される市街地拡大が中心市街地の
空き店舗を増やし、空洞化を加速、地価下落に拍車かける―。


 札幌国税局が7月1日に相続税や贈与税の算定基準となる道内の路線価(2010年分)を発表し、道内の平均路線価は前年比6.4%減となったが、この中で函館税務署管内の最高路線価となった函館市本町の道道函館南茅部線通り(丸井今井函館店前)は前年比17%減の1平方メートル当たり22万であった。

 この下げ幅は道内2番目という大幅なもので、函館では2008年に将来の新幹線時代などを当て込み、道外資本による大型ビジネスホテルの相次ぐ開業で16年ぶりに上昇に転じたが、一昨年秋のリーマン・ショック以降の景気急降下・低迷で投資が冷え込み、また昨年春には丸井今井函館店の撤退騒ぎ(別会社で存続)や、ダイエーグループのグルメシティ五稜郭店の閉店(空き店舗のままにある)をはじめとして周辺一帯で空き店舗が増え、これらが路線価の17%もの大幅減となった。

 17%減というのは、留萌の21.6%を除けば道内主要都市では飛び抜けた下落で、深刻といっても過言でない。

 08年の上昇は市内で局地的な一時の現象とみられ、人口減少相まって市街地全体が衰退し、特に中心市街地の空洞化がどんどん進行中であることから、基調としては下落傾向に歯止めがかかっていないのが現状だ。

 そして、言及すべきは、函館市石川中央地区や石川陵北地区に代表されるように市が市街化調整区域を市街化区域に編入するなど市街地を拡大していることが地価下落に拍車をかけていることで、郊外で宅地造成が行われ、それと共にスーパーなどが張り付くことによって中心市街地で空き店舗がさらに急増、空洞化が加速。このことは人口減の中でまち全体の衰退を招くものとなっている。

 歯止めのかからない地価下落、まち全体の衰退・弱体化は、土地資産の年毎の下落を意味し、市民の「財産」の目減りと言えるわけで、函館の現状の一端を示している。

(22.7.4)


<<<ニューストピックス>>>
◆「函館観光今年に入り回復基調にあり、飛躍に向けたリスタートの年」
「道内外で競争激化しているが、住んでよし、訪ねてよしの函館づくり進め、観光の発展図る」
(木村孝男会長あいさつ、写真下左
社団法人函館国際観光コンベンション協会・通常総会開く、5.26
○東北新幹線新青森開業に向けた取り組み
(北関東・東北地区へのプロモーションや
仙台地区マスコミを活用したプロモーション・コラボレーション事業等)
箱館奉行所オープニングに伴う
プロモーションなど各種多彩な今年度事業計画決める。

○恒例の観光事業功労者・優良従業員表彰も
〜観光事業功労者賞に同協会前会長の故沼崎弥太郎氏(エスイーシー・永井英夫社長受け取る)

(22.5.26)