函館電子新聞
ニュースファイル2001.1−3
競輪事業部長に藤谷氏、監査委事務局長に福士氏!
水道局営業部長に小野環境部次長、住都施設公社事務局長に牧都市建次長、
市教委生涯学習部長に桜井商観部次長がそれぞれ昇格


次長職への昇格7人、課長職への昇格10人/全体では85人の異動


 函館市は、27日午後3時から、部長、次長級21人と課長クラス59人、課長補佐職5人の幹部人事を内示、発表した。全体で85人の異動で、このうち昇格が23人となっている。4月1日付。

 部長クラスでは堀田嘉治郎競輪事業部長ら5人が退職し、競輪事業部長には藤谷清一郎市教委管理部長、監査委員会事務局長に福士進市教委生涯学習部長が回った。
 他退職の水道局営業部長の後任には小野知博環境部次長、住宅都市施設公社事務局長に牧鉄雄都市建設部次長、市教委生涯学習部長には桜井健治商工観光部次長がそれぞれ昇格した。

 次長クラスでは、商工観光部次長(観光室長兼務)に三佐川稔企画部次長が回り、後任の企画部次長に岡田芳樹同部計画推進室長、同じく次長に同政策推進室長兼務で里見滋同計画推進室政策課長が昇格。市民部次長には和田幸彦中央卸売市場長。
 さらに、環境部次長に村上一夫同部管理課長、都市建設部次長に佐藤吉見同部都市計画課長、函館駅前周辺整備事務局次長に丸山泰三同事務局計画調整課長、中央卸売市場長に山本能史中央福祉事務所児童家庭課長、市教委学校教育部次長に熊木賢也市教委庶務課長がそれぞれ昇格となった。課長職から次長への昇格は7人(消防本部含め)。

 また、函病事務局次長に高橋邦充交通局管理運輸部次長、福祉部参事2級(社会福祉法人函館市社会福祉協議会派遣)に田島基義函病事務局次長が横滑りとなった。

 課長職の異動は59人で、このうち同職への昇格は10人となっている。

 今回の幹部人事では、昨年とは打って変わって特別職の異動はなく、退職する部長・次長の補充と、課長クラスの異動が中心の小規模なものとなった。

(3.27)


競輪事業部長に藤谷市教委管理部長起用へ
市、部次長と課長職人事、今日午後3時内示、4時発表


 函館市の部次長、課長職人事が、27日午後3時に内示、同4時記者発表となる。

 今月末で退職する部長職は、定年の堀田嘉治郎競輪事業部長、富樫勝彦農業委員会事務局長のほか、小杉征夫水道局営業部長、菅原節夫市住宅都市施設公社常務理事、松谷岩男監査委員会事務局長の5人で、堀田競輪事業部長の後任に藤谷清一郎市教委管理部長(同管理部は新年度から廃止)を充てるなどの補充人事と、小杉水道局営業部長に小野知博環境部次長を起用するなどの昇格人事になる。

 課長職人事も同時に行うことになり、全体で80人程度になる模様だ。4月1日付け発令。

(3.27)


市営函館競輪4月7日開幕!

今年は本拠地で63日間開催し、夏から全面改装工事入りへ
不足の6日間は、青森で3日間、いわき平で6日間それぞれ開催

 函館の本格的な春を告げる一つである市営函館競輪が、4月7日開幕する。
 今年は長年の念願である同競輪場の全面大規模改装が夏から始まるため、4月7日の開幕以降、6月下旬の「ふるさとダービー」4日間を含めて、8月19日までに63日間のレースを行い、改築・改修工事に入り、9月6日までの18日間は完全に閉鎖する。

 そして、9月7日からは仮設の車券売場で業務再開となる。
 全日程は72日間であることから、不足となる6日間については、3日間を青森競輪場、6日間を福島県いわき市のいわき平競輪場を借りての函館競輪の開催となる。本拠地以外の競輪場を借りての開催は初めて。

 2002年度は全面改装が完成する7月まで休止し、開催日数は60日間程度になる見込みだ。
(3.9)

市、28日に4月1日付け部次長を内示
定年退職する競輪事業部長の後任など補充人事に


 函館市の井上博司市長は、28日、今3月予算議会定例会の終了後、部次長人事を内示する。

 3月末で定年退職となる堀田嘉治郎競輪事業部長らの後任補充人事などに止まる見通しで、4月から組織機構改革の一部見直しが実施され、この中で市教委の管理部が廃止され、また東京事務所が総務部から企画部の所管となり、事務所長がこれまでの部長職から次長職にになるなどの絡みで、競輪事業部長の後任人事などが行われる状況となってきている。

 西尾正範企画部長や工藤寿樹財務部長ら中枢の異動があるかどうか、両部長の処遇、ポストなど注目されたが、今回は現状維持の方向となっている様子にある。
 28日内示、発表され、4月1日付けの発令となる。部次長人事に次いでは、1週間後くらいに課長クラスの人事が行われる。
(3.26)

31日最終に、「市民利用者への感謝」を込めて、市営バス運行終了式
1日始発前には、函館バスへの移管セレモニー!


 新年度入りの4月1日から、函館市営バスの経営・運行が函館バスに移管され、市バスの民営一元化がスターとするが、市営バスの最終となる3月31日(土)夜に、市営バス・日吉営業所運行終了セレモニーが行われるほか、4月1日始発時間には日吉営業所移管セレモニーが予定されている。

 まず、市営バスの日吉営業所終了式は、31日22時28分から日吉営業所構内で行われ、市民利用者へのお礼、乗務員への花束贈呈、運行終了にあたってのあいさつなどがある。
 これより先には、30日からは日吉路線運行の10車両に、市民利用者への感謝の前面幕が取り付けられ、運行する。

 4月1日の日吉営業所・函館バス移管セレモニーは、6時35分の始発を前に、同営業所整備工場前で6時15分から始まり、岩船寛函館市交通局長、出浦一誠函館バス社長の各あいさつ、岩船交通局長から出浦社長へのゴールデンキー譲受、始発運転の沼畑運転者への花束贈呈など行われる。
(3.26)

いよいよ函館・道南の各ゴルフ場、シーズンオープンへ!函館市内と鹿部が先陣切る

 いよいよゴルフシーズンのオープンだ。

 毎年、一番シーズンオープンが早い函館パークカントリークラブが、すでに3月25日にオープンしており、これに次いで、鹿部カントリークラブが3月27日にオープン済み、さらに今週末の土曜日、31日にはナイス函館カントリークラブが開場となり、日曜日の4月1日には函館ゴルフ倶楽部がシーズンオープンする。

 そして、4月7日には大沼レイク、14日から20日、4月下旬と全てがオープンを予定している。
(3.28)

絵画、陶芸、染め物など幅広く、目を見張る作品ばかり一堂に!
「片岡鶴太郎展」開幕。初日、トークショーも/丸井今井函館店


 本サイトで既報の丸井今井創業130年記念の大型イベント「片岡鶴太郎展」が、15日から同函館店7階大宴会場で開幕した。初日・15日午後3時からは6階のレストランで来函した鶴太郎のトークショーも行われ、主婦ら200人近くがかけつけ、鶴太郎のユーモアたっぷりのトークを楽しんでいた。16日午後1時からは鶴太郎のサイン会も行われる。

 テレビタレント、俳優である片岡鶴太郎は、絵画、陶芸、染め物など画家、書家としても有名で、その才能ぶりは広く、高く評価され、大変なものがある。すでに草津に片岡鶴太郎美術館を開館させているほどにある(98年12月)。

 その芸術家「片岡鶴太郎」の作品を一堂に展覧し、開催となったのが今回の丸井今井創業130年記念「片岡鶴太郎展」で「片岡鶴太郎の織と染ギャラリー」も同時開催している。この個展無論、函館では初めてで、ほか道内でも札幌の丸井今井本店での開催だけという見逃せないイベントとなっている。

 西陣織に魚を描いた作品はじめ、非売品の陶芸作品、あるいは着物に絵付けをした大作、等々どれもこれも目を見張る作品が幅広く展示され、期待通りの、実に見応えのある個展となっている。

 入場料は一般600円、大学・高校生400円、中学生以下無料で、3月25日まで開催される。
(3.15)



藤岡眼科のサテライト・新診療所「上磯藤岡眼科」
4月5日開院オープンへ!立派な眼科医院の誕生!


 医療法人「秀真会」藤岡眼科病院が、七重浜に建設を進めている同病院のサテライト・新診療所「上磯藤岡眼科」が近く完成の運びとなり、新年度早々の4月5日、開院の予定となった。

 サテライト診療所といえども、鉄骨造2階建て延べ603・3平方。の本格的な立派な眼科医院がお目見えしてきている。場所は、発展著しい七重浜一円の国道228号線沿い、ネッツトヨタ函館七重浜支店の隣りとなっている。駐車場も完備し、交通アクセスのいい、利便性のある郊外型の眼科医院の誕生となる。
(3.9)

<関連記事>
 函館の代表的な眼科病院として広く知られ、白内障等々の治療で評価高い、医療法人「秀真会」藤岡眼科病院(函館市大手町18ー9、藤岡敏彦理事長)が、上磯町七重浜7丁目の国道228号線沿いに(ネッツトヨタ函館・七重浜支店隣接地)に、本格的なサテライト・新診療所として「上磯藤岡眼科」を来春4月に開設オープンする運びとなった。

 敷地2、331・7平方。(約705坪)に鉄骨造2階建て延べ603・3平方。の診療所を建設、開所するもので、すでに10月28日に安全祈願祭を行って着工している。

 同地区一円は、近年、新興住宅地がどんどん出来るとともに、従来からの企業・事業所に加えて、大型店やディスカウント等々が続々と立地するなど発展著しく、函館近郊周辺3町や松前、江差方面の外来患者の利便性を考え、21世紀の新たな時代の幕開けに合わせて新診療所開設に踏み切った。

 新診療所「上磯藤岡眼科」は、医師1名、看護婦、事務員ら12名でスタートする。
(11.10)



金沢運送、首脳人事/金沢正光氏、代表取締役会長に就任し、
代表取締役社長に金沢清一常務が昇格!専務に谷藤雅司氏


 函館の大手運送業者、(株)金沢運送(本社・函館市昭和2丁目9−8)は、先般までにトップ人事を行い、創業以来38年間、社長を担い、今日の隆盛を築いた金沢正光氏が代表取締役会長に就任するとともに、代表取締役社長に常務であった金沢清一氏が昇格した。新任の金沢清一社長は金沢新会長の長男。

 また、専務ポスト設け、新専務に関連会社、カナザワ商事(株)代表取締役の谷藤雅司氏が就任、常勤となった。谷藤専務は金沢会長の娘婿。
 この首脳人事は2月1日付けで行われ、21世紀・新世紀を迎え、首脳陣の世代交代を図り、次なる社業の発展を期すことになった。
(2.21)

来年3月閉鎖決定の横津の函館カントリークラブ、
預託金は今年4月一杯までに全額返還

<会員権騒動が一般的なご時世下、30年間の赤字経営乗り越え、今時、立派な後始末>

 横津岳でスキー場とゴルフ場を経営する東京火災海上保険の関連会社、(株)東管は、20日午後1時半から函館国際ホテルで記者会見し、両施設を来年3月で閉鎖することを正式に発表するとともに、ゴルフ場「函館カントリークラブ」の会員権に関して、預託金を今年4月一杯までに全て返還することを明らかにした。

 この2月23日にメンバー690人全員に返還の通知を行い、4月一杯までに預託金を返還する。45万円から最高で270万円ということで、総額3億7千7百万円。690人に約半分が地元函館関係という。

 預託金は4月一杯で返還となるが、会員は最後となる今年のシーズンは従来通り会員料金でプレー出来るとしている。

 来年3月の閉鎖後、売却する方針を決めているが、これについては、「これから買い手を探す。北海道地区に限定せず、東京海上火災のネットワークを通じて探したい」とし、この間、「閉鎖後も若干の要員を残してメンテナンスはして行く。売却が難しい場合は、植林など考えている」と語った。

 また、両施設は1971年に開設・開業したが、一時期の会員募集期(最盛期で1、100人の会員)にちょっとした黒字みたいなことがあったが、営業30年年間(来年春でちょうど30年になる)、オール営業赤字であったとしている。
(2.20)

横津のスキー場とゴルフ場、来年3月一杯で閉鎖!
数年来利用者落ち込み、これ以上は無理と判断し、売却へ

ゴルフ場会員の預託金は返還!今年はプレー可能

 函館・道南地区に市内見晴公園内の函館ゴルフ倶楽部や大沼の北海道カントリークラブ大沼コースだけしかなかった時代に、列島改造ブームの中で観光・レジャー事業に初進出し、道南地区で道外業者によるゴルフ場建設ラッシュの先陣を切った一つである、東管(株)(本社・東京、東京海上火災保険の関連会社)経営の七飯町大中山・横津のゴルフ場「函館カントリークラブ」とスキー場「横津岳国際スキー場」が、ここ数年来の利用者減から、「企業努力をしてきたが、これ以上やっていてはゴルフ場会員にも迷惑をかけることになり、また授業員の退職金なども払えなくなってしまうなど、破綻が目に見えている」(東管関係者)として、来年3月で閉鎖することを決定。両施設とも売却する方針を明らかにした。

 関係者の話だと、「(ゴルフ場は)1昨年の99年に利用者が1万人を切り、昨年は7、300人で、落ち込みが甚だしいものとなった」という。

 この点、親会社の東京海上火災として、関連会社への株式・資本の持ち合いということで今日、保険業上の問題もあり、全く資本関係のない第3者に売却する方針となった。

 同ゴルフ場の会員は690人(昨年12月現在)おり、3億7、700万円になる預託金は返還する。パートを含む授業員52人については道内外への就職の紹介を含め全面的に協力したいとしている。

 20日午後1時半から関係者が記者会見して正式に発表する。
(2.19)

事業主・リーシングが日本ヒューム管跡地に建設する函館地区最大級の大型複合商業施設の今秋10〜11月が事実上決定/ユニクロ函館初出店など5店舗とサテライト医院も開設

環境・交通問題は道路幅拡張部分の土地寄付で難関突破

5月中旬着工予定、工事費20億円近くで、地元業者に発注の公算


 函館市昭和1丁目の日本ヒューム管跡地で計画されている函館地区最大級の大型複合商業施設で、事業主(設置者)の北海道リーシングシステムM(本社・札幌)は、1月29日付けで道(渡島支庁)に出店申請・届け出を行い、これを受けて道は2月20日公報でその内容を公告する。

 リーシングから委託され、この商業施設計画を推進してきたコンサルタント業者(札幌)によると、届け出は、開店時期を大店立地法に沿って計画申請8カ月後の9月29日とし、施設はメーンゾーンとして3千8百坪内外の建物が建てられ、これにホームセンターのホーマック、ホクレン商事のスーパー、スポーツ用品のゼビオが入り、他、カジュアル衣料品のユニクロ、ドラッグストアのツルハの各店舗がレイアウトされる形になっており、加えて、医療棟が設けられ、これまでに内科、小児科、歯科などの入居希望が寄せられているといい、2科程のサテライト医院が出来ることになっている。駐車場は1千百台収容。

 工事費は18億〜20億円になるのではとされ、着工は5月中旬が有力のようで、リーシングではこれまでの旭川や札幌での店舗建設で地元業者に発注していることから、函館の場合も地元業者のJVになるのではと語っている。

 大店立地法における最注目点の環境・交通問題に関しては、該地・産業道路と反対側の市道「桐花通り」の交通渋滞云々で、事業主のリーシングが道路幅拡張・整備のために桐花通りの道路沿いを寄付するという承諾書を提出。これが決め手になって、環境・交通問題の難関を、いわゆる事前申請で突破した格好になった。

 今後、一連の手続きがあるが、難関の環境・交通問題をこれまでの長きにわたる事前協議でクリアした格好にあることから、申請後8カ月以内には出店ゴーになる見通しで、地区最大規模の複合商業施設「函館昭和タウンプラザ」(仮称)の今年10〜11月頃の開業オープンが、事実上決定の様子となった。
(2.14)

台湾からのチャーター便、実質的に通年運航へ!
今年5〜10月に台北間で50便、高雄間で6〜8月10便運航を沼崎訪問団に表明

 函館・道南への観光客誘致・宣伝のために、2月22日出発し、同25日帰国した沼崎弥太郎函館国際観光コンベンション協会会長を団長とする台湾訪問団によると、中華航空など台湾の航空会社訪問で、中華航空が今年春以降も台北ー函館間(函館に入って函館から帰台北))に、5〜6月に16便、7〜10月に34便の計50便のチャーター直行便を運航する意向が明らかになり、また、10〜11月に別枠で台北ー函館・旭川間に9便を運航する計画が示された。

 中華航空の子会社、マンダリン航空も、6〜8月に高雄ー函館間に、10直行便を運航することが明らかになった。

 台湾から函館空港へ乗り入れする中華航空を中心とするチャーター便は、昨年10月から一気に本格化、大量化し、この2月中旬までに中華の子会社のマンダリン航空と、エバー航空も含む3社合計で、109便、22、035人にも達している。

 3月、4月にも予定されており、今度の沼崎訪問団の帰国報告相まって、台湾ー函館間のチャーター便が実質的に通年運航に踏み出す方向となった。
(2.26)

函館で初のサッカーJ1・公式戦!
4月29日、コンサドーレ札幌対ガンバ大阪

 コンサドーレ札幌が昇格を果たしたことから道内サッカーファンが一段と注目するサッカーJ1は、3月10日に開幕するが、このJ1のコンサドーレ札幌の公式戦が4月29日(日)に函館でも開催されることになった。

 第6節として大型連休最初の日曜日である4月29日にコンサドーレ札幌対ガンバ大阪戦が行われることに決定したもので、函館市千代台公園陸上競技場で午後1時キックオフ。

 J2であった昨年4月にもコンサドーレの試合は対モンディオ山形戦が行われたが、今度は格の違うJ1の公式戦。ガンバ大阪は昨シーズン第2ステージで終盤まで優勝を争ったチームであり、白熱した試合が予想される。昨年の対山形戦では1万1、272人の観客を集めており、今度はJ1の試合でもあり、それこそ満杯の1万5千人ぐらいが集まるのではとみられている。

 今年J1昇格のコンサドーレの道内最初の試合は、4月7日(土)の室蘭で、対東京V戦。これに続く道内でのコンサドーレの試合であり、サッカーファンのボルテージは相当なものになりそうだ。
(1.31)

27年ぶりのSL列車「SL函館・大沼号」を
今年の函館・道南観光の起爆剤に!

大々的にPR、運行期間中に駅前バザール開催など/推進協議会発足


 JR北海道が27年ぶりに、今年の4月下旬から6月上旬にかけてSL列車を函館本線の函館ー森間に運行する計画が発表され、SLファンや観光業者などに大歓迎されているが、JR北海道は無論、函館市をはじめとする沿線の関係機関上げてこれを盛り上げようと、「函館・駒ヶ岳SL運行推進協議会」が1月18日に発足した。

 函館市と、七飯町、森町などの駒ヶ岳周辺4町、JR北海道、それに渡島支庁や函館国際観光コンベンション協会などが参加し、会長には井上博司函館市長が選任され、540万円の予算で、PRポスターや沿線の観光案内リーフレットの作成はじめ、スタンプラリー、発車イベントの開催、特産品を各停車駅で販売するという駅前バザールの開催が決まった。

 SL運行を函館・道南への観光客誘致に強く結びつける方針を打ち出している。

 SL列車の運行は、
▽4月28日〜5月13日の毎日
▽5月19日〜6月10日の土、日、祝日
 となっており、SL運行は1973年以来。函館ー森間に「SL函館・大沼号」が走る。
(1.20)


片岡鶴太郎がくる!3月15日〜25日まで、
話題性十分・見逃せない・注目の「片岡鶴太郎 展」

創業130年迎え、攻めの経営打ち出す丸井今井<函館店>
今年は大型イベント続々!2月22日には大改装オープン


 片岡鶴太郎が来る!本道地場最大の百貨店、丸井今井は今年で創業130年を迎え、函館地区百貨店・大型店の一番店である丸井今井函館店にあっても、2月22日(木)の第一弾・大規模改装オープンを皮切りに、クレオご優待カードの更なる会員確保戦略相伴って、攻めの営業展開を強く打ち出す段となっているが、この中で今後毎月、大型イベントの開催を予定し、2月15日〜20日の「全国うまいもの大会」に引き続いて3月15日〜25日まで、「片岡鶴太郎展」を実施することになった。

 俳優、タレントとして異彩を放つ一方で、画家、書家としてオリジナリティーあふれる才能を随所に見せる片岡鶴太郎の個展とあって、話題性十分な見逃せない文化催事として期待される。個展開催最初の15、16日には鶴太郎自らの来函も予定され、サイン会など行われることになっている。鶴太郎の個展はこれまでに例えば、昨年の正月など東京・新宿の三越特設ギャラリーで開催されたりしているが、本道では初めてで、丸井今井全店の中でも本店(札幌)と函館店だけの開催ということであり、広く注目されそうだ。

  ☆  ☆  ☆

 ときに、丸井今井函館店は、長期にわたる個人消費低迷下にありながらも、先に終わった2001年1月期で前年対比98%の147億円の売上げを記録し、前年よりも2位以下をさらに引き離して2年連続の地域一番店となった。丸井今井全店の中でも函館店は本店に次ぐ売上げで、支店網の中では断然トップの実績を誇り、1月期では利益も大幅増をみている(函館店関係者)。

 で、全社的にも再建計画がスタートして今年で区切りの5年目を迎え、業容改善は極めて順調で、このため、創業130年の今年は全店それぞれの実績、力量に応じての「攻めの経営」を打ち出している。

 この方針のもと、函館店では数年来にはないほどの大改装を打ち出し、婦人、紳士、子供の各フロアで春の実需に合わせてのブランドの入れ替え、売場の移転・レイアウトの大幅リフレッシュを実施。今回はリビングについても高級品の更なる導入、今日的なニーズのリラグゼーション商品の大拡充などにも打ち出すものとなっている。この第一弾大改装オープンが2月22日なわけで、引き続いてさらに、3月3日にも改装オープンを予定している。

 ちなみに、改装費は函館店としての持ち出しが例年の3倍強以上の約1億円ということで、これにメーカーなどの分が加わり、ここ数年来にはない大規模改装となっている。

  ☆  ☆  ☆  中期戦略<クレオ優待カード>大普及作戦!

 また、攻めに転じる函館店の中期戦略の中で、将来的に顧客の核にしようということで打ち出しているのが丸井今井独自の「クレオ優待カード」普及への積極的な展開。函館店では現在、このカード会員が3万9千人もいるということで、同会員の売上げが函館店全体の55%も占めている。

 いわば函館店の「見える顧客」になっているわけで、この会員を4万人、そして5万人に増やして行く方針を強くかかげている。
 で、会員増への起爆剤として3月からはカードの初回加入費を現在の1千7百円から一気に5百円下げて1千2百円にすることを決定した。

 売上げに占めるクレオのシェアが昨年の秋以降上がっているとのことで、「将来的に安定したお客さん」確保の大きな柱にして行くことにしている。「クレオ感謝セール」「クレオ休業日セール」「クレオ割引優待セール」等々、極めて好評といい、同カードの更なる普及を積極果断に進め、今のも増して「公平なサービスをしよう」との方針となっている。

 これら経営中期戦略の一方で、ハード面の大改装オープンと、今後の各種大型イベント・催事を組み合わせることで、創業130年を迎えての攻めの商売、売上げ増を図って行こうとの方針になっている。
(2.6)

「ホテルオールドベイ」に破産宣告。引き受け手、ヤーイ!
引き継いでホテルをやる業者が出てきてほしい、との期待感


 函館ヒストリープラザ等の金森倉庫など赤レンガ倉庫群のそば、西部ウォーターフロントで温泉付きのホテルとして5年前に計画され、工事が3階部分でストップしたままになっていたホテル「スパホテルオールドベイはこだて」(本社・函館、清水大朔社長)が、途中で融資を断られた渡島信金から第三者破産を申し立てられ、先般までに函館地裁から破産宣告を受けたことが明らかになり、今後、途中半端に投げ出された同ホテルの建設をどこが引き受けることになるか、あるいはホテルの建設そのものがご破産になるか、注目されるものとなった。

 同ホテルは、総工費33億円をもって地上8階・地下1階建ての中規模リゾートホテルとして計画され、着工したが、渡島信金から途中で融資が打ち切られて中断。着工に当たっては函館市と国、道が約8千4百万円を補助した。
 その後、渡島信金との裁判に発展し、損害補償請求訴訟などとなったが、訴えたホテル建設側の原告が函館地裁、札幌高裁とも敗訴した。この間、市民グループが補助金を認める判断を下した函館市を訴えるなどの騒ぎにもなった。

 そして、今回破産宣告を受け、負債総額約16億円となったことで、今後は破産管財人による処分の行方が注目される段となり、このホテル建設を引き受ける業者が出るかどうか、期待感とともに、行方が注視される状況となっている。
(1.24)

十字街の大型複合再開発ビル、10月着工へ
工事施工業者「伊藤・高木・森川建設共同企業体」と業務委託基本契約


 函館市内・十字街地区の活性化を図るものとして期待されている大型複合再開発ビル建設事業「末広町5番A地区市街地再開発事業」に関して、この事業主体である函館西部開発(竹田純一社長)は、1月18日、工事施工業者に決まった「伊藤・高木・森川建設共同企業体」と業務委託基本契約を締結した。

 2月に地盤調査を行い、今年10月に着工、来年9月に完成させる段取りとなった。

 業務棟と住宅棟からなる再開発ビルで、業務棟は市水道局がメーンとして入居し、鉄筋鉄骨コンクリート造り・地上4階地下1階建て。住宅棟は鉄筋コンクリート造り・地上8階地下1階建てとなる。総事業費は30億4千万円が予定され、このうち市水道局が22億5千万円を負担する。
(1.20)

道南のHP開設企業・事業所は640件、うち函館市が560件!
ホテル・飲食業を含むサービス業が37%、卸売り・小売り業が35%


 道南地区のホームページ(HP)開設企業・事業体は全体で640件。

 函館市は道南地域事業所のHP開設状況をこのほどまとめたが、これによると、全体で640件に達し、このうち函館市が560件で88%を占め、あとは上磯、大野、七飯町合わせて40件、ほか渡島管内26件、桧山管内14件となっている。

 業種別では、ホテル・旅館が約10%、飲食店が約15%で、ホテル・旅館を含めたサービス業全体では236件で37%を占めている。次いで、卸売り・小売り業が222件で35%に達し、水産加工などの食料品製造業は28件となっている。
 このデータには、道南以外に本社のある企業・事業所は除かれている。
(1.20)

新規事業として函館臨空工業団地、総事業費約31億円・第2次第2期建設の着手固まる!

市新年度予算・市長査定、29日からスタート

 函館市は、今月29日から2001年度当初予算案の井上市長査定を開始するが、各種懸案事項の中でこれまでに、新規事業として函館臨空工業団地の第2次第2期造成計画を具体化させる方向が固まった。企業誘致、地域振興・地場企業発展の重点施策としての臨空工業団地の新規造成であり、井上市政の新産業政策の目玉事業、柱ともなる。

 現在の同臨空団地から道道函館臨空工業団地線を挟んだ向かい側で、いわゆる「新臨空工業団地」を第2次第2期計画として建設しようというもので、全体の用地面積14,36ヘクタール、分譲面積7.85ヘクタールの工業団地造成となっている。分譲数にして7区画であり、総事業費約31億円が見込まれ、新年度の2001年度に基本設計・実施設計を行い、02年度から造成工事に着手という段取りが検討されている。

 景気の長期低迷を背景に動きのなかった同臨空団地への企業誘致が、昨年秋に、6年ぶりにIT関連の(株)インテリジェントウェイブ(本社・東京)の進出ということで実現し、これによって同団地・分譲地(第2次第1期分)の「在庫」(未分譲地)が2区画(約2.8ヘクタール)だけになっている現状を踏まえ、また、管外企業の誘致だけでなく、同団地の進出企業と技術提携などを図るということで地場企業にも同団地を「開放」するということも含めて、第2次第2期造成に着手することが必要と判断し、新規事業として盛り込む方針を内定した。

 同「新団地」建設地には、家畜処理場(函館化成)が存在し、この移転が問題となっていたが、同社が森町に移転することが決定したことも計画の具体化に結びつくものとなった。

 ときに、同臨空団地は、昭和63年から最初の第1次分として約14ヘクタールが分譲され、函館エヌ・デー・ケー(株)などが進出し、10区画を完売。次いで、第2次第1期の造成が行われ、6区画、約9.4ヘクタールを分譲。このうち、昨年の(株)インテリジェントウェイブを含め4区画が分譲済みとなって、今日に至っている。進出企業数にすると、現在までに11社(インテリジェントウェイブ含め)が進出している。
 分譲価格は、今残っている(2区画)第2次第2期分で1平方メートル当たり約1万6千5百円(平成12年度)となっている。
(1.15)

未来大、前期入試合格者150人を発表

 公立はこだて未来大学は7日、前期入試の合格者150人を発表した。
 
 内訳は、複雑系科学科が定員40人に対し54人、情報アーキテクチャ学科が定数80人に対し96人の計150人。
 後期入試は3月12日に行い、3月21日に合格発表となる。
(3.7)



道外人気が結構高い未来大!
全体では4割りながら、函館圏を除くと4.6割

 公立はこだて未来大学(伊東敬祐学長)は、15日までに今年の一般選抜の志願状況をまとめたが、これによると、前期・後期合わせて志願者数は全体で846人に達し、倍率は5.04倍で、地域別では函館圏が105人、函館圏を除く道内が397人で、道内全体では502人になる一方、道外は344人となっている。

 道内外別では、約6対4の割合になっているが、函館圏を除く道内外別では5.4対4.6という割合にあり、開学初年の昨年に引き続いて、道外人気がかなり高い状況となっている。

 なお、前期では、複雑系が定員40人に対して169人の志願者で4.23倍、情報アーキテクチャは80人の定員に298人で3.73倍。
 後期は、複雑系が定員16人に対し143人で8.94倍、情報アーキテクチャが32人の定員に対し236人が志願し、7.38倍となっている。

 前期入試は2月25日(合格発表3月7日)、後期は3月12日(同3月21日)に行われる。
(2.17)



「いつになったら、この寒さ終わる?」「もう沢山、いい加減にー」

 本道全体、この中にあって函館地方も例年になく連日、日中の最高気温がマイナスで、それもマイナス5〜6度前後の厳しい寒さが続いており、「この寒さ、一体いつまで続く。もう飽き飽き」などといった会話が多く聞かれるが、函館海洋気象台の話だと、最高気温がプラスになるのは、「若干上がってくる傾向にあるのですがー。向こう1週間の予報では18日にようやくプラス1度になるが、場合によってはマイナス1度もあり得る」といった様子で、何とも先が見えないほどの、異常ともいえる厳しい寒さはまだまだ続きそうだ。

 函館地方はいつもだと、雪が降ってもあまり積もることもなく、アスファルトが顔を出すが、今季は全く違う。加えて、最高気温がマイナス続きという、近年ちょっと考えられないような天候続きにある。

 最も寒いとされる2月もあと2週間。3月になれば、こんなことはないだろうと目下の厳しい寒さは耐え忍ばなければー。それにしても、この冷凍庫に入ったままのような天気。「もう沢山だー」いい加減に緩んでほしいといった声が交わされている。
(2.13)


未来大の2年目最終倍率は、前期3.89倍!
初の統一日程のもとで一定の評価され得るものに/大学関係者、一様に安堵

 開学2年目を迎え大学入試センター試験にも参加し、入試も2回目となって、その動向が注目される公立はこだて未来大学(伊東敬祐学長)の一般選抜入試・出願状況の最終結果が、13日まで明らかになった。

 これによると、前期日程入試(試験日2月25日)は、複雑系科学科が定員40人に対して出願者169人で4.23倍、情報アーキテクチャ学科が定員80人に対して出願者298人で3.73倍、全体では467人の出願、倍率3.89倍になった。
 後期入試日程(試験日3月12日)は、複雑系が定員16人に対し143人の出願で8.94倍、情報アーキテクチャは定員32人に対し236人で7.38倍、全体で39人が出願し7.90倍となっている。

 今回初めての国公立統一日程入試というもとで前後期ともに、未来志向を強く打ち出している新しい大学として、学生の注目度、人気度、そして難関度などまずは評価され得る出願状況になっている。

 この点で、2年目のこの出願状況について未来大では、「2年目で厳しいのではとの見方もしていたが、一定の出願状況(出願者数、倍率)となってほっとしている。(伊東)学長もそう受け止めている。昨年は併願出来た(前期倍率約12倍)が、今年からは統一日程という中であり、意を強くしている」(佐藤弘明事務長)と語っている。

 なお、すでに今回から初導入のAO入試(複雑系4人、情報アーキテクチャ8人各合格)と、前年に引き続いての推薦入試(同20人、同40人各合格)を終えている。
(2.13)


未来大入試、締め切り日の6日午後5時現在、
出願状況は前期3.55倍、後期6.98倍

<速報>2月6日願書締め切り(同日消印有効)の公立はこだて未来大学の一般選抜入試の6日午後5時現在の状況は次の通り。

◇一般選抜前期入試
▽複雑系 定員40人に対し、151人で3.78倍
▽情報アーキテクチャ
     定員80人に対し、275人で3.44倍
▼全体で426人の出願で3.55倍

◇一般選抜後期入試
▽複雑系 定員16人に対し、124人で7.75倍
▽情報アーキテクチャ
     定員32人に対し、211人で6.59倍
▼全体で335人の出願で6.98倍
 
 なお、未来大事務局によると、出願者は別途このほかに、80人の試験料の入金があるということで、6日消印有効ということもあって、最終的な出願者、倍率はさらに若干上回ることになろうとしている。
(2.6) 



片岡鶴太郎がくる!3月15日〜25日まで、
話題性十分・見逃せない・注目の「片岡鶴太郎 展」

創業130年迎え、攻めの経営打ち出す丸井今井<函館店>
今年は大型イベント続々!2月22日には大改装オープン

 片岡鶴太郎が来る!本道地場最大の百貨店、丸井今井は今年で創業130年を迎え、函館地区百貨店・大型店の一番店である丸井今井函館店にあっても、2月22日(木)の第一弾・大規模改装オープンを皮切りに、クレオご優待カードの更なる会員確保戦略相伴って、攻めの営業展開を強く打ち出す段となっているが、この中で今後毎月、大型イベントの開催を予定し、2月15日〜20日の「全国うまいもの大会」に引き続いて3月15日〜25日まで、「片岡鶴太郎展」を実施することになった。

 俳優、タレントとして異彩を放つ一方で、画家、書家としてオリジナリティーあふれる才能を随所に見せる片岡鶴太郎の個展とあって、話題性十分な見逃せない文化催事として期待される。個展開催最初の15、16日には鶴太郎自らの来函も予定され、サイン会など行われることになっている。鶴太郎の個展はこれまでに例えば、昨年の正月など東京・新宿の三越特設ギャラリーで開催されたりしているが、本道では初めてで、丸井今井全店の中でも本店(札幌)と函館店だけの開催ということであり、広く注目されそうだ。

  ☆  ☆  ☆

 ときに、丸井今井函館店は、長期にわたる個人消費低迷下にありながらも、先に終わった2001年1月期で前年対比98%の147億円の売上げを記録し、前年よりも2位以下をさらに引き離して2年連続の地域一番店となった。丸井今井全店の中でも函館店は本店に次ぐ売上げで、支店網の中では断然トップの実績を誇り、1月期では利益も大幅増をみている(函館店関係者)。

 で、全社的にも再建計画がスタートして今年で区切りの5年目を迎え、業容改善は極めて順調で、このため、創業130年の今年は全店それぞれの実績、力量に応じての「攻めの経営」を打ち出している。

 この方針のもと、函館店では数年来にはないほどの大改装を打ち出し、婦人、紳士、子供の各フロアで春の実需に合わせてのブランドの入れ替え、売場の移転・レイアウトの大幅リフレッシュを実施。今回はリビングについても高級品の更なる導入、今日的なニーズのリラグゼーション商品の大拡充などにも打ち出すものとなっている。この第一弾大改装オープンが2月22日なわけで、引き続いてさらに、3月3日にも改装オープンを予定している。

 ちなみに、改装費は函館店としての持ち出しが例年の3倍強以上の約1億円ということで、これにメーカーなどの分が加わり、ここ数年来にはない大規模改装となっている。

  ☆  ☆  ☆  中期戦略<クレオ優待カード>大普及作戦!

 また、攻めに転じる函館店の中期戦略の中で、将来的に顧客の核にしようということで打ち出しているのが丸井今井独自の「クレオ優待カード」普及への積極的な展開。函館店では現在、このカード会員が3万9千人もいるということで、同会員の売上げが函館店全体の55%も占めている。

 いわば函館店の「見える顧客」になっているわけで、この会員を4万人、そして5万人に増やして行く方針を強くかかげている。
 で、会員増への起爆剤として3月からはカードの初回加入費を現在の1千7百円から一気に5百円下げて1千2百円にすることを決定した。

 売上げに占めるクレオのシェアが昨年の秋以降上がっているとのことで、「将来的に安定したお客さん」確保の大きな柱にして行くことにしている。「クレオ感謝セール」「クレオ休業日セール」「クレオ割引優待セール」等々、極めて好評といい、同カードの更なる普及を積極果断に進め、今のも増して「公平なサービスをしよう」との方針となっている。

 これら経営中期戦略の一方で、ハード面の大改装オープンと、今後の各種大型イベント・催事を組み合わせることで、創業130年を迎えての攻めの商売、売上げ増を図って行こうとの方針になっている。
(2.6)
※上記の記事は経済欄でも配信。


未来大、注目の2年目・2回目の一般選抜入試、5日現在で前期2.90倍、後期5.60倍

 公立はこだて未来大学(伊東敬祐学長)の2年目・2回目の入試応募状況が注目されているが、2月25日試験日の一般選抜前期入試の出願状況は5日午後現在で、定員120人に対して348人が出願し、倍率2.90倍。3月12日試験日の後期の方は5日午後現在で定員48人に対し269人が出願し、倍率5.60倍となっている。

 内訳は、前期入試が定員40人の複雑系科学科で出願者123人、3.08倍。定員80人の情報アーキテクチャ学科が225人で2.81倍となっている。
 後期入試は定員16人の複雑系が96人、6.00倍。定員32人の情報アーキテクチャが173人で5.41倍となっている。
 出願締め切りは6日で、同日消印まで有効。

 なお、すでに今年から初導入のAO入試(複雑系4人、情報アーキテクチャ8人)と推薦入試(同20人、同40人)を終えている。
(2.5)
 

函館で初のサッカーJ1・公式戦!
4月29日、コンサドーレ札幌対ガンバ大阪

 コンサドーレ札幌が昇格を果たしたことから道内サッカーファンが一段と注目するサッカーJ1は、3月10日に開幕するが、このJ1のコンサドーレ札幌の公式戦が4月29日(日)に函館でも開催されることになった。

 第6節として大型連休最初の日曜日である4月29日にコンサドーレ札幌対ガンバ大阪戦が行われることに決定したもので、函館市千代台公園陸上競技場で午後1時キックオフ。

 J2であった昨年4月にもコンサドーレの試合は対モンディオ山形戦が行われたが、今度は格の違うJ1の公式戦。ガンバ大阪は昨シーズン第2ステージで終盤まで優勝を争ったチームであり、白熱した試合が予想される。昨年の対山形戦では1万1、272人の観客を集めており、今度はJ1の試合でもあり、それこそ満杯の1万5千人ぐらいが集まるのではとみられている。

 今年J1昇格のコンサドーレの道内最初の試合は、4月7日(土)の室蘭で、対東京V戦。これに続く道内でのコンサドーレの試合であり、サッカーファンのボルテージは相当なものになりそうだ。
(1.31)


厳しい指摘の一方で、水族館に反対ではないが、急ぐことなく、
十分な理解を得て市民の意見を聞いて進めるべき、との意見も多く

120人程がかけつけ、意見交換会「アクアコミュニティを考えよう」


 市民グループなどによる「函館の水族館とアクアコミュニティ構想を考える会」主催の「アクアコミュニティを考えよう」という意見交換会が、7日午後6時半過ぎから函館市芸術ホールギャラリーで開かれ、水族館、大型観覧車の建設に反対、賛成様々な人たち約120人ほどがかけつけ、活発な発言が繰り広げられた。
 出席者の中には函館市議4〜5人の顔も見られた。

 第三セクター方式で計画通りだと、函館港・緑の島を建設場所に今年8月の着工予定で大型観覧車併設での建設目指す水族館施設について考えようというもので、最初に元函館水産試験場長の川嶋昭一さんが、「海辺と結ぶ水族館ー楽しみ学べる水族館とは」と題して講演。全国各地にある水族館などに言及しながら水族館とはいかなるものか等々を語り、最後に、「年間入館者を70万とか80万人を見込むということは、平均して毎月2千人以上ということであり、そんなに入るわけがない。頭から反対しているわけでないが、今やろうとしている計画は教育の場という考え方を取るにしてもあいまいで、じっくり考える必要がある」などと結んだ。

 次いで、主催者側からは、アクアコミュニティ構想に関する市への質問書に対する回答についての報告が行われ、大型観覧車、水族館双方とも、市の回答は「なっていない」云々などと厳しい指摘があり、「間違った選択をしないでほしい」と語った。

 そして、出席者から多数の発言となったが、「市のやり方は理念もコンセプトもない」「これは公共工事と同じで、業者(コクド)への丸投げ」「水族館くらいはあってもいいかなと思うが、第三セクターでやるという今の計画では必ず破綻し、先が知れている」「年間80万人とか、60万、70万人など来るはずがない」などといった厳しい批判が出された。

 しかしながら、一方では、「函館に水族館は必要と思うが、もっと市民の意見を聞いてやってもらいたい」とか、「社会教育の場としてあっていい」、あるいは、「函館の子供たちはかわいそうだ。お金をかけて札幌や小樽に泊まり込みで連れて行って動物園や水族館を見せている。急ぐことはないから、市は十分に市民の意見を聞いてやってほしい」などの意見も出され、「子供たちのために、赤字になっても負担することもやむを得ないのでないか。是非、水族館を建ててほしい」といった声もあり、「水族館には反対でない。性急に建設を急ぐことなく、十分な理解を得て、市民の意見を聞いて進めるべきだ」いう意見が案外多かった。
(2.7) 

鹿島函館地区連合会長が健康上の理由で辞任
後任は11月まで空席のままで、長谷川会長代行(電力総連)が職務代行


 連合北海道渡島地域協議会・函館地区連合の鹿島壮市会長(62歳)は、29日までに健康上の理由で会長を辞任した。後任は空席のままとして、長谷川元一会長代行(電力総連函館総支部委員長)が職務を代行し、11月に予定する定期大会で新会長を決定する方針。

 鹿島氏は、全林野の出身で、函館地区連合発足の1993年から会長を担い、地元労働界のトップとして活躍著しく、道8区選出の鉢呂吉雄民主党衆院議員の選挙でも選対本部長として幅広い人脈を持って卓越した手腕を発揮した。

 鹿島氏は、昨年後半から胃の調子が悪く、体調がすぐれず、内々に辞意を伝えていたようだが、「(両組織合同の)新年交礼会を終えた後、13日に辞任届を提出」(同氏)、28日の役員・幹部の会合で受理された。

 地元労働界のまとめ役として尽力し、地元経済界・中小企業ほか、保守陣営関係者なども含めて函館・道南各界に顔の広い出色の存在であるだけに、鉢呂衆院議員の選挙などへの影響は少なくないとみられている。

 なお、鹿島氏は現在、全林野関係の(株)あすなろの函館支社長で、これについては継続して務める。
(1.30)

2月2-7日、函館港にも米第7艦隊所属のフリゲート艦寄港を予定!
室蘭、苫小牧、小樽と道内主要港に時期を集中して米軍艦船

 苫小牧、小樽、室蘭の各港に続いて米国第7艦隊所属のフリゲート艦「ゲーリー」(3、800トン)が、2月3日から6日まで函館港に寄港を要請している。18日に在日米軍から海上保安庁に連絡があり、函館海保を経由して函館市に伝えられた。

 ここにきて、米軍は2月2−7日に室蘭港へ強襲揚陸艦、同7−9日に苫小牧港に第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」、同19ー22日に小樽港にイージス駆逐艦の寄港を求めているなど、時期を集中する形で道内主要の4港への寄港を要請している。

 函館港への米国第7艦隊所属の艦船寄港は、昨年10月の給油艦ラパハノックに続くものとなる。

 道内主要の4港へこのように時期を集中して寄港する例は過去になく、反核団体などは米軍のこの動きに強く反発している。米国艦隊のこの集中寄港は通信による指揮統制能力の訓練が目的ではないか、と憶測されている様子。
(1.20)

ジャスコ役員・SC開発本部長が初めて井上市長を訪問、あらためて「出店の意向」を伝える!

今後、実務者の間で開発行為、出店に当たっての協議を淡々と進めて行くことで一致

 函館市西桔梗町・産業道路沿いに出店を計画し、具体化の方向にあるイオングループの中核である大手総合スーパー、ジャスコ(株)(本社・千葉)の秋葉詔明取締役SC開発本部長が、16日午後、同開発本部・滝沢仁志企業開発部長らスタッフ3人を伴って函館市役所に井上博司市長を初めて訪問、あらためて西桔梗への出店の意向を伝えた。

 ジャスコ役員、店舗開発のトップが市を訪れたのは初めてで、井上市長は市としての立場、考えを明らかにし、「現時点でどうこう言えないが、(ジャスコ側の)話は分かった」と対応し、今後、実務者の間で開発行為、出店に当たっての協議を淡々と進めて行くことで一致した。

 秋葉取締役開発本部長は、本誌取材に対して、「(開発行為・出店に当たって)クリアすべき問題点ははっきりしているので、今後よく話し合って行くということです」と語った。

 ジャスコ側の強い要望で役員本部長の井上市長訪問となったもので、会談はいい雰囲気で行われ様子にあり、ジャスコ側は函館駅前の再開発の対しても何らかの形があれば協力したい旨も伝えた。

 市とイオン・ジャスコ側とのこれまでの協議で、都市計画道路に指定されている建設計画予定地の道路と、これに関係する橋をどう整備するかかがクリアすべき焦点になっている。
(1.16)

1千2百人近くが出席し函館市年賀会、大盛会に開く
井上市長、「個性あるマチづくりに、柔軟な発想で最善の努力」


 全市的な恒例の新年交歓会である函館市年賀会が、1月5日午前11時から函館ハーバービューホテルで開かれた。

 井上博司函館市長、高野洋蔵函館商工会議所会頭はじめ、各界各層から1千2百人近くが出席し、大ホール、ザブ会場とも満杯の大盛況ぶりであった。

 井上市長が最初にあいさつし、
「昨年は3大プロジェクトが花開いた年であった。今年はJR函館駅舎の着工など行われることになっており、新幹線時代に対応した駅前づくりを進めたい。また、地域の実情に即した個性あるマチづくりなど、柔軟な発想のもとで最善の努力をしたい」
 などと語った。

 来賓を代表して、熊坂成剛函館市議会議長、高野洋蔵函館商工会議所会頭もあいさつ。泉川睦雄渡島支庁長の音頭で杯を上げ、新年を祝った。
(1.5)


29日(月)から3日間にわたって井上市長査定!函館市の平成13年度予算案、2月9日には発表

 函館市の新年度(平成13年度)当初予算編成の市長査定がいよいよ29日(月)から始まる。

 井上博司市長の査定は、1月29日から31日までの3日間にわたって行われ、1日を挟んで2月2日に最終的な復活査定を経て、2月9日(金)には予算案の発表というスケジュールになっている。
(1.26)


函館市スポーツ賞・功労者に尾畠悌介、名村義直両氏
成績部門では函大妻高の小池さんと市立高丘小の堀井さんの2人

 平成12年度(第8回)の函館市スポーツ賞が決まった。函館市教委が発表した。

 功労者部門は、函館バレーボール協会会長で函館市体育協会副会長でもある尾畠悌介さん(65歳)と、函館地方軟式野球連盟の審判部長や北海道軟式野球連盟の審判技術長として活躍し、函館の連盟の運営部長や副理事長を歴任した名村義直さん(65歳)の2人。

 成績部門では、平成12年度の全国高体連女子跳馬で第3位になった函館大妻高2年の小池千春さん(17歳)と、第16回全国小学校陸上競技大会で走幅跳第3位になった函館市立高丘小6年の堀井み奈さん(12歳)の2人が選ばれた。

 贈呈式は、2月7日午後3時半から函館国際ホテルで行われる。
(1.25)

「二上さんは函館が生んだ偉大なプロ棋士」
井上市長から将棋連盟会長の二上氏に函館市栄誉賞贈呈

 函館市は先に、函館出身の日本将棋連盟会長の二上達也氏(69歳)に函館市栄誉賞の贈呈を決めたが、その贈呈式が19日午後1時過ぎから函館ハーバービューホテルで、折からの「道新はこだて将棋まつり」開催(20日開幕)のため来函中の二上会長出席のもと、熊坂成剛函館市議会議長や市議、市助役・幹部らが参列して行われた。

 まず、井上市長が、「二上さんは函館生んだ偉大なプロ棋士であり、今将棋界の第一線で最も活躍する羽生善治王位(ほか棋聖、王座、王将など)を育てた師匠でもある。現役時代の活躍は大変なものがあり、(昨今は)会長として将棋、日本文化の発展に尽力している。平成7年からは、はこだて観光大使としてもご活躍され、本市の発展に寄与していただいている」などとあいさつした。

 そして、井上市長から市栄誉賞の表彰があり、この後、二上氏が、「さしたることはしてきていないが、長生きをしていると、よいこともあると心から感謝申し上げたい」などとあいさつした。
(1.19)

函館にスキー修学旅行の第1陣!
神奈川県の高校生総勢約130人/函館七飯スキー場など存分に楽しむ

 今季は寒さも厳しく、積雪も比較的多く、スキーシーズン 真っ盛りにあるが、スキー修学旅行の第1陣がこの11日函館空港に到着。4泊5日の日程で大沼の函館七飯スキー場などで北海道ならではのパウダースキーを楽しんだ。

 第1陣として乗り込んだのは神奈川県立相模原工業技術高の3年生たち総勢約130人。函館七飯スキー場のほか、函館山や五稜郭などの函館観光を楽しんだりしている。到着した11日には、市主催の歓迎セレモニーも行われ、生徒たちには函館の観光ポスターを印刷した絵はがきセットが贈られた。
(1.13)


先にオープンの「本町店」なかなかの好人気!企画・イベントも
次から次へと繰り出し、「ラッピ」は今年も快調・快進撃

ユニセフに募金するなど国際協力活動にも熱心

 函館地場のハンバーガーを中心としたファーストフードチェーンとして若い層などに大きな支持を集めるラッキーピエロ(本社・函館、王一郎社長)は、昨年のクリスマスにキャンペーンを実施し、ユニセフ応援を行うなど活発で、年明け・新世紀も全店上げての各種企画・イベントを打ち出し、ますます快調だ。

 昨夏は市内の高校(函館大谷高校)の学食に初めて、要望に応えてラッキピエロを開店し、これより先には紀宮さまがご来道の際、港北大前店の方に立ち寄るという栄誉にも賜り、また、秋にはホームページを開設するなど、広く話題を投じてきている。

 そして、最近に至っては、かっての「シルクロード」跡を「ラッキーピエロ本町店」に衣替えしてオープン。本町・五稜郭地区繁華街のど真ん中にあって日中は高校生・学生たち、夜は若い女性らに大人気を集めている。

       ☆  ☆  ☆

 ラッキピエロ人気は大変なものがあり、あっという間に市内全域にチェーンの広がりを見せている。今回、丸井今井函館店向かい・市電通り、以前本町交番があった並びにオープンした本町店を含めてすでに8店を数えるまでに発展している。その8店は、
▽ラッキーピエロベイエリア本店
▽ラッキーピエロ十字街銀座店
▽ラッキーピエロ人見店
▽ラッキーピエロ松陰店
▽ラッキーピエロ港北大前店
▽ラッキーピエロ五稜郭公園店
▽ラッキーピエロ本町店(写真)
▽ラッキーピエロ大谷高校内店
 ということになっており、さらには上磯町に久根別店をオープンさせる計画にもある。いずれの店ともにこぞって地域の人たちに広く支持され、喜ばれている。

 で、これに応えるべく、ラッキピエログループにあっては全店を統括する王未来部長のもとで各種企画・イベントの開催をどんどん打ち出し、50%OFFなどの料金サービスを随時行ない、これらに合わせて売上金をユニセフに募金するなど、国際的な社会協力活動にも熱心に取り組んでいる。

 それもこれも、ラッキーピエロが、『すべてはお客様のうまいのために、手作りにこだわりぬいて、食べごたえ主義「本物」の「うまさ」を追求している』ことにあり、グループ発展の原動力になっている。
 ハンバーガー類はじめ、チキン、ポテト、カレー類、ソフトクリーム、シェイク、そして、おにぎり、お弁当、ラーメンに至るまでメニューも豊富で、どれも「本物」追求で美味しさ抜群。愛称「ラッピー」の快進撃は年明け・新世紀も続くー。
(1.2)




若手のIT起業家支援の「インキュベーター・センター」を新年度に、函館駅前・大門地区に開設!

井上函館市長、正式に予算化、開設を表明


 函館市が、IT(情報技術)分野でベンチャー企業を目指す若手の創業者支援のため、格安で面倒な審査もなく利用できる賃貸オフィス「インキュベーターセンター」の設立準備に入っている、ことを当電子新聞でもで伝えたが、井上市長は1月9日の記者会見で改めて新年度に起業家支援策としてインキュベーター・センター(仮称)の開設を正式に明らかにした。

 井上市長は、「技術力はあるが、起業資金がない若い人のために設置したい」とし、「すでに空きビルなど候補場所2、3カ所を上げて検討しており、今後1カ所に絞り込み、2月に策定する新年度予算案に盛り込む」との方針を明言。設置場所については、「中心市街地の活性化も考慮し、函館駅前・大門地区に設けたい」と語った。

 市郊外に建設され、昨年春に開学した公立はこだて未来大学が、市街地中心部にサテライト・オフィス(スタジオ)を開設する構想も関係者から示され、未来大が市街地と結ぶ高速通信インフラの構築を将来的に構想していることも考慮し、インキュベーター・センターの開設に当たっては、早速、未来大のサテライト・オフィス機能も持たせることも検討しているようだ。
(1.10)

「前例踏襲主義や、国・道依存体質などから脱皮し、
新たな発想や工夫、進取の精神、目的意識をもって職務の遂行を」

井上函館市長、仕事始めであいさつ


 函館市は、9日(火)が仕事始めとなり、午前10時からは井上博司市長が2001年の仕事始めに当たってとして幹部職員250人を前に次のようにあいさつした。

「21世紀という新しい時代は、国際化、情報化、少子・高齢化といったこれまでの社会環境の変化がますます加速し、また地方分権が本格的に進んで行くと思われる。戦後50年にわたって脈々と続いていた地方自治制度は昨年4月の地方分権一括法の施行により大きく様変わりし、住民に身近な行政はできる限り住民に身近な自治体が担うことが基本となった。機関委任事務の廃止や特例市への移行などにより、市の権限が増えれば増えるほど責任が重くなるわけで、親方日の丸的な意識や、前例踏襲主義、国・道依存の体質などから脱皮し、新たな発想や工夫、進取の精神、目的意識をもって職務を遂行してほしい」

「今年は函館駅前地区の整備も、駅舎の工事がいよいよ始まることになっており、今後は函館の顔となる駅前広場や道路等を整備し、新幹線時代に対応できる拠点づくりを目指した。また、近年の情報技術の進歩、中でもインターネットの急速な普及などはIT革命といわれるように、瞬時に双方向での大量の情報の交換が可能になるなど、産業界はじめ地球規模で社会を大きく変えつつあり、今後、庁内LANの整備や、地域における情報化の推進を図りたい」

「地域経済が低迷し、税収の伸びも期待できない中で、ビルドを行うためにはスクラップ、スクラップをして、ようやくビルドができる時代が来ることも想定されるところであり、何として、第三次行財政改革は全庁一丸となって着実に進めなければならない」

 市長のあいさつは、庁内放送でも流され、全職員が聞き入った。
(1.9)


約1千人以上がかけつけ、鉢呂吉雄衆院議員「新春の集い」
「参院選の後はいつ総選挙があってもおかしくない。常在戦場の思いで全力尽くす」


 昨年6月の総選挙で道8区小選挙区選挙に2連勝し、4期目当選を果たした鉢呂吉雄民主党衆院議員の新年交礼会「新春の集い」が、1月28日午後3時から函館ハーバービューホテルで開かれた。日曜日の午後で、会費5千円の交礼会であったが、民主党や労組・団体関係者はじめ、鉢呂衆院議員の熱心な支持者、中小企業、農水産業などの関係者約1千人以上がかけつけ、4選以降一段と選挙区・地域の政治重要課題に積極的に取り組む、同衆院議員の活躍相まって非常に盛況であった。

 最初に、鉢呂吉雄連合後援会の松浦百秋会長が、「鉢呂さんは53歳の若さで、これからまだまだ活躍出来る。民主党内でも大いに活躍しており、政局混迷のこのチャンスを民主党も生かしてほしい」などとあいさつした。
 次いで、今年夏に天下分け目の大きな前哨戦となる参院選を控えていることから、札幌からかけつけた民主党の北海道選挙区候補である小川勝也氏(現参院議員)と全国候補の竹村泰子氏(現参院議員)もそれぞれ演壇に上がってあいさつ。さらに、井上博司函館市長の代理出席の梶原洋一助役が市長のメッセージを読み上げた。

 祝電披露の後、鉢呂衆院議員が次のようにあいさつした。

「昨年6月の総選挙で皆さんのご支援で当選させていただき、そして、この選挙で(道8区から)自民党議員がいなくなり、与党議員がいなくなって大丈夫かなどといわれた。しかし、地域振興の問題は与野党上げて取り組むべきことであり、私としてはこれに全力を投入し、新外環状道路の問題にみられるように成果を上げている。地域には様々な問題があるが、これまで11年間、国会に送っていただき、与党がいなくて困るようなことはない。民主党としても、政権担当能力をもって励んでいる」
「今年夏には参院選があるが、これに続いて総選挙がいつあってもおかしくない。常在戦場の思いで全力を尽くして行く」

 1999年2月の初当選以来4回連続当選、政治活動11周年を迎え、今や、民主党の中堅幹部以上の存在となり、発言力を増している鉢呂衆院議員であって、自信に満ちたあいさつ模様であった。

 鉢呂衆院議員夫妻と小川、竹村両参院議員への花束贈呈があって祝杯に移り、地元経済界を代表する形で出席の小笠原金悦函館商工会議所副会頭が演壇に立ち、「函館の景気は非常に悪く、鉢呂先生にもがんばってもらいたい。そして、函館の今の一番の課題は新幹線が函館来ることであり、何とかまずは函館までの開業だ。この点、鉢呂先生に是非がんばってほしい」とコメントし、参会者一同ともども杯を上げた。

 鉢呂衆院議員の奥さんが懇意にしているというマジシャンのバーディー小山さんのマジックショーも行われるなど、にぎやか、和気あいあいのパーティーとなっていた。
(1.28) 

畠山博氏、「皆さんの意見に従い、もう一度北海道の政治に参加したい」と次期道議選出馬を正式に表明!
新年交礼会・盛況開催


 畠山博前道議の新年交礼会が、1月6日午前11時からホテル函館ロイヤルで開かれ、あいさつに立った畠山氏は、「後援会の皆さん(幹部会)の意見を聞き入れ、道議を目指すことにした。今日はその出発点である」と2年後の次期道議選(函館市)に出馬し、道議カムバックを目指す考えを正式に明らかにした。
 同氏の連合後援会主催の恒例の同交礼会には、正月の土曜日の午前中で、しかも、あいにくの雪模様であったが約1千人ほどがかけつけ、なかなかの盛況ぶりとなった。

 最初に連合後援会の金沢正光会長(金沢運送(株)社長)が、
「昨年の秋に後援会の幹部会を開き、畠山氏について、一つには次の函館市長選に擁立するかどうか問うたところ、声がなかった。それでは衆院総選挙かと聞いたら、これも声がなかった。そして、道議会議員の選挙はと問うたら、皆さんが大賛成であった。よって、次は道議カムバックを皆さんと一丸となって目指すということをこの場で正式に発表する段となった。2年前は道議選の出馬を辞めて市長選に出たということであって、何も道議選で負けたのではない」
 云々といかにも金沢会長らしく、ざっくばらんにトツトツと笑いを誘いながらあいさつした。

 引き続いて、佐藤孝行前衆院議員が来賓としてあいさつ。この中で、
「1昨年の函館市長選で畠山さんを立てたが、この時の手順、判断は今でも間違っていなかったと確信している。(井上現市長は)何度も聞き、直にあっても出るとは言わなかったー」
 などと前回の市長選にふれた後、
「昨年末に、今度の省庁統廃合で厚生省と労働省が一つになって出来た厚生労働省の事務次官が私のところに来て寄っていったが、北海道の議会では畠山さんがいなくなって、厚生福祉がわかる道議がいないと言っていた。この方面に精通している伊達忠一さん(現道議で今年夏の参院選北海道選挙区に出馬予定)もいなくなるということであった。その畠山さんが次は道議(カムバックを)目指すということであり、皆さんのお力添えをお願いしたい。私も微力を尽くしたい」
 等々と畠山氏を持ち上げ、更なる支援を呼びかけた。

 これらを受けて畠山氏があいさつ。
「後援会(幹部会)皆さんのご意見は、もう自分勝手に判断するな、われわれ後援会の意見も聞けということであり、私も素直にこれを受け入れることにした。佐藤先生らにもその旨を話した。今日はその出発点であると考えている。地元のため、北海道のためにお役に立ちたいということで、道議(返り咲きを)を目指す。もう一度北海道の政治に参加させていただきたい。粉骨砕身、全力を上げてがんばる決意だ」
 云々と語り、会場は大きな拍手に包まれた。
(1.6)

佐藤孝行氏、新年交礼会で、「一旦緩急あれば対処したい」と次期総選挙出馬の意向表明

新年初っぱなから、随所に昨年6月の総選挙落選の恨み節演説!
新外環状道路問題に言及し、落選腹いせともみられる井上市長批判


 佐藤孝行前衆院議員(自民党北海道第8選挙区支部長)の恒例の新年交礼会が、1月5日午後1時から函館国際ホテルで開かれ、同氏の熱烈な支持者ら約1千人近くがかけつけ、昨年6月の総選挙で落選して以来の大集会ともいうべき年頭の多くの支持者の前で、佐藤氏は、「一旦緩急あった場合は対処したい」と次期衆院総選挙への出馬の意向を明らかにしたうえで、昨年末の来年度政府予算案決定絡みの中で日の目を見た、地元悲願の函館新外環状道路の整備区間昇格問題にふれて、井上博司函館市長から送られてきたとする整備区間昇格への要望を訴えたFAXの内容を持ち出し、新年早々から先の総選挙落選の腹いせともみられる井上市長批判を繰り広げた。

 交礼会では、昨年に引き続いて渡島町村会副会長の長谷保和砂原町長が、「佐藤さんを落として申し訳ない。政権政党の代議士がこの道南からいなくなったことは我々みんなの責任だ」などと申し訳ないを連発のザンゲ演説を展開。また、佐藤氏にあいさつを頼まれたとする桧山町村会会長の越森幸夫奥尻町長も、「次は何として佐藤さんに返り咲いてほしい」などと演説した。

 そして、注目の佐藤氏があいさつし、まず、
「昨年6月の総選挙であのような結果になったのは私の不徳の致すところだが、一旦緩急あった場合は(すみやかに)対処したい」と、政局が重大局面を迎え、ひとたび緊急な大事(解散・総選挙)になれば、総選挙に出馬する意向を明らかにした。次に、
「私は政治生活一筋の人生を送って今日に至るが、誇れる財産は(中央各省庁の)事務次官以下(官僚を)抱えていることだ」と落選してなお、各省庁に顔が利くのは自分であると誇示し、加えて、

「元旦・新年であるが、人間、感情もあるので、本音のことを言わしてもらいたい。中国のことわざに井戸を掘った人の苦労を忘れるな、ということがあるがー」と語った後、異常なまでに決定・発表が遅れたすえに、昨年末の来年度政府予算案・大蔵内示の後にやっと整備区間昇格が決まり、事実上着工の運びになった新外環状道路問題に言及し、

「(私に対して)なかなか会ってくれないということだったが、12月13日に私のところ(東京の事務所)に井上市長からFAXがきた。(建設省の)道路局長に1年(整備区間昇格が)遅れてもいいと言っているようで困っている、昇格を妨げないでほしいということであった。が、これはよく事情をご存知ない話だ、新外環状線は全体で15キロあり、このうち10キロは調査・測量が終わっているが、残りの5キロはやっていないので、1年後でいいと言っただけだ。残り5キロのことを言ったに過ぎない」
 云々とFAXまで持ち出して内情を語り、井上市長・函館市はこのことがわかっていない、失敬だ、などと暗に批判した。

 昨年6月の総選挙で佐藤氏は、相対した民主党の鉢呂吉雄氏(当選、現衆院議員)に函館市で2万2千票の大差をつけられて落選し、この大きな要因の一つは井上市長が佐藤氏支持で積極的に動かなかった、云々と佐藤氏は総選挙後、各所で語っていることが伝えられており、この感情がもろに出たような、同氏ならではに理屈をこねた新年のあいさつになった。

 また、あいさつでは引き続いて、またも先送りになった道新幹線問題にも言及。
「道新幹線の出発点は、北海道の日本における食糧基地としての位置づけであり、青函トンネルはまさに物流を考えて作った。人を運ぶのは飛行機で、このための空港整備をやってきている」云々、と持論を持ち出したうえで、
「JR東日本は新幹線で1千億円の黒字を出しているが、JR北海道は累積赤字があり、在来線をどうするかという問題もある。赤字のJR北海道では工事費の負担も出来ない。北海道としての個性、物流を考えるなどやることはまだある」などと、道新幹線の着工にはまだまだハードルがあると言明し、地元の強い着工願望をあたかも逆なでするような、道新幹線着工問題・時期尚早論を展開した。

 この一方で、
「かんぽの大沼の宿、(函館市内での)健康増進施設の両建設問題では、国会議員であるなしに関係なく、約束したことなどの実現を図るようにした」などと、「議席がない」を連発しながら語った。

 いずれにしても、新年初っぱなから、昨年6月の総選挙落選の恨み節が随所ににじみ出る異例ともいえる佐藤氏あいさつ模様をみせていた。

 なお、同交礼会は、例年だと、渡島・桧山の郡部と函館市内の各後援会関係を午前と午後の2回に分けて行っていたが、今年は郡部、市内合わせて午後1時からの1回にまとまっての開催となった。今年は、自民党から桜井外治、川尻秀之の両函館市選出道議、野呂善一渡島選出道議、国沢勲桧山選出道議が出席したほか、自民・保守系の函館市議が一部を除き顔を見せた。井上市長は公務を理由に欠席。三ツ谷富夫助役が代理出席した。
(1.5)