函館電子新聞
ニュースファイル2001.8-9


来年12月の東北新幹線・八戸まで延長に伴い、
JR北海道が新型特急を導入

函館ー青森間、現行の「海峡号」に比べ40分程短縮され2時間に

 JR北海道は、東北新幹線が来年の2002年12月に八戸まで延長され、開業するのに伴い、函館ー八戸間に新型特急電車を導入すると発表した。

 この新型特急電車の導入に伴って現行の快速「海峡号」は廃止となり、函館ー青森間は現在の海峡号よりも40分内外短縮され、現行の特急「はつかり」並みの2時間になり、函館ー東京間は1時間20分短縮し、6時間30分になるとしている。

 ダイヤは今後、JR東日本と協議して決める。
(9.27)

小泉改革ー特殊法人「簡易保険福祉事業団」の2003年度廃止で
「かんぽの宿大沼」の移転新築、加えて、市内港町の「健康増進施設」建設もぶっ飛ぶ


 昨年6月の衆院総選挙前に佐藤孝行前衆院議員の肝いりで具体化し、JR大沼公園駅前に近い場所で来年度に着工、2004年度に完成予定であった七飯町大沼の大沼簡易保険保養センター(かんぽの宿大沼)の移転新築が、小泉改革による特殊法人の廃止または民営化方針によって困難視される状況になっている。
 総務省の簡保事業団の2003年度廃止方針の表明で、「かんぽ保養センターの建設はぶっ飛んだ」というのが官公庁筋の一致した見方で、これと平行する形で計画が打ち出されている同事業団の函館市港町の市立函館病院横における総合健康増進センターの建設もまた、「とん挫することが決定的」(官公庁筋)といわれている。

 かんぽの宿大沼は、現在、七飯町の西大沼にあるが、老朽化が著しく、赤字経営に持ってきてサービスままならぬ状況にある。こんため、行財政改革から閉館・廃止の方向にあったが、佐藤孝行前衆院議員の肝いり、政治力をもって別な場所に移転し、新築するということで生き延びる方向になった。

 移転場所として同じ大沼地区のJR大沼公園駅前に近い、かっての藤田観光ホテルの跡地・ニチロ関係用地が選ばれ、昨年12月に約2万7千平方メートルが買収され、取得積みとなった。そして、来年度着工、2004年度完成というスケジュールになった。民営圧迫につながるもので建設は反対という全国ホテル業界団体の意向の一方で、通過観光になっている大沼において、かんぽの宿の移転新築は標榜する滞在型観光に役立つとして地元では大方が歓迎し、今日に至っていた。

 ところが、聖域なき構造改革、特殊法人の文字通りのゼロベースでの総見直しを打ち出した小泉内閣の誕生で、取り巻く環境は一変した。
 やり玉に上がっている特殊法人改革で、簡易保険を管轄する郵政公社ー総務省は、今年7月に事業主体の「簡易保険福祉事業団」の2003年度廃止を正式に打ち出してきた。

 このため、かんぽの宿事業そのものが存続の危うしとなり、勢い大沼の施設は移転新築どころではなくなっている。土地を確保したとはいえ、新規の事業など認められるハズがないという見方が大勢で、「移転新築計画そののが小泉改革で吹き飛んだ」と官公庁筋は語っている。

 加えて、簡易保険福祉事業団の廃止方針は、函館市港町の市立函館病院の隣接地で計画中の、宿泊機能と医療検査、フィットネスクラブなど併設の「総合健康増進センター」建設も、「吹き飛び、実現は幻に終わる公算」(官公庁筋」と目されている。

「まあ、どちらの施設もどうしても必要というほどのものでもないから、仕方がないだろう」といったクールな受け止め方が大勢だが、ただ、「かんぽの宿の方は、七飯町など期待していた事業で、ショックだろう」などといわれている。

(9.25)

「函館野外劇」開催続行、来年の公演を決定!
 〜赤字問題は先送りで、市などに補助・協力の要請へ〜

 毎年の事業費は約4千万円かかることに持ってして、観客数が思うように増えず、累積赤字約8百5十万円を抱え、次回・来年の公演が危ぶまれていた函館の夏の名物イベント「函館野外劇」(主催・市民創作「函館野外劇の会」)だが、27日の理事会で、来年の第15回公演を行うことを決定した。

 来年は第15回の記念すべき公演であり、この節目に合わせて野外劇の先進国ともいえるフランスの野外劇関係者を招待し、「野外劇サミット」も開くことを決めた。

 野外劇の継続・開催に当たっては、今後、市など関係機関に補助などの協力を要請する方針。

(9.28)


全国朝市サミット函館が開幕!早速、4つの分科会
2時間にわたって活発に討議・講演

分科会2「インターネットとその活用」での楽天市場・副社長の
講演は、「生きた」実例・実践に基づく非常に内容あるもの!


 未来に向けた朝市、そして市場のあり方を模索する全国朝市サミットin函館2001が、27日午後2時半から函館国際ホテルで行われた開会式でスタート。同3時からは早速、4つの分科会が同ホテル内で開かれ、なかなかの活況ぶり模様であった。

 分科会1は、テーマ「市場の広域連携について」ということで、函館朝市駅二商業協同組合の梶原健司理事をコーディネーターに、百貨店・三越日本橋店の升野高東副店長、大丸本社の南俊行札幌店開設準備室課長ら5人がパネラーとなって、市場の広域連携による商品開発、販売方法、物産展について討議が繰り広げられた。

 分科会2は、テーマ「インターネットとその活用」ということで、まず、函館朝市協同組合連合会の藤田公人理事が函館朝市のホームページの実演を通してのインターネット市場の体験を語った。

 次いで、日本はおろか世界で最大級のインターネットモールになっている「楽天市場」の(株)楽天市場の取締役副社長で、函館ラ・サール高校1991年卒(その後、慶大大学院卒)でもある本城慎之介氏が、「インターネットとその活用」と題して講演した。

 この中で、若きベンチャーの本城副社長は、楽天市場開設のキッカケなどから始まって、「パソコンとインターネットは本来違う」などと語り、楽天の文字通りの「生きた」事例を示しながらインターネットの特徴を分かりやすく説明。ホームページで商売をするには、まずもってこまめにやることが何より必要で、人気(ひとけ)イコール人気(にんき)で、人を感じさせるサイトづくりが非常に大事なこと、インターネットは通信販売ではなく、対面販売と思って、トライしてほしい、などと語り、「思考」よりも「試行」であって、まずやってみることだとし、最後に、ダーウィンの言葉を引用し、これを贈りたいと、「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるわけでもない。唯一生き残るのは変化できる者である」と結んだ。

 本城氏の話は、時としてこの種の講演会では大半である、在り来たりのITやインターネットに関する講演などと違って、実践豊かな「生きた」実例に基づいた講演内容で、聞き応えのある、最近における函館の講演会・フォーラムでは出色のものがあった。

 分科会3は、テーマ「観光と市場」で、函館市商工観光部の近江茂樹商業振興課長を司会に、広告代理店・アド電通函館支社の阿部武行支社長がコーディネーターとなり、函館国際観光コンベンション協会の勝又静夫専務理事、旅行代理店・ジェイシービー北海道の小笠原祐一仕入販売部長ら4人と、それに函館出身で、はこだて観光大使でもある女優・朝加真由美さんを特別パネラーとして、観光と市場の関わり、観光客から見た魅力ある市場の姿などについてディスカッションした。

 分科会4は、テーマ「まちと市場の魅力づくりと実践例」ということで、函館市中心街まちづくり協議会の斉藤利仁副理事長をコーディネーターに、函館市都市建設部の山本真也街づくり推進課長、地元のTMO・渡辺良三社長、函館都心商店街振興組合の森祐平副理事長、函館朝市・丸正長尾商店の長尾宏一社長、それに今年夏の大門祭実行委員会の高村佳典未来大学生をパネラーとして、商業を通じてのまちの魅力づくり、市場の果たす役割について討議した。市の山本課長らから市街地活性化のための市営借り上げ住宅についての説明など行われた。

 各分科会とも、100余席から70〜80用意した席が一杯になるほどの参加者があって、午後5時までの2時間にわたって活発に意見が交わされた。
(9.27)
※同サミット、28-29日のスケジュールは下段に。


27日から3日間、函館で全国朝市サミット/日程内容

 18カ所・22団体の朝市や市場関係者が参加して全国朝市サミットin函館2001が、27日に開幕、29日までの3日間にわたって、観光や街づくりをテーマをテーマにした分科会や参加した市場の特産品を並べた物産展、フォーラムなど繰り広げられる。主催は同サミット実行委員会。実行委員長は小山和男函館朝市協同組合理事長。

 初日の27日は、午後2時半から函館国際ホテルで開会式が行われ、同3時からは2時間にわたって同ホテルで分科会。テーマは、市場の広域連携やインターネットの活用、観光と市場、街と市場の魅力づくりなど。

 28日は午後2時から函館市芸術ホールでフォーラム。俳優の寺田農さんを招き、「人と人とのふれあい」ということでフォーラムを開く。
 28日はこの後、午後3時15分から同ホールで各分科会の報告などを中心に全体会議。

 物産展は28-29日で、午前9時から午後1時まで函館朝市駐車場を特設会場として参加市場の特産品が並べられ、販売される。飲食コーナーなども設けられる。函館朝市提供の海産物の屋台販売も。

 分科会など全て入場無料。整理券を当日配布。
(9.26)


TMOビルに交通事故の外車突っ込み、1階のインターネットカフェ
「Hot Web cafe」1週間くらい閉店やむなしで、とんだ被害!

突っ込んだ外車は市内の暴力団事務所のものと判明


 24日の真夜中・午前2時50分ころ、1階にエスイーシーのインターネットカフェ「Hot Web cafe」が営業している函館駅前・棒二森屋前のTMOビル前で、外車と上磯町内の25歳の男が運転する乗用車が出会い頭に衝突し、外車が同ビルに突っ込んだ事故で、同ビルのシースルーのシャッターが壊れ、さらにインターネットカフェの前面総ガラスと壁の一部も壊れたことから、同カフェが、1週間くらい休業・閉店やむなしの状況になっている。

 シースルーのシャッターがオーダーで、ガラスも特注もので1カ月程かかるということから、「まずは仮のガラスをセットする作業を行い、その後、特注のガラスを入れることを考えている」(エスイーシー)とし、それでも「1週間くらい営業は無理でないか」(同)と語っている。

 同カフェは、オープン以来、若い人たちに人気高く、順調な利用をみせていただけに、とんだ被害を被るものとなっている。

 突っ込んだ外車の運転者が車を捨てて現場から逃走したが、その後の函館西警察署の追跡で、外車は市内の山口組著名暴力団S事務所のものと判明した。
(9.25)



函館空港ビルデングの関連会社、函館エアポート商事(株)の
取締役副会長に、棒二森屋・元社長の荻野清氏を新任

 第3セクター、函館空港ビルデング(株)(代表取締役社長・泉清治氏)の関連子会社である函館エアポート商事(株)は、先般(8月29日)、定時株主総会並びに取締役会を開き、川田寛代表取締役会長、泉清治代表取締役社長を再任するとともに、百貨店、棒二森屋のかっての社長である荻野清氏を取締役副会長に新任するなどの役員人事を次のように決定した。

▽代表取締役会長  川田  寛
▽代表取締役社長  泉  清治
▽取締役副会長   荻野  清(新任)
▽常務取締役    峰  英雄
▽取締役      新見 寿三
▽取締役      水落 澄雄
▽監査役      赤井 昭三(新任)

(9.25)


函館空港ビルデング、役員改選で泉社長再任など新陣容を選出!
来年4月には懸案の旅客ターミナルビル新増改築に着手

 第3セクターの函館空港ビルデング(株)(泉清治社長)は、去る8月29日、定時株主総会並びに取締役会を開き、役員改選に伴う川田寛代表取締役会長と泉代表取締役社長の再任など新陣容を次のように選出、就任した。
 常勤監査役に新任した山那順一氏は昨年春、函館市を退職した前助役。

▽代表取締役会長  川田  寛
▽代表取締役社長  泉  清治
▽常務取締役    峰  英雄
▽取締役      新見 寿三、蔦井 政信、成田 勇司、小笠原 孝
          荻野  清、相馬 宏二、田中  仁、柳沢  勝
          宮古 豊勝、三ツ谷富夫、辻  秀明、杉山 武裕
▽取締役(新任3名)石川 武彦、因  靖夫、岡本 智洋
▽常勤監査役(新任)山那 順一
▽監査役      湊 美喜夫
▽監査役(新任)  寺島光一郎

 ときに、同社は、来年4月着工で、懸案の函館空港旅客ターミナルビルの大規模な新増改築に着手する。総工費約90億円を投入、乗降客300万人時代に対応し、広さが現在の1.7倍になる。建物本体の供用開始は2005年の4月。

(9.7)




函館初のエスイーシーのインターネットカフェ
「Hot Web cafe」好評で順調な入り!

 
このうえは、「お年寄りや主婦層らのグループ利用を」

 函館地域初のインターネットカフェとして7月26日にオープンしてちょうど50日、函館駅前・棒二森屋前のTMOビル1階の(株)エスイーシー(沼崎弥太郎社長)経営のインターネットカフェ「Hot Web cafe」が、順調な入りをみせている。

 インターネットを利用する地元の若い人たちに人気を集めており、函館を訪れるビジネス客、観光客らが宿泊のホテルから聞いて利用するケースもあって、「お陰様で」(エスイーシー経営管理本部・田中武久部長)と、まずは思ったよりも順調な様子だ。

 ただ、若い人たちの個人利用に止まっているようで、このため、「お年寄りや主婦層の皆さんが何人かで身近な問題とか、趣味の世界とか、いろんなことをテーマにインターネットを使ってのグループ利用をしてほしいと思っている。もっと市民、一般に幅広く利用していただければー」(同部長)と期待している。

 全面ガラス張りの店舗正面ウィンドウに設置した大型ディスプレイのグラスビジョンも非常に好評で、このうえは、「野球とか、相撲などを随時映し出したい。そして、未来大など学生たちの共同研究の発表の利用等々もPRしたい」(同部長)としている。

 このHot Web cafeは、1階と中2階から成るしゃれたインターネットカフェで、1階部分がカフェゾーンで、ホームページ閲覧用PCが6台並べられ、コーヒーなどを飲みながらインターネット、パソコンが利用できる。中2階部分は映像・音声編集用PC6台が並ぶワークショップゾーンで、グループ利用ができるようになっている。1階部分のカフェ利用においては、ワンドリンクがたったの300円。HotWebの会員だと200円の安さ。
 中2階のワークショップは時間貸し1時間4千円、カフェ全体スペースの時間貸しは1時間8千円となっている。

 なお、TMOビルの2階には公立はこだて未来大学のサテライトオフィス「FUN BOX]、5階には函館市が運営するIT支援賃貸オフィス「e スペースはこだて」の3室がそれぞれ設けられている。
(9.14)




同時多発テロの影響で、函館市の中学生のハリファックス市派遣とともに、
市や経済界、クリスマスF実行委員会等各代表から成る訪問団派遣を当面延期

 米国の同時多発テロの影響で、函館市が10月6日から予定していた中学生海外派遣事業による市内中学生16人のカナダ・ハリファックス市への派遣と、これと一緒に予定していた井上博司函館市長を団長とする市・市議会・経済界・クリスマスファンタジー実行委員会の各代表から成るハリファックス市・ビクトリア市への訪問団派遣を当面延期することになった。今後、別途日程を検討する。

 9月11日に発生した同時多発テロによって、函館市と姉妹都市関係にあるハリファックス市から、

▽米国、カナダ両国の空港全面閉鎖で、ヨーロッパから米国行きの飛行機の受け入れのため、多くの市職員が緊急援助に従事している
▽ハリファックス市は東海岸に位置し、ワシントンやニューヨークに極めて近い距離にあることから、同市がきびしい状況に直面している
▽カナダ国内の横断旅行には、安全確保のため遅滞状態が続いている
 との連絡が入り、また、エイジェントなどによると、米国、カナダへの訪問は安全性や日程の進行監理について不安定要素が多いということから、市企画部は延期を決定した。

(9.20)


大日向豊吉氏(前函館市議)関係の函館愛育会が
上湯川と西旭岡町近くの市内銅山町にケアハウス建設へ


 〜定員30名、来年9月にオープン予定〜

 公的な新規雇用創出策から官民連携によるケアハウスの全国1万施設展開構想など打ち出されている折、これとは別に、市内上湯川と西旭岡団地に近い函館市銅山町11番地4他に、前函館市議で2年半前の函館市長選にも出馬したことで知られる大日向豊吉氏関係の社会福祉法人・函館愛育会(理事長・大日向福松氏)がケアハウス(軽量老人ホーム)を建設する運びになった。

 「ケアハウスおおぞら」(定員30名)がそれで、事業費約4億4千万円を投じて鉄筋コンクリート造3階建て、1,840.08平方メートルの施設を今年11月に着工、来年8月に完成、同9月オープンさせる。

 このケアハウスおおぞらの開設は、「おおぞら保育園」など経営する大日向豊吉氏が先頭になって関連の函館愛育会関係者がかねてから計画したもので、国庫や道の補助金など財源(事業費)計画が次のようにまとまり、先般の市議会民生常任委員会に報告され、実現の方向になった。

<財源計画>
▽国庫補助金    1億3,505万9千円
▽道補助金       6,753万1千円
▽社会福祉・医療事業団借入金
          1億9,200万円
(うち市補助金は6,520万円で、20年間の債務負担行為。年度毎の債務負担行為額326万円)
▽自己資金       4,809万円

 建設場所は、湯の川から道道函館南茅部線を西旭岡町方向に行き、マイタウン上湯川の先、左折し、少し行った松倉川の手前のところ。西旭岡町の左下方面。

(9.8)


鉢呂吉雄衆院議員、農林水産常任委員長に正式就任
狂牛病ー肉骨粉問題の最中、大いなる活躍を期待!


 
鉢呂吉雄衆院議員(道8区選出、当選4回、53歳)は27日、衆院農林水産常任委員会委員長に正式に就任した。

 日本の農政、水産問題に重要課題山積で、特に目下、狂牛病ー肉骨粉問題で農水省の認識の甘さ、無責任さが強く指摘されている中での、農水産問題のエキスパートである鉢呂衆院議員の常任委員長就任であり、大いなる活躍が期待される。

 鉢呂氏の委員長就任は、平成9年の石炭対策特別委員長に続くものだが、常任委員長は初めて。

 なお、同氏は民主党内で、米国同時多発テロに対する米国の報復に係わる自衛隊の後方支援活動のための新法制定問題でも冷静になって慎重にやるべきとして活躍している。

(9.28)



「新しい函館の歌」を全国から懸賞募集!
〜採用作品には100万円の賞金〜
函館ライオンズクラブ・創立45周年記念文化事業

 函館ライオンズクラブ(朝妻義一会長)が、創立45周年記念文化事業として、「新しい函館の歌」を全国から懸賞募集している。

 「歴史とロマンの街函館をイメージし、誰もが口ずさめるような親しみやすい曲を作って下さい」としており、審査は著名作曲家の服部克久さんを委員長に、道教育大教授の佐々木茂さん、函大特別講師の宮本正さん、他4名によって行い、採用作品には賞金100万円が贈られる。締切は今秋10月10日(必着)。
 「新しい函館の歌」の著作権は函館市に寄贈し、市民、行政などみんなで効果的な使い方を検討したいとしている(関係者)。

   ☆   ☆   ☆

 応募は、プロ、アマを問わず、グループでもよく、曲のジャンルも自由。3分程度の歌曲をカセットテープに入れ、楽譜と歌詞を添付。歌詞のみ、曲のみは不可。別紙に住所、氏名(ふりがな)、グループ名は代表者名、年齢、職業、電話番号を明記し、添付する。応募点数は1人(グループ)1点。

 応募先と問い合わせは、〒040−0064 函館市大手町5番10号 ニチロビル2階 函館ライオンズクラブ「新しい函館の歌」係。電話は0138−26−5558 FAX 0138−27−4686。

 「はこだてをイメージできる親しみやすい曲を期待している」(関係者)とし、10月10日に締め切り、10月16日午後1時から審査会を開き、10月下旬に入賞者に通知する。11月11日の函館ライオンズクラブ創立45周年記念例会で公開を予定している。

 なお、函館には、昭和48年に函館市と亀田市が合併したのを記念して作られた「函館賛歌」があり、広く親しまれている。

(8.21)


道縦貫自動車道、11月19日に長万部ー国縫間開通!

 日本道路公団北海道支社の長万部工事事務所は12日午後、記者会見し、今年の11月19日から北海道縦貫自動車道の長万部ー国縫間11.1キロが開通すると発表した。
 長万部インターチェンジ〜国縫インターチェンジまでで、暫定2車線。
(9.12)

マイカル北海道の先の農地転用事前審査申出に対して
農水省が「適当である」との内示!

一方で、イオン・(店名)ジャスコもまた、マイカル北の後を追って
西桔梗の同一該地を対象に農地転用と開発行為の事前審査申出行う


 函館市西桔梗・産業道路沿いに大型店舗「函館サティ」の出店を計画している(株)マイカル北海道(本社・札幌市白石区、大川祐一社長)は、今春6月7日付けで該地約3万6千坪内外(市街化調整区域、農地で、一部が原野、既存宅地)に対する、農林水産大臣許可の係わる農地転用事前申請審査の申し出を道(渡島支庁)に提出したが、農林水産省は5日までに道を通じ同省農村振興局長名で、(株)マイカル北海道に対して、「平成13年6月7日付けで申出のあったこのこと(農地転用事前審査申出)については、その転用目的及び用地選定は適当であると認められる」との内示を8月27日付け書面を持って行った。

 これによって、西桔梗におけるマイカル北海道の出店計画はさらに具体的に大きく前進を見るものとなっているが、一方で、全くの同一該地を対象として旧社名ジャスコのイオン(株)(本社・千葉市、岡田元也社長)は5日午後、道(渡島支庁)に対して農地転用の事前審査申出を行うとともに、函館市に対しても都市計画法に係わる大規模開発行為・大型商業施設(店舗)建設計画の事前審査申出を提出、道、市ともにこれを受理した。

 マイカル北海道の後を追う格好で、イオン・(店名)ジャスコもまた、該地・調整区域内での店舗建設に関して、この該地の許認可ではセットになっている農地転用と大規模開発行為について、事前審査の申出をしてきたという事態になっているわけで、西桔梗の該地をめぐるマイカル北海道とイオン・ジャスコの大型店出店問題は、セットの農地転用と開発行為どちらにおいても、「本申請の段階で地権者すべての最終同意(印鑑証明添付)が得られた方に軍パイが上がる」(道及び市担当者)としている。

 そこで、問題の該地地権者をめぐる状況だが、マイカル北海道にあっては、該地の土地確保、店舗建設の許認可問題に関して2年余前から地主代表として率先して具体的に動いてきている地元函館のデベロッパー業者と連携し、着実に地権者の同意を得、またこの中では該地の原野(地権者38人といわれる)関してもこれまでに着々と取得に動いてきている。

 いずれにしても、西桔梗をめぐる大型店出店問題は、前代未聞の様相を呈するものとなっている。

(9.5)

HACが冬期間の11月〜3月に函館ー仙台線開設へ
既存のエアーニッポンの夏期間運航と合わせ、仙台線は通年運航に

 道と日本エアシステムによる共同出資の北海道エアシステム(HAC)は4日までに、冬期間の今年11月から来年3月まで函館ー仙台線を1日1往復することで、国土交通省に路線申請する方針となったことから、既存のエアーニッポンの夏期間の同路線運航と合わせ、函館ー仙台線は2航空会社による通年運航が実現する運びになった。

 承知のようにHACは、新千歳ー函館、函館ー釧路、函館ー旭川、函館ー女満別など6路線を運航し、チャーター便として函館ー新潟などの実績があるが、道外定期便開設は函館ー仙台線が初めてとなる。
(9.5)

「多面的に広く親しまれる21世紀型の施設に!」
市営函館競輪場、全面改築工事に着手


 来年7月には本体工事完成・仮オープンし、競輪本場開催OKに!
 井上市長、施工業者多数参列して安全祈願祭

情報化時代に適応し、市民・道内外の人たちに親しまれ、多目的に対応できる21世紀型の競輪場を、ということで老朽化著しい市営函館競輪場の全面改築が着手の運びとなり、改築工事安全祈願祭が29日午前10時から井上博司函館市長はじめ、市関係者とメインスタンド主体工事代表の清水建設など施工業者多数が出席して執り行われた。

 祈願祭は、修祓、降神、祝詞奏上など一連の儀式を経て、地鎮の儀として、設計・監理の久米設計・函館建築設計監理事業協同組合JVを代表して(株)久米設計の斎藤宏取締役常務執行役員が鎌入れ、井上函館市長が鍬入れ、メインスタンド改築主体工事代表の清水建設(株)の小野武彦執行役員北海道支店長と、バンク整備及びプレスセンター改築主体工事・市民スケート場リンク整備工事代表の大成建設(株)札幌支店・横田昭理事副支店長、それに選手宿舎改築主体工事代表の(株)高木組・黒田憲治社長の3氏による鋤入れがそれぞれ行われた。

 玉串奉奠では、井上市長を最初に、岩谷正信函館市議会議長、梶原洋一助役、金山正智市教育長、文化団体や市議会、競輪関係者、そして設計、施工の各JV工事関係者らが多数が次々に玉串をささげて、工事の無事安全を祈願した。

 直会では、最初に施主の井上市長が、
「函館競輪場は道内で唯一の競輪として50年間の歴史を持ち、近年は全国初のナイター競輪など手がけ、地域施設としての役割を果たしてきた。しかし、今日ではファンの固定化、長引く不況、ファンの高齢化などで売上げの減少が著しく、競輪が真のレジャーとして広く親しまれるためには施設改善が必要となり、今日ようやくではあるが安全祈願祭に至った。競輪場の施設の他に、コミュニティロビー、テレシアターの大型映像施設、さらにはスケート場の建設など、ただ施設の改築だけでなく多面的に市民に親しまれるようにし、新しい施設をきっかけとして市民、道民、国民に親しまれる競輪場にして行きたい」
「この改築事業を進めるに当たっては設計の久米設計にはご苦労願ったが、今日の経済状況を考え、31の工区に設定してもらい、広く工事を担当してもらうようにした。清水建設はじめ関係企業体にあっては健全なレジャー施設として見事に完成させていただきたい」
 などとあいさつした。

 次いで、来賓を代表して岩谷函館市議会議長、設計・管理者として久米設計の斎藤常務のあいさつの後、施工者を代表して清水建設の小野執行役員北海道支店長が、
「この記念すべき事業に参加させていただき、改めて感謝申し上げたい。立派な建造物を作り上げてお引き渡ししたい。工事に当たっては地元の皆様のご協力をお願いしたいと考えており、建設工事を通して地元の皆様にお役に立てるようにしたいと思っている」と述べた。

 スケート場の運営を担う(財)函館市文化・スポーツ振興財団の山崎文雄理事長の音頭で乾杯、歓談となった。
 締めの乾杯は大成建設札幌支店の横田理事副支店長、最後の手締めは高木組の黒田社長によって行われた。

   ☆   ☆   ☆

 全面改築となる「新」競輪場は、メインスタンドが鉄骨造5階建て、収容人員2千7百人。テレシアターとして240インチの大型映像装置、情報コーナー、ファーストフード、レストラン・喫茶の飲食店が設けられ、エスカレーター1基、エレベーター2基も設備される。
 鉄筋コンクリート造4階建ての選手管理施設及び選手宿舎、同2階建てのプレスセンターも新築され、既存の400メートルバンクの全面改修も行われる。

 競輪の非開催日等での多目的利用が打ち出され、メインスタンドにはコミュニティロビー、サイクルギャラリー、テ
レシアター、競走路内インフィールドではアイススケートリンク(冬期間使用)が整備され、コンサート・展示会等の会場(夏期間)として市民開放される。スケートリンクの改修工事によってサブリンクではアイスホッケー、フィギィア利用も出来るようになる。概算工事費は62億円。

 本体工事は来年6月末で完成する。メインスタンド、テレシアター、競走路、プレスセンター、選手管理施設・宿舎のが6月末で完成を見るわけで、これによって来年7月に仮オープンし、本場・函館競輪の開催が可能となる。

 来年7月から駐車場(601台)、駐輪場(240台)、外構(緑化整備)の付帯工事が行われ、平成15年3月末には完成、同4月に全面オープンという段取りになっている。

(8.29)
マイカー観光客の皆さん、「車は元町観光駐車場に入れて、無料循環バスを!」
西部地区観光地巡りの「社会実験」「元町パーク・アンド・ウォーク・バスライド」にぎわう


 マイカーによる来函観光客らに対して、車を元町観光駐車場などに置いてもらい、無料循環バスで函館西部観光の赤レンガ倉庫群や西波止場、函館山ロープウェイなど観光地を巡回する交通関連・街づくりの社会実験、「元町パーク・アンド・ウォーク・バスライド」が、観光シーズン最繁忙期・お盆休み時期の8月4日から19日までの予定で展開中で、にぎわっている。

 これは国土交通省が打ち出している交通関連のまちづくり支援事業の「社会実験」に基づくもの。都市交通に対する新しい施策を本格導入するのに先立ち、期間限定での効果や課題を探るための試行実験で、道内では函館と小樽両市、全国で26地域が指定を受け、函館市は26地域中の現地実験A、14地域の1つとして行われている(市都市建設部)。

 函館では昨年に引き続く2回目の実験で、昨年の場合は時期も9月で函館全域を対象に行われたが、今年は観光最繁忙期のこの時期にぶつけての実験となった。

 観光客らは元町観光駐車場などに車を留め、実験運行の無料巡回バス「元町りんりん号」に乗るという具合で、午前10時から同7時までの間(ディコース)、2台のバスがフル回転し、赤レンガ倉庫群等々西部地区観光地を回る。同駐車場利用の客・同乗者全員には1日乗車券が贈られる。バスは約20分で一回りして来るということで、市都市建設部によると、データを集計した11日には240台、12日には310台もの駐車場利用に達したということで、7月の週末でも80台程度でった利用が跳ね上がっている。

 駐車場利用者には函館ビアホールなどの飲食店、資料館、ロープウェイ、等々の割引特典もあって非常に好評のようで、駐車場やバスの混み具合、位置情報など元町りんりん号情報、観光施設・コース情報など携帯電話によるナビ案内もしている。

 違法駐車や渋滞が絶えない西部地区観光地にあって、円滑な観光交通や交通安全などから試行されているこの実験、まずまずの利用にあるようで、「午前10時の始発をもっと早く」といった要望なども出ているという(市都市建設部)。

 なお、この元町りんりん号、午後7時から同10時間ではナイトコースということで、元町観光駐車場とロープウェイ間をピストン運行している。

(8.16)


冷夏懸念されるも、来函観光客の入り込みは好調!
一つには台湾からのチャーター便が牽引している格好にも


 今年の函館地方は、好天気が続かず、天候不順の冷夏となっているが、観光の方は有珠山噴火などの影響で大きく落ち込んだ昨年に比べて入り込み客が大幅に改善し、観光が総じて芳しくない函館の景気を支えている中で、台湾からのチャーター便を中心に函館空港の入国者数・外人来函客数がひときわ好調に推移している。

 寒い夏だが、今や函館地区経済を支える観光が好調なわけで、不景気のもとでせめてもの救いとなっている格好だ。ただ一方で、この冷夏は夏物衣料や飲料品、等々への影響が懸念されるものとなっている。

 4月以降、今年の函館観光は昨年に比べて非常に好調で、このことは日銀函館支店発表の観光関連データに表れている。5、6月の指標を見ても(前年同月比増)、

▽函館空港乗降客数  5月21.0%、6月22.4%
▽主要ホテル宿泊客数 5月28.0%、6月19.3%
▽函館山ロープウェイ搭乗客数
           5月36.5%、6月31.9%
▽五稜郭タワー搭乗客数
           5月35.5%、6月29.1%

ということで、昨年の不振を大きく挽回している。この傾向は、「7月も続き、今年の夏季観光シーズンは相当いい」(函館国際観光コンベンション協会関係者)。7月、そして8月に入っても夏らしい日が少なく、天気が気掛かりではあるが、入り込み状況は好調な様子にある。

 市内の観光スポット、例えば赤レンガ倉庫群・ウォーターフロントなどでは来函の若い人たち、グループ連れなどが目立って多い。

  ☆   ☆   ☆

 この中で、特に目立つのは台湾を中心とするチャーター便客の入り込みで、先に函館税関がまとめた函館空港の今年1−6月の入国者数にもそれがはっきり出ている。

 すなわち、1−6月の上期の入国者数は1万1,988人で、前年同期比の3.7倍に跳ね上がった。台湾からのチャーター便のお陰で、入港機数が54.4%増の159機にも達した。159便中、ユジノサハリンスクの定期便が52機で、残りの85便がチャーター便。うち52便が台湾からのチャーター便で、昨年の3機とガラリ一変した。

 中華航空が新千歳に乗り入れ出来なくなり、昨年9月から函館空港に移行したためで、同協会、市、商工会議所など関係機関、関係者の誘致努力相まって、昨年秋から始まった乗り入れは好調に続いている。昨1年間が2倍以上を今年半年で達成している。
 まさしく、中華航空・台湾観光客様々にあるわけで、7月の下期に入っても中華航空のチャーター便が続々函館入りしている。
 中華航空は、すでに7月に22便、3,410人が来函し、8月も20便、3,100人、9月も20便、3,100人、10月18便、2,790人が予定されている(同観光コ協会)。

 今夏は韓国・ソウル発のチャーター便もこの8月1日に韓国人観光客159人を乗せて函館空港入りしており、函館空港国際ターミナルは活況を呈している。
(8.9)

にっぽん丸で航海中の中学生、リーダーら463人の横浜市少年洋上セミナー団寄港!
船内で歓迎式/9日には、緑の島で20回記念植樹など港中生徒と交流会


 横浜市青年交流事業の同市少年洋上セミナー団員500人(中学生374人、リーダー・役員ら含めて463人)を乗せた商船三井客船のにっぽん丸(2万1,903トン)が、8日午後3時前に函館に入港、西埠頭に接岸し、船内で歓迎式が行われた。
 同洋上セミナーは今年で20回目ということで、このうち来函は15回を数え、9日まで停泊。9日午前9時20分からは、函館市立港中学校の生徒たちとの交流会など催され、緑の島で20回記念植樹も行われる。

 歓迎式では、函館市の桜井健治生涯学習部長が、「20回のうち15回、函館に来て下さって感謝申し上げます。函館はつい1週間前に開港142周年の港まつりをやったばかりで、横浜からの参加もあった。函館と横浜は日本で初めて同じ時期に開港した仲であり、今後とも交流を深めたい」などと歓迎のあいさつ。

 これを受けて、同洋上セミナーの鈴木団長が、「今回で20回の節目を迎え、函館に来るのも15回目という節目になった。このセミナーの団員経験者も1万人になろうとし、サポーター、リーダーも1千人を超え、着実に少年たちが何かをつかんで人生を歩んでくれていると考えている。その一端を函館市は担ってくれており、今後ともますます交流事業が発展することを期待している」とあいさつした。
 ミスはこだてからの花束贈呈なども行われた。
(8.8)

「今までの力を倍増して応援を」「あと1年7カ月で勝負が待っている」
畠山博連合後援会、恒例の納涼ビアパーティー大盛況!

 再来年春の道議選函館市に出馬する畠山博前道議の連合後援会主催の納涼ビアパーティーが、7月6日午後6時からホテル函館ロイヤルで盛況のうちに行われた。毎年この時期に開いている恒例のビアパーティーで、畠山氏の支持者、支援者ら1千人ほどがかけつけ、生ビールを片手に大いに盛り上がった。

 畠山氏の連合後援会にあっては、今年春に物心両面から同氏を一生懸命に支援してきた「名物会長」の金沢運送グループ総帥の金沢正光氏が病気のため死去し、多分にさびしい状況となったが、これを乗り越え、金沢会長に連合後援会の健在ぶり、結集ぶりを知らせるかのような大盛況のパーティー模様となった。

 パーティーではまず、会長代行となった帰山一弥氏(函館ジーワイ社長)が、
「再来年春には今までの力を倍増して応援してほしい。来るべき選挙に向かって支援の輪を広げて行きたい」とあいさつ。

 次いで、畠山前道議(写真左上)が、
「政治家の浪人は大変だが、あと1年7カ月で勝負が待っている。金沢さんが亡くなったが、見守ってくれていると思う。4年間の浪人をしていても、堂々と、畠山を応援していてよかったと言われるような政治家になるよう努力したい。支えて下さい。何としてもがんばります」とあいさつ、大きな拍手を受けていた。

(8.6)



2号議員・35社を確定告示/函館商工会議所
残る1号議員・50 社は、26日に立候補・推薦の届け出開始


 函館商工会議所は18日、2号議員・35社(人)を確定告示した。35社は13日までに選任した通りで、これによって定員100社(人)の同会議所議員のうち、3号議員・15社と2号議員・35社の計50社が決定したことになり、残すは1号議員50社(人)となった。

 1号議員・50社の選出は、26日に選挙告示となって、立候補、推薦の届け出が開始となり、10月2日に立候補、推薦届け出が締め切られる。

(9.18)

駅前朝市横の「東横イン函館」、建築確認申請も下り、10月には着工か

「建設反対」の地元組合は、市長、議長あてに反対の申入書提出するとともに
東横イン・東建工業側に、反対と回答を求める内容証明送付へ


 ビジネスホテルの全国チェーン、東横イン(本社・東京)は、先に(7月26日)着工した函館市松風町5(大門グリーンプラザ沿い)の「東横イン函館大門」(全160室、ビルオーナー・マルカツ魚長食品グループ)に次いで、函館駅前朝市横の大手町22で全260室の「東横イン函館」の建設(ビルオーナー・札幌の東建工業)を打ち出し、これに対して、地元の函館ホテル旅館協同組合(斉藤寿一理事長)が、「いくら自由競争といっても過当競争に拍車がかかり、死活問題」として建設に反対し、成り行きが注目されているが、東横インと東建工業両社の建設方針は変わらず、この9月中旬までに函館市の建築確認申請が下り、当初予定の9月からずれ込んだものの、10月には着工模様となっている。

 これに対して、同組合は8月21日に行われた同組合と東横イン・東建工業側との説明懇談会(第1回)でも、「両者の主張は平行線であった。明確な返答もなかった」(組合幹部)とし、建設反対の構えを崩しておらず、9月10日に市に対して建築申請を認めないでほしいとのことから、井上博司函館市長と岩谷政信市議会議長両者に、「私共は、東横インの函館駅前店進出に反対します」という申入書を提出する一方、東横イン・東建工業側に対しても、「建設反対」の文書を内容証明付きで送付する運びとなった。

 同組合にあっては、「1つならまだしも、一挙に2つもの大型ホテルの建設は何としても認められない」(関係者)という意向にあり、「市も観光都市ということを大きくかかげ、観光産業、ホテルなど地元業者・業界の振興をうたい、また、何かと協力を求める一方で、外来大手業者の進出に対して何の手も打たないという姿勢には納得できない」(組合首脳)としているが、すでに先週までに建築申請も通り、全160室の大型ビジネスホテル「東横イン函館」の着工は確実な情勢となっている。
(9.17)


2号議員35社を選任、18日に確定告示/函館商工会議所議員改選

 議員改選作業を進める函館商工会議所では、9月13日までに、2号議員を選出する各部会が開かれ、定員の35社(人)を選任した。
 商業部会8社はじめ、工業部会8社、農水産5社、運輸港湾4社、理財3社、観光サービス7社の計35社で、同18日に確定告示する。

 まず商業部会は、
▽(株)近藤商会
▽(株)西武百貨店函館店
▽大一興業(株)
▽第二物産(株)
▽辻木材(株)
▽東栄(株)
▽(株)不二屋本店
▽前側石油(株)

 の8社で、このうち(株)不二屋本店を除く7社は再任で、これまで所属していた(株)ユニークショップつしまが退任し、この後に従来まで観光サービス部会に所属していた(株)不二屋本店が今回から商業部会入りとなった。

 次に、工業部会の8社は、
▽加藤組土建(株)
▽合同容器(株)函館工場
▽(株)高木組
▽日立北海セミコンダクタ(株)函館工場
▽北海道パーケット工業(株)
▽丸栄堀川紙器(株)
▽(株)村瀬鉄工所
▽(株)森川組

 で、このうち丸栄堀川紙器(株)がこれまでの1号議員から新任され、2号議員入りとなった。

 農水産部会は、
▽(株)魚長食品
▽(株)テイオン
▽(株)布目
▽函館魚市場(株)
▽北海道乳業(株)

 の5社で、(株)布目が1号から昇格し新任となっている。

 運輸港湾部会4社は以下、これまで通りの再任。
▽函館バス(株)
▽函館三菱ふそう自動車販売(株)
▽ホンダプリモ函館(株)
▽北海道旅客鉄道(株)函館支社

 理財部会は、
▽函館商工信用組合
▽函館信用金庫
▽協同組合函館専門店会

 の3社で、このうち協同組合函館専門店会が1号議員からの新任。
 
 観光サービス部会の7社は、
▽五稜郭タワー(株)
▽函館山ロープウェイ(株)
▽(株)花びしホテル
▽ベンケイ(株)
▽(株)湯の川グランドホテル
▽(株)湯の川プリンスホテル
▽有限会社湯ノ浜

 で、このうちベンケイ(株)はこれまで工業部会であったが、最近における業容の変化から今回観光サービス部会入りとなった。

(9.13)



函館空港ビルデング、役員改選で泉社長再任など新陣容を選出!
来年4月には懸案の旅客ターミナルビル新増改築に着手


 第3セクターの函館空港ビルデング(株)(泉清治社長)は、去る8月29日、定時株主総会並びに取締役会を開き、役員改選に伴う川田寛代表取締役会長と泉代表取締役社長の再任など新陣容を次のように選出、就任した。
 常勤監査役に新任した山那順一氏は昨年春、函館市を退職した前助役。

▽代表取締役会長  川田  寛
▽代表取締役社長  泉  清治
▽常務取締役    峰  英雄
▽取締役      新見 寿三、蔦井 政信、成田 勇司、小笠原 孝
          荻野  清、相馬 宏二、田中  仁、柳沢  勝
          宮古 豊勝、三ツ谷富夫、辻  秀明、杉山 武裕
▽取締役(新任3名)石川 武彦、因  靖夫、岡本 智洋
▽常勤監査役(新任)山那 順一
▽監査役      湊 美喜夫
▽監査役(新任)  寺島光一郎

 ときに、同社は、来年4月着工で、懸案の函館空港旅客ターミナルビルの大規模な新増改築に着手する。総工費約90億円を投入、乗降客300万人時代に対応し、広さが現在の1.7倍になる。建物本体の供用開始は2005年の4月。

(9.7)

注目のユニクロ初登場の大型複合商業施設姿を現す函館昭和タウンプラザ

〜この秋10月頃オープンに向けて工事急ピッチ〜


 カジュアル衣料品のユニクロの函館初登場などで注目の函館市昭和1丁目、日本ヒューム管跡地(約1万2千9百坪)における大型複合商業施設の建設工事が、急ピッチで進行中で、4棟から成るドデカイ建物が立ち上がってきている。

 複合商業施設としては函館地区最大級となる函館昭和タウンタウンプラザがそれで、事業主(設置者)は第3セクター、新千歳の北海道空港(株)の子会社、北海道リーシングシステム(株)(本社・札幌)。大店立地法の届出によると、総店舗面積1万3千4百平方メートルの大型店舗がお目見えすることになっており、この秋10月頃(届出では9月29日)には、いよいよオープンする。

 建物は、延べ建築面積約1万6千7百平方メートルの店舗を中心に、診療所建物を含む全4棟。これにホーマックやユニクロなど各分野の大手業者の5店舗がテナントとして入ることになっており、その内訳・売場面積は、
▽ホーマック  5,368平方メートル
▽ホクレン商事 3,210平方メートル
▽ゼビオ    2,923平方メートル
▽ツルハ      979平方メートル
▽ユニクロ     951平方メートル
 となっている。この中では特にユニクロが注目され、これが函館出店の初店舗とあって次第に広く関心を集めてきている。

 工事は、6月から始まり、西松建設、勝村建設、それに地元の松本組、高木組の4社JVの施工、札幌の(株)アラシキ建築設計事務所の設計・監理で、工事は佳境に入っている。

 大店立地法による届出で9月29日のオープンとしていることから、この日以降、いつでも開店OKなわけで、関係者によると完成は10月で、目下開店日を調整している様子にある。
 診療所に入る医院も内定し、近く公表できる段取りにあるようだ。
(9.5)

函館商工会議所、3号議員15社を確定/次なる2号議員は13日までに選任

 議員改選をスタートしている函館商工会議所(高野洋蔵会頭)は1日、定数15社(人)の3号議員を確定した。内訳は再選が14社で、欠員になっていた1社には(株)北洋銀行函館中央支店が8月27日の選任通りに確定した。15社は下段の通り。

 次なる改選作業の2号議員(定数35人)については、すでに部会別割当を決定しており、9月7日から13日の間に各部会が開かれて選任。同18日に確定告示となる。

【3号議員候補企業名/15社】
▽(株)テーオー小笠原
▽(株)丸井今井函館店
▽日本化学飼料(株)
▽函館どっく(株)
▽北海道瓦斯(株)函館支店
▽北海道電力(株)函館支店
▽北海道日産化学(株)
▽(株)松本組
▽(株)道水
▽日本通運(株)函館支店
▽(株)ジャックス
▽(株)北洋銀行函館中央支店 (新任)
▽(株)北海道銀行函館支店
▽(株)エスイーシー
▽函館空港ビルデング(株)

(部会別、企業名、アイウエオ順)

(9.3)





3号議員15社候補企業、ニチロ後の欠員1に北洋銀行函館中央支店

〜函館商工会議所の議員改選スタート〜2号議員の部会別割当は従来通りに


 改選期を迎えている函館商工会議所(高野洋蔵会頭)は、27日正午から常議員会を開き、会頭選任の3号議員候補15社が明らかにされ、また2号議員(35社・人)の部会別割当を決めた。
 3号議員候補企業はこれまでの14社と、事業所閉鎖で欠員となっている(株)ニチロの後任1社で、従来2号議員である(株)北洋銀行函館中央支店(因靖夫支店長)が新しく選任された。以下、3号議員15社は次の通りで、各社の承諾を得て、9月1日に確定告示となる。

【3号議員候補企業名/15社】
▽(株)テーオー小笠原
▽(株)丸井今井函館店
▽日本化学飼料(株)
▽函館どっく(株)
▽北海道瓦斯(株)函館支店
▽北海道電力(株)函館支店
▽北海道日産化学(株)
▽(株)松本組
▽(株)道水
▽日本通運(株)函館支店
▽(株)ジャックス
▽(株)北洋銀行函館中央支店 (新任)
▽(株)北海道銀行函館支店
▽(株)エスイーシー
▽函館空港ビルデング(株)
(部会別、企業名、アイウエオ順)

  ☆   ☆   ☆

 2号議員・35社(人)の部会別割当は、従前通りで、
▽商業8▽工業8▽農水産5▽運輸港湾4▽理財3▽観光7
となった。9月7〜13日に各部会を開いて選任し、同18日に2号議員を確定告示する。
(8.27)

ホテル・旅館組合の苦渋の判断、「東横イン函館」建設反対
21日に東横イン側と第1回目の話し合い


 ビジネスホテルの全国チェーン、東横イン(本社・東京)が函館市松風町5(大門クリーンプラザ沿い)で建設中の「東横イン函館大門」(全160室)に次いで、駅前朝市横の市内大手町22で全260室の「東横イン函館」の開業を計画していることに対して、駅前・大門、西部地区を中心とする地元業者の集まりである函館ホテル旅館組合(理事長・斎藤寿一ホテルニューオーテ社長、組合員数47)が、「2つを合わせると、400室以上で、いくら自由競争とはいえますます過当競争になり、死活問題」として建設反対を打ち出し、東横イン側に説明会の開催を申し入れていることに関し、東横インがこれに応えて21日午後、第1回の会合が持たれる。

 同組合幹部の話だと、21日は東横インの説明をまずは聞くという方針で、この後さらに対応を検討するようだが、昨今の世の中全体の規制緩和、自由競争を強く前面に打ち出した市場経済の流れのもと、「反対をかかげるものの、前途はきびしい」(地元経済界)という見方が一般的で、組合関係者にあっても苦しい胸の内となっている。

 ホテル建設は原則自由でこれを規制する法律などはなく、今回の同組合の「建設反対」はそれだけに苦渋に満ちたものとなっている。
 すなわち、東横インはこの7月26日に函館進出の第1弾としてまずは、松風町5の駐車場跡地で9階建てのビジネスホテル、全160室の「東横イン函館大門」の地鎮祭を行い、来年8月のオープン目指して着工の運びとなった。で、この東横イン函館大門は、地元でホテル函館ロイヤルやホテルロイヤル柏木、ホテル海王館などを経営するマルカツ魚長食品グループが建物を建設し、ビルオーナーとなって、これをそっくり東横インに30年契約で賃貸するというものとなっている。

 このため、同組合はこのマルカツグループ建設の「東横イン函館大門」については、「組合員(ホテル函館ロイヤル)でもある地元業者がやるもの」といったことで反対しないことを決定。その一方で、今秋着工を予定している駅前朝市横・大手町の「東横イン函館」については、「規模も大きく、過当競争に拍車がかかる。死活問題」として建設反対を打ち出した。
 それゆえ、整合性に欠けた、矛盾する話ということも地元経済界や行政サイド関係者らかも指摘されているわけで、同組合にあっては苦しい選択・判断となっている。

 そこで、この際は、「一つくらいならまだしも、いっぺんに2つもの大型ホテルを建設することには反対ということで、東横イン側と対峙するほかないのではー」といったような対応の仕方を語る向きも出ている。「虫のいい話だが、反対せざるを得ない」という苦渋の建設反対であり、前途は多難で関係者の心中は複雑だ。

 なお、東横インのホテル経営手法については、全国各地に計40のホテルチェーンを持って、会員制のような形で宿泊専門方式を導入しているとされ、このため、エージェントを通さないことに大きな特徴があるといわれている。函館で展開する2つのホテルもその一環として運営され、会員を呼び込むことになろうといわれている(地元経済界関係者)。

(8.20) 

函館商工会議所の議員改選、今月27日の3号議員選任でスタート!
順調だと10月6日には全100人の新議員決定
<議員改選の日程正式決定>

 今秋10月末をもって議員任期満了を迎える函館商工会議所(高野洋蔵会頭)は、17日までに議員改選の日程を正式決定した。

 8月27日の会頭指名の3号議員選任と、部会毎の2号議員割当に始まって、9月1日の3号議員(15人)確定告示、同7日〜13日の部会開催による2号議員選任、同18日の2号議員(35人)確定告示、同26日の1号議員選挙告示と立候補・推薦届け出開始、10月2日の1号議員立候補・推薦届け出締切、同6日立候補辞退最終日、等々というスケジュールになっており、1号議員の立候補・推薦が定員の50人を超えた場合の10月25日の1号議員選挙日を含めて、約1カ月半近く、場合によっては約2カ月間にわたって全100人の議員改選が行われる。

 この間、注目は次期会頭の選出であるが、現在発売中の雑誌NEW現代函館と本サイトの有料・登録ページで詳報のように、高野現会頭の再選が確実視され、勢い、次なる最大の焦点は欠員1人を含む副会頭4人の人選となっている。

 以下、議員改選の日程は次の通り。

▽8月27日 12時・常議員会
      3号議員選任、2号議員の部会別割当
▽9月1日 3号議員就任承諾最終日
      3号議員確定告示

▽9月7日〜13日
      部会開催/2号議員選任
▽9月18日 2号議員確定告示

▽9月26日 1号議員選挙告示
      立候補・推薦届出開始日
▽10月2日 1号議員立候補・推薦届出最終日
▽10月6日 立候補辞退最終日ー1号議員確定

<50人を超えた場合、以下の日程で選挙>
▽10月6日 選挙人名簿縦覧告示
▽10月11日 選挙人名簿縦覧開始(〜17日)
▽10月17日 選挙人名簿確定日
▽10月25日 1号議員選挙日ー当選告示

(8.17)


いよいよこの秋から函館もADSL時代へ!

NTT東日本、フレッツADSLの提供地域拡大を発表
函館は8月15日から受付、9月14日から提供開始


 NTT東日本は13日、フレッツADSLの提供地域拡大を発表、北海道では旭川市などとともに函館市の受付を8月15日から開始し、9月14日に提供開始することになった。

 函館地区のフレッツADSL提供の局番は市外局番0138の21〜24、26〜27、30〜33、35、40〜45、51〜56、62、の各局番となっている。
(8.14)

マイカル北海道、西桔梗出店計画着実に進める!
 渡島支庁に大店立地法届出の事前協議書類を提出


 函館市西桔梗・産業道路沿いへの出店計画を着々と進めるマイカル北海道(本社・札幌、大川祐一社長)は、28日、道(渡島支庁)に対して、大店立地法(大規模小売店舗立地法)に基づく届出の前段階である事前協議の書類を提出した。正式な届出は9月以降に行う方針で、同社は西桔梗進出・出店計画を着実に進めている。

 同社はすでに、今年6月7日、道(渡島支庁)に対して農水大臣許可に係わる農地転用の事前審査申し出、函館市には大規模開発行為・大型商業施設(店舗)建設計画の事前審査申し出を行っており、市は7月の開発審査会にこの事前審査申し出を報告した。

 なお一方この間、建設計画地の正面後方の原野についての土地買収もすでに進めてきている。 
(8.28)

マイカル、マイカル北海道の株式売却を正式発表
大川社長、函館西桔梗の出店最優先を言明!


 マイカル(本社・大阪)は13日、マイカル北海道(本社・札幌、大川祐一社長)の株式645万株を今月末まで北海道コカ・コーラボトリングなど取引先15社と道外の投資会社1社の計16社に売却すると発表した。
 これによってマイカルのマイカル北海道に対する株式の所有(持ち株)は、これまでの58.84%から27.35%になる。

 マイカル北海道も同日、大川社長らが記者会見し、
マイカル本体の株式売却によってもマイカルは筆頭株主であり、「マイカル北海道はマイカルグループに止まる」と語る一方、
「株式売却でマイカルの連結決算対象から外れ、今後は投資しやすくなり、メリットは大きい。このうえは計画中の函館(西桔梗)出店を最優先して取り組む」などの意向を示した。
(8.13)

経営再建急ぐマイカル、マイカル北海道の所有株式を
道コカ・コーラや東洋水産など取引先15社に売却

 経営再建中の大手スーパー、マイカル(本社・大阪)は先に、子会社のマイカル北海道(本社・札幌)の株式(58.8%を所有)売却方針を決めてきていたが、北海道コカ・コーラボトリングや東洋水産、杉野雪印アクセスなど取引先15社に売却する見通しになったことが11日までに明らかになった。まずは30%程度を8月中にも売却する方針模様と伝えられる。

 株式譲渡代金は約50億円とされ、これによってマイカル北海道が子会社ではなくなるため、マイカルの連結有利子負債からマイカル北海道分(約340億円とされる)が離れて、マイカルにあっては計400億円前後の負債圧縮となる。

 マイカルは小泉内閣が打ち出している不良債権処理問題絡みで信用不安が噂となって広がり、このところ株価が下がり、このため再建計画の具体化を急いでいる。今年の2月期では1兆1千5百億円であった連結有利子負債をこの8月末までに9千1百億円まで削減する計画でいる。
(8.12) 

特殊法人改革で道路公団やり玉に挙がり、道縦貫道・建設中の
七飯ー長万部間の事業進捗に重大な影響?工事にブレーキかかり、投げ出される可能性も!

整備区間の函館新外環状道路の建設問題にも先行き暗雲!


 小泉内閣は道路特定財源の見直しを打ち出す一方で、特殊法人改革の中で日本道路公団のあり方(天下り先のための関連会社になっていて経営はメチャクチャといわれる)もやり玉に挙がり、政府の行革推進事務局が中間とりまとめ案で同公団など高速道路関係3公団によって建設中の高速道の事業凍結が打ち出され、函館・道南にとっては成り行きが非常に懸念される事態になっている。

 高速道建設の凍結による事業量の縮減が現実のものとなれば、函館・道南関係では、建設がやっと軌道に乗ってきている同縦貫道の七飯ー長万部間の工事にブレーキがかかり、進捗中の工事に大きな影響が出ることは必然だ。

 この行革事務局の事業凍結案に対して、国土交通省は「事業の継続で、現行の料金水準による将来の資金償還は可能であり、着実に整備する必要がある」と反論し、1日までに拒否回答しているが、予断を許さない。

 また、道路特定財源の見直し、特殊法人の廃止を含む改革断行方針で、昨年末にやっとのことで整備区間に昇格した函館新外環状道路の先行きにも暗雲が立ちこめている。現在の情勢では高規格道路の新規着工などは絶望的とも目され、新外環状道路の場合、「まだアセスメントに4〜5年もかかるなどと言われている」(市企画部)など、まことに焦れったい状態相まって、地元にとっては正念場になろうとしている。

 道縦貫道や新外環状道路にしても函館・道南が道内で最も遅れている地域で、絶対的に必要であるにもかかわらず、これまで後回しにされてきた。そこに持ってきての小泉内閣登場による事業凍結の危機。この点、政府の行革事務局などは地元の実情など抜きにして、大なたをふるう構えにあり、憂慮される事態になっている。

 全国一律的なやり方には断固反対すべしであり、地元の事情無視は断固許されない。小泉人気などに浮かれている場合でなく、目を覚まさなければならない。

 このようなきびしい状況下、函館市をはじめとする地元は、8月8日に例によって来年度政府予算案地元関連に対する陳情を行う予定だ。
(8.1)