函館電子新聞
ニュースファイル/07(H19)-4-6



財団法人太陽北海道地域づくり財団の理事長に伊藤政浩
〜理事会並びに評議会〜


 北海道遺産を含めた自然・歴史などの保全と活用、文化・スポーツの振興、及び安全で明るい地域社会づくりなどへの助成事業を展開する、太陽グループの「財団法人太陽北海道地域づくり財団」は、先般開催の理事会並びに評議会で磯田憲一氏の後任として理事長に伊藤政浩氏の就任を決定した。

 同財団に理事、監事、評議員には北海道・札幌の弁護士、税理士、公認会計士、大学名誉教授らが名を連ねており、以下次の通りになっている。
▽会 長  東原 俊郎
▽理事長  伊藤 政浩(昇任)
▽副理事長 田口 健次(昇任)(株)太陽グループ顧問

▽理 事  岩本  允(北海道議会議員)
▽理 事  太田 三夫(弁護士)
▽理 事  池田 謙一(弁護士)
▽理 事  保原喜志夫(北大名誉教授)
▽理 事  石川 和義(新任)(税理士)

▽監 事  猪股 貞雄(弁護士)
▽監 事  田村 大助(税理士)
▽監 事  酒井 孝夫(司法書士)

▽評議員  辻井 達一(財団法人北海道環境財団理事長)
▽評議員  神田 直也(社団法人札幌市身体障害者福祉協会会長)
▽評議員  大石 一良(公認会計士)
▽評議員  東原美恵子(日本舞踊家)
▽評議員  高見 孝浩(新任)(株)太陽グループ常務取締役
▽評議員  松本 則雄(新任)(株)HGA代表取締役
▽評議員  橋本登代子(新任)(有)ボイスオブサッポロ代表取締役 

(19.6.14)





来月19・20日に函館で初めて開催!(株)太陽グループ特別協賛
第6回北海道車椅子バスケット連盟
会長杯争奪・北海道車椅子バスケットボール大会in函館

 (株)太陽グループ(東原俊郎社長)が特別協賛する第6回北海道車椅子バスケット連盟会長杯争奪・北海道車椅子バスケットボール大会in函館が、5月19日・20日にわたって開催される。
 例年だと札幌で行っている大会だが、今年は初めて函館で開かれる。

 この大会は、北海道車椅子バスケットボール連盟会長を務める東原社長が、道連加盟チームと競技委員の総合的なレベルアップを目的として平成14年に設立したもので、平成12年からはNPO法人太陽グループボランティアチームとしても援助を行っている。

 今大会では、東原社長よりオーダーメードの競技用車椅子が贈呈され、小学3年生から参加し、2009年開催の『世界ジュニア大会』の出場を目指す田中聖一君有する地元・ハダーズ函館WBCのほか、道外初出場の青森WBCや2連覇を目指す旭川リバーズなど8チームが参加、例年に増しての混戦が予想されている。
 また当日は、昨年太陽グループ杯争奪北海道車椅子バスケットボール選手権大会で、優秀選手5人に贈呈された競技用車椅子が大会で初披露される。

 開催の詳細は以下の通り。

▽主   催:北海道車椅子バスケットボール連盟 会長 東原俊郎
       北海道車椅子バスケットボール連盟
▽後   援:函館市
       財団法人 北海道障害者スポーツ振興協会
▽協賛(予定):北海道コカコーラボトリング株式会社
       アサヒ飲料株式会社
▽特別 協賛:株式会社太陽グループ
▽協   力:NPO法人 太陽グループ・ボランティアチーム
▽開催 期日:平成19年5月19日(土)大会受付12:00〜 開会式13:15〜
              20日(日)準決勝  9:30〜
▽開催 会場:函館市民体育館
       函館市湯川町1−32−2 電話0138−57−3141
▽参加チーム:8チーム
       青森県車椅子バスケットボールクラブ(青森県)
       ハダーズ函館車椅子バスケットボールクラブ(函館市)
       FREEZ(釧路市)
       苫小牧車椅子バスケットボールクラブ(苫小牧市)
       KP96車椅子バスケットボールクラブ(岩見沢市)
       旭川リバーズ(旭川市)
       札幌ノースウィンド(札幌市)
       札幌エフドットエス(札幌市)
▽組合せ抽選:前回、優勝・準優勝チームをシードとし、事前に大会運営委員会において抽選決定。
▽表   彰:優勝チームへ「北海道連盟会長杯」及び賞状を授与。
       準優勝、3位チームへトロフィー及び賞状を授与。
       個人表彰は、最優秀選手賞1名、優秀選手賞5名、敢闘賞1名を表彰。
▽大会事務局:北海道車椅子バスケットボール連盟 事務局長 棟 達也
       札幌市手稲区前田9条12丁目2−7 電話011−682−7817
       ハダーズ函館WBC 山田 行広
       函館市入船町6−20 電話0138−23−2926

(19.4.27)







<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館市・副市長に
北海道ガス(株)函館支店長の谷澤廣
氏(58歳)起用へ

函館市出身、函館工業高卒、函館商工会議所3号議員(北海道ガス(株)函館支店として)、
昨年秋の全国商工会議所観光振興大会06in函館の第2分科会で
「函館移住コンシェルジュ事業・移住を切り口とした新たな観光ーそして定住へ」と題して事例発表したことで知られる。

はこだて生活産業創出研究会会長代行。
副市長(助役)へ函館市初の民間人起用。6月定例市議会で選任同意求めることに。

(19.5.22)


<<<ニュース1行トピックス>>>
◆議長に阿部善一(民主・市民ネット)、副議長に斉藤明男(新生クラブ)選出
/第1回函館市議会臨時会、21日
---------------------------------------
◆今日と明日(21-22日)の2日間、選挙後初の函館市議会<平成19年度第1回臨時会>/正副議長や各委員会の正副委員長など選出へ
◆函館市議会、正副議長選出で選挙は回避。
代表者会議(5.17)で議長は民主・市民ネット(10人)、副議長は新生クラブ(10人)から出すことで話し合い決着
議長に阿部善一氏(民主・市民ネット)、副議長に斉藤明男氏(新生クラブ)有力/週明け21日の臨時会で決定へ

【有料サイト/特報・ニュース総合ページ】
〜函館市議会の新会派構成/ついに第1会派が同数の2つ!〜
民主・市民ネット
と、旧市民自由クラブの面々と旧4町村選出の3人、黒島氏が合流し新結成の
自民・保守系の「新生クラブ」が10人で並ぶ
議長ポスト、話し合いで前・後期で分担か、それとも選挙?
小野沢グループは「市民クラブ」6人となって保守系第2会派に後退

【有料サイト/特報・ニュース総合ページ】
函館市議会・新会派構成ほぼ固まる!
民主・市民ネット10人で、議長候補に阿部善一
保守系は
小野沢らの「はこだて市民クラブ」と、
浜野・工藤・白崎
各氏の
「旧市民自由クラブ」らの「新会派」の2つに分かれ、
「新会派」には黒島宇吉郎も加わり、9〜10人の保守系第1会派へ


<<<ニュース1行トピックス>>>
◆函館市の工藤寿樹副市長、
西尾市長からの慰留を受け、辞職しない意向を表明
(5.1)

(19.5.1)




今年で設立40周年の函館三菱ふそう自動車販売の新社長に川島晃専務!
山村幸生社長は常勤相談役に就任したほか、函館コンピューター機器
道南自動車学校の両代表取締役、及びふそうグループ関連会社取締役従来通りで続投
松崎勉会長「これまで同様にグループ全体見てもらうことに変わりない」


 全国の三菱ふそうディーラー10社(メーカー系列は26社)の中でも屈指の存在で、松崎勉会長(函館商工会議所前副会頭、函館馬主協会会長等々)がオーナーとして広く知られる函館三菱ふそう自動車販売(株)(本社・函館市昭和3丁目32―26)は26日午後、定時株主総会並びに取締役会を開き、山村幸生氏(71歳)から申し入れのあった代表取締役社長退任を了承し、後任の代表取締役社長に川島晃専務(62歳)の昇任を決定した。
 山村前社長は常勤相談役に就任した。

  ★    ★    ★

 今回の社長交代についてオーナーの松崎会長は本誌のインタビューに応じ、「山村社長からの急な申し入れで私としてもびっくりし、残念でならないが、決意が固くこのようになった。ただ、今まで通りに三菱ふそうに常勤してもらい、これまで同様私を補佐し、グループ全体を見てもらうことに変わりはない」としている。

 山村氏は「当社は今年で設立40周年を迎え、私の社長在任も30年近くになり、これを機会に区切りをつけた方がいいと判断した。振り返ってみれば、ここ数年来のリコール問題が一番困難であった」と語った。

 同氏は函館三菱ふそうグループの函館コンピューター機器販売(株)と(株)道南自動車学校の代表取締役社長でもあり、両社とも従来通り続投するほか、乗用車販売部門の函館三菱自動車販売(株)はじめ、菱東商事(株)や(株)ダイヤ自動車商会などの取締役もそのままで、これら関連会社の経営について「なお一層の発展を図りたい」としている。

 川島新社長は昭和42年3月、北海道自動車短大卒業と同時に、函館三菱ふそうの前身である道南ヂーゼル工業(株)に入社。昭和61年に函館三菱ふそうの営業部長、平成2年には取締役となり、同4年常務、同12年に専務昇格。7年からは営業本部長を兼務し、長い間山村社長の下で営業、サービス部門の第一線、現場最高責任者を担ってきた。実直な人柄、仕事ぶりで知られ、以前から山村氏の後は川島氏とみられていただけに万を持しての社長就任とも言える。
 この間、昭和61年からは菱東商事監査役、平成11年から函館三菱自販取締役、同12年からはダイヤ自動車商会、同13年に函館コンピューター機器販売の各取締役にも就任し、現在に至る。

 山村氏は昭和32年11月に道南ヂーゼル工業に入社し、工場長などを経て、同42年に函館三菱ふそうのサービス部長、同46年営業部長。同48年取締役就任以降、翌年の49年に常務、4年後の53年には専務に昇格した。
 そして専務1年にして昭和54年5月に43歳にして松崎代表取締役会長から代表取締役社長に抜てきされ、以来28年間にわたって松崎会長のもとで大活躍。経営者としての手腕、力量は地元経済界において有数の存在に数えられ、現在までただの1回も赤字経営になったことがなく、常に高額所得法人に名を連ね、「三菱ふそうに山村あり」と評されてきた。

 松崎会長が長い間地元トップクラスの経済人として幅広く活躍する中、「山村がいればふそうグループは安泰だろう」(自動車ディーラー業界首脳)といわれるほどで、営業・商売センス、行動力は抜群。ざっくばらん、親しみやすい人柄で広く知られている。

 この間、松崎会長とともに函館商工会議所の常議員はじめ、自販連函館支部長、ほか交通関係等々の幾多の公職を担い、平成2年からは函館三菱会の会長も務め、今回の函館三菱ふそう社長退任で身を引くべく申し出たが、「出先企業でなく地元企業・三菱グループ関連では現在山村氏以外にいない」と慰留され、これも続投となった。
 平成15年には長年の功績から国土交通大臣表彰を受賞した。

 以下、函館三菱ふそう自動車販売(株)の役員は次の通り。

▽代表取締役会長    松崎  勉
▽代表取締役社長    川島  晃(昇任)
▽常務取締役      米内 義昭
▽常務取締役      木村 和彦(昇任)
▽常務取締役      松崎 京子
▽取 締 役      高谷 嘉躬
▽監 査 役(非常勤) 南  武夫
▽監 査 役(非常勤) 中野  一
-------------------------------------
▽相 談 役(常勤)  山村 幸生

(19.5.26)  

「ルートイン五稜郭」今月下旬着工へ
14階建て、250室規模 来年10月頃オープン予定
「日の出ラーメン」や「いなば」はすでに閉店・閉鎖
/料理店「ありかた」は向かい側に移転オープン


 外資系ファンドの不動産投資相まって北海道新幹線・新函館開業時代を展望し、ホテル建設ラッシュが続く函館で、本町・五稜郭地区においても本町市電通りで200室規模のビジネスホテルが入る14階建て商業ビル(来年4月開業予定)が建設中にあるが、注目の行啓通で具体化したルートインジャパン(株)の「ルートイン五稜郭」の建設が今月下旬に着工の運びとなる。

 このルートイン五稜郭は本町100番2他の敷地1、469.14平方メートル(約445坪)に建設するもので、地上げ・買収の対象になった該地では、長年にわたって親しまれてきた「日の出ラーメン」や「いなば」がすでに閉店・閉鎖したほか、料理店「ありかた」も先日から行啓通の向かい側に移転オープンをみている。

 行啓通・道道赤川線と、函館で一番の交通量にある高砂通りとの交差点すぐそばで、道新函館支社の向かいに当たり、角地には料理店の「ご馳走亭」があるが、この「ご馳走亭」に隣接し、行啓通に面して地下1階・地上14階のホテルが建てられることになっている。 客室数は250室くらいで、本町・五稜郭地区最大となり、130台収容の駐車場も併設。4月25日に着工し、来年10月頃のオープンを予定している。

(19.4.10)




<<<特報/ニュース1行トピックス>>>
◆食品スーパー戦争、サバイバル新たな局面!
「スーパーアークス港町店」先行オープンに初見客殺到し、午前9時開店を繰り上げ!
/道路狭く、車渋滞。交通アクセスに少々難あるも、大野新道沿いなどのスーパー魚長店舗などを直撃か?
(写真/6.29午前9時) 

◆アークスグループ168店舗目の「スーパーアークス港町店」明日・29日午前9時<先行>オープン!
市立函館病院横の港町1丁目で建設中の商業施設の中核店舗
店舗面積約1万3千平方。の全体の商業施設はショッピングセンター
「ポールスター(北極星)」と名付けて8月下旬グランドオープン予定
-----------------------------------
◆函館新道(通称・石川新道)沿いのホーマック「スーパーデボ石川店」の隣接地(現・東日本バス本社所在地)に
イオングループの食品スーパー「マックスバリュ北海道」函館進出第1号店の出店
(売場面積約1千平方。程)決定したことで、
イオンとの関係あるホーマック「スーパーデボ石川店」(売場面積約1万4千平方。)を
拡充する格好でイオンSCなどになるのではとのもっぱらの憶測話飛び交う!



<<<ニュース1行トピックス>>>
☆函館トヨペット(株)新社屋完成し本社移転!
 創立半世紀を経て新しい本社屋で心機一転、新たなスタート
/赤川通・産業道路交差点角地から発展著しい石川町・函館新道沿いに


<<<フォトニュース・トピックス>>>
◆工事着々進行中、やはり大きい!
アークスグループ
の函館市港町1丁目・市立函病隣りの大型複合商業施設
<(仮称)函館港町商業施設/敷地約3万7千平方。に店舗面積約1万2千7百平方。>
すでに核店舗のビッグハウス(約3千3百平方。)はほぼ完成

(19.5.22)


待ちに待った大型トラック「スーパーグレード」が11年ぶりにモデルチェンジし、
函館三菱ふそうが展示・試乗会
/15-16日
キーワードは燃費、排ガスの環境、経済性、安全性
/次代を先取り「新型スーパーグレード」!


 全国の三菱ふそう地域販売部門及び三菱ふそう販売会社が待ちに待った、三菱ふそうの大型トラック「スーパーグレード」が11年ぶりにモデルチェンジし、全国有数の三菱ふそうディーラーである函館三菱ふそう自動車販売(株)(山村幸生社長、写真下左)は、15―16日の2日間にわたって、函館市3丁目・国道5号線沿いの本社広場で展示・試乗会を開催、「スーパーグレード」の発売を見ている。

 大型トラックの新型スーパーグレードは、燃費、排ガスの環境、経済性、安全性がキーワード。キャブの内外装デザインを一新するとともに、排出ガス浄化装置に同社初の尿素SCRシステムを採用し、全車を新長期排出ガス規制に対応させたことが大きな特長となっている。

 燃費向上によるCO2の削減によって環境にやさしく、経済性に優れた商品とし、ドライバーの快適性を上げるために2ペダル方式を採用したほか、運転注意力モニターのカーゴ系標準装備、新灯火器規制にも先行対応している。

 首を長くして待っていた新型の大型トラックのモデルチェンジであることから、現場ディーラーの期待は大きく、 
「リコール問題があって新型を出すことができずにきた。他社と2年くらい後れて発売となったが、燃費、排ガス、そして経済性など次代を先取りした、待望の大型トラックであり、万全を期して売って行きたい」(川島晃専務・営業本部長、写真右
 としており、道南地区においてトラック保有シェアで39%、バスで65%、、トラックとバス合わせては42%のシェアを有する函館三菱ふそうはこれを機に反転攻勢をかける方針となっている。

 初日午前9時から始まった展示・試乗会にはユーザー、お得意先が次々と訪れ、新しくなった「スーパーグレード」に大きな関心を寄せていた。

(19.5.15)




参院選7月12日公示、29日投開票へゴー!
「わが党は最低の支持という中で選挙を向かえる」
今津寛自民党道連会長、危機感前面に―。
〜自民党道第8選挙区参院選対策本部の事務所開き〜
中村支部長「非常に厳しい選挙戦だが、あきらめることなく、先頭に立って全力を上げる」


 来月12日公示、同29日投開票で行われる「天下分け目」の参院選に向けて、自民党道第8選挙区(中村勉支部長)の参院選対策本部の事務所開きが、26日午前11時から選対本部を置く函館市東雲町17−5・桜井ビル4階で開かれた。

 事務所開きには本部長の中村勉支部長はじめ、川尻秀之、佐々木俊雄両道議ら函館・渡島・桧山の自民党関係者、地元経済界、業界団体代表、管内の農協や漁協組合長などの第一次産業関係者、札幌から同党道連の今津寛会長(衆院議員)、再選を目指す参院選道選挙区候補・伊達忠一参院議員の夫人がかけつけた。

 最初に中村本部長があいさつし、「非常に厳しい選挙戦だが、私はあきらめることなく、先頭に立って全力を上げる」と決意表明し、この後神事を執り行い、出席者約70人が玉串をささげて必勝を祈願した。

 あいさつに立った今津会長は、
「各種報道で苦戦が伝えられており、この中で北海道は他のどの都府県よりもわが党に対する支持が低い。年金問題、農水相の自殺等があって、道内では民主党が過去最高の支持状況で、わが党は最低の支持という中で選挙を向かえる。私どもは道民の皆さんに年金問題など『安心して下さい』というメッセージを伝えなければならない。このことを先頭に立って推進できるのが候補の伊達忠一さんであるし、中村支部長だ」
「伊達さんへの支持を訴えるとともに、比例区では橋本聖子さん(参院議員)が重点候補であるほか、全部で35名の比例候補を立てており、この当選を果たさなければならない。ここ道8区、函館はかつて国会議員を2人も3人も出していた保守のマチであり、団結して戦えば必ず勝てるところ。当選のためにお力添えを願いたい」
 と訴えた。

 伊達夫人もあいさつし、
「大変厳しい戦いで、伊達は道内を懸命に回っている。最後の最後まで気を緩めることなく、全力を上げます。皆さんのご指導を仰ぎながらがんばりますので切に切によろしくお願いします」
 と頭を下げた。

(19.6.26)



※07統一地方選関係など別ページ



函館国際コンベンション協会役員と平成19年度観光表彰受賞者

平成19年度社団法人函館国際コンベンション協会役員名簿
会 長 沼崎弥太郎 函館商工会議所副会頭
副会長 工藤 寿樹 函館市副市長
    柳沢  勝 M魚長食品代表取締役
    金道 太朗 函館湯の川温泉旅館協同組合理事長
    寺坂伊佐夫 函館地区バス協会会長
    木村 孝男 函館空港ビルディングM専務取締役

専務理事吉田 明彦 前函館市財務部長

理 事 石井 直樹 函館山ロープウェイM常勤監査役
    石黒 義男 函館物産協会会長
    大桃 泰行 函館湯の川温泉旅館協同組合副理事長
    小笠原憲生 北海道旅客鉄道M函館支社長
    岡田  要 M函館国際ホテル代表取締役

    鍵谷 良一 函館ハイヤー事業協同組合理事長
    加藤  稔 全日本空輸M函館支店長
    金輪 浩之 M丸井今井函館店店長
    川尻  徹 函館社交飲料連盟会会長
    久保 一夫 五稜郭商店街振興組合理事長

    古閑 信二 東日本フェリーM代表取締役
    齋藤 寿一 日本観光旅館連盟函館支部相談役
    沢村 英次 MJTB北海道函館支店長
    島村 安博 M日本航空インターナショナル函館支店長
    田中  博 恵山観光協会会長

    辻  憲一 函館都心商店街振興組合副理事長
    中野  晋 五稜郭タワーM常務取締役
    中村 陸三 椴法華観光協会会長
    日光 貴行 (社)函館青年会議所理事長
    藤原  厚 兼政藤原水産M代表取締役社長

    藤崎 義和 東日本バスM代表取締役社長
    山下 久幸 函館ホテル旅館協同組合理事長
    若山  直 協同組合十字街商盛会理事長

監 事 井上 敏廣 函館朝市協同組合連合会理事長
    佐藤 豊和 函館鮨同業会常任相談役
-------------------------------------------------
平成19年度観光表彰 受賞者

◇観光事業功労者賞
▽中野 豊(72歳、五稜郭タワー(株)代表取締役社長)
 五稜郭タワー(株)の経営者としての経営手腕を地域産業の発展に発揮されるとともに、平成元年5月に(社)函館観光協会理事に就任、平成5年5月に(社)函館国際観光協会の副理事長に就任され、同協会の誘致宣伝活動や各種イベントなどの各事業に取り組まれた。

▽佐藤 豊和(72歳、函館鮨同業会常任相談役)
 平成11年5月(社)函館国際観光コンベンション協会の環境整備副委員長、平成13年から16年まではホスピタリティ委員長に就任し、平成17年から現在まで当協会の監事として実務執行の監督役を全うされた。

▽小山 和男(70歳、函館朝市協同組合連合会前理事長)
 平成13年5月に(社)函館国際観光コンベンション協会の監事、平成18年5月まで当協会の実務執行の監督役を全うされた。地域の観光業界の振興と発展に尽力され、当協会の各事業に取り組まれた。

◇観光事業功績者賞
▽竹内 ミドリ(67歳、湯の浜ホテルサービス部接客係)
 昭和58年5月に湯の浜ホテルに入社以来、サービス部接客係に勤務し、来館者へのサービスに努めた。また、ホテル内においても他の従業員からの信頼も厚く、勤務成績も優秀で良き指導者として他の従業員の模範となっている。

▽佐々木 敏則(59歳、(株)マルカツ興産函館スパビーチ・ホテル海王館総支配人)
 昭和54年(株)魚長食品に入社し、鹿部観光ホテル支配人を経て、平成7年地ビールレストラン「はこだてビール」においては中心的な役割を果たし、その後「観光遊覧船ブルームーン」の営業、平成14年度から「函館スパビーチ・ホテル海王館」の総支配人として活躍している。

▽工藤 祐二(41歳、函館山ロープウェイ(株)商事部長)
 昭和59年4月に函館山ロープウェイ(株)に入社し、索道部6年を経て、商事部として接客業務に携わるとともに、部下の指導育成に努めている。

◇観光事業優良従業者賞
▽戸部 淳治(54歳、(株)函館国際ホテル調理部9F洋食料理長代理)
 昭和48年4月に(株)函館国際ホテルに入社し、平成5年4月に洋食主任に昇進、平成8年4月に9Fビュメール洋食料理へ配転となり、平成9年4月に料理長代理へ昇進。地元をはじめ観光客にも親しまれる料理人として活躍している。

▽河合 政光(54歳、(株)函館国際ホテル調理部・中華 主事)
 平成50年8月に(株)函館国際ホテル調理部・中華調理師として入社し、平成6年4月に主任、平成13年4月に主事へ昇進する。地元をはじめ観光客にも親しまれる料理人として活躍している。

▽野口 豊(51歳、(株)五島軒本店調理課 係長)
 平成47年4月に(株)五島軒に入社、以来調理・製菓部門に所属し、長年培った技術で五島軒の伝統的調理法を守ってきた。函館市民はもとより函館観光の一翼を担って活躍している。

▽本間 秀悦
(51歳、(株)五島軒ケーキ工場係長)
 昭和49年に(株)五島軒に入社以来、製菓部門に所属し、伝統の洋菓子作りに努めている。函館を代表する銘菓作りに尽力し活躍している。

▽奥田 昌子(58歳、湯の浜ホテルサービス館内準備係)
 昭和58年5月に湯の浜ホテルに入社し、サービス部館内準備係として従事する。上司・同僚からの信頼も厚く、勤務成績も優秀であり、良き指導者として他の従業員の模範となっている。

▽池田 則生(51歳、(株)魚長食品 加工工場責任者)
 昭和51年9月(株)魚長食品に入社以来、生鮮魚介類の詰め合わせを全国に送る「北の直行便」の担当を経て、現在はほっけやにしんの開きを製造する工場の責任者として勤務し、良い品質のものを提供したいという信念のもと、他の従業員の模範となり活躍している。

▽白根 昭彦(42歳、(株)魚長食品はこだて海鮮倶楽部)
 昭和58年4月(株)魚長食品に入社し、市内各鮮魚売場を経て、平成17年から「シーフードレストランいかいか亭」のチーフ、平成19年から「はこだて海鮮倶楽部」で勤務。魚に関する知識が豊富なことからお客様からの信頼も厚く、他の従業員の模範として活躍している。

◇感謝状
▽箱館稜雲社 塾頭 宮古 正明
 昭和52年に「稜雲社」として祭りに携わる若者の有志により結成し、一時活動を休止したものの「箱館稜雲社」として新たに発足以来、毎年5月に開催している「箱館五稜郭祭」では、「土方歳三コンテスト」「少年維新隊」「戦闘パフォーマンス」などの運営に係わる。また、他都市との歴史、時代祭との交流や、各種イベントにおける箱館五稜郭祭の周知活動を行うなど、箱館五稜郭祭の発展に尽力をつくしている。

▽川瀬 美樹(31歳、(株)マルカツ興産ベイクルーズブルームーン業務主任)
 平成9年(株)マルカツ興産に入社し、地ビールレストラン「はこだてビール」の勤務を経て、現在は夏場の観光シーズンに運航する「観光遊覧船ブルームーン」に勤務。クルージングの安全第一に努めるとともに、洋上での思い出に残る結婚式や各種パーディに取り組み、函館の魅力向上に努めている。

(19.5.22)


中野豊五稜郭タワー(株)社長ら14名と1団体を観光表彰
〜函館国際観光コンベンション協会・平成19年度通常総会〜
役員改選で沼崎弥太郎会長を再任し、柳沢勝氏ら4副会長も留任
勇退の中野豊氏の後任副会長に木村孝男函館空港ビルデング(株)専務を選任
<<内村正氏も勇退し、後任に吉田昭彦前函館市財務部長>>


 社団法人函館国際観光コンベンション協会(沼崎弥太郎会長)の平成19年度通常総会が21日午後4時からホテル函館ロイヤルで開かれ、最初に柳沢勝会長代行(副会長)があいさつした後、「長年にわたって五稜郭タワー(株)の経営者として経営手腕を発揮し、地域産業の発展に貢献する一方、平成元年から函館観光協会(現函館国際観光コンベンション協会)の理事、同5年から14年間にわたって同協会の副会長を担い、函館市の観光振興に多大な貢献をした」として中野豊氏(五稜郭タワー(株)代表取締役社長)ら3名を観光事業功労者賞、竹内ミドリ氏(湯の浜ホテル)ら3名を観光事業功績賞、戸部淳治氏(函館国際ホテル)ら7名を観光事業優良従業員賞として観光表彰した。

 また、箱館五稜郭祭の運営などで長年活躍してきている箱館稜雲社(塾頭・宮古正明氏)と、夏場の観光シーズンに運航している「観光遊覧船ブルームーン」の業務主任として活躍する川瀬美樹氏(マルカツ興産)の1団体1個人に感謝状が贈られた。

 次いで、柳沢会長代行が議長となって議案審議が行われ、各委員会からの報告があったほか、平成18年度事業報告と同19年度事業計画を決定するとともに、「当地域のさらなる観光振興には会員拡大による協会の基盤強化と、関係行政機関、経済関係団体等、産・学・官・民一体となった連携が不可欠」などとする基本方針を全会一致で了承した。

 最後に役員改選期ということで30名の理事と2名の監事の選任が行われ、この中から会長に沼崎弥太郎氏(函館商工会議所副会頭)を再任するとともに、副会長として柳沢勝氏((株)魚長食品代表取締役、同会議所副会頭)、工藤寿樹氏(函館市助役)、金道太朗氏(函館湯の川温泉旅館協同組合理事長)、寺坂伊佐夫氏(函館地区バス協会会長)の4名の留任を決め、さらには勇退の中野豊氏の後任として木村孝男氏(函館空港ビルデング(株)専務)を新しく副会長に選んだ。

 また、内村正専務(写真・上の右)が勇退し、後任として前函館市財務部長の吉田明彦氏(写真・上の左)を選任した。

※観光表彰の14名1団体の表彰理由と役員名簿に関しては後ほど報じます。

(19.5.21)