函館・道南圏の日々を伝える!
函館電子新聞 hakodate-e-news.co.jp

 フォトニュース2




佐々木道議連合後援会、真夏 恒例のビアパーティー 大好評・大盛況
〜7.27夕、ホテル函館ロイヤルで約800人参加し、存分に楽しむ〜

 佐々木俊雄道議(函館市選出、2期目)連合後援会の真夏恒例の「佐々木としおを囲むビアパーティー」が、27日夕、ホテル函館ロイヤルで大盛況のうちに繰り広げられた。



 この日の函館は真夏日直前の蒸し暑い29・1度で、納涼ビアパーティーにはうってつけ。しかも金曜の夜とあって、佐々木道議の熱心な支援者・支持者が大勢詰めかけ、ロイヤルの大ホール狭しとセットされた丸テーブルを約800人が囲んだ。
 佐々木道議のビアパーティーというと、決まって夏満喫の暑い日が多く、大好評で、今年は特に家族連れなども目立ち、ビールがジョッキーが飛ぶように振る舞われた。

▽上機嫌にあいさつ、政治活動など報告する佐々木俊雄道議(下)

  



 来賓としては工藤寿樹函館市長はじめ、保守系の出村勝彦、吉田崇仁、金沢浩幸、佐古一夫の各氏函館市議、そして次期衆院選道8区から出馬する自民党の前田一男道8区支部長も顔を見せ、早くから各テーブルを回っていた。

▽あいさつに立った工藤寿樹函館市長(左)、前田一男自民党道8区支部長(右)。両氏ともビールが入って上機嫌の様子。

     

 6時半から始まったあいさつでは、工藤市長、前田自民党道8区支部長らのあと、佐々木道議があいさつし、日頃からの支援に感謝するとともに、最近の政治活動を報告した。



 ビアパーティーにふさわしく、バンド演奏もあり、参会者はこぞって真夏の夜を満喫していた。

(24.7.28)



<<<フォトTopics>>>
◆箱館五稜郭 2日目/維新行列・音楽パレード(5月20日午後)、行啓通り沿道に見物の市民・観光客あふれる。
好天に恵まれ、盛り上がる。

 

◆箱館五稜郭祭開幕/初日・19日、大人気の土方歳三コンテスト全国大会、全国各地の我こそ・私こそ「土方歳三」16人がエントリー し、各人趣向を凝らした土方歳三 真迫の演技 を披露(24.5.19午後)



▽こんなステキな「美人の土方歳三」も登場。

 



(24.5.20)







★函館・今年最大級のコンベンション!
全国から2千数百名も参加—。
函館観光に多大な貢献、大会大成功に。全日電工連はすごい!
第27回電気工事業全国大会/9.9 主会場・函館市民会館
------------------------------------------
〜メインテーマ「地域おこしは北海道から」
変化を選択した『今』今未来を見つめ地域再生の礎に!〜
〜サブテーマ 「社会環境の変化に対応し、明るい地域社会建設のため業界ぐるみで取り組もう!」
「大切な自然を残し、地域再生実現へ向け、省エネ、創エネ、蓄エネ事業に取り組もう!」
『ようこそ北海道へ』味わおう、体験しよう、とことん北海道」〜


---------------------------------------------------------------
午前中約700人が出席し、青年部の「意見交換会」(函館国際ホテル)

☆青年部「意見交換会」
▽午前中、函館国際ホテルで第1、第2会場会わせて約700人も出席した
全日本電気工事業工業組合連合会・青年部の「意見交換会」





------------------------------------------------------------------------------------
☆大会式典
▽主催者を代表して式辞を述べる全日本電気工事業工業組合連合会・小澤浩二会長(下右)
 写真下左は大会実行委員長として大会宣言する尾池一仁連合会副会長

    






▽経済産業省の大臣代理として審議官があいさつ





▽高橋はるみ北海道知事も駆けつけてあいさつ





------------------------------------------------------------------------------------
☆基調講演
▽大会式典に先立って、基調講演が開かれ、本道代表として初めて高校野球全国大会優勝を成し遂げた
駒大付属苫小牧の前監督・香田誉史氏がさわやかに、ユーモアに、また力強く2時間に渡って講演した

 


-----------------------------------------------------------------------------------
★付帯行事としての各種展示も大変なもの!



 



 



 

-----------------------------------------------------------------------------------
▽懇親会開催前のひととき(市民体育館前庭)

  

☆懇親会 大盛況!北海道そして函館の味にしたつづみ!函館の夜を満喫!
〜熱気ムンムン、市民体育館〜

▽懇親会の最初に、地元・北海道函館開催を代表し、大会実行委員会・副委員長として成功に導き、
懇親会で上機嫌にあいさつする函館地方電気工事協同組合の佐藤征次理事長





▽全日本電気工事業工業組合連合会の小澤浩二会長もほっとした表情であいさつ



▽建設関連の電気工事業界に資材等々を納入する、パナソニック電工など
 大手有名業者のトップ・幹部も大会にかけつけ、懇親会で乾杯の音頭ー。

 

▽「漁業のまち」函館ならではに、函館地方電気工事協同組合スタッフが集めた大漁旗に囲まれ、
 懇親パーティーを大いに盛り上げた。「戸井マグロ」の解体ショーも行われ、黒山の人だかりにもー。
 ちなみに、2千人余の懇親会パーティーは料理などホテル函館ロイヤルが仕切った。



(22.9.10)







<<<photoスポット>>>
★箱館五稜郭祭2日目メインイベント・維新パレード大盛況!
絶好の五月晴れのもと
沿道には例年になく市民・観光客ら大勢の見物
(5.16午後2時頃、写真/行啓通)

 
-----------------------------------------
<<<photoスポット>>>
★かっこうよく!2010(第23回)土方歳三コンテスト全国大会
(5.15午後、五稜郭タワーアトリウム)外はさくら開花なお見どころで、大変な人出
/箱館五稜郭祭開幕!
(5.15.-16)



 

 




全国2万8千の八幡宮・八幡神社の中の旧官国弊社から
神社本庁が選定した全国10社(鶴岡八幡宮などとともに)の一つとして、北海道・東北では唯一・函館八幡宮
応神天皇(在位270〜310年)が亡くなって1700年
盛大に・厳かに
「応神天皇千七百年式年大祭」

〜22.4.1午前10時30分、函館八幡宮、関係者・氏子ら約150人が参列/100年に一度の大祭〜
神社本庁の献幣使が天皇陛下からの幣帛(へいはく)を奉納
中島敏幸宮司が式年(百年)の祝詞奏上







  

 





  

▽神社本庁の献幣使(右)が天皇陛下からの幣帛(へいはく)を中島宮司に授与。



▽中島宮司によって幣帛(へいはく)奏上。



▽中島敏幸宮司によって式年(百年)の祝詞奏上



  

▽神社本庁の献幣使による奉納





 

▽今回の名誉ある大祭に当たっては、氏子らが記念事業実行委員会を設立し、傷みの
目立った石段の補修などが行われた。村上幸輝氏(右端)ら函館八幡宮奉賛会など関係各会長らによる奏上。



▽雅楽のレパートリーの一つである舞楽「蘭陵王」も披露された。
印象的な衣装と舞。華麗で、しかも勇壮的な舞は見事—。

   



▽玉串奏上



  



※応神天皇(第15代の天皇)/神話から歴史へ変わる時代の天皇。実在性が濃厚な最古の天皇といわれる。
八幡神とされ、皇室の祖神とも。武家が守護神としたことでも知られ、八幡大菩薩とも呼ばれる。
文化、産業、武人、家内安全の神としても。

※函館八幡宮/1445年に河野政道が渡来し、現在の元町公園通りに館を築いたとき、東南の隅に八幡社を
立てたのがはじまりといわれる。1804年に現在の八幡坂の上に移動し、明治11年、12年の2度の大火で
社殿が焼失してしまったことをきっかけに、明治13年(1880年)現在地に移り、大正4年(1915年)に
現在の社殿が完成した。
 旧社格は国幣中社で、鎌倉幕府・源頼朝が建立の鶴岡八幡宮と同じとされる。

(22.4.1)